映画『ザ・フォーリナー/復讐者』(THE FOREIGNER) レビュー

【画像】映画『ザ・フォーリナー/復讐者』(THE FOREIGNER) メインカット

映画『ザ・フォーリナー/復讐者』(THE FOREIGNER)

最愛の娘を失った哀しみと焦燥の連鎖が、怒りの炎と化す!
卑劣なテロリストを全て焼き尽くす、圧倒的なアクションを1秒たりとも見逃すな!

「こんなジャッキー・チェンは観たことがない!」映画を観終えた人は、口を揃えてそう叫ぶだろう。ジャッキーは言うまでもなく、香港映画でカンフーアクションのスターとしてキャリアをスタートさせ、やがてハリウッドでも大きな成功をおさめた、アクション映画界きってのスーパースターだ。

【画像】映画『ザ・フォーリナー/復讐者』場面カット (Jackie Chan)

もちろん、本作『ザ・フォーリナー/復讐者』でもその片鱗を魅せてくれる。…いや、片鱗どころではない。ややカンフーは封印しているものの、我々の期待通りにスクリーン狭しとたっぷり暴れまくってくれる。だが、それだけで留まらないのが本作の大きな特長だ。

【画像】映画『ザ・フォーリナー/復讐者』場面カット (Jackie Chan)

無差別テロによって罪もない娘の命を奪われた父親の苦衷。心ここにあらず。呆然としながらもまるでストーカーのように犯人を捜す執念に脱帽。これまで、ある種の陽気感を漂わせながら、時にコミカルに敵をなぎ倒し続けてきたジャッキーとは、まるで別人だ。陰ある亡者のような姿に戦慄すら覚える。

【画像】映画『ザ・フォーリナー/復讐者』場面カット (Jackie Chan)

作品の中盤からは、いよいよ本領発揮。犯人像が徐々に明らかになっていく中で、ジャッキー演じるクァンの闘争本能も徐々に点火していく。完全無敵のヒーローでなく、時に敵に追い込まれながらも打ち払っていく様は「60歳を過ぎた元特殊工作員」という設定を忠実に再現したものだろう。より臨場感が増すというものだ。このあたりの切替えと巧みさは、本作随一のみどころと言って良い。

【画像】映画『ザ・フォーリナー/復讐者』場面カット (Jackie Chan)

そして、共演は日本でもおなじみのピアース・ブロスナン。『007/ゴールデンアイ』(1995年)で5代目ジェームズ・ボンドに任命され、シリーズの人気を中興させた立役者だ。かつて武闘派で鳴らした現北アイルランド副首相という役どころだが、これが実に見事にマッチ。枯れ感のある老政治家ぶりを見せつつ、瞳の奥から放たれる眼光の鋭さはただならぬモノがあり、常にミステリアスな存在。彼を軸に次々と拡がっていくストーリーに、観ている者はドンドンと緊迫した世界へ惹き込まれていく。もう一人の主役と言っても過言ではない、キーになるポジションだ。

【画像】映画『ザ・フォーリナー/復讐者』場面カット (Pierce Brosnan)

こうした快作を創り上げた功績は、無論制作スタッフの力も大きい。とりわけ監督のマーティン・キャンベルの手腕はさすがだ。前述の『007/ゴールデンアイ』でメガホンをとり、ピアースを起用したのも彼だが、その後同じ007シリーズの『007/カジノ・ロワイヤル』(2006年)でもダニエル・クレイグを起用し、新たなボンド像を創り上げ世界中から喝采を浴びた名監督だ。『007/カジノ・ロワイヤル』も最後にどんでん返しが二転三転と繰り返され観客を魅了したが、本作も負けていない。登場人物は多岐に渡るが、裏切りの連続でとにかく最初から最後までハラハラさせられる。

【画像】映画『ザ・フォーリナー/復讐者』場面カット (Pierce Brosnan)

従来のアクション映画らしい王道テイストを踏襲しつつ、新たなカラーをしっかりと取込み、結果斬新な娯楽大作となった一本。映画ファンはさらに進化した“成龍(=ジャッキー・チェンのこと)”像を楽しむことができる作品だ。

 
[ライター: 藤田 哲朗]

映画『ザ・フォーリナー/復讐者』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『ザ・フォーリナー/復讐者』(THE FOREIGNER) ポスタービジュアル

《ストーリー》

怒らせてはいけない人を怒らせてはいけない。
ロンドンでレストランのオーナーとしてつつましい生活を送るクァン(ジャッキー・チェン)。平穏無事な生活を送っていた中、突然たったひとりの高校生の娘が無差別テロに命を奪われてしまう。クァンは復讐の怒りに煽られ、静かに爆発していく。彼は犯人を探すうちに、北アイルランド副首相のリーアム・ヘネシー(ピアース・ブロスナン)にたどり着く。ヘネシーは、官僚としての仕事で過去に抱えた問題に脅かされていた。クァンの犯人を追うあくなき執念が、昔アメリカの特殊部隊出身である事を浮き彫りにしていく。次第に明らかになっていく二人の過去。敵か、味方か・・・孤独な男たちの戦いは、想像もしない結末へと向かっていく――。

 
原題: THE FOREIGNER
邦題: ザ・フォーリナー/復讐者
 
監督: マーティン・キャンベル
脚本: デヴィッド・マルコーニ
製作: ジャッキー・チェン、ウェイン・マーク・ゴッドフリー、アーサー・M・サルキシアン、ケイ・キン・ハン、クレア・カップチャック、ジョン・ゼン、スコット・ランプキン、ジェイミー・マーシャル、キャシー・シュルツマン
音楽: クリフ・マルティネス
 
出演: ジャッキー・チェン、ピアース・ブロスナン
 
配給: ツイン
 
© 2017 SPARKLE ROLL MEDIA CORPORATION STX FINANCING, LLC WANDA MEDIA CO., LTD.SPARKLE ROLL CULTURE & ENTERTAINMENT DEVELOPMENT LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED. 
 
2019年5月3日(金・祝) 新宿ピカデリー他 全国ロードショー!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @movietwin2

この記事の著者

藤田 哲朗

藤田 哲朗映画ライター・愛好家

大手出版取次会社で20代後半より一貫してDVDのバイヤー/セールスの仕事に従事する。
担当したクライアントは、各映画会社や映像メーカーの他、大手のレンタルビデオチェーン、eコマース、コンビニチェーンなど多岐にわたり、あらゆるDVDの販売チャネルにかかわって数多くの映画作品を視聴。
プライベートでも週末は必ず都内のどこかの映画館で過ごすなど、公私とも映画づけの日々を送っている。

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る