映画『彼女が好きなものは』公開初日舞台挨拶 レポート
【写真】映画『彼女が好きなものは』公開初日舞台挨拶 (神尾楓珠、山田杏奈、三浦獠太、草野翔吾監督)

【画像】映画『彼女が好きなものは』ロゴ

㊗公開初日舞台挨拶

仲良しトーク炸裂の舞台挨拶!!
三浦獠太は山田杏奈の小悪魔エピソードを披露!?

実は“BL好き”の腐女子高校生が好きになった相手は、実は“ゲイ”で妻子持ちの年上男性と交際している男子高校生だった―。交わるはずのなかった二人の出会いから始まる青春映画『彼女が好きなものは』が本日12月3日(金)より公開される。

【画像】映画『彼女が好きなものは』メインカット

12月3日(金)、公開初日舞台挨拶が開催され、主人公・安藤純を演じる神尾楓珠、ヒロイン・三浦紗枝役の山田杏奈、2人のクラスメイト・小野雄介役の三浦獠太、そして草野翔吾監督が上映後の舞台挨拶に登壇。

キャスト陣がお互いの印象について語り、多くの撮影エピソードが披露された。さらには直接舞台挨拶に参加することが叶わなかった、純がネット上でやり取りをする“ゲイ”の友人・Mr.ファーレンハイト役の磯村勇斗と、妻子を持ちながらも純と交際する男性・佐々木誠役の今井翼からビデオメッセージも到着した。

共演者がお互いの第一印象を語る‼

山田と神尾はお互いの印象について聞かれると、まず神尾は「共演は3回目ですが、今回が今までで1番しっかりと掛け合いをする役柄でした。今まで2人で芝居することはあまりなかったので、新鮮な感覚でしたね」とコメント。

【写真】映画『彼女が好きなものは』公開初日舞台挨拶 (神尾楓珠)

続けて山田は「(共演)回数を重ねた安心感みたいなものはありました。今回は神尾さんがずっと“純”として現場にいらっしゃったので、私も“紗枝”として一緒にお芝居をさせてもらって。すごく楽しかったし、ずっと引っ張ってもらっていました」と神尾を賞賛した。

【写真】映画『彼女が好きなものは』公開初日舞台挨拶 (神山田杏奈)

映画初出演となった三浦は、神尾と山田との共演について「神尾さんは、最初に会った時はすごく怖い人かと思ったのですが、実はすごく明るくて。今は“ふうちゃん”と呼ばせてもらう仲になりました。杏奈ちゃんは、僕の方が年上だけど、先輩感がすごかったです。大物みたいなオーラがあって、ふうちゃん同様最初は話しかけにくかったですね」と語り、さらに「僕は手が小さいのですが、それで杏奈ちゃんが『同じくらいだ』と手を合わせてくれて。その時もうドッキドキで『手が、手が…』みたいに思っていました(笑)」と当時の心境を暴露したが、山田は「全然覚えてない(笑)」と反応し会場は笑いに包まれた。

【写真】映画『彼女が好きなものは』公開初日舞台挨拶 (三浦獠太)

山田は三浦について「撮影中も獠太くんはすごく一生懸命で。今回映画の現場が初めてだったからか、日々緊張しているという印象でした。でもこの前取材で久しぶりに会ったら違う人が来たのかと思っちゃった」と撮影時との印象の違いを語った。

【写真】映画『彼女が好きなものは』公開初日舞台挨拶 (神山田杏奈)

現場での三浦の印象について問われた神尾は「今ドラマで共演していますが、その時はすごくテンションが高くてずっと喋っています。でもこの作品の時は初めてで緊張していたのか、掴めなかったです。変な人だなとは思っていましたが」とコメント。最後に神尾は「今は親友です」と仲の良さをアピールした。

磯村勇斗と今井翼からはビデオメッセージが到着?

