映画『おいしい家族』ヒット祈願!特別上映会 舞台挨拶レポート

【写真】映画『おいしい家族』ヒット祈願!特別上映会 舞台挨拶 (松本穂香、板尾創路、浜野謙太、笠松将、ふくだももこ監督)

映画『おいしい家族』

ヒット祈願!特別上映会

ふくだももこ監督、サプライズの手紙に思わず涙。

第40回すばる文学賞を25歳の時に受賞、映像産業振興機構(VIPO)による若手映画作家育成プロジェクト(ndjc)2015に選出され、文学・映像両方の才能を発揮する新鋭作家ふくだももこ監督の長編初監督作品『おいしい家族』の公開が決定した。

仕事や結婚生活など、都会での生活に疲れた主人公・橙花を演じるのは、『恋は雨上がりのように』(2018年)、『君は月夜に光り輝く』(2019年)出演の大注目若手女優・松本穂香。本作が長編映画初主演となった。また、亡き妻の服を着て暮らす父・青治には、多方面で活躍する板尾創路。青治のパートナーであり、お調子者の居候・和生には、浜野謙太が好演した。人も気候も穏やかな島を舞台に、新たな家族像がスクリーンに映し出される。

【画像】映画『おいしい家族』メインカット

8月31日(土)、「ヒット祈願!特別上映会」と題して公開劇場のヒューマントラストシネマ渋谷で先行上映会が行われ、本作が初長編監督作品となったふくだももこ監督と、主演の松本穂香をはじめ、母になる父を演じた板尾創路、そのパートナー役の浜野謙太、国際結婚した弟役を演じ、日経エンタテインメントでは「20代男性俳優・映画&連ドラ出演数ランキング」で1位を獲得した実力派若手俳優・笠松将の家族キャストが夏らしく浴衣姿で上映後の舞台挨拶に登壇!映画に込めた想いや撮影秘話を語った。

イベントレポート

上映終了後のあたたかな雰囲気の劇場にふくだももこ監督と浴衣姿のキャスト4人が登場。爽やかな青や黒の浴衣で決めた男性陣の中で、主演の松本穂香はピンク地に花柄の浴衣で花を添えていた。

松本穂香から「皆さん、作品はいかがだったでしょうか?」との問いかけに答えるように会場からは大きな拍手が沸き起こり、映画の完成度の高さを物語っていた。

【写真】映画『おいしい家族』ヒット祈願!特別上映会 舞台挨拶 (松本穂香)

登壇した監督とキャスト陣は仲が良い様子で、浜野謙太の浴衣姿は某ホテルの泊まり客みたいだと板尾創路からツッコミがあり、会場に笑いをもたらした。

ツッコまれた浜野は「試写を観た時にふくだ監督の前説にグッと来ました。更に、試写がある度に繰り返し話しているなんてすごいですよね。そんなふくだ監督の作品だから愛に溢れた映画になりました」と一言。ふくだ監督は嬉しそうに微笑んだ。

【写真】映画『おいしい家族』ヒット祈願!特別上映会 舞台挨拶 (浜野謙太、ふくだももこ監督)

ふくだももこ監督の印象は?

『おいしい家族』が映画化に至った経緯については、ふくだももこ監督の短編映画『父の結婚』(2016年)に出演した板尾創路が長編への道を後押しによるものだという。これについて板尾は「言ってみるものですね。30分の短編では見せられなかった部分をもっと描いてほしかったので長編が決まったと聞いて嬉しかったです」と笑顔で語った。

【写真】映画『おいしい家族』ヒット祈願!特別上映会 舞台挨拶 (板尾創路)

ふくだ監督の印象について聞かれた松本穂香は「撮影中、ふくだ監督が一番楽しんでいました。その場で思いついたようなカットでも『ええやん!』とすぐ取り入れるなど、みんなで一緒に作品を作っている感覚が強く、私も楽しむことができました」と話し、笠松将は「肩書きや役職関係なく平等に接してくれるので、ストレートで愛のある方だなとすごく好きになりました」とふくだ監督の人柄を語った。

【写真】映画『おいしい家族』ヒット祈願!特別上映会 舞台挨拶 (笠松将)

