映画『ザ・ファブル』レッドカーペットイベント レポート

【写真】映画『ザ・ファブル』レッドカーペットイベント (岡田准一、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕、佐藤浩市、木村了、江口カン監督)

映画『ザ・ファブル』レッドカーペットイベント

新宿の街にリムジンとハコスカで、
岡田准一ら豪華キャストがド派手に登場!!

週刊ヤングマガジン連載中で、単行本累計部数400万部突破、2017年度講談社漫画賞<一般部門>を受賞し、今、一番面白い作品と呼び声が高い南勝久原作のコミック「ザ・ファブル」が実写映画化!6月21日(金)に全国公開となる。

5月13日(月)、映画の完成を記念し、レッドカーペットイベントが新宿モア4番街で実施され、主演の岡田准一をはじめ、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕、佐藤浩市、木村了ら豪華キャスト陣、そして江口カン監督が新宿の街に集結した。

【写真】映画『ザ・ファブル』レッドカーペットイベント (リムジンで登場)

豪華キャスト陣と監督がレッドカーペットに登場!

MCを務めた青木源太アナウンサーに紹介されると共に、会場に真っ白なリムジンカーが登場!木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕、佐藤浩市、木村了、江口カン監督がレッドカーペットに降り立った。

【写真】映画『ザ・ファブル』レッドカーペットイベント (リムジンで登場)

青木が「あれ、主演の岡田さんが見当たらないですね?」と会場に問いかけると、後方から大きなエンジン音が…!?本作の主人公・ファブル(佐藤明)を演じた主演の岡田准一が劇中にも登場する“ハコスカ”(日産 スカイライン GT-R)に乗って颯爽と登場した。

【写真】映画『ザ・ファブル』レッドカーペットイベント (岡田准一、ハチスカで登場)

岡田のカッコイイ登場に観客達は悲鳴のような歓声を上げ興奮する様子。キャスト達と監督は全員揃って大歓声の中、レッドカーペットを歩いた。目の前を通る豪華メンバーに圧倒される観客に、キャスト達は手を振りながら笑顔でステージに向かって歩く中、柳楽は喜ぶ観客に向かって歩きながら勢い良くピースする元気な姿を見せた。

【写真】映画『ザ・ファブル』レッドカーペットイベント (岡田准一、木村文乃、山本美月)

各キャスト・監督から一言ずつ挨拶

岡田は「今日はお忙しい中来ていただきありがとうございます。笑いありアクションありの誰もがスカッとできるエンターテイメントが完成しました。ぜひ、劇場で観てもらえたら嬉しいです。」と映画の見どころも含めて挨拶。

木村文乃は「こんなに派手なイベント初めてで緊張していたのですが、皆様が暖かく迎えてくださったので、今すっごく楽しいです。ありがとうございます」と、緊張していたことを明かし、明るくコメントした。

【写真】映画『ザ・ファブル』レッドカーペットイベント (木村文乃)

山本は「今日はお集まりいただきありがとうございます。リムジンから降りるときにずっこけてしまい、すみません…(笑)。今日は頑張ります!」と笑顔で話した。

【写真】映画『ザ・ファブル』レッドカーペットイベント (山本美月)

福士は「ポップで明るいエンタメ作品ができたと思います。面白いと思うので、是非劇場でご覧ください。」と会場の観客に呼びかけた。

【写真】映画『ザ・ファブル』レッドカーペットイベント (福士蒼汰)

柳楽は「本日はどうもありがとうございます。岡田さんとアクションでご一緒できて本当に最高でした!今日は楽しんでいってください」と岡田とのアクションの共演に喜ぶ様子を見せた。

【写真】映画『ザ・ファブル』レッドカーペットイベント (柳楽優弥)

向井は「本当に沢山の方にお集まり頂きましてありがとうございます。天気も雨が降ることなく、楽しんでいけたらなと思います。最後まで楽しんでいってください。」と観客に向けてメッセージ。

【写真】映画『ザ・ファブル』レッドカーペットイベント (向井理)

 

安田は「長いリムジンに乗せて頂き、なかなか道が狭くて曲がりきれていませんでしたが、暑すぎず、寒すぎず良い天候だと思います。江口監督の独特の感性が光る素晴らしい痛快のアクション映画になっています。是非皆さん足をお運びください」とコメントした。

【写真】映画『ザ・ファブル』レッドカーペットイベント (安田顕)

