映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』ザクの日スペシャル会見 レポート
【写真】映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』ザクの日スペシャル会見 (古谷徹、武内駿輔、安彦良和監督)

映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』

“ザクの日”スペシャル会見

“ガンダムの原点” 43年前の伝説が再び——
第15話「ククルス・ドアンの島」がスクリーンへ

1979年に放送された日本のロボットアニメの金字塔にして、“ガンダムの原点”となる『機動戦士ガンダム』第15話「ククルス・ドアンの島」ガンダムとアムロの物語が、劇場版3部作でも描かれることのなかった伝説のエピソードと共に『機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙』(1982年)の劇場公開からおよそ40年の時を経て、待望の映画化が決定!ガンダムファンにお馴染みのホワイトベースの仲間たちやモビルスーツが登場。壮大なスケールでよみがえるRX-78-02ガンダムとアムロの物語が最新のアニメーションで描かれる大迫力なモビルスーツ戦と共に再びスクリーンへ。

【画像】映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』特報映像 場面カット (メイン)

監督は、TVアニメシリーズ『機動戦士ガンダム』のキャラクターデザイン、アニメーションディレクターであり、累計発行部数1,000万部を超えるヒット作『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』を手掛けた安彦良和が務め、名だたるスタッフが集結!現在鋭意制作中のなか、映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』として遂に2022年6月3日(金)より全国ロードショーすることが決定した。

3月9日(水)、“ザクの日”《ザクの日スペシャル会見》が池袋の未来型ライブ劇場「harevutai」を開催!主人公アムロ・レイ役の古谷徹と、アムロと共に物語を展開していく最重要キャラクター:ククルス・ドアン役の武内駿輔、そして安彦良和監督が登壇。本作の映画化理由から注目ポイントまでたっぷりと語られた。さらに、“ザクの日”という『ガンダム』にとって特別な日を盛り上げるべく、続々と最新情報も解禁された。

【写真】映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』ザクの日スペシャル会見

30分の話をどうやって長編映画に?!
偶然と必然が絶妙に絡み合って「ククルス・ドアンの島」の映画化が実現!!

冒頭の挨拶で、古谷が「40年ぶりにアムロを演じられてこんなに嬉しいことはない!」とアムロの名セリフを披露し会場を沸かせてイベントがスタート。

【写真】映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』ザクの日スペシャル会見 (古谷徹)

初めに、ファンの間で“神回”と言われた『機動戦士ガンダム』の第15話が映画化することを聞いた際の感想を、古谷は「驚きました。たった30分の話をどうやって2時間近くの映画にするんだろうと気になっていました。放送当時、ファンの方の間で話題になった素敵なストーリーの回だったので、現代の技術を駆使して、映画としてよりクオリティの良い作品になるんだなとワクワクしました」と期待に胸を膨らませている様子。

【写真】映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』ザクの日スペシャル会見 (古谷徹)

また、「そもそもなぜ、第15話『ククルス・ドアンの島』を映画化したのか?」という質問に対して、安彦監督は「自分に聞きたいくらいです(笑)」と冗談まじりに答え、「説明すると長くなるんですが、簡潔に伝えると《偶然と必然が絶妙に絡み合って、映画化しよう》ということになりました。サンライズの新旧二人の社長さんがたまたま一緒の場にいるところで直接申し出て、その場でお受けいただきました。制作は順調で、こないだダビングを終わらせたので、もうすぐ完成です」と続けた。

【写真】映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』ザクの日スペシャル会見 (安彦良和監督)

ティザービジュアル&公開劇場特別バナーが解禁!!

ここで、“ザクの日”スペシャル会見一つ目の発表があり、会場のスクリーンには2つのビジュアルが投影された。

 

まずはホワイトベースクルーが一堂に勢揃いし、まさに帰還を想起させるビジュアルについて。古谷は「懐かしいですね。手を上げているところとかTVアニメシリーズのオープニングでも出てきますしね・・・ひと目で安彦さんのキャラクターだなって感じます」と感慨深い様子でコメント。

安彦監督は「総作画監督の田村篤さんが心を込めて描いてくれました。古谷さんのアムロの声は『THE ORIGIN』でいただいているんですけど、無名の少年だったんです。今回は、リニューアルいただいた声優さん方にもふんだんにお声をいただいて、まさに帰ってきた、ということです」とホワイトベース隊の声優が変わったことに触れつつホワイトベース隊の帰還に対する喜びを吐露。

武内は「昔ながらのデザインではあるけれど、令和で改めて観てみてもやっぱり良いなと思える、魅力的なキャラクターたちの全てが詰まっているようなビジュアルだなというふうに思います」と安彦監督ならではの魅力を語った。

