映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』ELAIZA登壇イベント付きプレミア上映会 レポート
【写真】映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』ELAIZA登壇イベント付きプレミア上映会 (ELAIZA/池田エライザ)

映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』
ELAIZA登壇イベント付きプレミア上映会

ELAIZA 、Sia書き下ろし主題歌を初披露!
「前向きな気持ちになれる“音楽のパワー”を感じ取って」

ステージでは素顔を見せない“顔なきポップスター”として、世界的注目を集めるシンガーソングライター・Sia(シーア)。楽曲はもちろん、パフォーマンスやMVに見られる卓越したセンスに定評のある彼女が初監督を務め、オリジナル楽曲でカラフルに彩る新体感ポップ・ミュージック・ムービー『ライフ・ウィズ・ミュージック』が、2月25日(金)より全国公開となる。

【画像】映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』(原題:MUSIC) メインカット

本作は、孤独で生きる希望を失っていたひとりの女性が、家族の存在や周りの人々の助けによって“愛する”ことを知り、居場所を見つける感動物語。監督Siaは愛すべき人々の存在によって主人公ズーが生きる希望を見出していくドラマシーンと、登場人物の心情を表現したカラフルでポップな音楽シーンを交錯させ、これまでにない映画を生み出した。

孤独に生きる主人公ズーを演じるのは、代表作『あの頃ペニー・レインと』(2000年)を筆頭に数々の話題作に出演する名女優ケイト・ハドソン。周囲の人々との関わりの中で“愛”を知り、明日への希望と見出していく様を全身全霊で熱演。第78回ゴールデングローブ賞コメディ/ミュージカル部門で最優秀主演女優賞にノミネートされた。イマジネーション豊かな自閉症の妹・ミュージックを演じるのは、Siaの楽曲「シャンデリア」のMVで圧巻のダンスパフォーマンスを披露し話題を呼んだマディ・ジーグラー。抜群の存在感でズーにとって“救い”となる重要な役を演じる。隣人・エボ役には、大ヒットブロードウェイミュージカル「ハミルトン」で第70回トニー賞ミュージカル部門で主演男優賞に輝いたレスリー・オドム・Jr.。ズーに優しく寄り添う親切な青年を繊細に演じる。

【画像】映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』(原題:MUSIC) 場面カット1

2月13日(日)、TOHOシネマズ 日本橋で登壇イベント付きプレミア上映会が開催され、Siaが書き下ろした主題歌「Together」の日本版カバーソングアーティストを務め、女優業に限らず映画監督、モデル、アーティストなど幅広いフィールドで才能を発揮している池田エライザがアーティスト“ELAIZA”として登壇した。

初の映画監督にして原案・脚本・製作まで手掛けるシンガーソングライター・Siaのように、女優業に限らず映画監督、モデル、アーティストなど幅広いフィールドで才能を発揮しているELAIZAは、兼ねてよりSiaの大ファンだったと明かしており、「オファーが来た時は、『あのSiaの曲を私が歌うんですか⁉いったいこの人達は何を言っているんだろうか』とパニックになりました(笑)」と、憧れのアーティストの作品に関わることができることに驚きを隠せなかったというが、「映画を観させていただいて素晴らしかったので、ぜひ参加させていただきたいと思いました」とその喜びを語った。

【写真】映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』ELAIZA登壇イベント付きプレミア上映会 (ELAIZA/池田エライザ)

本作は、孤独で生きる希望を失っていたひとりの女性が、家族の存在や周りの人々の助けによって“愛する”ことを知り、居場所を見つける感動物語。主人公ズー(ケイト・ハドソン)の苦悩と成長が描かれるドラマシーンに、登場人物の心情を表現したカラフルでポップな音楽シーンが自己完結型のMVとして差し込まれるという、これまでにない構成の音楽映画となっている。

【画像】映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』(原題:MUSIC) 場面カット4

そんな本作についてELAIZAは、「アーティストが監督したという先入観が一切なくなるほど素晴らしい映画。ふとした瞬間に思い出して胸が熱くなったり、急ぎ足で生活していて見逃しそうな、日常の中のささやかな尊いものに改めて気付かせてくれた」と絶賛。「壮大な出来ごとじゃないからこそ登場人物達が身近に感じますし、何かに振り返ったりしたときに、そばにいつでも愛情があったんだなっていうすごく素朴なところに自分を立ち返らせてくれます」と、主人公ズーが妹のミュージック(マディ・ジーグラー)や優しい隣人エボ(レスリー・オドム・Jr.)との暮らしの中で、自身を受け入れ“愛する”ことを学んでいくというストーリーへの共感を語った。

