映画『リベンジgirl』クランクアップ会見 with ブルガリ

【画像】映画『リベンジgirl』 クランクアップ会見 with ブルガリ

映画『リベンジgirl』

クランクアップ会見 with ブルガリ

女子憧れの「ブルガリ」ジュエリー
鈴木伸之が桐谷美玲に“ハグつけ”
 !!

興行収入24.3億円を突破した『ヒロイン失格』(2015年)にてその女優魂に高い評価を集めた桐谷美玲が2年ぶりに主演を務める映画『リベンジ girl』。今回桐谷が演じるのは、“ミス東大”“イケメン彼氏持ち”、性格以外はパーフェクトな“イタイ女” 宝石美輝(たからいし みき)。フラれた相手を見返すために女性初の総理大臣を目指す型破りなヒロインを、キュートな魅力とマルチな才能を持つ桐谷が体当たりで演じる。監督には『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(2016年)を大ヒットに導き、今年11月には『覆面系ノイズ』の公開も控える三木康一郎監督。日本映画史上、最もキュートで型破りなヒロインが贈るこの冬一番のラブストーリーに日本中が恋をする!

【画像】映画『リベンジgirl』メインビジュアル

10月末に映画の撮影が完了し、11月9日(木)にブルガリ銀座タワーにて、クランクアップ会見を実施!会見には主演の桐谷美玲ほか、映画やドラマ、舞台など多岐に渡る活躍で人気急上昇中の鈴木伸之、“きよたんスマイル”で世の女性を虜にする清原翔が登場した。

本作では、世界的人気の高級ジュエラー「ブルガリ」と、ブランド史上初となるこれまでにないコラボレーションが実現!!ブルガリの新作コレクション「ビー・ゼロワン」の「パーフェクト ミステイク」と名付けられたネックレスが劇中に登場。「パーフェクト ミステイク」には“失敗には全て意味がある”という意味合いが込められており、リベンジを目指して奮闘する主人公・美輝が重要な場面で必ず身につけている、ストーリーに欠かせないキーアイテムになっている。

強烈なキャラクターで我道を行く型破りなヒロイン(桐谷)、頭のキレるクールな政治秘書(鈴木)、政治家一家のサラブレッド(清原)とこれまでにない役どころに挑戦し、10月末にクランクアップを迎えたばかりのキャスト達から撮影中の裏話や作品への想いが明かされた。さらに劇中に登場するブルガリのネックレス「パーフェクト ミステイク」を、鈴木伸之から桐谷美鈴へプレゼント!至近距離での“ハグつけ(=後ろからネックレスを付ける)”に「ドキドキする!」と桐谷美玲が恥じらうシーンもあった。

記者会見レポート

―― 共演者の方同士、どのような印象を持たれていますか?

鈴木伸之(以下、鈴木): 撮影中、一緒にご飯を食べに行って、きよ(清原翔)とのぶと呼び合う仲にまで深まりました。

清原翔(以下、清原): 桐谷さんが人見知りだと伺っていましたが、僕も人見知りなので、周りの方に桐谷さんのことを事前にリサーチしたんです。でも、初日は「ご飯食べましたか?」だけで会話が終わってしまいましたね。

【写真】映画『リベンジgirl』 クランクアップ会見 with ブルガリ 清原翔

―― 桐谷美玲さん演じる宝石美輝は、難しい役どころでしたが?

桐谷美玲(以下、桐谷): 美輝は自信に満ち溢れていて、いつも一番でないと気が済まない性格。私とは正反対ですが、私が持っている中でも1番の「性格ブス」の部分を出し切りました!

【写真】映画『リベンジgirl』 クランクアップ会見 with ブルガリ 桐谷美鈴

―― 撮影を終えて、振り返るとどうですか?

桐谷: 今回の撮影で、選挙カーの上に立って演説する機会があり、なかなか味わえない経験をさせていただきました。
偶然にも、衆議院議員選挙の時期と重なって「あの子はどこの政党なの?」と問い合わせが来たこともありました。

鈴木: 人生はじめての雨を降らせて臨むシーンがあり、10月29日(日)に撮影したばかりですが、こんなに寒いのか!と驚きました。

【写真】映画『リベンジgirl』 クランクアップ会見 with ブルガリ 鈴木伸之

―― 実際にブルガリ広報室でも撮影されたそうですね?

桐谷: ブルガリの広報室はまさに女性の憧れです!美輝が身に付けているジュエリーや持っている鞄は、全てブルガリなので、高揚感でワクワクしていました。
あと、社員の方は、「すれちがう時に『チャオ!』と挨拶するんだよ」と実際に教わったので、撮影にも取り入れました。

ジュエリー贈呈!