40年ぶりの再会を描いたこのビジュアルは、3月11日(金)より全国の公開劇場で特別バナーとして順次掲出予定。

続いてもう一方の、異形のザクとガンダムが対峙しているティザービジュアルを見て、武内は「あえてザクが前に来ているのが、メッセージ性を感じます。ドアンザク独自のデザインや変更点がよく見えるようなビジュアルで、昔から変わらない、でも変わっているんだなと感じました。背景の作り込みも、より世界観を楽しめると思います」とコメント。続いて、古谷は「雷鳴が激しい戦いを象徴していますね。これを見ているだけで、ドアン強いじゃんて思ってしまいます」とザクの存在感に圧倒されていた。

そして本日、ザクの日の今朝に発表された、出演発表から反響がもの凄いが、本作でファンの思い出深いククルス・ドアン役を演じるにあたり、武内は「劇場版ならではのドアンなので、今までのイメージを崩さないのは大前提でとして、僕としてのドアンを演じさせていただきました」と自身のこだわりを語り、「オファーをいただいた際、主演の一人とお伺いしたので、ガンダムに乗れるかと思っていたら、まさかのザクだったの驚きました。逆にザク乗りという肩書きを語れるのはなかなか無い機会なので嬉しかったです」と喜びを綴る。

【写真】映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』ザクの日スペシャル会見 (武内駿輔)

また、安彦監督は、今作への想入れについて聞かれると「限りなくオリジナルを作っている気がしました。前回は『THE ORIGIN』のコミックの映像化だったんですが、新作を作っている気がしなく、というのも『THE ORIGIN』は自信があったので、そのまま映像化しました。なので、今回は新作を作っているようで、非常に新鮮で心地いい体験ができました」と、手応えを語り、実際に声が入った映像を観た安彦監督は、「(制作状況としては)僕の役目はほぼ終わりましたので、今はスタッフが血眼になって仕上げています。武内さんの声が良く、みんなで聞き惚れてました。古谷さんは、さらにお若くなられて・・絵的にはアムロはウブな少年なんですが、非常にハマってました」と語り、それに対し古谷は「安彦監督がアムロの動きとか表情、一挙手一投足をすごく丁寧に描いてくださっているので、すごく役に入りやすかったです」と互いに称賛し、本作への期待を高めた。

【写真】映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』ザクの日スペシャル会見 (古谷徹)

60秒の特報映像が解禁🎞
テーマは「大地に立つ」これを表現したかった!

ここで、ザクザク情報を解禁してきたが最後の発表になり、特報映像が流れた。

この特報を初めて観たという古谷は「10回くらい観たいです」と圧巻のクオリティに感激の様子。武内は「鳥肌がたちました!基本的にメカはCGなんですけど、1カットだけ手描きのガンダムがいるという、CGと手描きがどっちもあることによって生まれる感動ですよね」と大絶賛!このコメントを聞いた安彦監督は「武内さん、よくわかったね。最初からメカをCGにお願いしたんですけど、今武内さんがおっしゃたように、手描きもある。総作画監督の田村さんが書いてくださったんですが、スタッフの愛が随所に現れています」と武内に共感を示すと、スタッフ陣の“ガンダム愛”について紹介した。

さらに武内は「表情が見える映像がというか、やはりMS(モビルスーツ)の定義を改めて感じました。人間の感情がぶつかり合っているのを感じ取っていただけるんじゃないかと思います」、古谷は「言いたくないけど、(ザクが)かっこいいですよね。すごい迫力です。MSの動きが超リアル。重量感というか、それは今までのガンダム作品で観たことないくらい動くんですよね。そこは見どころだと思います」、安彦監督は「リアルについては、キャッチコピーのように、“大地に立つ”が好きなんです。ガンダムはそもそも宇宙ものなので戦闘シーンも宇宙が多いイメージですが、それとは違うものをイメージして作りました。懐かしく感じておりまして、それは期待していただいていいかなと思います。足が地についたドラマです。いろいろな意味で。そこを楽しんでいただけたらと思います」とそれぞれが今作の見所を語った。

【写真】映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』ザクの日スペシャル会見 (安彦良和監督)

古谷は「ジリジリとゆっくり対峙して、間合いを見切るとスパッと。この辺の緩急がかっこいいんですよ」

安彦監督は「色々なスタッフの努力の賜物だと思います。CGさんの仕事は面白かったです。CGさんは意外と遊んでくれているなと。デフォルメとか凄いんです。柔軟に仕事をするなと思いました。柔軟な動きはアニメーターの手描きが・・・と思ってましたが、そんなこともなかったですね。凄いです」

古谷と竹内がファンからの質問に回答

ここで、Twitterでファンから募集した質問に答えるQ&Aコーナーへ。

「実年齢と差があるキャラクターを演じる上でのやりにくさややりやすさはありましたか?」というファンからの質問に、古谷は「やりにくさはない、忘れることは全くないですから。作画でもアムロを生き生きと描いてくださっていたので、自然に15歳のアムロに戻れました」と回答。

