映画『春』公開記念舞台挨拶 レポート

【写真】映画『春』公開記念舞台挨拶 (大森歩監督、古川琴音)

映画『春』㊗公開記念舞台挨拶

映画初主演の古川琴音と大森歩監督が登壇!
何度か観てアミの気持ちを感じてほしい

京都国際映画祭2018 クリエイターズ・ファクトリーほか9つの映画祭にてグランプリを受賞した他、文化庁メディア芸術祭2019 新人賞(大森歩)、第20回TAMA NEW WAVE ベスト女優賞(古川琴音)も受賞した短編映画『春』が、10月1日(金)よりアップリンク吉祥寺ほかにて、大森歩監督の新作短編映画『リッちゃん、健ちゃんの夏。』(出演:武イリヤ、笈川健太)と同時上映中。

『春』は、認知症の祖父と二人暮らしをする美大生の、1年間の物語。実際に3年間祖父と二人で暮らしながら、美術大学を卒業し、現在CMなどのディレクターとして活躍する大森監督自身の経験を元に、祖父を介護する美大生の心情を繊細に描いた秀作。認知症が進む祖父に、イライラが募った主人公が思わずしてしまう行動など、監督が過去に抱いたであろう、他人には見せたくないような汚い感情も逃げずに描いたリアリティが、観る者に突き刺さる。

【画像】映画『春』メインカット (古川琴音、花王おさむ)

主人公・アミを演じるのは、NHK連続テレビ小説「エール」(2020年)の主人公夫婦の一人娘役、日本テレビ 土曜ドラマ「コントが始まる」(2021年)の有村架純の妹役や映画『泣く子はいねぇが』(2020年)、『街の上で』(2020年)などで注目を集める古川琴音。本作で映画初主演を果たした。

【画像】映画『春』場面カット

10月2日(土)、アップリンク吉祥寺にて公開記念舞台挨拶が行われ、映画初主演を飾った古川琴音と、認知症初期に二人暮らしをした祖父との思い出を元に制作した本作が初監督作となる大森歩監督が登壇し、制作の裏話など存分に語られた。

上映を観終えた観客を前に挨拶🎙
大森監督が初監督作にこの題材を選んだ理由とは?

舞台挨拶の冒頭、古川は「久しぶりにお客さんの前に立つので、とても緊張しているんですけれど、本当に思い入れのある映画でこういう機会をいただけて、光栄だなと思っています」と挨拶。

【写真】映画『春』公開記念舞台挨拶 (古川琴音)

本作は、認知症の祖父と二人暮らしをする美大生の、1年間の物語。映画初監督作品に、この題材を選んだ理由を聞かれた大森監督は、「もともと私は大学で上京して、母方の祖父の家に居候をしていたんです。私は『春』の主人公のアミと同じように美大生で、2年位祖父にお世話になっていました。その時の実体験を元に映画を作っています。私はCMの制作会社に入って、CMの仕事を続けていたんですけれど、7年くらい経ってから、祖父が老衰で亡くなった時に、『人っていつか死ぬんだな』と思い、祖父への気持ちを映画にしました」と説明。

脚本を執筆する際、おじいさんと一緒に住んでいた時に書いていたmixi(ミクシィ)の日記を読み返したそうで、「この映画の中で、おじいちゃんが言った面白いこととか、おじいちゃんとのエピソードをたくさん盛り込んでいます」と話した。

【画像】映画『春』場面カット (花王おさむ)

古川琴音は『ガラスの仮面』の北島マヤのようだった

大森監督は、本作の顔合わせに来た古川の演技を見て、『ガラスの仮面』の北島マヤを見ているような気分になったそう。「マヤが学校の倉庫でパントマイムの一人芝居をやると、見ている観客には、家だったり喫茶店だったりその空間が見えるという話があるんです。地下室で古川さんが本作の脚本を読んだ時に、私には実際に家がパッと見えました。そんな経験は初めてだったので、『ガラスの仮面』と思っちゃいました」と激白。古川は恐縮しきりだった。

【写真】映画『春』公開記念舞台挨拶 (大森歩監督)

