映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』大ヒット御礼舞台挨拶レポート

【写真】映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』 大ヒット御礼舞台挨拶

映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』

大ヒット御礼舞台挨拶開催!

土屋太鳳、瀬々敬久監督が堂々凱旋登壇!

昨年12月16日(土)に公開された映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の勢いが新年を迎えても止まらない。興行収入はすでに20億円を超え、リピーターも続出。若い人を中心に、口コミやSNSなどあらゆるシーンで大絶賛の嵐、世に「ハチハナ」旋風を巻き起こしている。

そんな大ヒットの御礼ということで1月14日(日)東京・ 丸の内ピカデリー2にて、主演の土屋太鳳、瀬々敬久監督による舞台挨拶が満席の観客を前に行われた。

舞台挨拶レポート

司会進行をつとめたTBSテレビの笹川友里アナウンサーに紹介されると、土屋太鳳さんが艶やかな振袖姿で瀬々監督と共に登場。配給元の松竹のロゴカラーにちなんだという鮮やかな緑色の晴れ着は、ピュアな恋愛を描いた本作にふさわしく華やかな舞台挨拶となった。

まず笹川アナから挨拶を促されると、太鳳さんは大ヒット御礼という形で再び登壇できたことに感無量な様子。「心を込めて、感謝を込めて、瀬々組の代表としてしっかりとここに立ちたい」と客席に向かいメッセージを贈った。続いて瀬々監督が「大好きな相撲中継をみるのを諦めてここに来た」と冗談を交えて挨拶すると会場は大爆笑。和やかな雰囲気の中、イベントはスタートした。

【写真】土屋太鳳

太鳳さんが用意されたくす玉を「みなさんも一緒に心の中で引いて下さい」と気持ちのこもった合図と共に引くと、大きく「祝・大ヒット!興行収入20億円突破」の垂れ幕があらわれ大盛り上がり。改めて司会から公開から一か月経つが周囲の反応など如何ですか、と問われると「みな何度も観てくれたり、インスタやブログでたくさんのコメントを書いてくれたり…時間が経てば経つほど、作品への愛情がすごく伝わってくる」と噛みしめるように語ってくれた。

【写真】くす玉割り 土屋太鳳、瀬々敬久監督

またスタッフなど映画に関わってくれた人たちが結婚したり出産したり、幸せな話続きで…というエピソードを明かしながら「司会の笹川さんも12月に結婚されたじゃないですか!おめでとうございます!」とお祝いのメッセージ。笹川アナは「太鳳さんから幸せの粉が降り注いでおりまして…それを頭から浴びました」とやや照れながらコメントを返した。

【写真】笹川友里 アナウンサー

続いて瀬々監督に質問がうつると「土屋さんは一般のお客様に紛れて劇場に観に行ったのですよね。(正体が)バレなかったのですか?」と裏話を明かしてくれた。太鳳さんは「バレなかったです。お客様は皆エンドロールの最後まで座席を立たないでいてくれて…それがとても嬉しかった」と笑顔で回答。続いて「多くの感想を盗み聞きして(笑)…嬉しい言葉ばかりでした」と会場の笑いを誘った。

【写真】土屋太鳳

最後に太鳳さんが「公開初日に同じ丸の内ピカデリーの挨拶で話した言葉をもう一度言わせて頂きます。大切な何かを守りたい時、探したい時、心が折れそうな時、その時にこの作品がどうかみなさんの暖かな応援になりますよう心から祈っています」と述べると、瀬々監督も「この映画は命の映画と思っています。実際にあったお話なので創るのにも勇気が必要だった。それと共にモデルになったご本人たちや観客の皆さまへの愛情も。今後命について考える機会となってくれれば創り手として嬉しい。是非この映画を今後も愛し続けて頂ければと思います」と魂のこもったコメントを述べてくれて、会場は万雷の拍手が鳴り響いた。

