第35回 東京国際映画祭(TIFF) Nippon Cinema Now部門『あつい胸さわぎ』舞台挨拶 レポート
【写真】第35回 東京国際映画祭(TIFF) Nippon Cinema Now部門 映画『あつい胸さわぎ』ワールドプレミア 舞台挨拶 (吉田美月喜、まつむらしんご監督)

第35回 東京国際映画祭(TIFF)
Nippon Cinema Now部門 
映画『あつい胸さわぎ』ワールドプレミア 舞台挨拶 

映画初出演&初主演の吉田美月喜が歩いたレッドカーペット
まつむらしんご監督、ワールドプレミアに感極まり涙 

劇作家・横山拓也による演劇ユニット「iaku」の戯曲を映画化。初恋に胸を躍らせる少女に突如発覚した若年性乳がんと向き合う姿をテーマに、母との複雑な親子の葛藤を優しく繊細にユーモアをもって描く。

10月29日(土)、第35回東京国際映画祭(TIFF)Nippon Cinema Now部門にて、映画『あつい胸さわぎ』のワールドプレミアが角川シネマ有楽町で行われ、上映前の舞台挨拶にまつむらしんご監督と主演の吉田美月喜が登壇した

吉田美月喜、初出演&初主演映画で目標を達成  
レッドカーペットは監督にあたたかく見守られていた!?

『あつい胸さわぎ』が映画初出演で初主演作となる吉田は「初めての映画の撮影でしたが、監督に支えていただいて、こうやって今日皆さんに完成して観ていただけるのがすごく嬉しいです」と挨拶。

第35回 東京国際映画祭(TIFF) Nippon Cinema Now部門 映画『あつい胸さわぎ』ワールドプレミア 舞台挨拶 (吉田美月喜)

まつむら監督は「たくさんの映画のがある中から選んでいただきありがとうございます。企画開始から3年間、ようやくお客さんに観ていただける場になりました。もう何とも言えないほど幸せな気持ちでいっぱいです。どうぞ楽しんでください」と東京国際映画祭でのワールドプレミア上映を目前に心境を語った。

第35回 東京国際映画祭(TIFF) Nippon Cinema Now部門 映画『あつい胸さわぎ』ワールドプレミア 舞台挨拶 (まつむらしんご監督)

10月24日(月)に映画祭のオープニングを飾るレッドカーペットを歩いた感想を聞かれると、吉田は「演技をしていく上で映画祭は一つの憧れでもあり目標でもあったので、歩くことができて感動していました。家に帰って家族と一緒に(レッドカーペットイベントの)YouTube配信のアーカイブを見ていたら、私がサインを書いているときも監督がずっと後ろで見守ってくださっていて。そういう監督の寄り添ってくれる温かさのおかげでこの作品も撮り終えることができているんだなということを感じました」と明かした。

それに対してまつむら監督は、「お父さん的な気持ちでと言いますか、初主演でこの映画に臨んでくれているので何とかして彼女が輝ける場所に連れていけたらいいなと、ずっと思いながら映画を作っていました。それをこの映画の力で実現することが感慨深く、ずっと微笑ましく吉田さんの後をついてました」と心境を語った。

また、3年ぶりの屋外開催となったレッドカーペットについては、「やはりとても華やかだなと思いました。映画製作者が報われる場と言いますか、大変な撮影を皆乗り越えて一つの作品を生み出しているので、それが報われる瞬間だと思っています」と思いを述べた。

まつむらしんご監督「毎日1日も休まず全力でやってきた」
念願のワールドプレミアに感無量 

ワールドプレミア上映を観客と一緒に観るという吉田は「初めての上映に皆さんと一緒に立ち会えることができて嬉しいです。原作が劇団iakuさんの舞台ですが、舞台のファンの方が映画を観てどう思ってくださるのか、私の中で緊張と楽しみだなという思いがあります」と心境を語ると、「一番思い出すことは、撮影は和歌山での撮影です。本当に綺麗で、温かい場所で、地元の人も応援してくださったのが私の中で印象深く残っています」と振り返った。