ロケ地は伊豆諸島の新島

撮影時のエピソードでは、ロケ地である新島に話が及んだ。

板尾創路と浜野謙太は、新島到着してすぐ“2人デート”をしたそう。「板尾さんと2人で波打ち際ではしゃいだり、セルフィーを撮ったり、とても楽しかったです」と浜野は振り返った。

【写真】映画『おいしい家族』ヒット祈願!特別上映会 舞台挨拶 (松本穂香、板尾創路、浜野謙太、笠松将)

ふくだももこ監督へサプライズ!
お母さんからの手紙を松本穂香が代読 

ここで、ふくだ監督へ向けた養母からの手紙が披露され、松本穂香が代読。娘(養子)として迎え入れた瞬間について、リーダーシップを発揮した学生時代、映像の道を歩み始めた専門学校時代について、そして、現在の活躍についてなど、あたたかな愛のある文章で綴られていた。

【写真】映画『おいしい家族』ヒット祈願!特別上映会 舞台挨拶 (松本穂香、ふくだももこ監督へのサプライズの手紙を代読)

~お母さんからの手紙全文~

ももちゃんへ

我が家にあなたを迎えたのは、あなたが4ヶ月の時でした。12月24日のクリスマスイブでした。私たちはとても幸せでした。

あなたはいつも機嫌が良くて、元気一杯でした。外出すると元気に走り回るあなたを追いかけるのが、とても大変でした。

保育園にお迎えに行くと、 園庭 から私を見つけて「キャー!」と歓声をあげて、笑い声をあげながら駆け寄ってきました。可愛かったなあ。

子育てってこんなに楽しいんだと、嬉しさ一杯の日々でした。

あなたは、学校の先生たちから、いつもお褒めの言葉をいただいていました。

高校1年の担任の先生などは「ふくださんは素っ晴らしいお子さんですね。ふくださんのおか げでクラスがまとまって、素晴 らしいクラスになりました」と言われ、いくら何でも褒めす ぎでしょと驚きました。でも、先生の言 われたようにリーダーシップをとって、体育祭の応援団長をしたり、文化祭でミュージカルの舞台監督をしたり、大活躍でした。

そんなあなたが、進路を映画の専門学校にしたのは、ごく自然なことだと思いました。何かにつけて、自信たっぷりなところを見せつけるあなたにお父さんは「その根拠 のない自信はどこから来るんや。脳天気やなあ」と笑っていましたね。

あなたは、専門学校から 目標 に向かって一直線 でした。助監督をしたり、NBJCに選出されて映画を撮ったりと、そんな時、文芸誌の文学賞で佳作を受賞したと知らされました。

「文学……漫画ばっかり読んでいたのに、ほんまは賢かったんや」とビックリしました。

「次は、芥川賞や」と言ったのは、お母さんです。あなたの脳天気は感染するようです。

今、あなたは仕事 に恵まれ、 順風満帆です。ここに来るまでには辛いこともいっぱいありましたね。何度か大泣きするあなたを見てきました。専門学校の時、会社勤めの時、ドラマ監督の時、悔しかったのかな。辛かったのかな。

そして、先月 も大 泣きをしていました。でも、今回は嬉し泣きです。「目標にしていたことが、みんな叶っていく。嬉しい。もう根拠のない 自信やないやろ。根拠できたやろ」とわんわん泣いていました。お母さんも嬉しくて、一緒に泣きました。あなたは、したたかに酔っていたから覚えていないかな。

ももちゃん、あなたは今までたくさんの人に助けていただいて、愛していただいて、期待していただいて、本当に幸せ者です。これからは、いただいたものをお返しできるようになるまで、精進していかなきゃいけないですね。大変だ。また何度か大泣きするのかな。どんな姿を見せてくれるか楽しみにしています。

お母さんより

手紙の内容を聞き終えたふくだ監督は、涙を流しながら「今まで両親を含め、いろんな人に優しくしてもらったから『おいしい家族』のような映画で返していかないといけないと強く思っています。映画を観て下さった方に、その気持ちが伝わることを願っています」と今まで出会った方への感謝を伝えた。

