映画『大怪獣のあとしまつ』東京スカイツリー® 点灯大作戦 レポート
【写真】映画『大怪獣のあとしまつ』東京スカイツリー® 点灯大作戦 (山田涼介、土屋太鳳)

映画『大怪獣のあとしまつ』

東京スカイツリー® 点灯大作戦

東京スカイツリー®に山田涼介、土屋太鳳が登場‼︎
山田の理想のヒーロー像は「お父さん」

「誰もが知る“巨大怪獣”の、誰も知らない“死んだ後”の物語」を描いた、今まで誰も見たことのない“空想特撮エンターテイメント”映画『大怪獣のあとしまつ』が、2月4日(金)より全国公開される。主演にHey! Say! JUMPの山田涼介、ヒロインに土屋太鳳 を迎え、監督・脚本を「時効警察」シリーズなどで知られる三木聡が務める。

【画像】映画『大怪獣のあとしまつ』メインビジュアル (大怪獣)

公開が目前に迫った1月24日(月)に東京スカイツリー®点灯大作戦が開催され、主演の山田涼介、ヒロインの土屋太鳳が登場!作品に関するトークを展開したほか、東京スカイツリー®の“大怪獣カラー”特別ライティングを目指して、謎解きミッションに挑戦した。

高所恐怖症の山田、初のスカイツリーに「前だけ見ます」
土屋は「大好きな場所でお話しできて夢のよう」と大興奮!

地上からの高さ350m地点にある東京スカイツリー®天望デッキで行われた本イベント。劇中では高さ155m、横幅380mにも及ぶ、邦画史上最大級の大怪獣“希望”のあとしまつを担う帯刀アラタを演じた山田だが、実際は高所恐怖症だという。山田は初めて来たという東京スカイツリー®に「なるべく後ろを見ないように(イベントを)楽しみたいです」とコメント。

【写真】映画『大怪獣のあとしまつ』東京スカイツリー® 点灯大作戦 (山田涼介)

一方土屋は「私自身が元気が無くなりそうな時、悩んでいる時に友人とスカイツリーに来て『頑張ろう』と話していたので、大好きな場所で大切な作品のお話ができるなんて、本当に夢のようです」と東京スカイツリー®でのイベント開催に大興奮な様子だった。

【写真】映画『大怪獣のあとしまつ』東京スカイツリー® 点灯大作戦 (土屋太鳳)

山田は天望デッキからの景色の話を振られても「カメラは前にしか無いのでね。顔を売っていこうと思っています!テレビの前の皆さん、どうも山田涼介です」と話を逸らして頑なに外を見ようとしないなど、相当な高所恐怖症ぶりを見せた。

理想のヒーロー像、ヒロイン像は?
山田はお父さんとのエピソードを披露!

劇中では、それぞれヒーローとヒロインを演じた山田と土屋に、“理想のヒーロー像、ヒロイン像”を聞いた。

山田は「お父さん」を挙げ、「小さい頃から『男らしく育てよ』と言われて、背中を見て育ちました。かっこいい親父だなと思って(背中を)見ています」と語った。続けて、「反面教師的な部分もありつつ、男として芯の通った人なので、こういう男になりたいなと思うことが多いです」と父親への思いを明かした。

“生き様や仕事について「お父さん」とのやり取りはあるのか”という質問には「今は自立しているので、親子というよりも友達関係に近いです。普通の家庭の息子とお父さんがしないような会話もしますね」と父親とはフランクな関係性だと話した。

また、理想のヒロイン像について土屋は、まず「報道で拝見する医療従事者、研究者の方はこういう状況の中で戦っているので、リアルにヒーロー、ヒロインだと感じています」と労い、加えて「特撮作品をずっと観てきて、諦めずに生きていこうとするヒロインやヒーローたちには憧れます」とコメント。役作りのために改めて見返して気づいた、特撮作品の魅力を語った。

続いて“完成した映画を観て笑ってしまったシーンは?”という話題に。山田は西田敏行演じる総理大臣のシーンを挙げ、土屋は六角精児演じる内閣官房長官のシーンについて「大怪獣の名前を発表する時に掲げるボードの角度が、妙に既視感があって。これは大丈夫なのかなと思いました(笑)」とコメントした。

“大怪獣カラー”への点灯をかけて謎解きミッションに挑戦!
山田と土屋が協力して取り組むも、大苦戦!?

