映画『BLUE/ブルー』公開記念舞台挨拶レポート

【写真】映画『BLUE/ブルー』公開記念舞台挨拶 (松山ケンイチ、木村文乃、東出昌大、柄本時生、吉田恵輔監督)

映画『BLUE/ブルー』㊗公開記念舞台挨拶

松山ケンイチ、”映画の力”は不変。
「皆さんと共有していきたい」と力強いメッセージ

映画『ヒメアノ~ル』(2016年)、『犬猿』(2018年)の吉田恵輔が監督・脚本を務めた、映画『BLUE/ブルー』が4月9日(金)に全国公開を迎えた。

リアリティ溢れる描写で人間の光と影を表現し続ける吉田恵輔。30年以上続けてきたボクシングを題材に、自ら脚本を書き上げ、成功が約束されていなくとも努力を尽くす挑戦者たちの熱い生き様を描いた青春映画。

【画像】映画『BLUE/ブルー』メインカット

主演は、演技派俳優として確固たる地位を築く松山ケンイチ。脚本に惚れ込み約2年もの間じっくりと役作りに挑み、情熱はあっても才能が無い、試合には勝てない主人公・瓜田信人を熱演。同じジムに所属する、強さと才能を合わせ持つ後輩・小川一樹を東出昌大が演じ、固い友情で結ばれながら瓜田が憧れと嫉妬を抱くライバルとして存在感を発揮している。また、モテるために始めたボクシングにのめり込んでいく新人・楢崎剛を柄本時生が演じ、この3人は『聖の青春』(2016年)以来5年ぶりの共演を果たす。ヒロインは、吉田監督作品への出演を熱望した木村文乃が務め、瓜田の初恋の人でありながら、今は小川の婚約者という二人の間で揺れる天野千佳を演じる。

理想と現実の間で悩みながら生きる登場人物たちの姿と、夢に焦がれた葛藤だらけの青春の日々が、観る者の心に深い余韻を残す。

そして4月10日(土)、公開記念舞台挨拶が新宿バルト9で開催され、主演の松山ケンイチ木村文乃東出昌大柄本時生、そして吉田恵輔監督が登壇した。

上映後の登壇となり、松山は「無事この日を迎えられてホッとしています。実際にご覧頂いた皆さんの反応を見られて幸せです」と挨拶。

【写真】映画『BLUE/ブルー』公開記念舞台挨拶 (松山ケンイチ)

東出は映画デビューした『桐島、部活やめるってよ』(2012年)で舞台挨拶を行ったのも同じ新宿バルト9だったことから、「約10年ぶりにまた同じ会場に立て、大きなスクリーンで上映できて感慨深くもあり、ありがたくもあり、やっとお届けできたという安心もあります」と感無量。

それぞれ三者三様のボクサーを演じた松山、東出、柄本だが、役作りやボクシングシーンについて問われると松山は「東出くんも時生くんも結構やっちゃう人だから、足を引っ張らないように頑張りました。試合のシーンも大変な撮影だったけど、みんな気合いが入っていました」と振り返る。

東出は「ジムに行った時に隅の方でシャドーをしている人がいて、プロの方が練習に来てるんだなと思っていたら松山さんでした。もう完全にジムの住人になっていましたね」と役作りに励む松山の姿に驚いていた。

【画像】映画『BLUE/ブルー』場面カット

そんな彼らを見ていた木村は「3人がやけに楽しそうに話しているなぁと耳を傾けてみると、“あいつのあのステップいいよね~”“どうやって減量してる?”“バンテージってどの種類がいい?”といった話をしていて、この人たちは役者じゃなくてボクサーなのかもしれないなって思っていました(笑)」と明かした。

【画像】映画『BLUE/ブルー』場面カット

特に印象に残っているシーンやお気に入りのシーンを聞かれると、松山は「クランクイン日に撮影した、瓜田が試合に負けた後のシーンです。もともとセリフはなく、部屋で一人うなだれるだけのシーンだったんですけど、僕が一人でいる時に色々思い出すと勝手に“バカヤロー”とか言ってたりするんですよ。それで、監督に一人の時に何か言ったりしますかと聞くと監督はよく“違う、違う…”って言ってると。それがすごくいいなと思い取り入れてみました」と吉田監督との会話の中から出来上がったワンシーンを挙げ、撮影時の裏話を披露した。