また本日は、直接舞台挨拶に来られなかったMr.ファーレンハイト役の磯村勇斗、佐々木誠役の今井翼からビデオメッセージが到着。

磯村は「無事にこの映画が公開されるということで嬉しく思います。以前草野監督と『レンタルなんもしない人』(2020年/TX)というドラマでご一緒させてもらい、そこから草野監督の演出含め、作品に対する愛や俳優との寄り添い方というところに僕はすごく惚れてしまいました。この作品では、僕は横顔や後ろ姿しか映らない役で、声だけでのお芝居は本当に難しかったのですが、監督とお話してこだわって作りました。また、この作品は特に若い世代に届いてほしいです。映画の中の純と紗枝という2人の美しい世界が、現実の世界でも続いていけばいいなと思います。暖かくも美しく、色々と感じることができる作品になっているので、たくさんの人に観ていただきたいです」とメッセージを届けた。

【画像】映画『彼女が好きなものは』場面カットC

今井は「僕は男性同士の恋愛関係を描くのは初めての経験でしたが、神尾くんのしっかりとしたリード力のおかげで、僕も包容力を大切にしながら演じることができました。僕自身もこの作品を通して同性愛をより理解することの大切さを感じました。この映画を観て、気に入ってくださった方はぜひ周りの方々におすすめしていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします」と語りかけた。

【画像】映画『彼女が好きなものは』場面カットB

磯村の印象について草野監督は「この映画の撮影直前にドラマでご一緒した時にたくさんお話しして、磯村くんのお芝居に対する姿勢が大好きになりました。とても大事な役だけど顔が映らない。すごく難しいお芝居を要求される役柄に本当に真摯に向き合ってくれました。磯村くんに出てもらえてよかったなと思いましたし、メッセージの中で言っていた『草野監督の演出に惚れた』というコメント、ぜひ(記事に)書いてください(笑)。すごく嬉しかったです」と磯村を賞賛。

今井との共演について神尾は「僕も男性同士の愛を描くのは初めての経験でした。初めて一緒に撮影した時から、“誠さん”という認識しかできなくて。包み込むような優しさが、表情や話し方、声からあふれ出ていました。僕としては“今井さん”というより“誠さん”という感じです。そのおかげで僕もすんなり役に入れたなと思います」と今井への感謝を示した。

【写真】映画『彼女が好きなものは』公開初日舞台挨拶 (神尾楓珠)

山田杏奈が印象に残っているのは“ペンギンアフレコシーン”
前田旺志郎の三浦獠太イジリエピソードも披露‼

続いて印象に残ったシーンについて聞かれると、神尾は病室のシーンを挙げて「演じる上で1番大事にしたのは、お母さんとのシーンです。純が人生でずっと貯めていたもの、感情を唯一爆発させるシーンで。純にとって人生で初めての経験なので大切にしたいと思いました」とコメント。

【写真】映画『彼女が好きなものは』公開初日舞台挨拶 (神尾楓珠)

次に山田は「サンシャイン水族館で、(三浦透子演じる)奈緒さんとペンギンを見ながらアフレコをするシーンですね。台本を読んだ時は“どうやってやるんだろう”と思ったのですが、実際にやってみたら意外とノリノリで。紗枝の好きなものについて話すときの楽しそうな感じを出せたらいいなと思って、自分自身も楽しみながら演じました」と語った。

【写真】映画『彼女が好きなものは』公開初日舞台挨拶 (神山田杏奈)

三浦は「初日に撮ったシーンは忘れられないですね。とても緊張していてガチガチだったので何回もNGを出してしまって。前田旺志郎(高岡亮平役)には未だにいじられます。これを胸に刻んで今後頑張っていきたいですね!」と生涯忘れられないというエピソードを笑顔で披露した。

【写真】映画『彼女が好きなものは』公開初日舞台挨拶 (三浦獠太)

最後に主演・神尾楓珠と草野監督からメッセージ✉

神尾は「この作品を観て色々と感じてもらえたと思います。この作品としても、僕たちとしても伝えたいことがあって。何を感じるかは、人それぞれで何が正解とかはないので、この映画を観て、感じて、考えて。自分なりの正解を見つけてもらえれば嬉しいです」と挨拶。

【写真】映画『彼女が好きなものは』公開初日舞台挨拶 (神尾楓珠)

