映画『マンハント』公開記念舞台挨拶レポート

【写真】映画『マンハント』公開記念舞台挨拶 福山雅治、桜庭ななみ、池内博之

映画『マンハント』公開記念舞台挨拶開催!

「実弾を使いたい」
福山雅治、桜庭ななみ、池内博之が次々と明かす
ジョン・ウー監督の常識を超える柔軟な発想力

日本映画への愛に溢れるジョン・ウー監督が、原作「君よ憤怒(ふんぬ)の河を渉れ」の再映画化に挑んだ作品、映画『マンハント』が全国大ヒット公開中!

映画の公開を記念して2月17日(土)にTOHOシネマズ 新宿で舞台挨拶が開催され、主演の福山雅治、桜庭ななみ、池内博之が登壇した。

【写真】映画『マンハント』公開記念舞台挨拶 福山雅治、桜庭ななみ、池内博之

3人の役柄上の関係は、刑事・矢村聡(福山雅治)とその助手・百田里香(桜庭ななみ)が殺人事件の容疑者となった天神製薬の顧問弁護士ドゥ・チウ(チャン・ハンユー)を追うが、その裏には天神製薬次期社長・酒井宏(池内博之)が関わっていたというもの。ジャパンプレミアでは語らなかった撮影時のマル秘エピソードや巨匠ジョン・ウー監督の印象など、惜しみなく披露した。

舞台挨拶レポート

主演を務めた福山雅治は本作で初めて本格的アクションに挑戦。冒頭のあいさつで「拳銃を持つのも初めてだったので、撮影前から携帯して体に馴染ませた」と話した。

【写真】映画『マンハント』公開記念舞台挨拶 福山雅治

池内博之も「監督は『実弾でやれないか』と言っていました」と続け、ジョン・ウー監督のアクションシーンに対するこだわりやスケールの大きさをアピールした。

【写真】映画『マンハント』公開記念舞台挨拶 池内博之

一方、桜庭ななみは女性陣で撮影期間中に食事に行ったことを明かし、「和食をいただきながらお酒を飲み、ガールズトークで盛り上がった」と撮影当時を振り返った。

【写真】映画『マンハント』公開記念舞台挨拶 桜庭ななみ

また福山は、「水上バイクシーンのために操縦免許を取ったものの、現場の川の色があまりにも深い緑だったことから事前にネットで水質チェックした」と話し、慎重な性格を自ら暴露した。さらに、本作では台本がなく、日本語、英語、中国語で書かれたプロットだけで撮影を行い、内容もどんどん変更が加えられていったことを明かした。

【写真】映画『マンハント』公開記念舞台挨拶 福山雅治、桜庭ななみ

「桜庭さんは花束をもらってクランクアップした1カ月後に再び現場に呼ばれ、クランクアップを2回経験」、「大阪でカーチェイスをするはずが、溶鉱炉、トラックにダイナマイトとスケールがどんどんアップした」と話し、「極めつけは、池内くん。初めは僕を追う刑事役としてキャスティングされていた」など、次々と撮影秘話が飛び出した。

司会者から今後、挑戦してみたいことを尋ねられると、桜庭が「いつも一歩遅かったので、次は銃を握りたい」と答え、福山が「ズッコケ感があったよね」と突っ込み、笑いが起こった。池内が本作のダンスシーンに触れ、「今度はサルサやタンゴといったラテン系の踊りがしたい」と話すと、福山も「人生で一度くらいは踊ってみたい」と続け、「僕たち50歳前後の世代はこれまで踊る機会がなかった。踊れない日本人として生きていくのはどうかと思う」と笑いを誘った。

最後に登壇した3人それぞれから観客へのお礼の言葉が語られ、福山が「すごい迫力でスカッとしたなという作品に仕上がってると思います。これからもよろしくお願いします」と締めくくった。

