ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2019 (SSFF & ASIA 2019) アワードセレモニー レポート

【写真】ショートショート フィルム フェステイバル & アジア 2019 (SSFF & ASIA2019) アワードセレモニー フォトセッション

【画像】ショートショート フィルム フェステイバル & アジア (SSFF & ASIA)

SSFF & ASIA 2019
レッドカーペット&アワードセレモニー開催!

令和初の「ジョージ・ルーカス アワード」は、
安藤桃子監督も絶賛のツェンファン・ヤン監督作品が受賞!!

米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2019」(略称:SSFF & ASIA2019)のアワードセレモニー&レッドカーペットイベントが、6月16日(日)に東京・明治神宮会館にて開催された。

21年目を迎えた今年は、世界130の国と地域から集まった約10,000本の中から選りすぐりの約200作品を、東京5会場と初の試みであるオンライン会場にて上映。

【写真】ショートショート フィルム フェステイバル & アジア 2019 (SSFF & ASIA2019) トロフィー

アワードセレモニーでは、翌年のアカデミー賞®短編部門のノミネートにつながるオフィシャルコンペティション各部門(インターナショナル部門、アジアインターナショナル部門、ジャパン部門)およびノンフィクション部門 supported by ヤフー株式会社の優秀賞を始め、計8つの賞の発表が行われた。

また、アワードセレモニーのレッドカーペットには、映画監督の安藤桃子監督、かたせ梨乃、永瀬正敏、ホラン千秋、とよた真帆、EXILE HIRO、今市隆二、佐野玲於を初めとした各界で活躍する豪華なゲストが登場した。

 

アワードセレモニーレポート

MCの堀潤が登壇し、開演の挨拶。盛大なSSFF & ASIA 2019 アワードセレモニーのオープニングを飾った。

Cinematic Tokyo部門優秀賞(東京都知事賞)発表・授与

50の国と地域、280作品の中から優秀賞に選ばれた作品はハッサン海監督作品『ロブ』(原題:Robu)。

【画像】映画『ロブ』(原題:Robu) メインカット

多羅尾光睦たらお みつちか東京都副知事がプレゼンターとして登壇。

公務で欠席となった小池百合子東京都知事からは「Cinematic Tokyo部門を通して、東京から世界へ多くのクリエイターが羽ばたくことを嬉しく思います。来年のオリンピック・パラリンピックに向けてスポーツの祭典とともに盛り上げていきたいです」とメッセージが届いた。

オフィシャルコンペティション各部門優秀賞発表・授与

インターナショナル部門

96の国と地域、5,320作品の中から優秀賞に選ばれた作品は、メリアム・ジュベール監督作品『兄弟愛』(原題:Brotherhood)。

【画像】映画『兄弟愛』(原題:Brotherhood) メインカット

ジュベール監督から「世界に伝えたい内容を込めた作品だったので、受賞できたことをとても嬉しく思います」と動画メッセージが届いた。

アジアインターナショナル部門(東京都知事賞)

27の国と地域、1,627作品の中から優秀賞に選ばれた作品は、ツェンファン・ヤン監督作品『見下ろすとそこに』(原題:Down There)。

【画像】映画『見下ろすとそこに』(原題:Down There) メインカット

ヤン監督から「このような賞をいただけて大変光栄です。ありがとうございます」と喜びの動画メッセージが届いた。

ジャパン部門(東京都知事賞)

国内から集まった328作品の中から優秀賞に選ばれた作品は、見里朝希(みさと ともき)監督作品『マイリトルゴート』(原題:My Little Goat)。

【画像】映画『マイリトルゴート』(原題:My Little Goat) メインカット

見里監督は「親の過剰な愛情は正義なのか?というメッセージを伝えたくて作った作品です」と作品のテーマを語った。

審査員を務めた安藤桃子監督は「“映画だからこそできる表現ができているか”という視点で審査しました。物が溢れた平成は断捨離ブームで幕を閉じました。新たに迎えた新時代、令和はより心にフォーカスされていくのではないかと思います。そのことを象徴するかのような作品でした。

ショートフィルムを入り口として、映画界がますます発展していくことを願っています」と新時代を迎えた日本の将来を見据えた作品と評価した。

【写真】SSFF & ASIA 2019 アワードセレモニー (里見朝希監督、永瀬正敏)

U-25プロジェクト supported by 日本セーフティー発表・授与

71作品の中から優秀賞に選ばれた作品は、原清楓監督作品『デルージ』(原題:The Deluge)。

プレゼンターとしてLiLiCoが登壇。

「作品を観てしわが増えました。そのしわは、今まで観たことがない作品出会った時に驚いてできる価値のあるしわです。この作品は、子どもの視点による大胆さと大人の視点による繊細さが混ざり合っている観たことがない世界観を作り上げていました。今後に期待しています!」と感想と共に若き才能にエールを送った。

