【舞台挨拶】映画「友だちのパパが好き」 – 第28回東京国際映画祭

第28回 東京国際映画祭 友達のパパが好き

© 2015 TIFF
左から 吹越満さん(俳優)、岸井ゆきのさん(女優)、安藤輪子さん(女優)、石橋けいさん(女優)、山内ケンジ監督

映画「友だちのパパが好き」
第28回 東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門 舞台挨拶!

妙子役に入り込んでいた岸井ゆきのがアドリブ演技を語った。
「私も、マヤが死ねばいいって思っていました。」

第28回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で山内ケンジ監督の『友だちのパパが好き』が上映されました。
10月27日の上映後の舞台挨拶に、山内ケンジ監督、吹越満(パパ役)、岸井ゆきの(娘役)、安藤輪子(娘の友だち役)が登壇し、Q&Aが行われました。

≪舞台挨拶・Q&Aレポート≫

本作は、どこにでもいそうな中年男が娘の友人から熱烈に好かれて、猛烈にアタックされるラブストーリーです。
このストーリーのなかで、様々な人間模様が浮き彫りになっていきます。主人公の霜崎恭介に個性派俳優の吹越満、その娘の妙子に岸井ゆきの、娘の友人役マヤに安藤輪子をはいし、緩急ちりばめられたテンポのよい作品です。

矢田部吉彦氏(東京国際映画祭プログラミングディレクター)の司会のもとに始まったこの舞台挨拶とQ&Aは、独特な間がなんともいえない魅力で静かな盛り上がりをみせました。
山内監督は当初、ほとんど両目を閉じたままうつむき加減でしばらく話を続けていました。その様子をみて、極度にシャイな方なのかと思い始めた頃に突然、「目をつぶったままですみません!ライトが眩しくて目が開けられません。」と言われ、客席は笑いの渦となりました。

第28回 東京国際映画祭 友達のパパが好き 舞台挨拶

Q&Aでは、山内監督が妙子役の岸井のアドリブ演技に言及した際、岸井が「さっき、どなたかがおっしゃっていたように、私も、マヤが死ねばいいって思っていました。台本には単に”去る”とだけ書いてあったのですが、なにもしないで去ることはできないって思ってアドリブで蹴ったところ、OKが出たんです。」とコメントし、役に入り込んでいた様子を語りました。
「映画の中では、当初は仲の良い友人同士でしたが、役をはなれたところでのおふたりの関係はどうだったのでしょうか?」という問いかけに岸井は「(初共演で)会って間もないから、会話の糸口を見つけるのが難しく、そんなにお話ししなかったように思います。」と答え、安藤は「私は、もっとお話ししたかった。」と舌足らず氣味に語り、上目遣いの人懐っこい表情で岸井の顔を覗き込みました。

監督と吹越からは、撮影が夕方ギリギリの時間になることが多く、これ以上暗くなったらなにも見えなくなってしまうという緊張感があったことと、そのマジックアワーのおかげで逆高効果による思いがけない映像が撮れたりしたことなども語られました。

[記者・スチール撮影: Takako Kambara]

舞台挨拶イベント情報

第28回 東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門「友だちのパパが好き」舞台挨拶
日  時:  2015年10月27日 (火) 
場  所:  TOHOシネマズ 六本木 スクリーン3
登壇者: 山内ケンジ(監督)、吹越満(俳優)、岸井ゆきの(女優)、安藤輪子(女優)
司会者: 矢田部吉彦(TIFF プログラミングディレクター)

映画作品情報

映画 友達のパパが好き
©2015 GEEK PICTURES

作品詳細はこちら ⇒  映画 「友だちのパパが好き」 作品情報

この記事の著者

Takako Kambara

Takako KambaraCinema Art Online 専属ライター

★好きな映画
『素晴らしき哉、人生!』 (It's a Wonderful Life) [監督: Frank Russell Capra 製作: 1946年/米]
『太陽と月に背いて』 (Total Eclipse) [監督: Agnieszka Holland 製作: 1995年/英]
『きみに読む物語』 (The Notebook) [監督: Nick Cassavetes 製作: 2004年/米]

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

映画「SYNCHRONIZER」(シンクロナイザー) 公開初日舞台挨拶

2017-2-12

映画「SYNCHRONIZER」公開初日舞台挨拶

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る