第35回 東京国際映画祭(TIFF) Nippon Cinema Now部門 映画『あつい胸さわぎ』ワールドプレミア 舞台挨拶 (吉田美月喜)

最後にまつむら監督は、「ワールドプレミア上映ということで、信じられないぐらい緊張してるんですけど(笑)。この3年間、この映画を観ていただくために毎日1日も休まずに全力でやってきたつもりです。なので、ちょっとやっぱりやばいな….涙腺が….楽しんでいただければ嬉しいです」と思いを語ると感極まり、観客にあたたかく見守られるなかワールドプレミア上映が開映した

第35回 東京国際映画祭(TIFF) Nippon Cinema Now部門 映画『あつい胸さわぎ』ワールドプレミア 舞台挨拶 (まつむらしんご監督)

[スチール撮影・記者: Cinema Art Online UK]

イベント情報

第35回 東京国際映画祭(TIFF)
Nippon Cinema Now部門
映画『あつい胸さわぎ』ワールドプレミア 舞台挨拶 

■開催日: 2022年10月30日(日)
■会場: TOHOシネマズ シャンテ スクリーン1
■登壇者: 吉田美月喜、まつむらしんご監督
■MC: 八雲ふみね(シネマアナリスト、DJ)
■英語通訳: 中沢志乃

第35回 東京国際映画祭(TIFF) Nippon Cinema Now部門 映画『あつい胸さわぎ』ワールドプレミア 舞台挨拶 (吉田美月喜、まつむらしんご監督)

映画『あつい胸さわぎ』予告篇🎞

映画作品情報

【画像】映画『あつい胸さわぎ』ポスタービジュアル

《ストーリー》

港町の古い一軒家に暮らす武藤千夏(吉田美月喜)と、母の昭子(常盤貴子)は、慎ましくも笑いの絶えない日々を過ごしていた。

小説家を目指し念願の芸大に合格した千夏は、授業で出された創作課題「初恋の思い出」の事で頭を悩ませている。千夏にとって初恋は、忘れられない一言のせいで苦い思い出になっていた。その言葉は今でも千夏の胸に”しこり”のように残ったままだ。だが、初恋の相手である川柳光輝(奥平大兼)と再会した千夏は、再び自分の胸が踊り出すのを感じ、その想いを小説に綴っていくことにする。

一方、母の昭子も、職場に赴任してきた木村基春(三浦誠己)の不器用だけど屈託のない人柄に興味を惹かれはじめており、20年ぶりにやってきたトキメキを同僚の花内透子(前田敦子)にからかわれていた。

親子二人して恋がはじまる予感に浮き足立つ毎日。

そんなある日、昭子は千夏の部屋で“乳がん検診の再検査”の通知を見つけてしまう。

娘の身を案じた昭子は本人以上にネガティブになっていく。だが千夏は光輝との距離が少しずつ縮まるのを感じ、それどころではない。「こんなに胸が高鳴っているのに、病気になんかなるわけない」と不安をごまかすように自分に言い聞かせる。

少しずつ親子の気持ちがすれ違い始めた矢先、医師から再検査の結果が告げられる。

初恋の胸の高鳴りは、いつしか胸さわぎに変わっていった…

 
出演︓ 吉田美月喜、常盤貴子、前田敦子、奥平大兼、三浦誠己、佐藤緋美、石原理衣
 
原作: 戯曲「あつい胸さわぎ」横山拓也(iaku)
監督: まつむらしんご
脚本: 髙橋泉
音楽: 小野川浩幸
配給: イオンエンターテイメント、SDP
制作: オテウデザール
 
2022年 / 日本 / カラー / 2K / 5.1ch / 93分
 
© 2023 映画『あつい胸さわぎ』製作委員会
 
2023年1月27日(金) 新宿武蔵野館、イオンシネマほか全国ロードショー!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @atsuimunasawagi
公式Facebook:@atsuimunasawagimovie
公式Instagram:@atsuimunasawagi_movie
 
 

第35回 東京国際映画祭(TIFF) レッドカーペットイベント レポート

映画『あつい胸さわぎ』公開記念舞台挨拶 レポート

映画『あつい胸さわぎ』主演・吉田美月喜 インタビュー

 

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る