ノンフィクション部門 supported by ヤフー株式会社 優秀賞発表・授与

82の国と地域、750作品の中から優秀賞に選ばれた作品は、アンジェロ・ファッチーニ監督&ギレ・イサ監督作品『ドゥルセ』(原題:Dulce)。

アンジェロ・ファッチーニ監督とギレ・イサ監督は「気候変動という環境問題を描くことは難しいですが、その解決策を見つけ、表現することが私たちのミッションだと考えています。海面上昇によって村が失われる怖さもしっかりと表現しました」とコメント。

【写真】SSFF & ASIA 2019 アワードセレモニー (アンジェロ・ファッチーニ監督)

審査員の原田眞人監督は「題材と映像、キャスティングの素晴らしさに驚きました。フィクションの世界はどうしても人材が限られてしまうけれど、この作品を観ていい顔をした人材は世界に溢れていることを知りました」とノンフィクションを作る難しさを魅力に変えた本作を絶賛。

CGアニメーション部門優秀賞発表・授与

73の国と地域、747作品の中から優秀賞に選ばれた作品は、カルロス・バエナ監督作品『観覧車』(原題:La Noria)。

【画像】映画『観覧車』(原題:La Noria) メインカット

審査員のとよた真帆から「少年の葛藤や悩みを見事に表現した作品。最後は主人公の少年がアニメではなく役者が演じているように感じ、彼のうなじまで愛おしくなりました。8年かけて作られた作品と伺い、映画を作る苦労と共に愛と努力が詰まった作品だと感じました」と本作に心底惚れ込んだ様子だった。

ひかりTVアワード発表・授与

ジャパン部門ノミネート監督の中で、最も4Kの魅力を伝えることができる監督へ贈られる賞。

榊原有佑監督作品『島のシーグラス』(原題:seaglass)が受賞した。

【画像】映画『島のシーグラス』メインカット

榊原監督は「熊本県にある湯島という人口300人に満たない島があります。PR映像としての役割も担っているので、湯島ににしかない空気感を表現しました」とコメント。

【写真】SSFF & ASIA 2019 アワードセレモニー (榊原有佑監督、板東浩二 株式会社NTTぷらら代表取締役社長)

グランプリ「ジョージ・ルーカス アワード」発表・授与

グランプリ「ジョージ・ルーカス アワード」は、ツェンファン・ヤン監督作品『見下ろすとそこに』(原題:Down There)が受賞!

ヤン監督の代理で登壇した中国大使館の劉晟りゅうせい氏は、受賞の喜びをかみしめるようにトロフィーを受け取った。

喜びに溢れたセレモニーは、SSFF&ASIA代表の別所哲也、フェスティバルアンバサダーのLiLiCoの挨拶で締めくくられた。

 

別所哲也: 皆様、本日は本当にありがとうございました。SSFF & ASIA 2019はアワードセレモニーをもって閉幕となります。明日からは、2020年に向けて準備をしていきます。

LiLiCo: 今日の余韻に浸りたいところですが、8月から“SSFF & ASIA 2020”に向けた準備が始まります。また素晴らしい作品に出会えますように。またここで笑顔で会えますように期待しています!

別所哲也: ショートフィルムは素晴らしい可能性を秘めています。より多くの作品が日本から世界に向けて発信できるよう、これからも“SSFF & ASIA”をよろしくお願いいたします!

SSFF & ASIA 2019では第92回アカデミー賞® 短編部門ノミネートの候補となる4作品が発表された。

世界へはばたく作品から受けた感動は、また新たな作品を創造する力に還元されるに違いない。

[スチール撮影&記者: 大石 百合奈]
[メインビジュアル及びトロフィー写真、作品画像: オフィシャル提供]

 

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019 概要

■開催期間: 2019年5月29日(水)~6月16日(日)
■上映会場: 東京5会場、オンライン会場
■オフィシャルサイト: http://www.shortshorts.org/2018
■主催: ショートショート実行委員会 / ショートショート アジア実行委員会

【SSFF & ASIA 2019 テーマ】

「Cinematic Attitude」
映画祭のビジュアルに用いた、海外から伝わり日本で育まれたそれぞれ異なる文様には、成長、拡大、反映、繋がり、前進、芸能といった意味を込め、映画・映像の普遍的な力や、映画祭が発信していく多様性を表現しました。

この記事の著者

大石 百合奈

大石 百合奈ライター

幼い頃、本気で映画 『ジュラシックパーク』 の世界に行ってみたい!と思っていた。社会人になって、ハワイのオアフ島にあるロケ地を訪れた時は感動!“ロケ地を巡る”、“おしゃれの参考にする”など、“映画を観る”ことから広がる世界は無限だ。

★好きな映画
『スイートリトルライズ』 [監督: 矢崎仁司 製作: 2010年/日本]
『はじまりのうた』 (Begin Again) [監督: John Carney 製作: 2013年/米]
『ザ・ビーチ』 (The Beach) [監督: Danny Boyle 製作: 2000年/米・英]

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る