映画『友だちのパパが好き』(Her Father, My Lover) レビュー

映画 友達のパパが好き

映画『友だちのパパが好き』
“Je suis folle de papa de ma copine”

純愛は、ヘンタイだ。

《ストーリー》

ごく普通の中年男である主人公の霜崎恭介が、ある日突然、娘の友人であるマヤから猛烈にアタックされる。
霜崎恭介には長年の愛人ハヅキの存在があり、結婚生活は破綻しかけていた。自分が入り込む余地がありそうだと感じたマヤは、なにものをも恐れず一直線に純愛を貫こうとする。そして、霜崎家とそれを取り巻く人々を巻き込みながら、まさかと思うような展開で、前代未聞のラブストーリーが繰り広げられていく。

《みどころ》

これまでにはない新鮮なラブストーリーという点で、一見の価値あり。若手女優安藤輪子がマヤ役で一途でありながらもあっけらかんとしたキャラクターを演じており、深刻になりかねないストーリーをコメディ風にみせることに成功している。同様に、吹越満が主人公を演じることで、重くなりがちなストーリーをライトなテイストに変化させている。また、石橋けいが演じる主人公の妻役ミドリのけだるい演技は、終わりかけた結婚生活への喪失感、あきらめや寂しさといったどうにもならない複雑な心もちを如実に表しており、この映画に静かな深みを与えている。

人は、ひとりでは生きられないし、相手をとおしてでしか自らのことを深くみることも本当の意味で知ることもできない。パートナーは、真の自分を知るためだけでなく互いに成長し分かち合うという意味でも欠かせない存在である。欠かせない存在でありながら、身近なパートナーシップを継続していくには様々な試練を伴うことが多い。パートナーとの愛が芽生えても、それを互いに育てていき絆を深めていくということをしないかぎり、せっかくのパートナーシップも生かしていくことができない。この映画を通じて、自分とパートナーとの関係やあり方というものを考えずにはいられないだろう。

山内ケンジ監督は、CMディレクターとしてソフトバンクモバイルの「白戸家シリーズ」や「NOVA」などで数々のヒットCMを手がけている。また、劇作家、演出家、映画監督として幅広く活躍されている。映画2作目にあたる本作の脚本執筆の際には、前作『ミツコ感覚』での謎めいたシュール感を禁じ手として、万人にわかりやすい映画を目指したという。

[ライター: Takako Kambara

映画『友だちのパパが好き』予告篇

映画作品情報

第28回 東京国際映画祭(TIFF) 日本映画スプラッシュ部門出品

邦題: 友だちのパパが好き
英題: Her Father, My Lover
 
監督・脚本: 山内ケンジ
エグゼグティブプロデューサー: 小佐野 保
プロデューサー: 木村大助
撮影監督: 橋本清明
照明: 清水健一
録音・整音: 木野 武
衣装: 増井芳江
ヘアメイク: たなかあきら
編集: 河野斉彦
 
出演: 吹越 満、岸井ゆきの、安藤輪子、石橋けい、平岩 紙、宮崎吐夢、金子岳憲、前原瑞樹
 
2015年 / 日本 / 日本語 / カラー / 105分
配給: スポッテッドプロダクションズ
© 2015 GEEK PICTURES
 

2015年12月19日(土)より,ユーロスペースほか全国ロードショー!

映画公式サイト

公式Twitter: @tomopapamovie
公式Facebook: @映画「友だちのパパが好き」

この記事の著者

Takako Kambara

Takako KambaraCinema Art Online 専属ライター

★好きな映画
『素晴らしき哉、人生!』 (It's a Wonderful Life) [監督: Frank Russell Capra 製作: 1946年/米]
『太陽と月に背いて』 (Total Eclipse) [監督: Agnieszka Holland 製作: 1995年/英]
『きみに読む物語』 (The Notebook) [監督: Nick Cassavetes 製作: 2004年/米]

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る