劇中で着用しているブルガリのネックレス「パーフェクト ミステイク」を、鈴木さんから桐谷さんへ後ろからハグをしながら着けてもらう“ハグつけ”タイム!!桐谷さんのすぐ後ろに立ってスマートにネックレスをつける鈴木さん。着けてもらった桐谷さんは、はにかむ笑顔を見せた。

【写真】鈴木伸之から桐谷美玲に″ハグつけ″

―― “ハグつけ”はいかがでしたか?

桐谷: ドキドキしてしまいました!このネックレスは、撮影中もずっと着けていて、美輝の中でも重要なネックレスなんです。

【写真】桐谷美鈴 & パーフェクトミステイク

鈴木: 劇中でもネックレスを着けるシーンはなかったし、たくさんのカメラの前でつけると緊張しました。

記者からの質疑応答

―― 役作りで苦労した点はありますか?

桐谷: 美輝は、全力で真っ直ぐな性格の女の子なので、傘をささずにティッシュを配るシーンもあり、それは大変でしたね。

―― 今年の内にリベンジしたいことはありますか?

桐谷: 4月くらいからもう1回、2017年をやり直したいです!

鈴木: 風邪をひいてしまったので、もう一度撮影をやり直したいです!

―― 脚本を読んでどう感じましたか?

桐谷: テンポがいいラブストーリーだなぁと感じました。どんな作品になるのかわくわくもしましたね。

鈴木: 普通に生活していたら出会わない2人が出会うストーリーがすごくいいと思いました。

清原: 美輝と俊也の成長がとてもよく描かれていると感じました。

桐谷美玲からメッセージ

監督、俳優、スタッフ一同全力で作った映画です。
12月23日(土)の公開なので、皆さんの背中を押せるような作品になったらいいなと思います。

【写真】映画『リベンジgirl』 クランクアップ会見 with ブルガリ 桐谷美鈴

[スチール撮影: Cinema Art Online UK / 記者: 大石 百合奈]
 

イベント情報

<映画『リベンジgirl』クランクアップ会見 with ブルガリ>

日時: 2017年11月9日(木)
場所: ブルガリ銀座タワー 8階
登壇者: 桐谷美玲、鈴木伸之、清原翔、三木康一郎監督

映画作品情報

【画像】映画『リベンジgirl』

《ストーリー》

恋の終わりは、恋のはじまり。
選挙に挑む彼女と、その参謀。“本当の恋”が動きだす!
 

東大首席、ミスキャンパス1位の宝石美輝(桐谷美玲)は誰もが振り返る美女。
しかし、極度の性格ブスで、自分だけがそのことに気づいていない残念な“イタイ女”。ある日、イケメンで素敵な斎藤裕雅(清原翔)と恋に落ち、自然と付き合うことに。政治家一家のサラブレットである彼はいつもスマートで、世界一の幸せ者だと思っていたのに…まさかの大失恋!?失恋のリベンジを果たすべく、選挙に挑むことを決意!選挙秘書として出会った門脇俊也(鈴木伸之)がとにかく嫌な男。はじめは嫌なヤツと思っていたのに…美輝は本当の恋に気づくことができるのか!?

 
タイトル:『リベンジgirl』
監督: 三木康一郎(『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『覆面系ノイズ』)
原作: 清智英・吉田恵里香「リベンジgirl」(KADOKAWA刊)
脚本監修: 吉田恵里香(『ヒロイン失格』)
脚本:おかざきさとこ
出演者: 桐谷美玲、鈴木伸之、清原翔、馬場ふみか、竹内愛沙、佐津川愛美、大和田伸也
製作幹事: ギャガ / ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
© 2017 「リベンジ girl」製作委員会
 
2017年12月23 日(土・祝) 全国ロードショー!
 
映画公式サイト

公式Twitter: @revengegirl1223
公式Instagram: @revengegirl1223
公式Facebook: @映画『リベンジ girl』
 

この記事の著者

大石 百合奈

大石 百合奈ライター

幼い頃、本気で映画 『ジュラシックパーク』 の世界に行ってみたい!と思っていた。社会人になって、ハワイのオアフ島にあるロケ地を訪れた時は感動!“ロケ地を巡る”、“おしゃれの参考にする”など、“映画を観る”ことから広がる世界は無限だ。

★好きな映画
『スイートリトルライズ』 [監督: 矢崎仁司 製作: 2010年/日本]
『はじまりのうた』 (Begin Again) [監督: John Carney 製作: 2013年/米]
『ザ・ビーチ』 (The Beach) [監督: Danny Boyle 製作: 2000年/米・英]

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る