木村了は「本当に楽しい素敵な作品になったと思っているので、ぜひ劇場に足をお運びいただけると嬉しいです」と挨拶をした。

【写真】映画『ザ・ファブル』レッドカーペットイベント (木村了)

佐藤は「バブル期によく見かけたリムジンにやっと乗ることができて幸せでした。今日は楽しんでいってください」と、リムジンに憧れていたことを明かし、喜びの表情を見せた。

【写真】映画『ザ・ファブル』レッドカーペットイベント (佐藤浩市)

江口監督は「最高のエンタメ作品になったと思います。是非皆さん観に来てください」と、自信満々に挨拶をした。

【写真】映画『ザ・ファブル』レッドカーペットイベント (江口カン監督)

映画『ザ・ファブル』の魅力を尋ねられると…

岡田は「誰もが笑えるエンターテイメントと原作のシビアな部分がうまく混ざってる映画だと思います」、木村は「“殺し屋”というものを楽しく教えてくれて、とにかく映像が面白い作品です。個人的には柳楽さんが皆さんにもて遊ばれるところが面白いです!」と映画を観たくなるようなコメントをした。

【写真】映画『ザ・ファブル』レッドカーペットイベント (木村文乃)

江口監督は「やりつくさせて頂きました。音楽も、笑いも、ドラマも、アクションもめちゃくちゃ最高なものになっています」と本作の魅力を語った。

【写真】映画『ザ・ファブル』レッドカーペットイベント (江口カン監督)

ファブルのペット“カシラ”も登場!

ステージでのフォトセッションには、劇中で岡田演じる主人公・ファブル(佐藤)がボスの指令で飼うことになるペットのナナイロメキシコインコも登場し、大人しく岡田の指に乗って大勢のマスコミの集まったフォトセッションに参加した。

そして最後は、「6秒で敵を倒す」というファブルの伝説にあやかった「6、5、4、3、2、1、“ザ・ファブルー!”」と6秒のカウントダウンを合図に、岡田、福士、柳楽の3人ががハンディキャノンを発射すると、ステージ両脇からも大型特攻が発射され、会場全体が金と銀のテープでキラキラと豪華にレッドカーペットが彩られた。

[スチール撮影: Cinema Art Online UK / 記者: 清水 彩帆]

 

イベント情報

<映画『ザ・ファブル』レッドカーペットイベント>

■開催日: 2019年5月13日(月)
■会場:
 新宿モア4番街
■登壇者:
 岡田准一、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕、佐藤浩市、木村了、江口カン監督
■MC:
 青木源太(日本テレビアナウンサー)

【写真】映画『ザ・ファブル』レッドカーペットイベント

フォトギャラリー

映画『ザ・ファブル』予告篇

映画作品情報

《ストーリー》

どんな相手も6秒以内に殺す――。

“ファブル(寓話)”と呼ばれる謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会で誰もが「伝説」と恐れる存在だった。しかし、ちょっと仕事をし過ぎた彼に、ボス(佐藤浩市)はある指令を与える。

「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」

ファブルは、佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に生まれて初めて一般人として街に溶け込む生活を始める。インコを飼ったり、バイトしたり…。殺しを封じ、《普通》を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う裏社会の組織や、ファブルに助けを求める者たちが次々に現れ、事態は思わぬ方向へ急発進する!【絶対に殺してはいけない】指令のもと、絶体絶命のピンチを切り抜け平和に暮らせるのか―?!

 
出演: 岡田准一、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、木村了、井之脇海、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、宮川大輔、佐藤二朗、光石研/安田顕/佐藤浩市
 
原作: 南勝久「ザ・ファブル」(講談社「ヤングマガジン」連載)
 
監督: 江口カン
脚本: 渡辺雄介
配給: 松竹
© 2019「ザ・ファブル」製作委員会
 

2019年6月21日(金)全国公開!

映画公式サイト

公式Twitter:@the_fable_movie
公式Instagram:@fable_movie
公式ハッシュタグ:#ザ・ファブル

この記事の著者

さほ

さほシネマレポーター/ライター

シネマティーンズオンラインでインタビュアやライターとして活動している現役高校生です。
趣味は映画鑑賞や好きなアーティストのライブに行くことです☺
お気に入りの映画は山戸結希監督の『溺れるナイフ』(2016年)です。

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る