劇中では、大怪獣をあとしまつするために様々なミッションに取り組んでいることにちなみ、山田と土屋が謎解きミッション企画に挑戦した。謎解きクイズに正解しミッションをクリアすると、東京スカイツリー®を“大怪獣カラー”に点灯することができるというルールで実施。山田と土屋は謎解きに大苦戦し、制限時間をややオーバーするも、最後には山田が見事正解を導き出した。そして山田が代表してスイッチを押すと、緑を基調とし、部分的に赤い“大怪獣カラー”に点灯。山田と土屋も感嘆の声を上げた。

主演の山田からメッセージ

イベントの最後には山田から、これから映画を観る方へのメッセージと作品に込めた想いが語られた。

山田は「特撮が大好きな方も、今まで特撮をあまり観たことが無い方も、この映画を観て特撮を好きになってもらいつつ、“特撮って全部こうなの?”という疑問を抱いていただいて、この『大怪獣のあとしまつ』という最高のエンターテインメント作品を楽しんでもらいたいです。最後の最後には大どんでん返しが待っていますので、皆さんに驚いていただけたらと思います」とコメントを締め、イベントは幕を閉じた。

[スチール撮影:Cinema Art Online UK / 記者: 來住 果林]

フォトギャラリー📸

スライドショーには JavaScript が必要です。

イベント情報

映画『大怪獣のあとしまつ』東京スカイツリー® 点灯大作戦

■開催日: 2022年1月24日(月)
■会場: 東京スカイツリー® 天望デッキ フロア350
■出演者: 山田涼介、土屋太鳳
■MC: 青木源太

【写真】映画『大怪獣のあとしまつ』東京スカイツリー® 点灯大作戦 (山田涼介、土屋太鳳)

映画『大怪獣のあとしまつ』予告篇🎞

映画作品情報

【画像】映画『大怪獣のあとしまつ』メインビジュアル (大怪獣)

《ストーリー》

人類を恐怖に陥れた巨大怪獣が、ある日突然、死んだ。――この死体、どうする?――

人類を未曽有の恐怖に陥れた巨大怪獣が、ある日突然、死んだ。

国民が歓喜に沸き、安堵に浸る一方で、残された巨大な死体は徐々に腐敗・膨張を進めていた。爆発すれば国家崩壊。終焉へのカウントダウンは始まった。絶望的な時間との闘いの中、国民の運命を懸けて死体処理を任されたのは、警察でも軍でもなく、3年前に突然姿を消した過去をもつ1人の男…。

彼に託された<使命>とは一体?果たして、爆発を阻止することができるのか――!?

前代未聞の緊急事態を前に立ち上がった、ある男の”極秘ミッション”を巡る空想特撮エンターテイメントが、今、動き出す。

 
監督・脚本: 三木聡
 
出演: 山田涼介、土屋太鳳、濱田岳、眞島秀和、ふせえり、六角精児、矢柴俊博、有薗芳記、SUMIRE、笠兼三、MEGUMI、岩松了、田中要次、銀粉蝶、嶋田久作、笹野高史、オダギリジョー、西田敏行
 
VFXスーパーバイザー: 野口光一(『男たちの大和/YAMATO』)
特撮監督: 佛田洋(『仮面ライダー』シリーズ)
怪獣造形: 若狭新一(『平成ゴジラ』シリーズ)
企画・配給: 松竹、東映
制作スケジュール: 撮影① 2020年3月10日~3月末/撮影② 2021年1月末~3月上旬
 
© 2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会
 
2022年2月4日(金) 全国公開!
 
【写真】映画『大怪獣のあとしまつ』ウルトラプレミアイベント 舞台挨拶 (山田涼介「引っ越しのダンボール」)
 
公式Twitter: @daikaijyu_movie
公式Instagram: @daikaijyu_movie
 

映画『大怪獣のあとしまつ』公開初日舞台挨拶 レポート

映画『大怪獣のあとしまつ』ウルトラプレミアイベント レポート

この記事の著者

來住 果林ライター/レポーター

2002年生まれ、シネマティーンズ所属。
好きな映画のジャンルは、ヒューマンドラマ、ラブロマンス、コメディ、アニメなど。
特に、幼い頃に鑑賞した『魔法にかけられて』(2007年)、『パコと魔法の絵本』(2008年)は今でも思い出深い作品。
コアなファンが求めている情報をお届けすることをモットーに活動にしている。

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る