劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』公開初日舞台挨拶 レポート
【写真】劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』公開初日舞台挨拶 (竹達彩奈、丹生明里、佐倉綾音、濱田岳、イッセー尾形、藤咲淳一総監督)

劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』
㊗公開初日舞台挨拶

アフレコから2年以上の時を経て待望の公開🎞
初主演映画に竹達彩奈「こみ上げてきちゃいました」✨

全世界累計2,800万DLを突破した大人気音楽リズムゲーム「DEEMO」が待望の映画化!劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』が2月25日(金)についに全国公開を迎えた。

【画像】劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』メインカット

公開を記念して、新宿バルト9で初日舞台挨拶が行われ、アリス役の竹達彩奈、仮面の少女役の丹生明里(日向坂46)、ロザリア役の佐倉綾音、ミライ役の濱田岳、くるみ割り役のイッセー尾形、そして総監督と脚本を務めた藤咲淳一が登壇した。

【写真】劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』公開初日舞台挨拶 (丹生明里、竹達彩奈)

“もっとこの世界に居たかった”
不思議な世界へのアフレコエピソード

映画の公開について竹達は「収録してから公開まで長い時間がかかった印象なので……2年かな?(藤咲総監督「もっとだね」)今日を迎えられて嬉しいです。ゲームの頃からアリスの声を担当しているのですが、ほとんど私しか喋らなかったので“孤独さ”が残る印象でしたが、今回の映画では仲間がたくさん出てきて、年相応の、表情がコロコロ変わるアリスでした。劇場版の主演は初めてなので、エンドロールを観てうるっとこみ上げてきちゃいましたね」と2年以上かかっての公開を喜んだ。

【写真】劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』公開初日舞台挨拶 (竹達彩奈)

仮面の少女を演じた丹生は「台本を読んだ時は(仮面の少女が)怖そうだなという印象でしたが、アフレコが進むにつれてどんどん感情移入して大好きになりました!映像も音楽もとっても素敵な作品に係われて幸せです!」と話す。

【写真】劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』公開初日舞台挨拶 (丹生明里/日向坂46)

サニア役の鬼頭明里の分も頑張ると挨拶した佐倉は「私がアフレコした時は、彩奈と、鬼頭明里、山寺さんの名前しか無かったので、どんな人たちがアフレコに参加するのか不思議に感じながらの収録でした。結果的にフタを開けてみたら、新進気鋭の日向坂46の丹生明里ちゃんや、やる気に満ち溢れているイッセー尾形さん、私が小さい頃からよく拝見している濱田岳さんがキャスティングされてて、なるほどな!と。収録を終えて“もっとこの世界に居たかったな”と名残惜しい気持ちになったのが新鮮で、そんな作品に携われてありがたいですし、幸せです」とアフレコ時を振り返った。

【写真】劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』公開初日舞台挨拶 (佐倉綾音)

ぬいぐるみであるミライ役の濱田は「ぬいぐるみならではの悲しみって何だ……と思いながらアフレコしました。考えたこともなかったので!声優の仕事はそんなにやったことがなかったので、勉強になりました」とアニメーションならではの役作りについて言及した。

【写真】劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』公開初日舞台挨拶 (濱田岳)

くるみ割りを演じたイッセー尾形は「語尾が“ごじゃる”という普段使わない言葉だったので、慣れるために運転しながら“赤信号でごじゃる”とか口を鳴らしてアフレコに臨みました!」と独自の練習方法を明らかにした。

【写真】劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』公開初日舞台挨拶 (イッセー尾形)

佐倉綾音の“かけがえのないもの”は炭水化物!?

映画にちなみ、かけがえのないものを聞かれた登壇者たち。竹達は「全部だけど……(強いて言うなら)家族です。自分の原動力ですし、母がいつも背中を押してくれるので、感謝してもしきれません!私よりも情報を仕入れるのが早くて、SNSの投稿について助言もしてくれるので頼もしいです!」と母親について話す。

【写真】劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』公開初日舞台挨拶 (竹達彩奈)

続く丹生は「おひさま(日向坂46メンバーが考案したファンの総称)のみなさんが居ないとライブやアイドルとしての活動が出来ないので、応援してくださるみなさんがかけがえのない存在です」とコメント。

【写真】劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』公開初日舞台挨拶 (丹生明里/日向坂46)

それを聞いた佐倉は「丹生ちゃん100点満点ですね!」と拍手を送る。そして「……炭水化物」とボソッと呟くと会場から拍手が!「いや、家族です!」と訂正するも竹達に「いや、遅い遅い(笑)」とツッコミを入れられ、壇上は笑いに包まれた。

それでも佐倉は「いや、家族やファンの方々はレジェンド級に大切ですよ!それを当たり前としたら、炭水化物です。お肉が大好きな彩奈には悪いんですけど、私、お肉に本当に興味なくて……」と主張すると、竹達は「一緒にご飯を食べに行った時に、お肉より炭水化物を重視してました」と証言。

【写真】劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』公開初日舞台挨拶 (竹達彩奈、佐倉綾音)

それに対して佐倉は「焼肉屋さんに連れて行ってもらっても全然良いの!ご飯しか食べないけど。お肉はご飯を食べるためのハケなんですよ!あ、やばい……、怒られる、どうしよう……。お肉も美味しくいただくんですけど、お肉についている味でご飯を食べたい!ごはん、パン、麺……。この辺りがないと動けないので、大事です」と真面目に話した。

【写真】劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』公開初日舞台挨拶 (佐倉綾音)