【画像】映画『BLUE/ブルー』場面カット

木村はパンチドランカーの症状がどんどんひどくなっていく小川とのあるシーンを挙げ、「婚約者として散々ボクシングをやめてほしいって伝えた後で、ふと小川が隠れて暗闇でシャドーをしているのを目にするシーンがあるんです。頭では止めなきゃいけないって分かってるんですが、そういう瞬間を見ると“だから、私が支えなきゃいけないのか”と思わされる。千佳を演じた私自身も、止めるのがいいのか、支えていくのがいいのか、未だに答えが出ていません」と自身も考えさられた印象深いシーンを振り返った。

【画像】映画『BLUE/ブルー』場面カット

最後の挨拶の前に東出が一つ言いたいことがあると、「実は今日、会場に洞口役を演じた守屋周徒くんが来てくれています!」と紹介。観客席から守屋が立ち上がり、3人と同じジムメイトである4人目のボクサー洞口の思わぬ登場に会場が盛り上がった。

主演・松山ケンイチから力強いメッセージ

そして、最後に松山は「映画って背中を押してくれたり、何かを教えてくれたり、勇気を与えてくれるものだと思います。僕自身もそうですが、映画を観て救われることもあると思います。今はなかなか自由に生活できない状況が続いているけれども、そんな中でも”映画の力”っていうのは何も変わっていません。これからも、こうして映画の力を皆さんと共有していけたらと思っています」とコロナ禍における熱い想いと力強いメッセージを送った。

イベント情報

映画『BLUE/ブルー』公開記念舞台挨拶

■開催日: 2021年4月10日(土)
■会場: 新宿バルト9 スクリーン9
■出演者: 松山ケンイチ、木村文乃、東出昌大、柄本時生、吉田恵輔監督

【写真】映画『BLUE/ブルー』公開記念舞台挨拶 (松山ケンイチ、木村文乃、東出昌大、柄本時生、吉田恵輔監督)

映画『BLUE/ブルー』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『BLUE/ブルー』ポスタービジュアル

《ストーリー》

時に人生は残酷だ。
どれだけ努力しても、どれだけ才能があっても、約束された成功なんてない。

誰よりもボクシングを愛する瓜田は、どれだけ努力しても負け続き。一方、ライバルで後輩の小川は抜群の才能とセンスで日本チャンピオン目前、瓜田の幼馴染の千佳とも結婚を控えていた。

千佳は瓜田にとって初恋の人であり、この世界へ導いてくれた人。強さも、恋も、瓜田が欲しい物は全部小川が手に入れた。それでも瓜田はひたむきに努力し夢へ挑戦し続ける。

しかし、ある出来事をきっかけに、瓜田は抱え続けてきた想いを二人の前で吐き出し、彼らの関係が変わり始めるー。

 
出演: 松山ケンイチ、木村文乃、柄本時生、東出昌大
 
監督・脚本・殺陣指導: 吉田恵輔
主題歌:竹原ピストル「きーぷ、うぉーきんぐ!!」(ビクターエンタテインメント)
製作:『BLUE/ブルー』製作委員会(東映ビデオ 日活 ファントム・フィルム AMG エンタテインメント レイラインピクチャーズ)
製作幹事:東映ビデオ 制作プロダクション:ステアウェイ 配給・宣伝:ファントム・フィルム
 
2021年 / カラー / ビスタ / 5.1ch / 107分 / 映倫区分:G
 
© 2021『BLUE/ブルー』製作委員会
 
2021年4月9日(金)より、
新宿バルト9ほか全国ロードショー!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @bluemovie_21

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ!

【画像】映画『グレイン』(原題:Buğday / 英題:Grain) メインカット

2017-12-30

映画『グレイン』(Buğday/Grain) レビュー

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る