映画『五億円のじんせい』山田杏奈インタビュー

【写真】山田杏奈 (Anna Yamada)

映画『五億円のじんせい』
山田杏奈インタビュー

途絶えぬ映画出演で勢いが止まらない…!
女優・山田杏奈の魅力 

これからの時代を担う新たな才能の発掘を目指して、GYAOとアミューズがタッグを組み企画された「NEW CHINEMA PROJECT」にて、343本の応募の中から第1回グランプリに輝いた映画『五億円のじんせい』が7月20日(土)より公開された。

主人公は幼少期に善意の募金の五億円により心臓手術に成功し、命を救われた少年・高月望来たかつきみらい。17歳になって成長した望来であったが周囲の期待から窮屈な生活を送っていた。そんなある日、とある出来事をきっかけに五億円の“借金”を返して自由になるための旅に出る。

【画像】映画『五億円のじんせい』場面カット

今回、幼い頃望来くんが入院していた小児病棟で慕っていたお姉さん・橘明日香たちばなあすかと物語のキーパーソンとなる人物の一人二役を演じた山田杏奈さんにティーンライターの茜がインタビュー。

映画『五億円のじんせい』のことから女優としての思い、そしてプライベートのことまでお話を伺い、その魅力に迫った。

初の一人二役への挑戦「声のトーンを意識しました」

—— 初めて脚本を読んでみてどんな感想を持ちましたか?

そうですね。まず読み始めて一気に全部読んでしまって、脚本が本当に素敵だなと思いました。あとは台詞が今すぐ口に出して言いたくなるような、音の響きがとても綺麗で言いやすくて、脚本を読んだ時にそう感じるのはあまりないのですごくびっくりしました。

【写真】映画『五億円のじんせい』山田杏奈インタビュー

—— 本作で初の一人二役に挑戦されていますが、何か役作りで難しかったことや意識したことはありますか?

二役ともポイントポイントで出る役ではあるのですが、橘明日香の方はずっと望来の記憶に残っている優しい聖母のようなお姉さんだなと思ったので永続的に記憶に残るような優しさというか、笑顔を意識しました。もう一役の方はパワフルで等身大で、でも力のある意思の強い存在なので、元気な意味で魅力的になるようにしました。声のトーンとかで差をつけるようにはしましたね。

【画像】映画『五億円のじんせい』場面カット

—— 主演の望月歩さんも同年代の俳優さんですが共演してみていかがでしたか?

(望月さんとの)撮影が一日だけで、同世代ではあるんですけど私はすごく人見知りで(笑)。でもちょっと話してる時の穏やかな感じとは打って変わって、お芝居の時は子供のような真剣な眼差しで“お芝居楽しい”という感じがすごく溢れ出ていて魅力的だなと思いました。私もそれに引っ張られて、同世代ならではのぶつかっていく感覚を味わわせてもらいました。

【画像】映画『五億円のじんせい』場面カット

もしも女優じゃなかったら? やりたいバイトはカフェ店員

—— 杏奈さん自身がもし望来くんのような立場に置かれたらどうしますか?

私、結構“どうでもいいや”と思ってしまうタイプだと思います。望来くんは自分の状況に真正面から真面目に向き合う姿が印象的なのですが、私だったらその重荷に耐えきれず早いうちから(五億円の慈善募金で助かったことは)「小さい時の話だし、それに私の人生引っ張られることないじゃん!」って好き勝手なことしちゃうだろうなと思います。それにずっと向き合い続けてる望来くんは凄いですし、だからこそ色んな人に出会って刺激を受けて吸収力があるのかなと思います。私だったらきっと全然出来ないです(笑)。

【写真】山田杏奈 (Anna Yamada)

—— もし五億円手にすることができたら何かしたいことはありますか?

欲しい服を好きなだけ買って、海外旅行で行きたいところに全部行って、あとは貯金ですかね。でも誰にも言わないです。言ったら何者かに狙われそうなので(笑)。バレない程度に少しずつ周りの人に使いますね。

—— もし杏奈さんが普通の女の子だったらやってみたいバイトはありますか?

やりたいなと思うことはとてもあって、ん〜…カフェの店員!色々作るの楽しそうだから、ああいうのやってみたいなって。

【写真】映画『五億円のじんせい』山田杏奈インタビュー

お芝居という好きなことが仕事である環境を大事にしたい

—— 高校卒業から3ヶ月経ちますが、何か変わったことはありますか?

親元を離れて一人暮らしを始めたんです。つい先日ジムにも通い始めました。運動は好きではないのですが、こういう機会じゃないと行かないと思いました。実家にいたときは自分から“何かやらなきゃ”と思うことは少なかったのですが、実家を出てから“やらなきゃ”と思うことを行動するようになりました。

あとは親とものすごく仲良くなりました。親のありがたみを改めて感じました。高校卒業して一人暮らしを始めてから、全部自分の責任だというのを感じました。でもその分自由だし、自分のタイミングで好きなことができるので、大人になったなという実感があります。

【写真】映画『五億円のじんせい』山田杏奈インタビュー

—— 今後挑戦してみたいことや演じてみたい役などはありますか?

