映画『破戒』公開初日舞台挨拶 レポート
【写真】映画『破戒』公開初日舞台挨拶 (間宮祥太朗、石井杏奈、矢本悠馬、前田和男監督)

 映画『破戒』㊗公開初日舞台挨拶

主演・間宮祥太朗の願い事に会場大絶賛!
矢本悠馬は娘のためにキン肉マンを目指す!?

1948年の木下恵介監督、1962年の市川崑監督と名だたる巨匠が映画化してきた、小説家・島崎藤村の不朽の名作「破戒」。2022年、60年ぶりに再び映画化され、7月8日(金)に丸の内TOEIほかにて全国公開された。

【画像】映画『破戒』メインカット

同日、丸の内TOEI①で初日舞台挨拶が行われ、主演の間宮祥太朗石井杏奈矢本悠馬前田和男監督が登壇した。

「いい映画になりました」と前田監督太鼓判!!

上映後の劇場に登壇者たちが登場すると、観客からは盛大な拍手が起こった。

間宮は「公開ということで幸せな気分です。満員の客席を見れて嬉しいです」と喜びを語る。

【写真】映画『破戒』公開初日舞台挨拶 (間宮祥太朗)

石井は「暑い日が多いですが、(昨年8月に行われた映画の)撮影を思い出していました」と撮影当時を振り返る。

【写真】映画『破戒』公開初日舞台挨拶 (石井杏奈)

矢本は「上映後の舞台挨拶は初めてなので色々話せることが楽しみですね」と意気込む。

【写真】映画『破戒』公開初日舞台挨拶 (矢本悠馬)

前田監督は「間宮さん美しかったでしょ?石井さんは毅然としてカッコよかった。矢本さんも泣かせてくれましたよね。皆さんのおかげで良い映画になりました」と感謝を述べた。

【写真】映画『破戒』公開初日舞台挨拶 (前田和男監督)

石井杏奈、間宮のおかげで作品への愛が深まる!!

実際に映画が公開され間宮は「(丑松は)大事な役であり、重圧を感じてもいたんですけど、シンプルに良い映画だなって思える喜びを教えてくれた作品でもありました」と話すと石井は「間宮さんと一緒にインタビューを受けたりする中で、色んな思いを背負って立っているんだな、たくさん考えて演じてたんだなということを知ることができて私も『破戒』への愛がもっと深まりました」と間宮の姿に影響を受けたと言う。

矢本は「現場に友だちがいるという、やりづらい中でいい芝居が出来たということで、自己評価高いと思います(笑)」と話すと会場からは大きな拍手が起こった。

矢本、現場の空気感が良すぎて思わず涙

矢本は撮影中に間宮に泣かされシーンがあったそう。「(間宮が撮影中の時は)あえて外のベンチで待機していて。僕のカットを撮る時に現場の空気感が良くて思わず泣いてしまいましたね」と振り返ると間宮は「銀之助に対しての丑松の思いを、ちゃんと芝居を受けてくれて嬉しかったです。役どころとしては泣かない方がよかったよね」と反応があると、矢本は「あの空間に感動してしまったという結果なので、お許しください!」と客席に訴えていた。

明治時代の当時を表現することの大変さ

撮影中大変だったことについて石井は「所作は大変でした。ずっと正座していたり、立つときにつま先立ちのまま立たないといけなかったり、使ったことのない筋肉を使って、次の日は筋肉痛になってました」と慣れない動きに苦戦したことを話した。

矢本は明治時代後期当時の言葉遣いに不安を覚え、衣装合わせの時に現代の言葉遣いに直せないか監督に直談判したと暴露した上で「撮影前まで不安でしたが、実際にやってみると普段使わない言葉を楽しめて、アドリブが多い俳優なんですけど、今回は真面目にやりました」と笑いを誘った。

間宮も「文学作品の実写映画という事で、日本語の美しさというのを大切にしながらリアリティを入れつつ、その美しさを消してしまわないように、セリフの響き方にも気を配りました」とセリフの言い回しについて言及した。

前田監督は「100年前に彼らが普通に使っていた言葉ですから、踏襲することによりキャラクターに理性や個性が出て、作品の品性・品格に繋がったと思います」と分析した。

もし願い事が叶うなら🎋

映画公開日前日の7月7日が七夕ということで、「願い事が叶うとするなら何?」という質問がMCから投げかけられると、前田監督は「会場のどこかに島崎藤村先生がいて、映画を観てくれたらと思います。ちょっと怖いですけど」と原作者の島崎藤村へ思いを馳せる。

矢本は「『破戒』が上手くいくのはもちろんなんですけど、昨日娘が幼稚園から持って帰ってきた短冊見たら『キン肉マンに会いたい』って書いてあったのでキン肉マンになりたいと思います!」と満面の笑み。

