映画『五億円のじんせい』公開初日舞台挨拶レポート

【写真】映画『五億円のじんせい』公開初日舞台挨拶 (望月歩、山田杏奈、文晟豪監督)

映画『五億円のじんせい』
㊗公開初日舞台挨拶

望月歩「人見知りを克服するぞ!」
初主演映画の公開初日を満員御礼で飾る! 

GYAOとアミューズがオーディションによりオリジナル映画を作るプロジェクト「NEW CINEMA PROJECT」にて約400本の中から見事グランプリを受賞した脚本の蛭田直美ひるたなおみ文晟豪ムンソンホ監督のコンビによる映画『五億円のじんせい』が7月20日(土)公開初日を迎え、渋谷ユーロスペースでの初回上映前に舞台挨拶を実施。主演の望月歩、ヒロインの山田杏奈、文晟豪ムンソンホ監督が満席御礼の会場に登場した。

【写真】映画『五億円のじんせい』公開初日舞台挨拶 (望月歩)

登壇した望月が「どうですか?面白かったですか?」と観客に問いかけると会場からは拍手が。「ありがとうございます!これがやりたかった(笑)。今日は精一杯頑張ろうと思います。楽しんでいってください」と挨拶すると、山田は「一人二役でやらせていただきました。一年前に撮影をして、今皆さんの前に届いていてとても 嬉しく思います。よろしくお願い致します」。文監督は「今日は早い時間からありがとうございます。宜しくお願い致します」とそれぞれ挨拶した。

GYAOとアミューズがオーディションによりオリジナル映画を作るプロジェクト「NEW CINEMA PROJECT」。約400本の中から見事グランプリを受賞した今作を振り返って心境を聞かれると、文監督は「商業映画の長編は初だけど、商業映画ができますようにとミサンガに願掛けしたのですが、まだ切れてない んですよ!」と足につけられているミサンガを見せて笑いを誘い、「実際に撮影を経て、無事に完成してとても嬉しいです。一緒に完成まで漕ぎ着けたスタッフ、上映してくれるユーロスペースに感謝」と感謝を述べた。

【写真】映画『五億円のじんせい』公開初日舞台挨拶 (文晟豪監督)

今作が初主演の望月。これまでと違ったことや現場で努力したことを聞かれると、「作品に対しての気持ちは他の作品も変わらないけど、僕が今ま で共演してきて、主役をされてきた人の佇まいを真似していこうと思っていました。『埋もれる』(2014年/WOWOW)の桐谷健太さんや、『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』(2019年/日本テレビ系)の菅田将暉さんとか。このお二人は現場ですごくわくわくされていて、だから今回は僕が一番この現場でわくわくしないとなと思って臨みました」と気合いを見せた。

今作は、先日行われた第18回二ューヨークアジア映画祭でスペシャル・メンションを受賞。ちょうど山田の主演作『ミスミソウ』(2018年)も同じ賞を受賞していたことで、 山田は「同じ賞です。嬉しいです」と笑顔を見せる。ニューヨークでの観客の反応を見て文監督は「特殊な場面で笑うんだな〜と思いました。静かに観てほし いところでもハッハッハッて笑っていてびっくりしました。海外では、映画が良くないとお客さんはすぐ帰ってしまうのですが、お客さんが帰ってなかったので、良 かったのかな」と喜びを見せた。

今作で一人二役という難しい役柄を演じきった山田は、「初めて一人二役をやらせていただいて、最初は二役分大変かなと思ったのですが、楽しさが勝っ て二倍やれて得しました。二人とも魅力的な子なので、二人を違う方法で表現するのは楽しかった。二人が見た目がガラッと変わるわけではないので、 観た人はどう思うかなと不安はありました」と一人二役の難しさを語った。

【写真】映画『五億円のじんせい』公開初日舞台挨拶 (山田杏奈)

今回、望月と山田の共演シーンは短く、現場でどうコミュニケーションをとっていたか聞かれると、望月は「お互い人見知りだな〜と感じつつ、 共通の友達の話題とかを必死に探して話しかけました。さっき楽屋でも三往復くらいで終わって僕が立ち去っちゃったので、今喋れてうれしい」と照れ、 MCから「でも目は合ってないですもんね」と突っ込まれ「恥ずかしい!」と照れを見せると、場内も笑いに包まれた。