武内は「実年齢との差をどう埋めていくか・・・ですが、ファーストガンダム当時に描かれていた大人のイメージのまま、現代版にブラッシュアップしようとしました。当時よりも青さが洗練されていて、職人魂を感じるアムロがいたので、掛け合いの苦労というより、他のキャストの方々に作っていただいた雰囲気を壊さないよう、前向きな気持ちで取り組みました。僕も同じように長い年月をかけてこうなりたいなと思いました。プレッシャーに打ち負けるのは、作品に失礼だなと、プロとしての自覚を持って挑みました」と役作りに対する想いを熱く語った。

古谷徹、15歳のアムロを演じるのはこれが最後に…!?
安彦監督も最後の『ガンダム』映像作品に🎞

最後の挨拶で、古谷は「40年ぶりにRX-78-02ガンダム、未熟で純粋なアムロ・レイがスクリーンに帰ってきます。僕が劇場で15歳のアムロを演じるのはこれが最後になるのかもしれません。この映画でイキイキと動いているアムロ、僕の声を皆さんの中にとどめておいていただきたいです。ファーストを観ていた人は、ああ!と思うポイントが随所に散りばめられているので楽しめると思います。皆さんに劇場でご覧いただいてこのククルス・ドアンが何を訴えかけているのか考えてほしいです。ありがとうございました」とメッセージ。

武内は「ガンダムの予備知識が全くなくても楽しめると思います。気軽な気持ちでスクリーンに足を運んでいただけると幸いです」と、ガンダムを知らない人も楽しめるとアピール。

そして安彦監督は「古谷さんが最後かもしれないのと、同じように僕にとってのガンダムは最初の『機動戦士ガンダム』しかないんです。思い残すことはないので、ガンダムを映像で作るのはこれで最後だろうと思います。一つ嬉しかったことがあります。今回古谷さんにトップバッターでアフレコをやっていただきました。収録後に古谷さんから『家で練習してて泣きました』と言われて、一言で自信がつきました。期待していただいて良いかと思います」と、公開を待つファンへのメッセージを送り、会見は終了した。

[スチール撮影・記者: 坂本 貴光]

フォトギャラリー📸

スライドショーには JavaScript が必要です。

ザクの日スペシャル会見アーカイブ映像🎞

イベント情報

映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』ザクの日スペシャル会見

■開催日: 2022年3月9日(水)
■会場: harevutai 
■登壇者: 安彦良和監督、古谷徹(アムロ・レイ役)、武内駿輔(ククルス・ドアン役)
■MC: 京極雅美

【写真】映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』ザクの日スペシャル会見 (古谷徹、武内駿輔、安彦良和監督)

映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』特報映像🎞

映画作品情報

【画像】映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』ティザービジュアル (表)

《ストーリー》

ジャブローでの防衛戦を耐えきった地球連邦軍は勢いのままにジオン地球進攻軍本拠地のオデッサを攻略すべく大反抗作戦に打って出た。アムロ達の乗るホワイトベースは作戦前の最後の補給を受ける為にベルファストへ向け航行。そんな中ホワイトベースにある任務が言い渡される。

無人島、通称「帰らずの島」の残敵掃討任務。残置諜者の捜索に乗り出すアムロ達であったが、そこで見たのは、いるはずのない子供たちと一機のザクであった。戦闘の中でガンダムを失ったアムロは、ククルス・ドアンと名乗る男と出会う。島の秘密を暴き、アムロは再びガンダムを見つけて無事脱出できるのか…?

 

メインスタッフ

企画・製作:サンライズ 
原作: 矢立 肇、富野由悠季 
監督: 安彦良和 
副監督:イム ガヒ
脚本 : 根元 歳三 
キャラクターデザイン:安彦良和、田村 篤、ことぶきつかさ
メカニカルデザイン:大河原邦男、カトキハジメ、山根公利 
総作画監督: 田村 篤
美術監督: 金子雄司
色彩設計: 安部なぎさ
撮影監督: 葛山剛士、飯島 亮
CGI演出: 森田修平
CGI監督: 安部保仁
編集: 新居和弘 
音響監督: 藤野貞義
音楽: 服部隆之

メインキャスト

アムロ・レイ: 古谷 徹
ククルス・ドアン: 武内駿輔
ブライト・ノア: 成田 剣
カイ・シデン: 古川登志夫
セイラ・マス: 潘 めぐみ
ハヤト・コバヤシ: 中西英樹
スレッガー・ロウ: 池添朋文
ミライ・ヤシマ: 新井里美
フラウ・ボゥ: 福圓美里
 
© 創通・サンライズ
 
配給: 松竹 ODS事業室
 
2022年6月3日(金) 全国ロードショー!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @g_cucuruzdoan

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る