映画『ユリゴコロ』公開初日舞台挨拶レポート

【写真】映画『ユリゴコロ』公開初日舞台挨拶 フォトセッション

映画『ユリゴコロ』公開初日舞台挨拶レポート

吉高由里子が驚愕!松坂桃李の純愛エピソードは「結婚してくれないと死ぬ!」

沼田まほかるのベストセラー・ミステリーを完全映画化! 生まれながらに「人間の死」を“拠りどころ”とし、絶望的な喪失を抱えながら数奇な人生をたどる美紗子を吉高由里子が演じ、その迫真の芝居で女優人生初となる役どころに挑んだ映画『ユリゴコロ』が遂に公開初日を迎えた。

映画『ユリゴコロ』過去パート

9月23日(土・祝)、新宿バルト9で行われた初日舞台挨拶に主演の吉高由里子、松坂桃李、佐津川愛美、清野菜名、清原果耶ら豪華キャスト陣と熊澤尚人監督が登壇した。

舞台挨拶では、『ユリゴコロ』にちなんで、登壇者それぞれの純愛エピソードを披露。松坂が披露した自身の父から母へのドラマ以上にドラマチックなプロポーズの言葉「結婚してくれないと死ぬ!」に会場中がざわめいた。また本作について聞かれると、「自分も摩耗した作品なので、たくさんの人に観て欲しい」と語る吉高に、熊澤監督は「100年残る、吉高由里子の代表作になる」と明言した。

なお、登壇できなかった木村多江からはビデオメッセージ、松山ケンイチからは手紙が届けられた。主題歌を担当したRihwa(リファ)がサプライズで登場し、主題歌「ミチシルベ」を生歌で披露する場面もあった。

[スチール撮影/記者: 久保 昌美]

イベント情報

<映画『ユリゴコロ』公開初日舞台挨拶>

日時: 2017年9月23日(土・祝)
会場: 新宿バルト9 シアター9
登壇者: 吉高由里子、松坂桃李、佐津川愛美、清野菜名、清原果耶、熊澤尚人監督
ゲスト: Rihwa

映画作品情報

映画『ユリゴコロ』

人殺しの私を、愛してくれる人がいた。
ミステリーの常識を覆す、容赦ない愛の物語が誕生。

《ストーリー》

とある一家で見つかる「ユリゴコロ」と書かれた一冊のノート。そこに綴られていたのは、悲しき殺人者の記憶。これは事実か、創作話か。誰が、何のために書いたのか。そしてこの家族の過去に、いったい何があったのか。数々の疑念に先に、運命をも狂わす驚愕の真実が突き付けられる。いま、容赦ない愛と宿命の物語が、静かに動き始める。

 
原作: 沼田まほかる「ユリゴコロ」(双葉文庫)
脚本/監督: 熊澤尚人
出演: 吉高由里子、松坂桃李、松山ケンイチ、佐津川愛美、清野菜名、清原果耶、木村多江
製作:「ユリゴコロ」製作委員会
企画/製作幹事: 日活 制作プロダクション: ジャンゴフィルム
配給: 東映/日活
©沼田まほかる/双葉社  ©2017「ユリゴコロ」製作委員会
 

2017年9月23日(土)より全国公開!

映画公式サイト

公式Twitter: @yurigokoromovie
公式Facebook: https://www.facebook.com/yurigokoromovie/

この記事の著者

久保 昌美

久保 昌美フォトグラファー

映画といえば二本立て三本立てが当たり前だと思っていた昭和生まれ。初めて一人で観に行った映画は『ブルージーンズメモリー』と『ねらわれた学園』の同時上映だった。主役・脇役にかかわらず出演者で作品を選ぶ――何よりも「人の魅力」に敏感な性質が人物写真を撮る仕事に繋がっている、かもしれない。

★好きな映画
『12人の優しい日本人』[監督: 中原俊 製作: 1991年]
『青の炎』[監督: 蜷川幸雄 製作: 2003年]
『シン・ゴジラ』[総監督: 庵野秀明 製作: 2016年]

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

【画像】映画『PとJK』(Police & Jyoshi Kousei ) 土屋太鳳

2017-3-24

映画『PとJK』(Police & Jyoshi Kousei)

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る