公開日以降、ほぼ毎日劇場に登壇予定の望月。明日以降、毎日どのように観客とコミュニケーションをとりたいか聞かれると、「毎日楽しませてもらおうと思います。人と話すことや舞台挨拶は好きですが、元々話すことは得意ではないです。だけど、普段応援していただけるお客さんたちにこう いう時しか恩返しができないから、なるべく素でいられるように頑張りたい」と語った。

また、「NEW CINEMA PROJECT」はこの日から第二弾の募集を開始。受賞のコツを聞かれた文監督は「審査をしてくれる人は、後に一緒に作品を作ってくださる方々なので、どういう作品を作りたいか、作品への熱意を伝えればきっと仲間になってくれるはず」と力強いエールを述べた。

最後に、文監督は「望月さんが出演できて良かったなと思ってくれるような作品になっていると思うので、皆にもそう思ってほしい」。山田は「初めて脚本 を読んだ時に、本当に素敵な脚本で、皆の思いが詰まっていると感じました。皆さんと、大事に大事に作った作品です。今日観て、届いたなと思った方 は周りの皆さんにも薦めてほしいです」。

【写真】映画『五億円のじんせい』公開初日舞台挨拶 (望月歩)

そして望月が「前から主役という場に立ちたくて頑張ってきました。この日を迎えられたことが本当に嬉しいです。今日ご覧いただいた皆さんの顔を見て、良い反応をいただけていると思っているので、色んなところで広めてもらいたいです。僕自身、とても勇気をもらえる 映画だと思っています。観ていただいた人の言葉が真実ですので、その言葉を広げてもらえると嬉しいです」と観客に向けて挨拶し、初日舞台挨拶は幕を閉じた。

 

イベント情報

映画『五億円のじんせい』公開初日舞台挨拶

■開催日: 2019年7月9日(火)
■会場: 渋谷 ユーロスペース 2
■登壇者: 望月歩、山田杏奈、文晟豪監督

映画『五億円のじんせい』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『五億円のじんせい』ポスタービジュアル

《ストーリー》

五億円稼いで、ボクは死ぬ

かつて五億円の募金で命を救われた少年。
17歳の夏、死ぬために始めた闇バイトで見つけた、命の本当のねだん。

幼少期、善意の募金五億円により難病から命を救われた少年。

健康に成長し高校生になった彼は、五億円にふさわしい人生を送るべく、周囲からの期待や、マスコミに晒される窮屈な青春を送っていた。

ある日、とある出来事をきっかけに彼は生きる意味を見失い、SNSで自殺を宣言。そこに、見知らぬ誰かからメッセージが届く。

「死ぬなら、五億円返してから死ね」

家を飛び出し、お金と人生に向き合う旅には思わぬ出会いが待っていた。

 
第22回上海国際映画祭(SIFF) パノラマ部門 出品作品
第1回愛媛国際映画祭コンペティション部門 出品作品
第18回ニューヨーク・アジアン映画祭 スペシャル・メンション受賞
 
監督: 文晟豪(ムン・ソンホ)
脚本: 蛭田直美
 
出演: 望月歩、山田杏奈、森岡龍、松尾諭、芦那すみれ、吉岡睦雄、兵頭功海、小林ひかり、水澤紳吾、諏訪太朗、江本純子、坂口涼太郎、平田満、西田尚美
 
主題歌:「みらい」ZAO
製作: 畠中達郎、田中祐介
プロデューサー: 遠藤日登思、押田興将、松田広子、中澤元
協力プロデューサー: 盛夏子、諸田創、宮瀬佐知子
助監督: 久保朝洋
撮影: 田島茂
照明: 山田和弥
録音: 齋藤泰陽
美術: 小坂健太郎
装飾: 遠藤善人
スタイリスト: 水野遼平
ヘアメイク: 有路涼子
スクリプター: 松本月
編集: 脇本一美
制作担当: 芳野峻大
音楽: 谷口尚久
制作プロダクション: オフィス・シロウズ
宣伝: ミラクルヴォイス
配給協力: コピアポア・フィルム
配給: NEW CINEMA PROJECT
2019年 / 日本 / 112分 / カラー / シネスコ / 5.1ch デジタル
© 2019 『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT
 
2019年7月20日(土)よりユーロスペース他にて全国順次公開!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @509jinsei_movie
公式Facebook: @5okuenjinsei

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る