映画『彼女が好きなものは』草野翔吾監督 インタビュー
【写真】映画『彼女が好きなものは』草野翔吾監督 インタビュー

【画像】映画『彼女が好きなものは』ロゴ

草野翔吾監督 インタビュー

ヒロインを演じた山田杏奈は“自然体”なところが魅力

浅原ナオトの小説「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」(角川文庫刊)が映画化!“ゲイ”であることを隠す主人公と“BL好き”であることを隠すヒロインという、交わるはずのなかった二人の出会いから始まる青春映画『彼女が好きなものは』が12月3日(金)に公開される。 

【画像】映画『彼女が好きなものは』メインカット

主人公・安藤純を演じたのは映画『樹海村』(2021年)、『裏アカ』(2021年)に出演、また待機作に『親密な他人』(W主演/2022年春公開予定)、『20歳のソウル』(主演/2022年初夏公開予定)がある神尾楓珠

ヒロインの三浦紗枝を、映画『ジオラマボーイ・パノラマガール』(W主演/2020年)、『名も無き世界のエンドロール』(2021年)、『樹海村』(W主演/2021年)、『ひらいて』(主演/2021年10月22日公開)などに出演する山田杏奈が演じる。

ほか共演には、前田旺志郎三浦獠太池田朱那今井翼渡辺大知三浦透子山口紗弥加磯村勇斗ら実力派キャストが顔を揃える。

【画像】映画『彼女が好きなものは』場面カットC

映画『にがくてあまい』(2016年)や『世界でいちばん長い写真』(2018年)を手掛け、青春の描写に定評のある草野翔吾監督に、今年芸能界デビュー10周年を迎え、数々の話題作に立て続けに出演する注目の女優・山田杏奈の魅力についてインタビュー!

紗枝役・山田杏奈の“生活してる感”がもたらす親近感とリアリティ

―― 紗枝役・山田杏奈さんのキャスティングについて、完成披露試写会 舞台挨拶で「会った瞬間に紗枝そのものだと思った」とおっしゃっていましたが、なぜそう思ったのでしょうか?

少し変な言い方かもしれませんが、女優ぶっている感じが全然なく、すごく自然体な方だなと思いました。あと、話していると、やわらかい感じがありつつも根っこのほうに知的さを感じる瞬間があって、そういうところに紗枝っぽさを感じたというのはありますね。

山田さんはすごく“考えている”方なんだろうと思いますが、その感じを出してくるという訳でもなく、人と接する部分に関してはすごくやわらかくて。“生きている感じ”、“生活している感じ”がすごくするなと思います。“女優”である以前に“人”としてちゃんと生きていて、そこにちゃんと1本芯が通っている。

ちゃんと借り物ではない“自分の考え”があるというのは話しててすごく思うし、そういう自分の価値観みたいなものを、自分自身の生き方としてしっかり得ているというような…。そういったところが“親近感”のような感覚だったり、“リアリティ”っていうもの感じさせるのに繋がっているのではないかと思っていて。どういう役を演じていても作り物めいて見えない。やっぱりそこが女優としても人としても彼女の大きな魅力なのではないかと思いますね。

―― そんな山田杏奈さん演じる紗枝のシーンの中で、特におすすめのシーンはどこでしょうか?

やっぱりまず体育館のシーン。「嘘なくやってほしい」とだけ伝えて、撮影しました。あとは美術準備室で純から(実は“ゲイ”だという)告白を受けるシーンも…。

【画像】映画『彼女が好きなものは』場面カットF

アジアを代表する2つの国際映画祭に参加!!
草野翔吾監督がその心境や反響を語る

映画『彼女が好きなものは』は、2021年10月に第26回釜山国際映画祭(BIFF)Open Cinema部門でのワールドプレミア上映、翌11月には第34回東京国際映画祭(TIFF)Nippon Cinema Now部門にて上映され、それぞれ上映後のQ&A(ティーチイン)にも参加した草野監督にその時の心境や反響、また今後の展望についても話を聞いた。

映画祭出品は「率直に嬉しかった」

―― 第26回釜山国際映画祭(BIFF)第34回東京国際映画祭(TIFF)という2つの国際映画祭に作品が出品されましたが、その時の心境はいかがでしたか?

いわゆる“映画祭向けの映画”みたいなものを僕は作ってきていないと思っていて。今“映画祭ウケする映画”と“一般劇場でお客さんに受け入れてもらう映画”っていうのが残念ながら分かれてしまっているような気がするのですが、僕はやっぱり“お客さんに観てもらいたい”っていう思いから始めているので…。なので映画祭っていうものはあまり意識せずにやっていたのですが、それでもこうやって今回の作品を呼んでくださる映画祭があったということが率直に嬉しかったです。

【写真】映画『彼女が好きなものは』草野翔吾監督 インタビュー

―― 両方の映画祭でQ&Aにご登壇されていますが、韓国と日本で観客の反応に違いはありましたか?

全体としてそこまで大きな違いはありませんでしたが、どちらかといえば釜山国際映画祭のほうが神尾君や山田さんだったり、俳優陣についての質問が多めの印象はありました。「この作品で描かれている学校の雰囲気は、今の日本においてどれくらい現実なのか」といった海外ならではの質問も出たりしていましたね。あとクラスでディスカッションをするシーンについて「どう撮ったのか」「どういう意図があったのか」のような質問は、両方の映画祭で多く出ていました。

また「笑えた」とか「爽やかな映画だった」みたいな感想を結構聞けて、それはすごく嬉しかったです。ただ“重たい映画”として受け止められてしまうのではないかとも思っていたので、安心しました。

 

―― やはりその“ディスカッションのシーン”は、中でもこだわったシーンということになるのでしょうか?

