映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』公開記念舞台挨拶 レポート
【写真】映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』公開記念舞台挨拶 (古谷徹、武内駿輔、古川登志夫、潘めぐみ、内田雄馬、 廣原ふう、森口博子、安彦良和監督)

映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』

㊗公開記念舞台挨拶

公開2日で動員数約15万人、興行収入は約3億円!
安彦監督「標的は『トップガン』トム・クルーズに勝ってこそ大ヒット」

6月5日(日)、映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』公開記念舞台挨拶が丸の内ピカデリー1で開催され、アムロ・レイ役の古谷徹、ククルス・ドアン役の武内駿輔、カイ・シデン役の古川登志夫、セイラ・マス役の潘めぐみ、マルコス役の内田雄馬、カーラ役の廣原ふう、主題歌「Ubugoe」を担当した森口博子安彦良和監督が登壇した。

公開から3日連続の舞台挨拶最終日 
登壇者それぞれが心境を語る!!

舞台背景には沢山のファンから寄せられた声が書き記されたバックボードが。これを見た登壇者たちは、古谷は「嬉しいですね。『いっぱい泣いた最高』なんて言葉をいただけるなんて、心が温かくなりますね」とコメント。そんな古谷は舞台挨拶のリハーサルの時に感極まって涙をこぼしたと吐露。

【写真】映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』公開記念舞台挨拶 (古谷徹)

武内は「エンドロールには心がほっこりするような工夫がされていて、『初めてのガンダム』という方のコメントもありましたが、今までガンダムを知らない方にもガンダムに触れていただく良い機会になればいいなと思っています」とコメント。

【写真】映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』公開記念舞台挨拶 (武内駿輔)

本作のアムロに対して「間違いなく15歳のアムロ・レイがそこにいた!アムロの心の成長が見れた!」というような声が上がっており、改めて、15歳のアムロを演じた古谷は「アムロは純粋な少年で、何よりも強いエースパイロットなんです。心が優しい少年というのが本当に素敵で。43年経っているけど、さらにキャラクターとしてアムロが好きになりました」と改めて魅力を語り、アムロへの愛を告白。

【画像】映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』特報映像 場面カット1

一方、ドアンに対しては「ドアンがめちゃくちゃかっこよかった、何度もドアンを応援した」という声が多かったことに対して、それを聞いた武内は「ドアンという男は強いんですけど、自分自身に限界を感じていて、それでも諦めずに目の前で起きていることをなんとかしたいと、その取り組みの姿勢が少年アムロの心を柔らかくしているなと思います」とドアンの人間性に言及し「この姿勢が皆様の心に響いたらと思います」と願った。さらには「子供たちにとっても兄のような、父のような、友人のような要素があって、何回か観ていくとドアンの核心に触れられるのかと思います」と続けた。

【画像】映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』場面カット02

そして、カイには「スクリーンでカイの声を聴けるとはそれだけで幸せ!、アムロとカイの声が若い、変わらない声優さんの凄さが伝わってきた」との声が。TVアニメから43年、ガンダムでカイを演じ続けた古川は「嬉しいですね、徹ちゃんと二人でこうして登壇していることも嬉しくて胸が詰まりました。この作品に参加できたことも物凄いことだなと。本当に人類というものは、どの時代でも争い合っていて、その被害を受けているのは、いつでも名もなき小さきものたちです。これは、ガンダムという作品のメインテーマの一つだと思うんです。今回の新作でもギュッとこのテーマが詰まった名作になっていると思います」と、ガンダムが持つ深いテーマに触れ、感慨深い様子で綴った。

【写真】映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』公開記念舞台挨拶 (古川登志夫)

それに続き、ホワイトベースも劇場に帰ってきたことについて、ファンからは「お帰りホワイトベースという気持ちで観た、TVアニメよりも温かみのあるホワイトベースのクルーだった」との声が届いており、ガンダムシリーズでララァ・スン役を務めた、母である潘恵子のスカーフを身につけ、パワーを借りてきたという潘は「おかえりなさいと言っていただけるのは有り難いことだなと思います。ホワイトベースのクルーとしてのセイラは初めての参加だったので、本当に光栄なことだなと思いました。長く愛してくださっている皆様にも、本作が帰れる場所になってくれたらいいなと思います。初めてガンダムを観る方にはようこそと言いたいです」と、答えた。

