映画『世界は僕らに気づかない』公開記念舞台挨拶 レポート
【写真】映画『世界は僕らに気づかない』公開記念舞台挨拶 (堀家一希、ガウ、飯塚花笑監督)

映画『世界は僕らに気づかない』公開記念舞台挨拶

人種問題、セクシュアリティなどの社会課題
「一度立ち止まって考えなければいけない」

第17回大阪アジアン映画祭(OAFF2022)でワールドプレミア上映され、来るべき才能賞を受賞した映画『世界は僕らに気づかない』が1月13日(金)より新宿シネマカリテ、Bunkamura ル・シネマほかにて公開された。

【画像】映画『世界は僕らに気づかない』メインカット

翌日1月14日(土)、新宿シネマカリテでの上映後に公開記念舞台挨拶が開催され、堀家一希ガウ飯塚花笑監督が登壇。海外の映画祭での様子や、撮影時の貴重なエピソード、そして日本語字幕版上映についての監督の思いなどが語られた。

フィリピンダブルの高校生と母親の愛についての物語 

本作は、トランスジェンダーである自らの経験を元に制作した『僕らの未来』(2011年)が国内外で注目を集め、『フタリノセカイ』(2022年)で商業映画デビューを果たした飯塚花笑監督が、レプロエンタテインメント主催の映画製作プロジェクト「感動シネマアワード」にて製作したオリジナル長編映画第5作。群馬県太田市で、フィリピンパブに勤めるフィリピン人の母親レイナ(ガウ)と一緒に暮らす高校生の純悟(堀家一希)のアイデンティティや様々な愛をめぐる問題を描いている。

【画像】映画『世界は僕らに気づかない』場面カット3

今回、脚本・監督・プロデューサーを務めた飯塚監督は、オール群馬ロケの本作の公開初日をシネマテークたかさき(群馬県高崎市)とイオンシネマ太田(群馬県太田市)で迎えたことを報告。「本作は本当に群馬産と言っていいくらい、ずっと群馬にこもって制作から撮影を行っていたのですが、地元の方の協力がなければできなかったというくらい、ものすごくバックアップしていただいたので、その方々にようやく作品を届けられたのが嬉しかったです」と感謝の言葉を述べつつ、「私自身、群馬の映画館でアルバイトをしていたので、その劇場で自分の作品が上映されるということで、その頃が思い返されたりして、舞台挨拶で泣いてしまうくらい感極まってしまいました(笑)」と苦笑した。

【写真】映画『世界は僕らに気づかない』公開記念舞台挨拶 (飯塚花笑監督)

 

そんな同所での舞台挨拶について、堀家は「本当に温かかったです。僕はあまり話すのが得意ではないのですが、エネルギーを込めて『ね?』とか同意を求めると、皆さん笑ってくれたり。温かい場所でした」と振り返り。

続けてガウは「私たち、群馬の人たちに支えられて生きている親子を演じているのですが、その私たちが本当に群馬の人たちに愛していただけるという気持ちになりました。そんな人たちと久しぶりにお会いできてすごく楽しかったと同時に、飲み過ぎてしまいましたね(笑)」と、ざっくばらんに話して、会場から笑いを誘っていた。

また、キャラクターを「どう作ったか」という問いに、堀家は「脚本に僕のことを投影してくれるということで、1年ほど前から、僕のパーソナルなことを監督とZoomでお話する機会があって。僕が考えていたことを純悟に投影していただいたので、演じやすくしてもらったなという感じはあります」と回答。

【写真】映画『世界は僕らに気づかない』公開記念舞台挨拶 (堀家一希)

 

これに飯塚監督は「(脚本制作前の打ち合わせなど)映画作りでそういう時間を設けていただけることは少ないので、今回は1年前からとガッツリお話できる機会をいただいて、貴重な時間だったなと思います。やはり演じる役に、本人の中にあるパーソナルな部分が入っていると演じやすいというのはあると思います。そして(そうすることによって)芝居もとてもエモーショナルなものになる」と付け加えた。

一方のガウは「(フィリピンダブルという主人公の設定と同様に)私もスコットランド人の父とフィリピン人の母を持ち、12歳で日本にやってきたのですが、そのときの私の母も『こんなことで苦労したのかな』と思ったり。役場で、純悟が母親から『漢字が読めない。読んでよ』と言われたりするのですが、『私自身も母にやってあげているな』『(純悟のように)嫌な顔をしながらやっているんだろうな』と思い返したり、反省させられたり。私はスコットランド人とのダブルなので『正直、私ではない人の方がいいのではないですか?』と話させていただいたこともあるのですが、監督には『あなたにしかできないものもあると思うので、是非やってくださいと言っていただいて、今回レイナを演じました」と、キャスティングの際の裏話を明かすと共に、「監督は『このようにしてください』というのは言わない。『このときレイナはどう思ったかな?』と。演技指導というよりかは『あくまでも最終の決断はあなたの中にあるんだよ』というのをくれるんです」と、飯塚監督のスタイルについても言及した。

