映画『mid90s ミッドナインティーズ』

【画像】映画『mid90s ミッドナインティーズ』場面カット

映画『mid90s ミッドナインティーズ』

90年代への愛と夢が詰まった青春映画がいよいよ日本上陸!

2度のオスカーノミネートを果たし、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013年)、『マネーボール』(2011年)、『21 ジャンプストリート』(2012年)などの出演でも人気の俳優ジョナ・ヒルが初監督を手掛けた映画『mid90s ミッドナインティーズ』が9月4日(金)新宿ピカデリー、 渋谷ホワイトシネクイント、グランドシネマサンシャインほか全国ロードショーとなる。

【画像】映画『mid90s ミッドナインティーズ』場面カット

本作は1990年代のロサンゼルスを舞台にシングルマザー家庭に育った13歳の少年スティーヴィー(サニー・スリッチ)が、スケートボードを通してかけがえのない仲間達と出会い、子供から大人への扉を開いていく、ジョナ・ヒル自身の半自伝的な10代の想い出をもとに珠玉の⻘春映画へと作り上げられたストーリー。

ライフスタイルがデジタル化される最後の時代――。1990年代のあの頃を背景に、懐かしくて新しい⻘春映画のマスターピースがいよいよ日本に上陸する!

タッグを組んだのは、日本での『ミッドサマー』(2019年)の大ヒットも記憶に新しく、『レディ・バ ード』(2017年)、『ムーンライト』(2016年)などアカデミー賞の候補作を続々と送り出すなど、世界中の映画好きから注目の的となっている気鋭の映画スタジオA24。

懐かしくて新しい90年代への愛情と夢をたっぷりに描いた10代の少年たちの成⻑物語はあらゆる世代の共感を呼び、ナショナル・ボード・オブ・レビューのトップ10インディペンデント映画にも選出。全米4館からスタートしたにも関わらず、1,200スクリーン超まで拡大するスマッシュヒットを記録している。

ジョナ・ヒル自身が子供時代を過ごし、タイトルにもなっている、本作の象徴的なキーワード“1990年代”の雰囲気と感覚を再現するため全編16mmフィルムにこだわって撮影されていることも魅力の一つ。スーパー・ファミコンやカセットテープ、ストリート・ファイターなど1990年代を象徴するような懐かしいアイテムが盛り沢山で、劇中に登場するなどのお楽しみも!

音楽はナイン・インチ・ネイルズのフロントマン、トレント・レズナーが手掛けるほか、ニルヴァーナ、ピクシーズ、モリッシー、シール、ファーサイド、ウータン・クラン、ア・トラ イブ・コールド・クエストなど当時のヒット曲で彩られている。

『40歳の童貞男』(2005年)などのジャド・アパトー作品でキャリアを積み、アメリカを代表する大人気コメディ俳優となったジョナ・ヒル。『マネーボール』(2011年)でブラッド・ピット演じる主人公の右腕を演じアカデミー賞助演男優賞にノミネート、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013年)ではレオナルド・ディカプリオとのコンビが高く評価され、いまや不動の実力派人気俳優となった彼の初監督作となる本作は、子供と大人の中間で悩む誰もが共感必至の⻘春ストーリー。ティザービジュアルでは「たちあがれ、何度でも」という力強いメッセージとともに、不安と希望を胸に未来に立ち向かうように佇む主人公スティーヴィーが描かれる。

そんなスティーヴィーを演じるのは、『ルイスと不思議の時計』(2018年)、『聖なる鹿殺し』(2017年)のサニー・スリッチ。母親ダブニー役に『ファンタスティック・ビースト』シリーズのキャサリン・ウォーターストン、兄のイアンに『ある少年の告白』(2018年)、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(2016年)のルーカス・ヘッジズと脇には人気・実力を兼ね備えた俳優陣が揃う。

公開された予告映像は、憧れのCDやファッションが詰まった兄の部屋にこっそりと入るスティーヴィーの様子から始まる。彼にとって憧れの絶対的存在は兄だった。しかし、スケートボードを通して“憧れの年上の友人”や“心許せる仲間”に出会い、少しずつ自分にとって大切な世界を増やしていく。そのことで起こる家族との衝突や、傷つく姿をさらけだすことで出会う本当の友情など、誰もが経験する<⻘春>という魔法の季節を鮮やかに映している。

まるでビデオテープを巻き戻すような、独特の“キュルキュル”とひずんだ音から始まる懐かしい響きも必聴だ!