本人を前にして大森監督を演じた古川琴音 
実体験を聞けたからこそ掴めたおじいちゃんとの関係

古川はその顔合わせの末、本作で初主演が決まった時の感想を聞かれ、「仕事を始めたばかりだったので、初主演ということに関してあまりピンときていませんでした。私の役が監督ご本人(の分身)なので、監督の前で監督を演じるっていうプレッシャーの方を感じていたように思います」と話した。

脚本の感想を聞かれた古川は、「セリフで書かれていない部分が多かったので、最初は難しいという印象がありました。現場に行って監督とコミュニケーションをしながらわかっていくことが多かったです。一見記憶からこぼれ落ちるような些細な出来事が書かれていたので、その裏にどういうおじいちゃんとの関係があったのかということが読んだだけではわからなくて、監督がおじいちゃんのことを話している姿でわかっていった気がします」と裏話を披露。

【画像】映画『春』場面カット (古川琴音、花王おさむ)

大森監督から祖父との話を聞いたという古川は、「老いていくおじいちゃんを見ていて、おじいちゃんができなくなっていく姿を目の当たりにするわけだから、それに対するするショックだとか、苛立ちや恥かしさだとかがあるだろうなとは想像できていたんですけれど、それに対しておじいちゃんが大人を脱ぎ捨てていく、子供返りしていく過程を見て、そこに愛おしさを感じたりという感情が沸き起こるというのは、監督の実体験ならではの感覚で、聞かなくてはわからなかったことだと思いました」と語った。

【写真】映画『春』公開記念舞台挨拶 (古川琴音) 

最後に古川&大森監督からメッセージ 

最後に古川から「自由に観ていただけたら嬉しいです。アミとおじいちゃんの関係性に寄り添っていただいてもいいし、アミが将来に踏み出す時の気持ちに共感していただいてもいいし、自然を楽しんでいただいてもいいです。楽しんでいただけたら嬉しいです」、大森監督から「『春』はセリフをそぎ落として、間とかアミやじいちゃんの表情で語りたいなと作ったので、1回目観た時より2回目観た時、例えばおじいちゃんが見つめている表情が嬉しそうにも辛そうにも悲しそうにも寂しそうにも、感情が違って見えます。正解はないので、感じ取っていただければと思います。何度か観て、この時アミはこういう気持ちだったんじゃないかなど想像していただければと思います」とメッセージを送り、舞台挨拶は終了した。

[スチール撮影・取材: Cinema Art Online UK]

イベント情報

映画『春』公開記念舞台挨拶

■開催日: 2021年10月2日(土)
■会場: アップリンク吉祥寺 スクリーン3
■出演者: 古川琴音、大森歩監督
■MC: 登山里紗

【写真】映画『春』公開記念舞台挨拶 (大森歩監督、古川琴音)

映画『春』特報映像🎞

映画作品情報

《ストーリー》

祖父(花王おさむ)の家に居候して二人暮らしをしている、美大生のアミ(古川琴音)。いつも満州に行ったことを自慢気に話す祖父を、「衛生兵だったんでしょ。私も戦争したよ、受験戦争」と馬鹿にするアミは、翌年に就活を控えている。

アニメオタクの同級生・橋本(加藤才紀子)が我が道を行く一方、アミは、自分の描きたいものを描くのではない”広告”の課題に苦戦し、自信を喪失していく。同時に家では、どんどんボケていく祖父にイライラが募り、アミはとうとうキレてしまうが、ある日、初めて聞く祖父の話に気持ちが動き…

 
出演: 古川琴音、花王おさむ、加藤才紀子、西智子、伊勢田世山、松山茂雄
 
監督・脚本: 大森歩
プロデューサー: 穴久保亮、谷内恒太
アソシエイトプロデューサー: 伊藤太一
制作進行: 松重涼子
撮影: 安藤広樹
照明: 重黒木誠
助監督: 長田亮
美術: 佐藤彩
編集: 対馬天伸
MA: 吉川貴人
製作: AOI Pro. × 第8回きりゅう映画祭制作作品
配給: アルミード
 
2018年 / 日本 / カラー / 16:9 / DCP / 27分
 
© AOI Pro.
 
2021年10月1日(金)より
アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter:@harunatsujyouei
公式Facebook:@harunatsujyouei
公式Instagram:@haru_natsu_jyouei
 

映画『リッちゃん、健ちゃんの夏。』公開記念舞台挨拶 レポート

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る