【写真】映画『マンハント』公開記念舞台挨拶 福山雅治、桜庭ななみ、池内博之

[スチール 撮影: Cinema Art Online UK / 記者: 堀木 三紀]

イベント情報

<映画『マンハント』公開記念舞台挨拶>

日時: 2018年2月17日(土)
場所: TOHOシネマズ 新宿 スクリーン9
登壇者: 福山雅治、桜庭ななみ、池内博之
MC: 荘口彰久

【写真】映画『マンハント』公開記念舞台挨拶 福山雅治、桜庭ななみ、池内博之

映画作品情報

《ストーリー》

酒井社長(國村隼)率いる天神製薬の顧問弁護士であるドゥ・チウ(チャン・ハンユー)がパーティの翌朝、ベッドで目を覚ますと、社長秘書・希子の死体が横たわっていた。現場には自身の指紋が付いたナイフが置かれるなど、突如として殺人事件の被疑者となった彼は、何者かにハメられたことに気づき、その場から逃走。そんなドゥ・チウを大阪府警の敏腕刑事・矢村(福山雅治)は、新人の部下・里香とともに独自の捜査で追っていく。

カギとなるのは、天神製薬研究員だった婚約者を3年前に失った謎の美女・真由美(チー・ウェイ)。次々と警察の包囲網を潜り抜けていく被疑者に近づくほどに、この事件に違和感を覚え始め、次第に見解を変えていく矢村だったが、ついに真由美の実家である牧場にいるドゥ・チウを捕らえることに成功。だが、手錠をかけた彼とともに、女殺し屋・レイン(ハ・ジウォン)たちからの襲撃に立ち向かった矢村は、彼の無実を確信する。何者かによって捜査が妨害されるなか、身分や国籍を超えた“強く熱い絆”が芽生えた2人はともに手を組み、事件の真相に立ち向かうことを決意する。だが、そこには恐ろしくも、巨大な陰謀が待ち受けていた――。

原題: 追捕 Manhunt
 
出演: チャン・ハンユー、福山雅治、チー・ウェイ、ハ・ジウォン
友情出演: 國村隼
特別出演: 竹中直人、倉田保昭、斎藤工
共演:アンジェルス・ウー、桜庭ななみ、池内博之、TAO、トクナガクニハル、矢島健一、田中圭、ジョーナカムラ、吉沢悠
 
監督: ジョン・ウー
製作: ゴードン・チャン チン・ヒンカイ
製作総指揮: ピーター・ラム ラ・ペイカン
原作: 西村寿行『君よ憤怒の河を渉れ』/徳間書店刊 および 株式会社 KADOKAWA の同名映画
撮影監督: 石坂拓郎
美術監督: 種田陽平
衣装デザイン: 小川久美子
音楽: 岩代太郎
アクションコーディネーター: 園村健介
配給: ギャガ
2018年 / 中国、香港 / 中国語、英語、日本語 / シネマスコープ / 5.1ch / 110分
© 2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.
 
全国大ヒット公開中!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @manhuntJP
公式Facebook: www.facebook.com/manhuntJP/
公式Instagram: www.instagram.com/manhuntjp/

この記事の著者

堀木 三紀

堀木 三紀ライター

映画の楽しみ方はひとそれぞれ。ハートフルな作品で疲れた心を癒したい人がいれば、勧善懲悪モノでスカッと爽やかな気持ちになりたい人もいる。その人にあった作品を届けたい。日々、試写室に通い、ジャンルを問わず2~3本鑑賞している。(2015年は417本、2016年は429本、2017年は504本の映画作品を鑑賞)

主に映画監督を中心にインタビューを行っており、これまでにインタビューした監督は三池崇史、是枝裕和、阪本順治、岸善幸、篠原哲雄、大九明子、入江悠、本広克行、荻上直子、吉田照幸、ジョン・ウーなど30人を超える。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

映画 「グローリー」 (Glory/Slava)

2016-12-9

映画 「グローリー」 (Glory/Slava)

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る