第35回 東京国際映画祭(TIFF) ガラ・セレクション部門『月の満ち欠け』廣木隆一監督 ティーチイン レポート
【写真】第35回 東京国際映画祭(TIFF) ガラ・セレクション部門 映画『月の満ち欠け』廣木隆一監督 ティーチイン

映画『月の満ち欠け』

廣木隆一監督 ティーチイン

観客からは温かい拍手が👏 
廣木監督は何度でも観てほしいとアピール

10月29日(土)、第35回東京国際映画祭(TIFF)ガラ・セレクション部門にて、映画『月の満ち欠け』が有楽町よみうりホールで上映され、上映後に廣木隆一監督によるティーチインが行われた。

上映終了後、 大きな拍手に包まれた会場に廣木隆一監督が登場し 、ティーチインイベントがスタート 。まずは 、 映画を観終えたばかりの観客へ 「最後に拍手をいただいたので楽な気持ちになりました。短い時間ですが楽しんでいってください」と挨拶。本作は直木賞作家の佐藤正午による小説を原作としており、観客の中にも原作ファンが多く見受けられた。

廣木監督は「佐藤さんの原作は、話や人間模様が非常に入り組んでいるので、映画化をするのは大変だと思ったが、これまでも複雑な原作を映画にするという挑戦をしてきているので、本作も人間関係をすっきり出来れば成り立つと思いました。僕自身生まれ変わりを心のどこかで信じている気持ちがあって、親戚の子どもが産まれたりすると「もしかしたら…」と思うこともありました。そんなファンタジーだけどリアルさもあるような感じに作りました」と話題の小説を映画化することへの思いを語った。

【写真】第35回 東京国際映画祭(TIFF) ガラ・セレクション部門 映画『月の満ち欠け』廣木隆一監督 ティーチイン

続いて本作のキャストについての話題へ。「(主演の)大泉洋さんが最初に決まって、他の方も続いて決まっていきました。大泉さんの役は唯一観客と同じような視点で、等身大のお父さん。とてもリアルに演じてくださっているので、映画が観やすくなったと思います」と話す。

【画像】映画『月の満ち欠け』場面カット3

三角哲彦役の目黒蓮については「彼は現場では自分のキャラクターを守るようにあまり口をきかず、役に没頭していました。良い役者さんです。堅の元を三角が訪ねて来るシーンはとても緊張感があって、大泉さんの芝居で目黒さんの良いところが引き出されていてとても助かりました。大泉さんとの共演は彼にとってとても良い経験になったと思います」と振り返った。

また、Q&Aコーナーでは観客から有村架純と目黒蓮の共演シーンの撮影にまつわる質問が。「三角が瑠璃を撮影するシーンで惹かれ合う2人の関係性が近くなっていくんですが、2人ともとても自然に芝居していて印象的でした」と語った。

【画像】映画『月の満ち欠け』場面カット2

そして本作で大人顔負けの演技を見せた子役たちについては「事前に台本を読ませず、台詞を覚えてもらわずに現場でやってもらいました。台本を渡しちゃうと親御さんと練習しちゃうので」と自然な芝居へのこだわりがうかがえる廣木流の演出を明かした。

【画像】映画『月の満ち欠け』場面カット1

制作の裏側に関する質問も多く、劇中で有村演じる瑠璃が小津安二郎の映画『東京暮色』(1957年)を観るシーンについて「瑠璃の心境がシンクロしている映画で何をかけようかとなった時に、僕の大好きな小津を引用しました」と回答。また、「音楽はゲスの極み乙女。のちゃんMARIさん(FUKUSHIGE MARI)が担当しています。どれも素晴らしい楽曲」と劇中音楽もアピール。

そして、本作の重要なランドマークとなっている高田馬場駅前を再現した撮影セットに関する質問では、「茨城県筑西市にある運動公園の駐車場の場所を借りて高田馬場を再現しました。風景は全てCGです。今行っても見れないです!この映画の中だけ(笑)」と笑顔を見せた。

【写真】第35回 東京国際映画祭(TIFF) ガラ・セレクション部門 映画『月の満ち欠け』廣木隆一監督 ティーチイン

 

イベントの最後に観客へ「映画は面白かったですか?」と投げかけると、会場からは再び大きな拍手が沸き起こる。安堵の表情の廣木監督は「是非SNSなどでどんどん宣伝してください。公開は12月2日(金)です。それまでにまた舞台挨拶やイベントをやると思いますので、何度でも観てほしいです。ありがとうございました」と挨拶で締めくくった。

イベント情報

第35回 東京国際映画祭(TIFF)
ガラ・セレクション部門
映画『月の満ち欠け』廣木隆一監督 ティーチインイベント

■開催日: 2022年10月29日(土)
■会場: 有楽町よみうりホール
■登壇者: 廣木隆一監督
■MC: 安田祐子
■英語通訳: 鈴木小百合

【写真】第35回 東京国際映画祭(TIFF) ガラ・セレクション部門 映画『月の満ち欠け』廣木隆一監督 ティーチイン

映画『月の満ち欠け』予告篇🎞

映画作品情報

【画像】映画『月の満ち欠け』ポスタービジュアル

《ストーリー》

”もう一度逢いたい”と願う純粋な想いが、27年の時を超えて奇跡を起こす――

仕事も家庭も順調だった小山内堅(大泉洋)の日常は、愛する妻・梢(柴咲コウ)と娘・瑠璃のふたりを不慮の事故で同時に失ったことで一変。

深い悲しみに沈む小山内のもとに、三角哲彦と名乗る男(目黒蓮)が訪ねてくる。事故に遭った日、小山内の娘が面識のないはずの自分に会いに来ようとしていたこと、そして彼女は、かつて自分が狂おしいほどに愛した“瑠璃”という女性(有村架純)の生まれ変わりだったのではないか、と告げる。

【愛し合っていた一組の夫婦】と、【許されざる恋に落ちた恋人たち】。

全く関係がないように思われたふたつの物語が、数十年の時を経てつながっていく。

それは「生まれ変わっても、あなたに逢いたい」という強い想いが起こした、あまりにも切なすぎる愛の奇跡だった――。

 
原作: 佐藤正午「月の満ち欠け」(岩波書店刊)
主演: 大泉洋
 
出演: 有村架純目黒蓮(Snow Man)伊藤沙莉/田中圭柴咲コウ、菊池日菜子、小山紗愛、阿部久令亜、尾杉麻友、寛一郎、波岡一喜、安藤玉恵、丘みつ子
監督: 廣木隆一
脚本: 橋本裕志
音楽: FUKUSHIGE MARI
劇中曲: John Lennon「Woman」(ユニバーサルミュージック)
製作: 「月の満ち欠け」製作委員会
配給: 松竹
 
© 2022『月の満ち欠け』製作委員会
 
2022年12月2日(金)、あなたも真実の愛に涙する。
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @eiga_tsukimichi
公式Instagram: @eiga_tsukimichi
 

映画『月の満ち欠け』プレミアナイト試写会 舞台挨拶 レポート

映画『月の満ち欠け』公開直前!サプライズ舞台挨拶 レポート

映画『月の満ち欠け』公開前夜祭舞台挨拶 レポート

映画『月の満ち欠け』大ヒット御礼舞台挨拶 レポート

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る