意外と“ザ・JK”みたいな役がなかったんですよ。だからまだ高校の記憶がフレッシュなうちに、恋愛とかキラキラものは一度はやってみたいなと思います。

【写真】映画『五億円のじんせい』山田杏奈インタビュー

—— これから先の女優“じんせい”で大きく目標にしていることはありますか?

今とてもお芝居が楽しくて。私は好きなことが仕事という感覚でやっているので、それがずっと続けばいいなと思います。意識しなきゃ続かないことではあると思うのですが、お芝居ができる環境というのを大事にしていたいです。お芝居をすることで色々な人のじんせいを生きられるのがとても楽しいので、一つ一つの役に真摯に向き合ってその人に見えるようなお芝居をどんどんしていきたいなと思います。今はとにかく技術的なものを高めたいです。

—— 最後に、シネマアートオンラインの読者の皆さんにメッセージをお願いします。

[インタビュー: 谷内 茜 / スチール撮影: 久保 昌美]
[編集: Cinema Art Online UK]

プロフィール

山田 杏奈 (Anna Yamada)

2001年1月8日生まれ、埼玉県出身。
2011年、「ちゃおガール☆2011オーディション」にてグランプリを受賞し、デビュー。2015年に漫画「12歳」(小学館)の実写ドラマで初主演。2016年には『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』で映画初出演を果たす。2018年に映画『ミスミソウ』で初主演を務め、ドラマ・映画『わたしに××しなさい!』(2018年)、ドラマ「幸色のワンルーム」(2018年)、映画『21世紀の女の子/恋愛乾燥剤』(2019年)、映画『小さな恋のうた』(2019年)など多数の話題作に出演。2018年にはロッテ「ガーナ ミルクチョコレート」の新CMキャラクターに抜擢。18歳の誕生日である2019年1月8日に1st写真集「PLANET NINE」を発売し、重版されるほど話題を呼んだ今大注目の女優。

【写真】映画『五億円のじんせい』山田杏奈インタビュー

 
[スタイリスト: 武久 真理江]
[衣装協力: Paul Smith、flake、Msyuu]

CAO読者プレゼント🎁

山田杏奈さん直筆サイン入りチェキを2名様にプレゼント!

映画『五億円のじんせい』の公開と山田杏奈さんのインタビューを記念して、シネマアートオンラインの読者の皆様に山田杏奈さんからプレゼントをいただきました❣

★応募方法など詳細は読者プレゼント応募ページで🎵

映画『五億円のじんせい』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『五億円のじんせい』ポスタービジュアル

《ストーリー》

五億円稼いで、ボクは死ぬ

かつて五億円の募金で命を救われた少年。
17歳の夏、死ぬために始めた闇バイトで見つけた、命の本当のねだん。

幼少期、善意の募金五億円により難病から命を救われた少年。

健康に成長し高校生になった彼は、五億円にふさわしい人生を送るべく、周囲からの期待や、マスコミに晒される窮屈な青春を送っていた。

ある日、とある出来事をきっかけに彼は生きる意味を見失い、SNSで自殺を宣言。そこに、見知らぬ誰かからメッセージが届く。

「死ぬなら、五億円返してから死ね」

家を飛び出し、お金と人生に向き合う旅には思わぬ出会いが待っていた。

 
第22回上海国際映画祭(SIFF) パノラマ部門 出品作品
第1回愛媛国際映画祭コンペティション部門 出品作品
第18回ニューヨーク・アジアン映画祭 スペシャル・メンション受賞
 
監督: 文晟豪(ムン・ソンホ)
脚本: 蛭田直美
 
出演: 望月歩、山田杏奈、森岡龍、松尾諭、芦那すみれ、吉岡睦雄、兵頭功海、小林ひかり、水澤紳吾、諏訪太朗、江本純子、坂口涼太郎、平田満、西田尚美
 
主題歌:「みらい」ZAO
製作: 畠中達郎、田中祐介
プロデューサー: 遠藤日登思、押田興将、松田広子、中澤元
協力プロデューサー: 盛夏子、諸田創、宮瀬佐知子
助監督: 久保朝洋
撮影: 田島茂
照明: 山田和弥
録音: 齋藤泰陽
美術: 小坂健太郎
装飾: 遠藤善人
スタイリスト: 水野遼平
ヘアメイク: 有路涼子
スクリプター: 松本月
編集: 脇本一美
制作担当: 芳野峻大
音楽: 谷口尚久
制作プロダクション: オフィス・シロウズ
宣伝: ミラクルヴォイス
配給協力: コピアポア・フィルム
配給: NEW CINEMA PROJECT
2019年 / 日本 / 112分 / カラー / シネスコ / 5.1ch デジタル
© 2019 『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT
 
2019年7月20日(土)よりユーロスペース他にて全国順次公開!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @509jinsei_movie
公式Facebook: @5okuenjinsei

この記事の著者

あかね

あかねインタビュア/ライター

シネマティーンズオンライン所属の現役高校生。
俳優さんや女優さんの魅力を感じたことがきっかけで、映画鑑賞が趣味に。将来映画関係の仕事に就くために様々なことに取り組んでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る