【画像】映画『mid90s ミッドナインティーズ』場面カット

初めて女の子と家デートしてはにかんだり、兄の部屋でこっそりCDウォークマンを借りたり、放課後仲間と集まってスケートに夢中になったり。反抗しながらも離れられないスティヴィーの、兄と一緒にゲームをする姿や放課後、同級生たちと一緒にスケートボードに夢中になっている様子など、いずれもジョナ・ヒル監督が愛してやまない、1990年代真っ只中の(mid90s)LAでの10代ならではかけがえのないリアルな⻘春の空気とカルチャーを切り取った場面写真も解禁されている。

【画像】映画『mid90s ミッドナインティーズ』場面カット

海外の映画評

ジョナ・ヒルの監督デビュー作は、90年代のLAに連れ戻してくれる。最高に魅力的!

Rolling Stone

間違いなく、今年のナンバー1! 

VICE

ジョナ・ヒルによる『レディ・バード』!
監督自身の青春と才能から生まれた宝石。

Reporter

今年最高の映画の一つ。みんな観に行って!

アダム・レヴィーン(maroon 5)

国内でもたくさんのコメントが!

すごく面白かった!
ガキの頃の日常や友達との関係性やら思い出してニヤニヤしたりツーンときたりした。

石野卓球(DJ・プロデューサー)

90’sには、音楽と人とカルチャーが交わる場があった。
こんな豊かな“公園”映画は観たことない、大傑作!

入江 悠(映画監督)

手に入れるしかない。誰かが、こんなもんか。と言ったとしても。
欲望に忠実に生きてみる。
まず、自分で確かめるのだ。自分の足で地団駄を踏みながら、どこへ行くにも、何をするにも。
その後にどんな景色が待ってるのか。そんなの誰にもわからない。
憧れたもの以上になれるか、なんて俺が決める。

玉城ティナ(女優)

リアルな90年代を描いた少年たちの青春ドキュメンタリー。
サニー・スリッチの才能に驚嘆!

篠原ともえ(デザイナー/アーティスト)

何者でもないのに、どんな者にもなれる。
そんな現実と夢の間で蜃気楼のように揺らめく、
青春という名の時間に生きる若者たち。彼らの表情や息遣いのすべてが愛おしい。
『mid 90s』は間違いなく最も美しい青春映画のひとつです。

野宮真貴(歌手・エッセイスト)

美しさと恥ずかしさと淋しさが同居する、青春のマジックアワーの様な瞬間が『mid90s』には封じ込められている。恐るべしA24。

伊賀大介(スタイリスト)

バカで、ピュアで、リアル。もっと彼らの青春を観ていたかった。
サニー・スリッチかわいすぎ(笑)。

窪塚洋介(俳優・アーティスト)

監督の実体験的ストーリー、16ミリフィルムの質感、90’sカルチャーの懐かしさに終始高揚した。
特にThePharcydeの“Passin’MeBy”であの頃の空気や記憶が一気に蘇った。

SILENTPOETS/下田法晴(ミュージシャン)

もう戻れないあの頃に、帰れた気がした。不自由な自由って、最高だったんだ。

SYO(映画ライター)

映画『mid90s ミッドナインティーズ』本編映像 (LA夕焼けスケートシーン)

映画作品情報

【画像】映画『mid90s』ポスタービジュアル

《ストーリー》

1990年代半ばのロサンゼルス。13歳のスティーヴィーは兄のイアン、⺟のダブニーと暮らしている。⼩柄なスティーヴィーは⼒の強い兄に全く⻭が⽴たず、早く⼤きくなって彼を⾒返してやりたいと願っていた。そんなある⽇、街のスケートボード・ショップを訪れたスティーヴィーは、店に出⼊りする少年たちと知り合う。彼らは驚くほど⾃由でかっこよく、スティーヴィーは憧れのような気持ちで、そのグループに近付こうとするが…。

 
出演者: サニー・スリッチ、キャサリン・ウォーターストン、ルーカス・ヘッジズ、ナケル・スミス
 
監督・脚本: ジョナ・ヒル
製作総指揮: スコット・ロバートソン、アレックス G・スコット
製作: イーライ・ブッシュ
音楽: トレント・レズナー、アッティカス・ロス
 
2018年 / アメリカ / 英語 / 85分 / スタンダード / カラー / 5.1ch / PG12 / 日本語字幕:岩辺いずみ
 
提供: トランスフォーマー、Filmarks
配給: トランスフォーマー
 
© 2018 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.
 
2020年9月4日(金) 新宿ピカデリー、渋谷ホワイトシネクイント、 グランドシネマサンシャインほか全国ロードショー!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @mid90s_jp
公式Instagram: @mid90s_jp

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る