映画『4月の君、スピカ。』完成披露上映会舞台挨拶レポート

【写真】映画『4月の君、スピカ。』完成披露上映会舞台挨拶 (福原遥、佐藤大樹、鈴木仁、井桁弘恵、大谷健太郎監督、FANTASTICS from EXILE TRIBE)

映画『4月の君、スピカ。』完成披露上映会舞台挨拶

佐藤大樹率いるFANTASTICS from EXILE TRIBE
主題歌「Believe in Love」をサプライズ生披露!!

小学館「Sho-Comi」にて連載され、累計発行部数120万部を突破した天文部を舞台に巻き起こる甘く切ない関係を描いた天体観測ロマンチック恋愛映画『4月の君、スピカ。』が4月5日(金)より全国公開される。

【画像】映画『4月の君、スピカ。』メインカット

3月29日(金)、ユナイテッド・シネマ豊洲で完成披露上映会が開催され、主演の福原遥、佐藤大樹に加え、鈴木仁、井桁弘恵、大谷健太郎監督が登壇! さらに、主題歌を担当したFANTASTICS from EXILE TRIBEがサプライズ出演! 主題歌「Believe in Love」を熱唱!LIVEパフォーマンスで会場を盛り上げた。

イベントレポート

日本で一番大きなスクリーンでの舞台挨拶。映画『4月の君、スピカ。』の主題歌「Believe in Love」が会場に流れると共に、福原遥、佐藤大樹、鈴木仁、井桁弘恵、大谷健太郎監督が登壇すると、会場からは大きな拍手と歓声が上がった。

【写真】映画『4月の君、スピカ。』完成披露上映会舞台挨拶 (福原遥、佐藤大樹、鈴木仁、井桁弘恵、大谷健太郎監督)

人生初のショートカットで挑んだ福原遥

本作の撮影に入るために髪をバッサリ切って人生初のショートカットで主人公・早乙女星さおとめせいを演じた福原は「主演のお知らせを聞いたときは、すごく嬉しかったのですが、その分不安も大きくて、初めの頃は大丈夫かなと心配もありました。しかし、顔合わせで監督やプロデューサー、キャストの皆さんと会った際、そのままの自然体でいいんだよと言ってくださって、そこからは楽しくみんなでやろうと思えました。髪もショートにしたタイミングだったので、切り替えることができ、すごく楽しく星ちゃんを演じることができました」と語った。

【写真】映画『4月の君、スピカ。』完成披露上映会舞台挨拶 (福原遥)

また、ちょっぴり意地悪で強引な学年トップの秀才・宇田川泰陽うだがわたいようを演じた佐藤との共演について聞かれた福原は「すごく明るく、本当に泰陽そのまま。現場をいつも盛り上げ、引っ張ってくれた」と答え、佐藤は「最高の褒め言葉です」と嬉しさをにじませた。

佐藤は「泰陽という役名がものすごく好きで、原作を今までの作品のなかで一番読み込んで、泰陽の仕草や醸し出すオーラをどうやったら出せるのか研究しました」と話し、「EXILEの楽曲『ただ会いたくて』のMVの監督が大谷監督ことケンケンで、運命を感じる出会いだなと感じました」と大谷監督とのご縁について明かした。

【写真】映画『4月の君、スピカ。』完成披露上映会舞台挨拶 (佐藤大樹)

また、福原について「遥ちゃんこそ泰陽です。ずっとニコニコしていて、現場のスタッフさんへの気遣いや周りの共演者にも真摯に向き合ってくれていました。そして何よりも芝居が上手です!一番近くでお芝居を観させて頂い感動しました」とコメントすると、福原は「引っ張ってくださり、私も感動しました」と返し、2人で褒め合い、和やかなムードになった。

【写真】映画『4月の君、スピカ。』完成披露上映会舞台挨拶 (福原遥、佐藤大樹)

天文好きで無口な好青年・大高深月おおたかみづき演じた鈴木は、自身の役づくりについて「泰陽と星と同い年でもお兄さん的な優しさがあることを意識しました。皆さんより年下の自分の性格は、深月ほどは落ち着いていませんが、泰陽よりは近いのかなと感じています」と分析した。

【写真】映画『4月の君、スピカ。』完成披露上映会舞台挨拶 (鈴木仁)

泰陽の元カノ・天川咲あまかわさきを演じた井桁は「心臓に病を抱えている役だったが、純粋に泰陽が好きという気持ちが最初から最後までブレないように演じました。4人でのシーンはなかなかありませんでしたが、待ち時間や撮影のない時は仲良くさせていただいて、遥ちゃんとは一緒に温泉に行ったり、女子トークしたりしました」とキャスト同士の仲のよさを語った。

【写真】映画『4月の君、スピカ。』完成披露上映会舞台挨拶 (井桁弘恵)

福原遥、鈴木仁はど天然!?