最後に草野監督は「映画を観た皆さんがどう思ったのか知りたいです。頭の中だけでも、SNSでも、映画が一人歩きしてくれたら良いですね。気に入ってもらえたら周りの人に勧めてもらえると嬉しいです」とコメント。最後には映画のロケ地でもあり、舞台挨拶の会場となった池袋について「もしよかったらこの後池袋を散歩して帰ってもらえると嬉しいな」と語りかけ、舞台挨拶は幕を閉じた。

【写真】映画『彼女が好きなものは』公開初日舞台挨拶 (草野翔吾監督)

[スチール撮影: 美坂 英里 / 記者: 來住 果林]

フォトギャラリー📸

スライドショーには JavaScript が必要です。

イベント情報

映画『彼女が好きなものは』公開初日舞台挨拶

■開催日:2021年12月3日(金)
■会場: TOHOシネマズ 池袋 スクリーン6
■登壇者: 神尾楓珠、山田杏奈、三浦獠太、草野翔吾監督
■MC: 奥浜レイラ

【写真】映画『彼女が好きなものは』公開記念舞台挨拶 (神尾楓珠、山田杏奈、三浦獠太、草野翔吾監督)

映画『彼女が好きなものは』予告篇🎞

映画作品情報

【画像】映画『彼女が好きなものは』ポスター

《ストーリー》

⾼校⽣の安藤純(神尾楓珠)は⾃分がゲイであることを隠している。 ある日、書店でクラスメイトの三浦紗枝(山田杏奈)が、男性同⼠の恋愛をテーマとした、いわゆるBLマンガを購⼊しているところに遭遇。 BL好きを隠している紗枝から「誰にも⾔わないで」と口止めされ、そこから2人は急接近。しばらしくて、純は紗枝から告白される。「⾃分も“ふつう”に⼥性と付き合い、“ふつう”の人生を歩めるのではないか?」。 一縷の望みをかけ、純は紗枝の告⽩を受け⼊れ、付き合うことになったのだが・・・。

 
第26回釜山国際映画祭(BIFF) Open Cinema部門 出品作品
第34回東京国際映画祭(TIFF) Nippon Cinema Now部門 出品作品
 
出演: 神尾楓珠、山田杏奈、前田旺志郎、三浦獠太、池田朱那、渡辺大知、三浦透子、磯村勇斗、山口紗弥加/今井翼
 
監督・脚本: 草野翔吾
 
原作: 浅原ナオト「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」(角川文庫刊)
 
エグゼクティブプロデューサー: 成 宏基
プロデューサー: 前原美野里、宮本 綾
ラインプロデューサー: 小泉 朋
音楽: ゲイリー芦屋
撮影: 月永雄太
照明: 藤井 勇
美術: 安宅紀史
録音: 齋藤泰陽
装飾: 山本直輝
スタイリスト: SAKAI
ヘアメイク: 寺沢ルミ
編集: 浦部直弘
助監督: 杉岡知哉
制作担当: 狭間聡司
スチール: 柴崎まどか
宣伝デザイン: 大寿美トモエ
宣伝プロデューサー: 小口心平
企画協力: KADOKAWA
企画・制作・プロデュース: アニモプロデュース
配給: バンダイナムコアーツ、アニモプロデュース
製作: 「彼女が好きなものは」製作委員会(バンダイナムコアーツ、アニモプロデュース、ベンチャーバンクエンターテインメント、カラーバード、ハーク、Filmarks、ムラタピクチャーズ)
 
2021年 / 日本 / 121分 / アメリカンビスタ / 5.1ch / カラー / デジタル
 
© 2021「彼女が好きなものは」製作委員会 
 
2021年12月3日(金)より
TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開中!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter:@kanosuki2021
公式Instagram:@kanosuki2021
公式ハッシュタグ:#彼女が好きなものは / #カノスキ
 

映画『彼女が好きなものは』山田杏奈 インタビュー

映画『彼女が好きなものは』草野翔吾監督 インタビュー

この記事の著者

Cinema Teens Online編集部

インタビューやイベントレポートなど、Cinema Art Onlineのティーンメンバーが10代の視点で情報発信しています❣ シネマティーンズ編集部メンバー(なお、ゆうみ、ゆな、さほ、さら、こずえ、あかね、あや、えり、かりん、Coco)

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る