第18回 東京フィルメックス/TOKYO FILMeX 2017 ラインナップ発表!

第17回 東京フィルメックス / TOKYO FILMeX 2016

第18回 東京フィルメックス/TOKYO FILMeX 2017 ラインナップ発表!

10月5日(木)、第18回東京フィルメックス(TOKYO FILMeX 2017)のラインナップ発表記者会見がアンスティチュ・フランセ東京で実施され、各部門のラインナップが発表された。

今年の「コンペティション部門」では、世界的に大きな注目を集めるアジアから才能ある新鋭フィルムメーカーたちが2016年から2017年にかけて製作した作品から選りすぐりの9作品が選出。審査員には、審査委員長としてドキュメンタリー映画の鬼才・原一男監督、映画プロデューサーの國實瑞惠氏、韓国から富川国際ファンタスティック映画祭チーフプログラマーのエレン・キム氏、ドイツからアルセナール芸術監督のミレーナ・グレゴール氏、香港から映画評論家クラレンス・ツィ氏の5名を迎え、最優秀作品賞と審査員特別賞を選び、11月26日に行われる授賞式で発表する。

今回の東京フィルメックスでは、映画の最先端を切り拓いてゆく気鋭の監督たちのとびきりの新作を集めた「特別招待作品」(8作品)。デジタルリマスターなど技術の革新によって現代に甦った過去の名作を上映する「特別招待作品 フィルメックス・クラシック」(2作品)。『キャット・ピープル』(1942年)や『過去を逃れて』(1947年)を手がけ、今年が没後40年にあたる映画監督ジャック・ターナーの特集上映(2作品)。親子での映画鑑賞や聴覚障がい者向けの日本語字幕付き鑑賞会などを行う「映画の時間プラス」(4作品)がプログラムされている。

オープニング作品はシルヴィア・チャン監督・主演の『相愛相親』(Love Education / 相愛相親)、クロージング作品は昨年7月に逝去されたアッバス・キアロスタミ監督の遺作『24フレーム』(24 Frames)の上映を予定。

第18回東京フィルメックスは、2017年11月18日~11月26日の9日間、有楽町朝日ホール(有楽町マリオン)、TOHOシネマズ 日劇ほかで開催される。

コンペティション部門(9作品)

『馬を放つ』
Centaur / キルギスタン、フランス、ドイツ、オランダ、日本 / 2017 / 89分
監督: アクタン・ アリム・クバト (Aktan ARYM KUBAT)
配給: ビターズ・エンド
 
『見えるもの、見えざるもの』
The Seen and Unseen/ インドネシア、オランダ、オーストラリア、カタール / 2017 / 86分 /
監督: カミラ・アンディニ (Kamila ANDINI)
 
『殺人者マルリナ』
Marlina the Murderer in Four Acts / インドネシア、 フランス、マレーシア、タイ / 2017 / 95分
監督: モーリー・スリヤ (Mouly SURYA)
 
『暗きは夜』
Dark is the Night / フィリピン / 2017 / 107分
監督: アドルフォ・アリックスJr (Adolfo ALIX Jr.)
 
『ジョニーは行方不明』
Missing Johnny / 強尼・凱克 / 台湾 / 2017 / 105分
監督: ホァン・シー (HUANG Xi)
 
『とんぼの眼』
Dragonfly Eyes / 蜻蛉之眼 / 中国 / 2017 / 82分
監督: シュー・ビン (XU Bing)
 
『シャーマンの村』
Immortals in the Village / 跳大神 / 中国 / 2017 / 109分
監督: ユー・グァンイー (YU Guangyi)
 
『氷の下』
The Conformist / 氷之下 / 中国 / 2017 / 126分
監督: ツァイ・シャンジュン (CAI Shangjun)
 
『泳ぎすぎた夜』
The Night I Swam / 日本、フランス / 2017 / 79分
監督: 五十嵐耕平、ダミアン・マニヴェル (IGARASHI Kohei, Damien MANIVEL)
配給: コピアポア・フィルム、NOBO
 

★コンペティション審査員

原 一男 (HARA Kazuo 審査委員長: 日本 / 映画監督)
國實 瑞惠 (KUNIZANE Mizue / 日本 / プロデューサー)
エレン・キム (Ellen Y. D. KIM / 韓国 / 映画祭プログラマー、映画プロデューサー)
ミレーナ・グレゴール (Milena GREGOR /ドイツ / アルセナール芸術監督)
クラレンス・ツィ (Clarence TSUI / 香港 / 映画評論家)

特別招待作品(8作品)

☆オープニング作品『相愛相親』
Love Education / 相愛相親 / 中国、台湾 / 2017 / 120分
監督: シルヴィア・チャン (Sylvia CHANG)
 