MCから「皆さんと共演されてみてどんな思い出がありますか?」と鈴木に対して質問があると、福原は自分に向けての質問だと勘違い。「私ですか?“福原さん”って聞こえた」と返すと、会場が笑いに包まれた。

鈴木に向けての質問であったが、福原は「仁君は、最初は落ち着いていて大人っぽいと思っていましたが、撮影に入るとお茶目な部分もたくさんありました」と鈴木の印象を話し始めた。その様子を隣で見ていた佐藤が「お気づきだと思うんですけど、天然が2人いるんです…」と暴露。福原と鈴木は「撮影中に使用した“鳥小屋みたいな”小屋の中で子供みたいに無邪気に遊んだ」と仲よく過ごしたことを明かした。

【写真】映画『4月の君、スピカ。』完成披露上映会舞台挨拶 (福原遥、鈴木仁)

FANTASTICS from EXILE TRIBEがサプライズ登場!

ここで、舞台挨拶の台本にはつまくるを体験するとなっていたが、キャストや監督をはじめ、観客にもサプライズで、主題歌を担当するFANTASTICS from EXILE TRIBE が登場!
FANTASTICSのメンバーでもある佐藤は「みんな!!」と声をかけ、メンバーを歓迎していた。観客からは会場を埋め尽くす、黄色い歓声が上がった。

佐藤が加わり、主題歌「Believe in Love」を完成披露上映会スペシャルバージョンで披露!会場全体を包み込む歌声とダンスパフォーマンスに観客が魅了されていた。

【写真】映画『4月の君、スピカ。』完成披露上映会舞台挨拶 (FANTASTICS from EXILE TRIBE)

パフォーマンス後、福原は「感動した。初めて聞いたときに素敵な曲だなと思い、ずっとリピートしていた。生で聴けるとは思ってなく、大樹くんの生のダンスも観れて本当に嬉しかったです。ありがとうございました」とコメントした。

佐藤は、「踊る格好ではないので、すごく疲れた。メンバーのスケジュールはほとんど把握しているが、このスケジュールは記載されていなかったので、すごいビックリしています」と話した。

また、FANTASTICS from EXILE TRIBEの瀬口黎弥せぐちれいやは本作に出演しており、会場からは「れいや!」と声が上がった。瀬口は「現場では大谷監督に演技のご指導をしていただいて、暖かいキャストの皆さんと一緒の作品に出られたことがありがたいです。皆さんと一緒に『人生ゲーム』で遊んだのが忘れられないです」と現場での思い出を語った。

【写真】映画『4月の君、スピカ。』完成披露上映会舞台挨拶 (FANTASTICS from EXILE TRIBE)

最後に、キャスト・監督からメッセージ

最後に、主演の福原は「女子高生ならではの繊細な気持ちを細かく描いた作品になっているので、恋がしたいだったり、大切な人に自分の思いを伝えなきゃと思ってもらえる作品だと思います。平成最後に『4月の君、スピカ。』を観てキュンキュンしたり、ときめいたりしていただければいいなと思います」

【写真】映画『4月の君、スピカ。』完成披露上映会舞台挨拶 (福原遥)

佐藤は「今、自分たちにしかできない表現の最大を全員が出しています。観た後に恋がしたくなったり、素敵な人を思ってもらえる映画になっているので、ぜひ自分の周りの大切な人と観て、初めて恋をしたときの淡い気持ちを思い出して頂ければと思います」

【写真】映画『4月の君、スピカ。』完成披露上映会舞台挨拶 (佐藤大樹)

鈴木は「恋愛だけでなく、人との出会いも描かれています。この映画を観てキュンキュンして下さい。(ひとりひとりが)泰陽派だったり、深月派だったり、いろいろあると思いますが、そういった話も広めて頂けたらと思います」

【写真】映画『4月の君、スピカ。』完成披露上映会舞台挨拶 (鈴木仁)