【写真】瀬々敬久監督

こうして、外の寒さに負けない熱気あふれるイベントは、大盛況の中幕を閉じようとしていたが・・最後にビッグなサプライズが― 何と映画特製のオリジナル大入り袋を、土屋太鳳、瀬々敬久監督が観客全員へ手渡しでプレゼント!驚きと嬉しさで歓声が会場から上がる。二人自ら丁寧に愛情をこめて大入り袋を手渡す姿は、まさに本作のテーマを象徴するような光景であった。多くの人に支持され愛され続ける“ハチハナ”ブームは当分の間止みそうにない。

[スチール撮影: Cinema Art Online UK / 記者: 藤田 哲朗]

 

イベント情報

<映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』大ヒット御礼舞台挨拶>

日時: 2018年1月14日(日)
場所: 丸の内ピカデリー2
登壇者: 土屋太鳳、瀬々敬久監督
MC:笹川友里(TBS アナウンサー)

【写真】土屋太鳳、瀬々敬久監督

映画作品情報

【画像】映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』 メインビジュアル

YouTubeの動画をきっかけに、
瞬く間に日本中に拡散 本当に起きた、最高の奇跡

結婚式の直前に病に倒れ意識不明となった花嫁を、8年間待ち続けた新郎―。
「YouTube」に投稿された動画をきっかけに、「奇跡の結婚式」「号泣する実話」として一気に話題が広がり、TVや新聞、ネットなど数々のメディアで取り上げられ、海外にも拡散、2015年7月には「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」として書籍化もされた、あるカップルに起きた奇跡の実話を映画化。目を覚まさない恋人を献身的に支え続け、苦悩しながらもひたむきに彼女を思い続ける尚志(ひさし)役に佐藤健、病と闘う麻衣役には土屋太鳳。『64-ロクヨン- 前編/後編』(2016年)など深い人間ドラマを描くことに定評のある瀬々敬久監督がメガホンをとり、これ以上ない豪華キャスト、スタッフが集結し、信じる力と深い愛に満ち溢れた感動のドラマを紡ぎます。

【画像】映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』

《ストーリー》

意識の戻らない恋人を、あなたは何年待てますかー
結婚を約束したカップル、尚志(佐藤健)と麻衣(土屋太鳳)。結婚式を間近に控え幸せ絶頂だったある日、原因不明の病が突然麻衣を襲い、意識不明となってしまう。いつ目が覚めるかわからない状態に、麻衣の両親(薬師丸ひろ子、杉本哲太)からは「もう麻衣のことは忘れてほしい」と言われるが、尚志は諦めず麻衣の側で回復を祈り続ける。長い年月の末、ようやく麻衣は目を覚ますが、さらなる試練が二人を待ち受けていた。
そして二人が結婚を約束してから8年、ついに最高の奇跡が訪れる―。

 
出演: 佐藤健、土屋太鳳、薬師丸ひろ子、杉本哲太、北村一輝、浜野謙太、中村ゆり、堀部圭亮、古舘寛治
監督: 瀬々敬久
脚本: 岡田惠和
音楽: 村松崇継
主題歌: back number「瞬き」(ユニバーサル シグマ)
原作: 中原尚志・麻衣「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社刊)
制作プロダクション: 松竹撮影所 東京スタジオ
配給: 松竹
劇場公開日: 2017年12月16日

© 2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

全国にて大ヒット公開中!
 
映画公式サイト

公式Twitter: @8nengoshi

この記事の著者

藤田 哲朗

藤田 哲朗映画ライター・愛好家

大手出版取次会社で20代後半より一貫してDVDのバイヤー/セールスの仕事に従事する。
担当したクライアントは、各映画会社や映像メーカーの他、大手のレンタルビデオチェーン、eコマース、コンビニチェーンなど多岐にわたり、あらゆるDVDの販売チャネルにかかわって数多くの映画作品を視聴。
プライベートでも週末は必ず都内のどこかの映画館で過ごすなど、公私とも映画づけの日々を送っている。

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る