石井は「そろそろ旅行に行きたいです!毎年夏やお正月に家族旅行に行ってるんですけど、ここ数年行けてないので。沖縄に行きたいです!」と懇願していた。

間宮は「上映館が増えることです。僕自身SNSをやってて、『うちの県ではやらないんです』って声もあって。作品の内包している力も信じているので、是非叶って欲しいです」ともっと多くの方に映画が届くことを願うと、会場からは大絶賛の拍手が響いた。

これから映画を観る方へメッセージ

最後に、これから映画を観る方へ向けてメッセージを求められると、前田監督は「(原作の出版から)100年以上経ち、まだ部落差別は無くなってません。希望を持って生きていけば、俯かないで歩いていける。そういう希望の映画です」、矢本は「観た後に経験値として人生に残る。自分自身が人に対して想像力を養っていける作品だと思っています」 、石井は「勇気をいただいたし、前向きになれる映画になっています」、そして間宮は「丑松が生徒たちに対して告白した心境と、今日皆さんに観ていただいた感情がリンクしていて。一人一人の人生は全く違う。それぞれのバックボーンがあることを、この映画を観た時に感じるきっかけになればと思います」と締めくくり、舞台挨拶は終了した。

[スチール撮影: Cinema Art Online UK / 記者: 梅田 奈央]

フォトギャラリー📸

スライドショーには JavaScript が必要です。

イベント情報

映画『破戒』公開初日舞台挨拶

■開催日: 2022年7月8日(金)
■会場: 丸の内TOEI①
■登壇者: 間宮祥太朗、石井杏奈、矢本悠馬、前田和男監督
■MC: 伊藤さとり

【写真】映画『破戒』公開初日舞台挨拶 (間宮祥太朗、石井杏奈、矢本悠馬、前田和男監督)

映画『破戒』予告篇🎞

映画作品情報

【画像】映画『破戒』ポスタービジュアル

《ストーリー》

なぜ自分の故郷を語れない。 なぜ好きな人に気持ちを伝えることができない瀬川丑松(間宮祥太朗)は、自分が被差別部落出身ということを隠して、地元を離れ、ある小学校の教員として奉職する。

彼は、その出自を隠し通すよう、亡くなった父からの強い戒めを受けていた。

彼は生徒に慕われるいい教師だったが、出自を隠していることに悩み、また差別の現状を体験することで心を乱しつつも、下宿先の士族出身の女性・志保(石井杏奈)との恋に心を焦がしていた。

友人の同僚教師・銀之助(矢本悠馬)の支えはあったが、学校では丑松の出自についての疑念も抱かれ始め、丑松の立場は危ういものになっていく。

苦しみのなか丑松は、被差別部落出身の思想家・猪子蓮太郎(眞島秀和)に倒錯していく。

猪子宛に手紙を書いたところ、思いがけず猪子と対面する機会を得るが、丑松は猪子にすら、自分の出自を告白することができなかった。

そんな中、猪子の演説会が開かれる。

丑松は、「人間はみな等しく尊厳をもつものだ」という猪子の言葉に強い感動を覚えるが、猪子は演説後、政敵の放った暴漢に襲われる。

この事件がきっかけとなり、丑松はある決意を胸に、教え子たちが待つ最後の教壇へたとうとする。

 
出演: 間宮祥太朗、石井杏奈、矢本悠馬、高橋和也、小林綾子、七瀬 公、ウーイェイよしたか(スマイル)、大東駿介、竹中直人/本田博太郎/田中要次、石橋蓮司、眞島秀和
 
企画・製作: 全国水平社創立100周年記念映画製作委員会
制作: 東映株式会社
制作協力・配給/宣伝: 東映ビデオ株式会社
制作プロダクション: 東映株式会社 京都撮影所
原作: 島崎藤村「破戒」
脚本: 加藤正人/木田紀生
監督: 前田和男
音楽: かみむら周平
 
© 全国水平社創立100周年記念映画製作委員会
 
2022年7月8日(金) 丸の内TOEIほか全国ロードショー!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @hakai_movie
公式Facebook: @hakaimovie
 

映画『破戒』完成披露舞台挨拶 レポート

この記事の著者

梅田 奈央シネマレポーター/ライター

様々な人々の想いによって創られる映画。限られた時間の中に綿密に練られた構想。伝えたいメッセージ。無限大の可能性と創り手の熱量に魅了され、作品やそこに込められた想いをたくさんの人に知って貰いたいと活動を開始。インタビューや舞台挨拶などのイベントに至るまで、様々な角度から作品の魅力を発信している。

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る