井桁は「私たち全員の思いがギュッと込められた大切な映画です。星をテーマにした映画でもあるので、帰り道にちょっと星空を見上げてみようかなという気持ちになったり、友情だったり恋愛だったり、いろんな感情をくみとっていただけたらなと思います」

【写真】映画『4月の君、スピカ。』完成披露上映会舞台挨拶 (井桁弘恵)

大谷監督は「4人の演技がいかにすごいか、傷ついたときや戸惑っているときの反応などこの映画はキャストの皆さんのリアクションに注目して観ていただきたいです。三角関係の繊細さだったり、複雑さだったり、キャストがどのようにリアクションしているかにすべてが詰まっています。この4人がいかに繊細に芝居しているか分かると思います。究極のリアクション映画です」と映画の見どころを語り、『4月の君、スピカ。』を盛り上げて頂きたいと観客へメッセージを贈り締めくくった。

【写真】映画『4月の君、スピカ。』完成披露上映会舞台挨拶 (大谷健太郎監督)

[スチール撮影: Cinema Art Online UK / 記者: 石井 紗良]

 

イベント情報

<映画『4月の君、スピカ。』完成披露上映会>

■開催日: 2019年3月29日(金)
■会場: ユナイテッド・シネマ豊洲 スクリーン10
■登壇者: 福原遥(早乙女星役)、佐藤大樹(宇田川泰陽役)、鈴木仁(大高深月役)、井桁弘恵(天川咲役)、大谷健太郎監督、FANTASTICS from EXILE TRIBE(サプライズゲスト)
■MC: 伊藤さとり

【写真】映画『4月の君、スピカ。』完成披露上映会舞台挨拶 (福原遥、佐藤大樹、鈴木仁、井桁弘恵、大谷健太郎監督、FANTASTICS from EXILE TRIBE)

映画『4月の君、スピカ。』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『4月の君、スピカ。』ポスタービジュアル

《ストーリー》

地味で暗いと言われ続けて17年。東京から長野の高校へ、リセットするはずの転校初日、うっかり空気読めない発言で失敗デビューをしてしまった運の悪い早乙女星さおとめせい。クラスメートにいじられ、勉強もついていけず、明るいはずの新生活がすっかりお先真っ暗と落ち込んでいた矢先、ちょっぴり意地悪で強引な学年トップの秀才・宇田川泰陽うだがわたいようと、天文好きで無口な好青年・大高深月おおたかみづきに出会う。「早乙女星…乙女座の星・スピカと同じ名前だ」と、深月の静かに熱く語る姿に、星は初めての恋に落ちる。そんな気持ちになど全く気づかない深月は、星を泰陽と部員二人の天文部に誘う。どうせ不純な動機の入部だと反対していた泰陽だが、ケンカしながらも何かと目が離せない星への恋を自覚していく。

【画像】映画『4月の君、スピカ。』場面カット

そして2人の様子を深月はそっと見つめる。お互いの気持ちが見え隠れしながらも楽しい3人の部活生活がずっと続くと思っていた、そんな時、泰陽の元カノ・天川咲あまかわさきが転校してくる。突然星への想いにブレーキをかける泰陽。それには、深月も関わるとある過去の出来事が関わっていた…。

春の夜空に輝く大三角形のように想い合う引力で身動きが取れない、もどかしくて切ない天体観測ロマンチック・ラブストーリー。

<スタッフ>

原作: 杉山美和子(小学館「Sho-Comi」連載)
監督: 大谷健太郎
脚本: 池田奈津子
音楽: 吉俣 良
企画・プロデュース: 高石明彦
製作: 「4月の君、スピカ」製作委員会 
配給: イオンエンターテイメント
配給協力: プレシディオ
宣伝: 凸版印刷

<キャスト>

福原 遥
佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBE)
鈴木 仁
井桁弘恵
夏目かな
南山あずさ
大原優乃
大谷亮平(友情出演)
酒井美紀(友情出演)
 
© 2019杉山美和子・小学館/「4月の君、スピカ」製作委員会
 
2019年4月5日(金)
新宿ピカデリー、イオンシネマ他 全国劇場公開!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @kimispi_movie
公式Instagram: @kimispi_movie

この記事の著者

さら

さらライター/レポーター

シネマティーンズオンライン所属の現役高校生。
小さいころから映画が好きで、いつか自分が映画の良さを発信していきたいと思い、ライターとしての活動を開始。邦画を中心に注目しています。
特に好きな映画ジャンルはドラマや青春映画。

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る