映画『咲-Saki-』主演・宮永咲役 浜辺美波 インタビュー

【写真】ドラマ・映画『咲-Saki-』浜辺美波 (はまべ みなみ)

映画『咲-Saki-』
主演・宮永咲役 浜辺美波 インタビュー

撮影現場はみんなマイペース!?

2016年12月からテレビドラマの放送が開始され、映画の公開が2月3日(金)に決定した『咲-Saki-』。主人公の宮永 咲みやなが さきを演じた浜辺美波さんに同じ10代のティーンズ記者が映画『咲-Saki-』への出演について話を聞いた。

【画像】ドラマ・映画『咲-Saki-』浜辺美波/宮永咲(みやなが さき)

―― 『咲-Saki-』への出演が決まった時の感想をお願いします。

元々「咲」という名前は知っていたんですけど、作品を知らなくて。でも主演ということもあり、選んでいただけたことがすごく嬉しかったです。

【写真】ドラマ・映画『咲-Saki-』主演・宮永咲役 浜辺美波インタビュー

―― 原作漫画は読みましたか?

はい。アニメもマンガも読みました。読む前は(麻雀の)ルールも知らなくてドンジャラしかやったことがなかったんですけど、ドンジャラ自体もやったのが昔だったので全然分かりませんでした。

【画像】映画『咲-Saki-』場面カット

―― 麻雀って高校生からすればかけ離れたイメージなんですけど、現役高校生でもある浜辺さんはどうやって役に気持ちを入れましたか?

私たちは、リハーサルで1ヶ月間プロの雀士の方にご指導いただきました。麻雀のルールを知ってからは、やりながらやったほうがすぐに身につくなって感じました。

かっこよく打つのがコンセプトだったのでたくさん教えていただきましたが、私は不器用なのでギリギリでした(笑)。

【写真】ドラマ・映画『咲-Saki-』主演・宮永咲役 浜辺美波インタビュー

―― 麻雀を覚える上で苦労したことってありますか?

パイを“パチンっ”と音をさせて打つことがかっこいいってことで作品でやってたんですけど、“パチンっ”て音をさせるとパイが指から離れちゃって。難しくてそれをするのに一番時間がかかりました。

ドラマ・映画『咲-Saki-』メインカット

―― 演じた咲も、浜辺さんと同じ高校生で親近感があったと思うんですけど、“高校生”というところで何か共感したことはありますか?

そうですね。今回の作品でも麻雀っていうもので全国を目指していましたが、私も中学生の時、部活動をやっていました。部活動に対する強い思い入れがあって、学生生活の中ですごく大切になっていく部分は分かっていたので、取り組みに対する気持ちがすごく共感できました。

【写真】ドラマ・映画『咲-Saki-』主演・宮永咲役 浜辺美波インタビュー

―― 咲と自分の性格を比べてここは違うなってところありますか?

咲は麻雀が好きで友達思いだってところがあるんですけど、変わった部分が多くて天然な部分があるのでそこを掴むのが大変でした。役をやってる時も何でこんなことしてるんだろうって思った時に天然だからやってるんだってことに途中で気づきました。自分はすごくマイペースで部屋でカーテンを閉め切って本とか読んだりしてます。

【画像】映画『咲-Saki-』場面カット

―― 同じ10代の女の子に注目して欲しいポイントを教えてください。

作品を通して、絆だったり部活動を通して仲良さだったり女子高生にも共感出来る部分だと思います。映画で、親友ののどかちゃんが叱りながら励ましてくれるシーンがあるんですけど、そこがすごく素敵だなと思い心に残りました。

【画像】ドラマ・映画『咲-Saki-』場面カット (原村和&宮永咲)

―― 撮影現場の雰囲気はどうでしたか?

撮影現場はB型が多くて自分もB型なので人の話を聞かなかったり、勝手にどこかにいなくなったりしてました。それで途中馬が合うなっと思ってみんなのこと調べたらB型でやっぱりなって思って(笑)。テンションとか自由な感じがすごくあって仲良くなりましたし居心地が良かったです!

【画像】映画『咲-Saki-』場面カット

―― 最後に10代の皆さんへメッセージをお願いします。

映画は劇場で観ることによって一氣に世界観に引き込まれて、なにか諦めがついたりとか違う世界観に行くことで元気が出たりとかたくさんのことについて学ぶことができるので劇場で観ることは一つの世界観を広げるいいところだと思います。ぜひ、劇場で映画を観て下さい!