☆クロージング作品『24 フレーム』
24 Frames / イラン、フランス / 2016 / 114分
監督: アッバス・キアロスタミ (Abbas KIAROSTAMI)
 
『時はどこへ?』
Where Has Time Gone? / ブラジル、ロシア、インド、南アフリカ、中国 / 2017 / 111分
監督: ウォルター・サレス、アレクセイ・フェドルチェンコ、マドハル・バンダルカル、 ジャーミル・X・T・クベカ、ジャ・ジャンクー (Walter SALLES, Aleksey FEDORCHENKO, Madhur BHANDARKAR, Jahmil X.T. QUBEKA, JIA Zhang-ke)
 
『サムイの歌』
Samui Song / Mai Mee Samui Samrab Ter / タイ、ドイツ、ノルウェー / 2017 / 108分
監督: ペンエーグ・ラッタナルアーン (Pen-Ek RATANARUANG)
 
『天使は白をまとう』
Angels Wear White / 嘉年華 / 中国 / 2017 / 10 分
監督: ヴィヴィアン・チュウ (Vivian QU)
 
『ファンさん』
Mrs. Fang / 香港、フランス、ドイツ / 2017 / 87分
監督: ワン・ビン (WANG Bing)
 
『ニッポン国 VS 泉南石綿村』
Sennan Asbestos Disaster / 日本 / 2017 / 215分
監督: 原一男 (HARA Kazuo)
製作・配給: 疾走プロダクション 配給協力: 太秦
 
『東京ヴァンパイアホテル 映画版』
TOKYO VAMPIRE HOTEL / 日本 / 2017 / 142分
監督: 園子温 (SONO Sion)
製作: 日活

特別招待作品 フィルメックス・クラシック(2作品)

『モアナ(サウンド版)』
Moana with Sound / アメリカ / 1926, 1980 / 98分
監督: ロバート・J・フラハティ、フランシ ス・H・フラハティ、モニカ・フラハティ (Robert J. FLAHERTY, Frances Hubbard FLAHERTY, Monica FLAHERTY)
配給: グループ現代
 
『山中傳奇(さんちゅうでんき)』
Legend of the Mountain / 山中傳奇 / 台湾 / 1979 / 191分
監督: キン・フー (King HU)

特集上映 ジャック・ターナー(2作品)

『私はゾンビと歩いた!』
I walked with a Zombie / Vandou / アメリカ / 1943 年 / 68分
 
『夕暮れのとき』
Nightfall / アメリカ / 1956年 / 80分
 

 

第18回 東京フィルメックス / TOKYO FILMeX 2017 開催概要

開催期間: 2017年11月18日(土) ~ 11月26日(日) (全9日間)
 
会場: 有楽町朝日ホール(有楽町マリオン)(メイン会場:11/19(日)〜11/26(日))
TOHOシネマズ 日劇(オープニング[日劇1]、レイトショー会場[日劇3]:11/18(土)〜11/26(日))
[共催企画 Talents Tokyo 2017] 有楽町朝日スクエア
 
作品数 :
東京フィルメックス・コンペティション ・・・・・・・・・  9作品
特別招待作品 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  8作品
特別招待作品フィルメックス・クラシック ・・・・・・・  2作品
特集上映 ジャック・ターナー ・・・・・・・・・・・・・・・・・  2作品
映画の時間プラス ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  4作品
全25品 ※予定(10/5現在)
 
主催: 特定非営利活動法人東京フィルメックス実行委員会
 
共催: 朝日新聞社、J-WAVE、テレビ朝日
[共催企画Talents Tokyo 2017] 東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、国際交流基金アジアセンター、タレンツ・トーキョー実行委員会(東京フィルメックス)
[共催企画 Talents Tokyo 2017 提携] ベルリナーレ・タレンツ(ベルリン国際映画祭)
 
助成: 芸術文化振興基金、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
特別協賛: DMM.com、アサヒ飲料
協賛: アニエスベー、エールフランス航空、関東製畳、大韓航空、バンダイビジュアル
補助: JKA、コンテンツグローバル需要創出基盤整備事業費補助金(J-LOP4)
特別協力: 国連広報センター、Festival Scope
協力: アテネ・フランセ文化センター、インターソース、オフィス北野、cut、ディスクガレージ、東京学生映画祭、TOHOシネマズ、六郎工房
[共催企画 Talents Tokyo 2017 協力] ゲーテ・インスティトゥート/東京ドイツ文化センター
 
◎チケット情報: http://filmex.net/2017/ticket
◎スケジュール: http://filmex.net/2017/schedule

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る