濱田は「僕も色々ありますよ。強いて言うならお酒かなと。かけがえのないものって言ったら言いすぎかな……?“プシュッ”という音が1日のピリオドというか。でもかけがえのないものは言いすぎか……?」と悩みながら回答。

【写真】劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』公開初日舞台挨拶 (濱田岳)

イッセーは「かけがえのないもの、1つあります。普段言わないから、ここだけの話にしてください。孫です!この映画のように孫には未来があります。孫にも“じぃじを観に来い”と声をかけようと思います」と孫への愛が溢れていた。

【写真】劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』公開初日舞台挨拶 (イッセー尾形)

藤咲総監督は「一緒にフィルムを作る仲間と家族も(かけがえのないもの)ですけど、うどんです」と回答。“うどん”発言を聞いた佐倉から「一緒にうどん食べに行きましょう!」と誘われると「そしたら、自分が打ちます」と特技がうどんの手打ちであることを明かした。

【写真】劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』公開初日舞台挨拶 (藤咲淳一総監督)

2月が誕生日の2人を登壇者がお祝い!

2月15日に丹生が、そして2月22日にイッセーが誕生日を迎えたお祝いのサプライズが!

丹生は竹達から桜を基調とした花束を受け取ると「枝もすごい!早くお家に飾りたいです」と喜んだ。

【写真】劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』公開初日舞台挨拶 (丹生明里 バースデーサプライズ)

イッセーは藤咲総監督から劇中に登場する樹をイメージした花束を受け取ると「まだまだ伸びたいと思います」と嬉しそうな表情を浮かべた。

【写真】劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』公開初日舞台挨拶 (イッセー尾形 バースデーサプライズ)

“特製DEEMOケーキ”も登場し佐倉は「かわいい〜!」と身を乗り出してケーキを見たり、イッセーは「蝶ネクタイをしたDEEMOですね」とコメント。丹生は「DEEMOがチョコレートでコーティングされてる!」と歓声を上げた。

【写真】劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』公開初日舞台挨拶 (丹生明里&イッセー尾形 バースデーサプライズ)

最後に竹達は「みなさんと直接お会いできて、『DEEMO』についてお話できる貴重な時間をいただいてとても幸せな気持ちです」そして藤咲は「アプリゲームの『DEEMO』をプレイされている方も、初見の方でも楽しめるように『DEEMO』の音楽を活かせるように作りました。良い映画になったと思います」と挨拶しイベントは終了した。

【写真】劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』公開初日舞台挨拶 (濱田岳)

[スチール撮影: Cinema Art Online UK / 記者: 梅田 奈央]

フォトギャラリー📸

スライドショーには JavaScript が必要です。

イベント情報

劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』公開初日舞台挨拶

■開催日: 2022年2月25日(金)
■会場: 新宿バルト9 シアター9
■出演者: 竹達彩奈(アリス役)、丹生明里(仮面の少女役)、佐倉綾音(ロザリア役)、濱田岳(ミライ役)、イッセー尾形(くるみ割り役)、藤咲淳一(総監督・脚本)
■MC: 奥浜レイラ

【写真】劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』公開初日舞台挨拶 (竹達彩奈、丹生明里、佐倉綾音、濱田岳、イッセー尾形、藤咲淳一総監督)

劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』予告篇🎞

映画作品情報

【画像】劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』キービジュアル

《ストーリー》

音楽によって解き明かされていく過去と、この世界の秘密―――

ピアノが鳴り響く音楽学校。聴く者全てを惹きつける見事な旋律を奏でるのは少し影のある少女、アリスだ。人と交わろうとしない彼女だが、好奇心の強いサニア、優しいロザリアと出会い、徐々に変化が訪れる。

空から一人の幼い女の子が落ちてくる。記憶を失くしていたが、黒の紳士が Deemo ということはなぜか知っていた。Deemoがつま弾くピアノの旋律に誘われるように、少女は「アリス」という自分の名前を思い出す。そこには、彼女を優しく見守るぬいぐるみのミライ、クルミ割り人形のくるみ割り、フワフワと宙に浮く匂い袋がいた。

ピアノの音色で成長する木が天窓まで届けば元の世界に帰ることができるのではと考えたアリスたちは、城に隠された楽譜集めを始める。そこでアリスは表情を隠した仮面の少女と出会う。「あなたなんて、嫌い」と言う仮面の少女とアリスの関係は?

仲間たちとの楽譜集めの冒険。仮面の少女の心。そして Deemo という存在の謎。時にアリスの頭をよぎる桜並木。

途中で止まる記憶の旋律――。

過去・現在・未来に大きな波紋を広げる音色が、次第にアリスの記憶の扉を開いていく。

 
出演: 竹達彩奈、丹生明里(日向坂 46)/鬼頭明里、佐倉綾音、濱田岳、渡辺直美、イッセー尾形、松下洸平/山寺宏一
 
原作: Rayark Inc.「DEEMO」
 
総監督: 藤咲淳一
監督: 松下周平
脚本: 藤咲淳一、藤沢文翁
キャラクターデザイン: めばち
主題歌制作: 梶浦由記
主題歌: Hinano「nocturne」(PONY CANYON)
制作: SIGNAL.MD Production I.G
製作・配給: ポニーキャニオン
 
© Rayark Inc./「DEEMO THE MOVIE」製作委員会
 
2022年2月25日(金)より
新宿バルト9 ほか全国ロードショー!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @DeemoMovie
 

劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』トークイベント レポート

劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』完成披露試写会 舞台挨拶 レポート

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る