そこももちろんそうですが、もう“とにかく良いものにしなければ”と思っていたのは特に体育館のシーンですかね。山田さん演じる紗枝が一世一代で思い切った行動に出て…。最後の最後、クライマックスのシーンになるので「突き刺さるものを作ろう」と撮っていました。

【写真】映画『彼女が好きなものは』草野翔吾監督 インタビュー

今後挑戦したいのは“社会に接するテーマ”ד音楽”の映画

―― 最後に、草野監督の今後の展望について教えてください。どのような作品にチャレンジしたいですか?

社会と接するテーマや問題意識を持った作品を、硬くなく、重くなく、ちゃんとエンターテイメントとして作るような作品に携わりたいなっていう気持ちがこの映画を撮って芽生えました。

例えばケン・ローチ監督にはすごく憧れます。ものすごく長いキャリアの中でなんかどんどん映画が優しさを持っているきているというか、でも根本の問題意識みたいなものは変わらず骨太だし。やっぱりそういうものにすごく憧れるというか、作りたいなって思います。

あとは僕は学生時代からずっと音楽映画を作ってみたくて。この両方が一緒にできたら最高です。

[インタビュー: 美坂 英里 / スチール撮影: 持田 薫]

プロフィール

草野 翔吾 (Shogo Kusano)

1984年生まれ。群馬県出身。早稲田大学社会科学部在学中に長編監督映画が一般劇場で上映され、自らの故郷を舞台にしたオリジナル脚本の長編映画『からっぽ』(2012年)が国内外の映画祭に選出。その後人気漫画原作の劇場版『にがくてあまい』(2016年)を監督、そして誉田哲也原作の映画『世界でいちばん長い写真』(2018年)、では脚本・監督を務め、青春映画として秀作を生み出した。連続ドラマ「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」(2019年/TX)、「レンタルなんもしない人」(2020年/TX)のメイン監督も手掛け、現在ドラマ「消えた初恋」(2021年/EX)も監督中。青春の描写に定評のある今注目の監督である。

【写真】草野翔吾監督 (Shogo Kusano)

映画『彼女が好きなものは』予告篇🎞

映画作品情報

【画像】映画『彼女が好きなものは』ポスター

《ストーリー》

⾼校⽣の安藤純(神尾楓珠)は⾃分がゲイであることを隠している。 ある日、書店でクラスメイトの三浦紗枝(山田杏奈)が、男性同⼠の恋愛をテーマとした、いわゆるBLマンガを購⼊しているところに遭遇。 BL好きを隠している紗枝から「誰にも⾔わないで」と口止めされ、そこから2人は急接近。しばらしくて、純は紗枝から告白される。「⾃分も“ふつう”に⼥性と付き合い、“ふつう”の人生を歩めるのではないか?」。 一縷の望みをかけ、純は紗枝の告⽩を受け⼊れ、付き合うことになったのだが・・・。

 
第26回釜山国際映画祭(BIFF) Open Cinema部門 出品作品
第34回東京国際映画祭(TIFF) Nippon Cinema Now部門 出品作品
 
出演: 神尾楓珠、山田杏奈、前田旺志郎、三浦獠太、池田朱那、渡辺大知、三浦透子、磯村勇斗、山口紗弥加/今井翼
 
監督・脚本: 草野翔吾
 
原作: 浅原ナオト「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」(角川文庫刊)
 
エグゼクティブプロデューサー: 成 宏基
プロデューサー: 前原美野里、宮本 綾
ラインプロデューサー: 小泉 朋
音楽: ゲイリー芦屋
撮影: 月永雄太
照明: 藤井 勇
美術: 安宅紀史
録音: 齋藤泰陽
装飾: 山本直輝
スタイリスト: SAKAI
ヘアメイク: 寺沢ルミ
編集: 浦部直弘
助監督: 杉岡知哉
制作担当: 狭間聡司
スチール: 柴崎まどか
宣伝デザイン: 大寿美トモエ
宣伝プロデューサー: 小口心平
企画協力: KADOKAWA
企画・制作・プロデュース: アニモプロデュース
配給: バンダイナムコアーツ、アニモプロデュース
製作: 「彼女が好きなものは」製作委員会(バンダイナムコアーツ、アニモプロデュース、ベンチャーバンクエンターテインメント、カラーバード、ハーク、Filmarks、ムラタピクチャーズ)
 
2021年 / 日本 / 121分 / アメリカンビスタ / 5.1ch / カラー / デジタル
 
© 2021「彼女が好きなものは」製作委員会 
 
2021年12月3日(金) 
TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter:@kanosuki2021
公式Instagram:@kanosuki2021
公式ハッシュタグ:#彼女が好きなものは / #カノスキ
 

映画『彼女が好きなものは』山田杏奈 インタビュー

第26回 釜山国際映画祭(BIFF) Open Cinema部門『彼女が好きなものは』Q&A レポート

映画『彼女が好きなものは』完成披露試写会 舞台挨拶 レポート

第34回 東京国際映画祭(TIFF) Nippon Cinema Now部門『彼女が好きなものは』Q&A レポート

映画『彼女が好きなものは』先行上映イベント 舞台挨拶 レポート

映画『彼女が好きなものは』公開初日舞台挨拶 レポート

映画『彼女が好きなものは』公開御礼トークイベントレポート

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る