映画「世界から猫が消えたなら」

世界から猫が消えたなら

© 2016 映画「世界から猫が消えたなら」製作委員会

映画 「世界から猫が消えたなら」

この世は愛おしく大切なものに包まれていた…
失って初めて気づく人生の煌き

●ストーリー

ある日、病院で不治の病の宣告を受けた主人公の「僕」(佐藤健)。余命がいくばくもないことを知り、言葉を失ってなすすべもなく帰宅する。そこに突然自分とウリ二つの悪魔が現れ「この世から“何か一つ”を消そう。かわりに一日だけお前の寿命を延ばしてやるから」と奇妙な話をに持ち掛けられる。最初は電話、翌日は映画と、日ごとに“何か”が世界から消えていき、一日また一日と生きながらえる「僕」。彼は次々と起こる不条理に戸惑いつつも、消えたモノにまつわる人々の姿に想いをはせるのであった。

●みどころ

世界から猫が消えたなら人はその最期を迎える時、これまでの人生が走馬燈のように頭の中を流れるという。「世界から猫が消えたなら」は、その燈火をわずか100分のフィルムに閉じ込めた極上のファンタジー映画だ。「余命わずか」という設定は、古今東西で使い古されたモノかもしれない。既視感やマンネリズムを感じさせてしまう恐れもある。だが、そのハンデをものともせず、正面から観客に挑み、その人自身の体験にダブらせながら、深く深く惹きこませてくれる。
これまで寄り添ってくれた家族や友人に、自分はいったいどのくらい感謝を伝えてこれたろうか…涙を拭いながら、考えてしまうに違いない。

本作は前述したようにファンタジージャンルの映画なのだが、そうかと言って華々しい幻想シーンがあるわけではない。悪魔は出てくるが、片手一本で世界を破滅させるような巨大なパワーがあるわけでもない(いや、実際はあるのかもしれないが)。何気ない日常の風景を丁寧に追った閑かなる作品だ。ただ、それがとても愛おしく思える。とりわけ舞台となった函館の古い街並みはノスタルジーが溢れかえり、どこまでも美しい。シナリオに負けないくらい、清々しいビジュアルがいつまでも心に残る。
そしてこの情感あふれる物語のキャストに選ばれたのが、佐藤健をはじめ、奥田瑛二、原田美枝子、宮﨑あおい、濱田岳などの名優の面々。それぞれの領域の中でまっすぐ、精いっぱいに生き抜いていく姿は作風にピッタリで、よくぞこのメンバーを揃えてくれたと思う。彼らの名前が流れるエンドロールの上げ方すら、とてもマッチしていて…というより映画本編が発したメッセージを凝縮したすごく素敵な演出で、惚れ惚れしてしまう。

生き抜いて、生き抜いて、生き抜いて…ついに今際の際を迎える時。人が見る最期の景色とは、この映画そのものなのだろうな、と思える。そして、だからこそ刹那の人生を大切に生きよう、と思える。観終えた時、そんな優しい風がきっと吹き抜けることだろう。

[文: 藤田 哲朗]

© 2016 映画「世界から猫が消えたなら」製作委員会

映画「世界から猫が消えたなら」予告篇

 

映画作品情報

邦題: 「世界から猫が消えたなら」
監督: 永井 聡
原作: 川村元気『世界から猫が消えたなら』 (小学館文庫刊)
脚本: 岡田惠和
音楽: 小林武史
出演: 佐藤健、宮﨑あおい、濱田岳、奥野瑛太、石井杏奈、奥田瑛二、原田美枝子
2016年 日本 / 日本語 カラー / 103分 / 映倫区分: G
配給: 東宝株式会社
© 2016 映画「世界から猫が消えたなら」製作委員会

世界から猫が消えたなら

2016年5月14日(土)より、
全国東宝系にてロードショー!
大ヒット上映中!

映画公式サイト

この記事の著者

藤田 哲朗

藤田 哲朗映画ライター・愛好家

大手出版取次会社で20代後半より一貫してDVDのバイヤー/セールスの仕事に従事する。
担当したクライアントは、各映画会社や映像メーカーの他、大手のレンタルビデオチェーン、eコマース、コンビニチェーンなど多岐にわたり、あらゆるDVDの販売チャネルにかかわって数多くの映画作品を視聴。
プライベートでも週末は必ず都内のどこかの映画館で過ごすなど、公私とも映画づけの日々を送っている。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

更年奇的な彼女

2016-6-1

映画「更年奇的な彼女」

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る