【写真】映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』公開記念舞台挨拶 (潘めぐみ)

また今回、映画オリジナルキャラクターとして、20人の子供たちが新たに描き加えられ、その中でも長男・長女的存在をそれぞれ演じた内田と廣原にはこんな声が。まず、マルコスについては「マルコスと競い合うアムロを観てアムロはまだ子供なんだと思いました」と本作でのマルコスの存在が重要だったと感じているようで、内田は「皆さんが思うアムロは凄いパイロットという印象が多いのかなと思いますが、今回は素の少年の部分が、マルコスがいることによって、よりダイレクトに伝わると思いました。それと同時に、マルコスから見たドアンの大きさも含めて、より今作の人間ドラマを感じるのに、マルコスに注目していただけたら、より面白いのかなと思います」と、本作の見どころでもある人間ドラマについて語った。

【写真】映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』公開記念舞台挨拶 (内田雄馬)

次に、カーラについては、「廣原さん、初声優なのに上手!7人兄弟のお姉さんというのも納得のカーラの優しさを感じた」と大絶賛の声が。本格的な声優初挑戦から本日まで色々と初めて尽くしな廣原は「カーラの心に秘めた思いを、しっかり皆様にお届けできるかとドキドキしていましたが、光栄なお言葉でホッとしています」とコメントをすると、会場からは廣原への賞賛を送るかのような温かい拍手でレスポンスが。

【写真】映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』公開記念舞台挨拶 (廣原ふう)

そして、「ラストの森口さんの歌声で鳥肌がたった、主題歌のタイトルがなぜ『Ubugoe』なのか納得した」という感動の声が多数あり、この主題歌にはカーラの心情が描かれているのだが、森口「アレンジが本当に美しいですし、何より母性をたっぷり注いでいます。カーラをはじめとするアムロやドアンも産声を上げている・・・苦しい中でも選択をして生きているというそんな気持ちを込めて歌いました」と主題歌に込めた気持ちを振り返る。

【写真】映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』公開記念舞台挨拶 (森口博子)

公開から2日間の観客動員数と興行収入が発表!

ここで、MCより公開2日間で早くも動員数が約15万人、興行収入も約3億円を記録。この数字は、興行収入約22億円の大ヒットを記録した『閃光のハサウェイ』と比べて1劇場あたりでほぼ同じ動員をしている事になるそうで、好調のスタートを切っているとのアナウンスが。

このことを受け、安彦監督は「数字を聞いてもピンときませんが、標的は『トップガン』(5月27日より公開中の『トップガン マーヴェリック』)ですから、トム・クルーズに勝ってこその大ヒットと言いたいですね」と意気込み、会場の笑いを誘いつつ、公開を迎えた気持ちを「本当に温かい方々ばかりだなと思っています」と喜びのコメント。

実は、舞台挨拶前の上映を2階席から観ていたという安彦監督は、作画で気になった箇所がいくつかあったとのことで、「爆発の作画をエフェクト監督の桝田(浩史)さんが一生懸命やってくれていたんですが、僕も手伝っているんですよ。その自分が手伝ったところがNGだったんですねぇ。桝田さんには悪いことをしたなと、思います。それに、スケジュールは非常に大事ですから、納期を守るために目を瞑ったカットがあって・・・そこもNGだったんですよ(笑)。それでも良かったと思っていただけて、嬉しいなと思いました」と、自身の作画を反省する面も垣間見え、最後に「作画スタッフたちは、顔を見ていない人が大半です。声優さんや子役の人たち皆さんアフレコが別々で、古川さん、古谷さん声若い!武内さん声渋い!・・そんな困難にも負けずに皆さんのプロ根性を見ました。いい仕事をさせていただいて本当に嬉しいです」と感謝の言葉を述べた。

【写真】映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』公開記念舞台挨拶 (安彦良和監督)

最後に古谷徹と安彦監督からメッセージ!