【写真】映画『世界は僕らに気づかない』公開記念舞台挨拶 (ガウ)

そんな飯塚監督について、堀家も同意し「『そこに起きたものがリアルだから』と。『自分がこうしたいから』と価値観を押し付けてこない」とコメント。すると、飯塚監督は「ハリウッドの“監督になるための教科書”に『答えを押し付けてはいけません』と書いてあったので(笑)」と話し、会場は笑いに包まれた。

【写真】映画『世界は僕らに気づかない』公開記念舞台挨拶 (堀家一希)

 

また、この回は日本語字幕付き上映が行われ、舞台挨拶にも手話通訳者が登壇しての舞台挨拶となっていた。これには監督の強い思いがあり、それについて問われると、「身近に聾者の友人がいるのですが、同じ日本映画の話ができない。外国映画であれば普通に字幕がついているので一緒に見れるのですが、日本映画となると一緒に観ることができない。だからつけたかった」と述べた。

【写真】映画『世界は僕らに気づかない』公開記念舞台挨拶 (飯塚花笑監督)

最後に「本作に込めた想い」を聞かれると、「この国は人種的にいろいろなルーツを持った方がいて、たくさんの出稼ぎ労働者の方がいらっしゃって。その子供たちが日本の学校に通っているというのが、当たり前の景色としてあるのですが、そんななかで(自分自身)過ごしてきたのに、こういったことについて、あまりちゃんと考えてこなかったなという反省がすごくあって。『彼らが学校の勉強についていっていないんじゃないか』といったことなどに対しても無自覚で、むしろ冷ややかな目で見ていたりして、僕自身、すごく後悔しているというのがあります。日本には、そうした方々が今も当たり前にいらっしゃるのですが、一度立ち止まって考えなければいけないのかなと考えたのが、この企画がスタートした経緯です」と、飯塚監督。

堀家は、「この映画は始まったばかりです。少しでも共感していただけたらSNS などで拡散していただければと思います」と熱くお願いした。

ガウも「いろんな愛の形、メッセージが盛り込まれている映画。これをきっかけに、何か気づいたものがあれば、近くの方たちに伝えていただければと思います!」と舞台挨拶を締めくくった。

イベント情報

映画『世界は僕らに気づかない』公開記念舞台挨拶

■開催日: 2023年1月14日(土)
■会場: 新宿シネマカリテ
■出演者: 堀家一希、ガウ、飯塚花笑監督

【写真】映画『世界は僕らに気づかない』公開記念舞台挨拶 (堀家一希、ガウ、飯塚花笑監督)

映画予告篇🎞

映画作品情報

【画像】映画『世界は僕らに気づかない』(Angry Son) ポスタービジュアル

《ストーリー》

群馬県太田市に住む高校生の純悟は、フィリピンパブに勤めるフィリピン人の母親を持つ。父親のことは母親から何も聞かされておらず、ただ毎月振り込まれる養育費だけが父親との繋がりである。純悟には恋人の優助がいるが、優助からパートナーシップを結ぶことを望まれても、自分の生い立ちが引け目となり、なかなか決断に踏み込めずにいた。そんなある日、母親のレイナが再婚したいと、恋人を家に連れて来る。見知らぬ男と一緒に暮らすことを嫌がった純悟は、実の父親を探すことにするのだが…。

 
出演: 堀家一希、ガウ、篠原雅史、村山朋果、森下信浩、宮前隆行、田村菜穂、藤田あまね、鈴木咲莉、加藤亮佑、高野恭子、橘芳美、佐田佑慈、竹下かおり、小野孝弘、関幸治、長尾卓磨、岩谷健司
 
脚本・監督: 飯塚花笑
 
エグゼクティブプロデューサー: 本間憲、和田有啓
プロデューサー: 菊地陽介、山田真史、飯塚花笑
協力プロデューサー: 志尾睦子、佐久間由香里
撮影: 角洋介
サウンドデザイン: 紫藤佑弥
音楽: 佐藤那美
編集: 阿部誠
ヘアメイク: 浅井美智恵
衣裳: 村上久美子
スチール: 水津惣一郎
脚本監修: 中島弘象
助監督: 緒方一智
制作担当: 久保智彦
宣伝美術: unnoticed
宣伝: 高木真寿美、亀山登美、矢部紗耶香
製作: レプロエンタテインメント
配給: Atemo
 
2022年 / 日本 / カラー / シネマスコープ / 5.1ch / PG-12 / 112分
 
©「世界は僕らに気づかない」製作委員会
 
新宿シネマカリテ、Bunkamura ル・シネマほか絶賛公開中!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @sekaboku_movie
 

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る