【画像】映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』(原題:MUSIC) 場面カット3

そんなELAIZA自身が“愛されている”と気付いた瞬間についての質問には、「愛されているなと気付くには案外時間差があるのかなと思っていて。大人になって昔できなかったことができるようになった瞬間があった時に、ふと小さいときに親が言ってくれていた言葉がよぎったりすると、『ああすごく愛されていたんだな』と感じますね。その時は分からなくても、言葉や愛情は脳や身体に残り続けるのかなって思います」と答え、また、監督のSia自身がアルコール依存症に陥り、自殺を試みるほど絶望した過去から“音楽と愛すべき友人”によって救われたというエピソードから、ELAIZAが救われたものについて聞かれると、「やっぱり家族ですかね」と即答。「母はとてもたくましいので、中学生の時は弱音を吐くと『くだらないこと言わないで』と言われて『厳しい!弱音ぐらい吐かせてよ』と感じていましたが、今思うと『そんなこと言ってないで前向いて頑張りなさい』という愛情も込みだったのかなと。自分の中のささやかな幸せは家族と共にあるのかなと思います」と、自身の家族への深い愛情を見せた。

【写真】映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』ELAIZA登壇イベント付きプレミア上映会 (ELAIZA/池田エライザ)

そして、ELAIZAにとっての“人生に欠かせないもの”を聞かれると、本作のタイトル『ライフ・ウィズ・ミュージック』にちなんで、「ライフ・ウィズ・キャット・ウィズ・パラキート(インコ)です」と今ともに生活している“家族”である愛猫とインコへの愛情を込めて回答した。

そして、イベントの最後には話題のカバーソング・本作の主題歌「Together」Japanese coverを生歌で初披露!

【写真】映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』ELAIZA登壇イベント付きプレミア上映会 (ELAIZA/池田エライザ)

優しく包み込むような透き通った歌声で歌い上げ、会場を魅了したELAIZAは、「Together」の歌詞に大好きなフレーズがたくさんあると明かし、その中でも特に「もう大丈夫 その心に虹が見える 私の天使 昨日にバイバイ 明日におはよう」という歌詞がお気に入りとのこと。「抽象的なようで、すごく愛おしくてストレートで、そこから繋がるサビの歌詞もとってもかっこよくて、『みんなで一緒にともに行こう』という感じがすごく大好きです」と歌詞に込められたポジティブなメッセージを熱弁した。

歌唱後には、「歌っている日本語の意味からかけ離れないように、なるべく愛情をしっかり込めてがむしゃらにやらせていただきました」と感想を語り、「日本語が持つ魅力・やさしさとか気遣いとか音の柔らかさとかにすごく感動しましたし、そしてやっぱりサビのストレートな『Oh together ともに行こうよ』っていうフレーズは、家で聴いていてもみんなのこと思い出したりとか、友達とか大切な人たちとか応援してくれている人たちのことを考えながら、前向きでポジティブな気持ちになれるので私にとってもすごく大切な曲になりました」と改めて自身が担当した日本語版主題歌への想いを明かした。

【写真】映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』ELAIZA登壇イベント付きプレミア上映会 (ELAIZA/池田エライザ)

最後に、「きっと皆様にとって大切な映画になる気がしています。私にとって、とっても大切な映画になったからです。私は映画館というものが大好きで、自分がまた何か新しいものに出会えるんではないのかとワクワクするのが好きで、本作では気持ちの部分でも映像面でも表現というところでも、皆様をきっと前向きな気持ちにしてくださったり、音楽のパワーを感じていただけたりするんじゃないかなと思います。ぜひ、登場人物達に心を重ねながら観てください」と締めくくり、大きな拍手に包まれながらイベントは終了した。

イベント情報

映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』
ELAIZA登壇イベント付きプレミア上映会

■開催日: 2022年2月13日(日)
■会場: TOHOシネマズ 日本橋 スクリーン8
■出演者: ELAIZA

【写真】映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』ELAIZA登壇イベント付きプレミア上映会 (ELAIZA/池田エライザ)

映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』予告篇🎞

映画作品情報

【画像】映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』(原題:MUSIC) ポスタービジュアル

《ストーリー》

アルコール依存症のリハビリテーションプログラムを受け、孤独に生きるズーは、祖母の急死により長らく会っていなかった自閉症の妹・ミュージックと暮らすことに。頭の中ではいつも音楽が鳴り響く色とりどりの世界が広がっているが、周囲の変化に敏感なミュージックとの生活に戸惑い、途方に暮れるズー。そこへアパートの隣人・エボが現れ、優しく手を差し伸べる。次第に3人での穏やかな日々に居心地の良さを覚え始めたズーは、孤独や弱さと向き合い、自身も少しずつ変わろうとしていくが……。

 
原題: MUSIC
 
監督・製作・原案・脚本: シーア
 
キャスト: ケイト・ハドソン、マディ・ジーグラー、レスリー・オドム・Jr.
 
2021年 / アメリカ / 107分 / カラー / シネスコ / DCP / 5.1ch / 字幕翻訳:原田りえ / 監修:山登敬之【G】
配給: フラッグ
© 2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.
 
2021年2月25日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @lifewithmusicjp
公式Instagram: @lifewithmusicjp
公式ハッシュタグ: #ライフウィズミュージック

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る