そして残念ながら、ここで終了の時間になり、代表して古谷と安彦監督よりそれぞれメッセージが送られた。

古谷は「こうして皆さんの声を聞くと、素晴らしい作品だなと思います。本作は心温まるテーマが打ち出されていて、素敵な作品になりました。僕は感無量です。今や日本だけでなく世界中から注目されている『ククルス・ドアンの島』、たくさんの皆さんに観ていただきたいと心から思っています。監督はまだまだ元気です。僕も元気です。奇しくも偶然なんですけど、僕と潘さん、古川さん、たまたま連邦軍のカラーになっているんです。こうして作品に対する愛が無意識に現れてしまうんですね、こうやってまた舞台に立ちたいなと本当に思います。よろしくお願いいたします」と映画のヒットを願った。

安彦監督は「いい仕事をいただきました。色々な方に感謝したいと思います。小さきものたちの生存、努力、生き様を見つめたいと、それが今回のテーマです。今、公開するということは、何かの運命かなとも思います。そう言ったことも含めてご覧いただけたらいいなと思います。ありがとうございました」と深々と御礼をした。

会場は盛大な拍手に包まれ、舞台挨拶は終了した。

フォトギャラリー📸

スライドショーには JavaScript が必要です。

イベント情報

映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』公開記念舞台挨拶

■開催日: 2022年6月5日(日)
■会場: 丸の内ピカデリー1
■登壇者: 古谷徹(アムロ・レイ役)、武内駿輔(ククルス・ドアン役)、古川登志夫(カイ・シデン役)、潘めぐみ(セイラ・マス役 )、内田雄馬(マルコス役)、廣原ふう(カーラ役)、森口博子(主題歌)、安彦良和監督

【写真】映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』公開記念舞台挨拶 (古谷徹、武内駿輔、古川登志夫、潘めぐみ、内田雄馬、 廣原ふう、森口博子、安彦良和監督)

映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』予告篇🎞

映画作品情報

【画像】映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』ティザービジュアル (裏)

《ストーリー》

オデッサ作戦を控えたアムロたちホワイトベース隊は、「帰らずの島」と呼ばれる無人島での残置諜者(敵地に残って破壊諜報活動などを行う兵士)掃討の任務を拝命する。捜索に当たっていたアムロは1機のザクと遭遇、囚われの身となってしまう。目覚めたアムロが見たのは「ククルス・ドアン」と名乗る男と20人の子どもたちであった。

アムロは失ったガンダムを取り戻し、島の秘密へとたどり着けるのか?

 

メインスタッフ

企画・製作:サンライズ 
原作: 矢立 肇、富野由悠季 
監督: 安彦良和 
副監督:イム ガヒ
脚本 : 根元 歳三 
キャラクターデザイン:安彦良和、田村 篤、ことぶきつかさ
メカニカルデザイン:大河原邦男、カトキハジメ、山根公利 
総作画監督: 田村 篤
美術監督: 金子雄司
色彩設計: 安部なぎさ
撮影監督: 葛山剛士、飯島 亮
CGI演出: 森田修平
CGI監督: 安部保仁
編集: 新居和弘 
音響監督: 藤野貞義
音楽: 服部隆之
製作: バンダイナムコフィルムワークス
主題歌: 森口博子「Ubugoe」(キングレコード)

メインキャスト

アムロ・レイ: 古谷 徹
ククルス・ドアン: 武内駿輔
ブライト・ノア: 成田 剣
カイ・シデン: 古川登志夫
セイラ・マス: 潘 めぐみ
ハヤト・コバヤシ: 中西英樹
スレッガー・ロウ: 池添朋文
ミライ・ヤシマ: 新井里美
フラウ・ボゥ: 福圓美里
 
エグバ・アトラー: 宮内敦士
ウォルド・レン: 上田燿司
ユン・サンホ: 遊佐浩二
セルマ・リーベンス: 伊藤 静
ダナン・ラシカ: 林 勇
 
マルコス: 内田雄馬
カーラ: 廣原ふう
 
© 創通・サンライズ
 
配給: 松竹 ODS事業室
 
2022年6月3日(金) 全国ロードショー!
(Dolby Cinema/4D同時公開)
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @g_cucuruzdoan
 

映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』公開記念舞台挨拶 レポート

映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』公開初日舞台挨拶 レポート

映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』完成披露舞台挨拶・最速上映イベント レポート

映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』実物大νガンダム立像オープニングセレモニー レポート

映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』ザクの日スペシャル会見 レポート

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る