[インタビュー: 瑞慶山 日向 / 取材サポート: 堀越 健介]
[スチール撮影: 平本 直人 / ムービー撮影・編集: Cinema Art Online UK]

フォトギャラリー📸

スライドショーには JavaScript が必要です。

プロフィール

浜辺 美波 (Minami Hamabe)

2000年8月29日生まれ、石川県出身。
2011年 第7回「東宝シンデレラ」オーディションニュージェネレーション賞を受賞。
ドラマ実写版「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の本間芽衣子(めんま)役で注目を集め、人気シリーズ『妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』、第2のセカチュー再来と話題の映画『君の膵臓をたべたい』(2017年7月28日公開)で主演を務めるなど、人気急上昇中。

【写真】ドラマ・映画『咲-Saki-』浜辺美波 (はまべ みなみ)

映画『咲-Saki-』作品情報

【画像】映画『咲-Saki-』 ポスタービジュアル

《作品概要》

2006年から現在までヤングガンガンにて連載中の「咲-Saki-」は、麻雀競技人口が1億人を超え、日本でも大規模な大会が開催されている世界を舞台に、女子高生たちが全国大会を目指し麻雀に打ち込むという全く新しい青春麻雀作品として男女問わず多大な支持を受けている。

今回その実写版として、2016年12月4日よりMBS・TBSのドラマイズム枠にて全4話と1月放送の特別編を合わせた計5話のTVドラマシリーズの放送が終了し、話題となっております。2月3日(金)からは、映画版の公開も控えている。

監督は、学生時代に監督した映画『チャンス・コール』(1995年)が今村昌平賞を受賞。『童貞放浪記』(2009年)で注目され、『結び目』『nude』(2010年)などの作品でメガホンをとっている小沼雄一。脚本は、『ゴッドタン キス我慢選手権THE MOVIE2サイキック・ラブ』(2014年)、『神様はバリにいる』(2015年)など、多数の映画やドラマの脚本を手がけてきた森ハヤシが担当。

 
出演: 浜辺美波 浅川梨奈 廣田あいか 古畑星夏 山田杏奈
加村真美 樋口柚子 星名美津紀 吉﨑 綾 武田玲奈 ・ 岡本夏美 あの 大西亜玖璃 長澤茉里奈 山地まり
永尾まりや 柴田杏花 小篠恵奈 金子理江 菊地麻衣 / 玉城裕規 長谷川朝晴 佐野ひなこ / 夏菜
 
原作: 小林 立 (掲載「ヤングガンガン」スクウエア・エニックス刊) 
脚本: 森ハヤシ 音楽:T$UYO$HI (The BONEZ)
オープニングテーマ:「きみにワルツ」清澄高校麻雀部(Astro Voice)
エンディングテーマ:「NO MORE CRY」清澄高校麻雀部(Astro Voice)
製作:沢 桂一、相馬信之、松浦克義 
チーフプロデューサー: 岡本東郎、茶ノ前香、原田知明、丸山博雄、中川 岳、宇田川寧、阿部隆二
プロデューサー: 行実 良 竹内崇剛 深迫康之 山田香菜子 柴原祐一 木村康貴 撮影:長野泰隆 
照明: 児玉 淳 美術: 山下修侍 録音: 小林武史 装飾: 山本 裕 
編集: 川村紫織 VFXスーパーバイザー: 宗片純二 
衣裳: 加藤みゆき 衣裳制作: 加藤紀子 ヘアメイク: 内城千栄子 
音響効果: 渋谷圭介 闘牌指導: ケネス徳田、黒木真生、馬場裕一 
キャスティング: あんだ敬一 助監督: 石川浩之 制作担当: 今井尚道 
ラインプロデューサー: 本島章雄 
宣伝プロデューサー: 亀山登美、廿樂未果 宣伝協力: トーハン プルーク 
麻雀協力: 麻雀企画集団バビロン、日本プロ麻雀連盟 
衣裳制作: バンダイアパレル 
制作プロダクション: ダブ 宣伝: MUSA 
配給: プレシディオ 
製作: VAP AMUSE MBS A-Sketch DUB SQUARE ENIX
監督: 小沼雄一
© 小林 立/SQUARE ENIX・「咲」プロジェクト

映画公開日: 2017年2月3日

映画公式サイト
公式Twitter: @saki_project

この記事の著者

Cinema Teens Online

Cinema Teens Online編集部

インタビューやイベントレポートなど、Cinema Art Online所属のティーンメンバーが10代の視点で情報発信しています❣ ティーンズメンバー(もえ、なお、ゆうみ、るい、ほま、さほ、あやの、さら、こずえ、あかね、あや)

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る