【写真】映画『おいしい家族』ヒット祈願!特別上映会 舞台挨拶 (ふくだももこ監督)

締めくくりは、母親役の板尾創路からのメッセージ

最後に、板尾創路から「ふくだももこ監督にはすごくパワーを感じている。特に最初の作品は勢いがあるし、自然とにじみ出るものだからそれを大切にしてほしい。また、ふくだ組で次の作品を撮りたいですね」とメッセージがあり、これからのふくだ監督の活躍にエールを送るような拍手に見送られながら、ふくだ監督とキャストは降壇。あたたかな雰囲気のイベントは幕を閉じた。

【写真】映画『おいしい家族』ヒット祈願!特別上映会 舞台挨拶 (板尾創路)

舞台挨拶終了後、ふくだ監督とキャスト陣が出口に並び見送る姿が印象的で、『おいしい家族』を多くの方に観て欲しいという想いが伝わってくる特別上映会だった。

【写真】映画『おいしい家族』ヒューマントラストシネマ渋谷

[スチール撮影:Cinema Art Online UK / 記者:大石 百合奈]

イベント情報

映画『おいしい家族』ヒット祈願!特別上映会

■開催日: 2019年8月31日(土)
■会場: ヒューマントラストシネマ渋谷 スクリーン1
■登壇者: 松本穂香、板尾創路、浜野謙太、笠松将、ふくだももこ監督
■MC: 伊藤さとり

【写真】映画『おいしい家族』ヒット祈願!特別上映会 舞台挨拶 (松本穂香、板尾創路、浜野謙太、笠松将、ふくだももこ監督)

映画『おいしい家族』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『おいしい家族』ポスタービジュアル

《ストーリー》

銀座で働く橙花(松本穂香)は、夫と別居中。仕事もうまくいかず都会での生活に疲れ気味。

ちょうど母の三回忌を迎え、船にゆられて故郷の離島へ帰ってきた。

すると、実家では父(板尾創路)が、亡き妻の服を着て おいしいごはんを作ってまっていた!

唖然とする橙花に追い打ちをかけるように、見知らぬ居候が登場。

それはお調子者の中年男・和生(浜野謙太)と生意気な女子高生・ダリア(モトーラ世理奈)。

「父さん、みんなで家族になろうと思う」 突然の父の報告に動揺する橙花とは裏腹に、

一切気にも留めない様子の弟・翠(笠松将)が加わり、みんなで食卓を囲む羽目に…。

みんなちがってそれでいい。 のびのびと過ごす島の人々と、橙花の暮らしがはじまった。

 
出演: 松本穂香、板尾創路、浜野謙太、笠松将、モトーラ世理奈、三河悠冴、栁俊太郎
 
監督・脚本: ふくだももこ
 
音楽: 本多俊之
製作: 新井重人、松井智
エグゼクティブプロデューサー: 福家康孝、金井隆治
プロデューサー: 谷戸豊、清家優輝
アソシエイトプロデューサー: 山野邊雅祥
撮影: 高橋草太
照明: 山本浩資
録音: 原川慎平
美術: 大原清孝
編集: 宮島竜治
製作: 日活/ハピネット
制作プロダクション: ファインエンターテイメント
企画・配給: 日活
 
© 2019「おいしい家族」製作委員会
 
2019年9月20日(金)
ヒューマントラストシネマ渋谷他全国ロードショー!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @oishii_movie #おいしい家族
公式Facebook:@oishiikazoku.movie
公式Instagram:@oishiikazoku.movie

この記事の著者

大石 百合奈

大石 百合奈ライター

幼い頃、本気で映画 『ジュラシックパーク』 の世界に行ってみたい!と思っていた。社会人になって、ハワイのオアフ島にあるロケ地を訪れた時は感動!“ロケ地を巡る”、“おしゃれの参考にする”など、“映画を観る”ことから広がる世界は無限だ。

★好きな映画
『スイートリトルライズ』 [監督: 矢崎仁司 製作: 2010年/日本]
『はじまりのうた』 (Begin Again) [監督: John Carney 製作: 2013年/米]
『ザ・ビーチ』 (The Beach) [監督: Danny Boyle 製作: 2000年/米・英]

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る