映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』〈ジャパンプレミア〉イベントレポート

【画像】映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』ジャパンプレミア

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
ジャパンプレミアイベント開催!

等身大の恐竜による『ジュラシック』ロゴが六本木に出現!
クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワードらが来日!
玉木宏、木村佳乃ら日本語吹き替えキャストと一堂に集結!

“恐竜”に 巨匠・スティーヴン・スピルバーグが命をふきこみ、映画史に偉大な足跡を残した『ジュラシック・パーク』シリーズ。2015年に『ジュラシック・ワールド』として新たにスクリーンに登場すると、全世界のトータル興行収入は16億7000万ドルを突破、日本でも2015年度公開映画の“年間興行収入No.1”となるメガ・ヒットを記録しました!そして『ジュラシック』シリーズ誕生25周年という節目を迎える2018年、シリーズ新3部作の第2章『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が、7月13日(金)にいよいよ日本上陸を果たす。

【画像】映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』メインカット

前作に引き続き主要キャストは、恐竜と心を通わせる主人公オーウェン役にクリス・プラット、<ジュラシック・ワールド>の運営責任者であったクレア役にブライス・ダラス・ハワードが続投!監督は『怪物はささやく』で素晴らしい手腕を発揮し、ゴヤ賞9部門を受賞したハリウッド注目の鬼才J・A・バヨナが大抜擢。前作の監督であり本作では製作総指揮・脚本を務めるコリン・トレボロウ、そしてトレボロウと共に製作総指揮を務める『ジュラシック』シリーズの生みの親スティーヴン・スピルバーグが作品を更に<進化>させている。

【画像】映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』場面カット

この度の日本公開を記念して、クリス・プラット(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』以来、2年連続2度目)、ブライス・ダラス・ハワード(『ジュラシック・ワールド』以来約3年ぶり3度目)、J・A・バヨナ監督、コリン・トレボロウ製作総指揮が来日!さらに、前作『ジュラシック・ワールド』から続投となる日本語吹き替えキャストの玉木宏、木村佳乃、そして本作から新たに参戦した満島真之介、大人気声優の石川由依、子役の住田萌乃も迎え、6月27日(水)六本木ヒルズアリーナにてジャパンプレミアイベントが開催された。

イベントレポート

『ジュラシック』シリーズ25周年となる記念すべき年に公開され、世界中で特大ヒットを飾った『ジュラシック・ワールド』続編の来日プレミアということもあり、レッドカーペットには約300名、会場の外には約500名、計800名もの熱狂的なファンが六本木アリーナに集結!100媒体以上のマスコミ陣が取材に訪れ、注目度の高さを物語っていた。

【画像】映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』ジャパンプレミア レッドカーペット

イベント会場は、イスラ・ヌブラル島とイメージした木々生い茂るジャングルの装飾に加え、クリス・プラット演じる主人公オーウェンの相棒である恐竜、ヴェロキラプトルのブルーと、等身大の T-レックスの骨格も設置され、六本木が『ジュラシック』一色に。

イベント開始前から会場が熱気に包まれる中、日本語吹き替えキャストの玉木宏、木村佳乃、満島真之介、石川由依、住田萌乃がレッドカーペットに登場!

 

続けて、待望の来日ゲスト、クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、J・A・バヨナ監督、コリン・トレボロウが姿を現すと、会場からは大歓声が沸き起こった!熱狂的ファンたちによる愛のこもったあたたかい大歓迎を受けながら、豪華キャスト陣は大勢のマスコミ取材や、会場の観客たちへのサインや写真撮影に快く応じた。

 

続けて、レッドカーペットに設置されたステージにキャスト陣が登壇!

【画像】映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』ジャパンプレミア

クリスは「ハロー、ジャパン!コンニチハ!今日は集まってくれてありがとう!日本はワールドツアー最終地!最高に素晴らしいみんなのために日本をとっておいたんだよ。今日は楽しんでね!」、ブライスは「クリスの後って本当に難しい!(笑) でも私からは、“アリガトウゴザイマス”」、監督は「コンニチハ、トーキョー!キテクレテ アリガトウ!ついに日本に来ることが出来て嬉しいよ!みんなにこの映画を観て楽しんでほしいな」、コリンは「みんなありがとう。僕はジュラシックの一員になれて本当に嬉しい。そしてこの素晴らしい監督やキャストたちと日本へ訪れることができてとても幸せだと感じているよ。みんなで力をあわせて素晴らしいエンターテイメントをお送りするよ!」と、それぞれがスペインからスタートした各国のプロモーションツアーの最終地である日本を訪れた喜びを明かした。

 

さらに、玉木は「本国でこの映画を作ってこられた方々とこの舞台に立てることが嬉しいです。先ほど来日してくださったキャストのみなさんとも話したのですが、みなさんフランクに話してくださって、本当に素晴らしい方々だなと感じました」、木村は「25年前の『ジュラシック・パーク』を観た時は高校生だったけれど、まさか自分がその『ジュラシック』シリーズ関われるなんて光栄です」

 

満島は「こんにちは、フランクリンです(笑)。さっきクリスや監督をはじめとする皆さんに会ったら、“お!フランクリンだ!”と反応してくださってとても嬉しかったです。」、石川は「『ジュラシック』シリーズの最新作に携わることが出来て、素敵なレッドカーペットに参加することが出来て夢のようです。映画に出演しているキャストのみなさんとも会うことが出来て感動しています」、住田は「『ジュラシック』シリーズを何度も観ているので、オーウェンとクレアに会うことが出来て胸がいっぱいです!」と、それぞれが『ジュラシック』シリーズに携わった想い、来日キャストと対面した想いを明かした。

 

続けて、来日キャストらを日本でおもてなしをするとしたらどこへ案内したいかと問われ、玉木が「日本は小さな国ではありますが、僕の祖父が島根県の隠岐というところに住んでいまして、雄大な自然が残っているんです。次回作では島根での撮影もあるかもしれないので、そのときはお手伝いします!」と提案すると、ブライスは「すごく素敵ね!」とコメント。木村が「わたし東京出身なんですよね、なので裏東京にご案内します」と明かすと、クリスが「いいアイデアだね!ぜひ連れて行って欲しいよ!」と興味津々の様子でコメント。そして、満島が「うちに来てほしいです!お酒もたくさんあるので、第1作から今回の映画までを一緒に観たいです!」と明かすと、クリスは「YES!」とハニカミながら答えた。

【画像】映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』ジャパンプレミア

そして、『ジュラシック・ワールド』が2015年に公開された映画でNo.1大ヒットを獲得したことにちなみ、前作からさらにパワーアップした本作の見どころについて問われると、クリスは「まず日本のみんなにはこのステージに一緒に並んでいる豪華吹き替えキャストによる日本語吹替版を楽しんでもらいたいな!そしてポスターを見てもらえれば分かるように、この映画は恐竜たちがたくさん登場するほかに、火山噴火といった自然災害、2つの脅威が迫るスリルたっぷりの作品に仕上がっている。それに監督を務めたJ・A・バヨナが本当に素晴らしい映像美を作り上げて、僕たちもその映像に負けないように演技をしたんだ!それに本作ではブルーが大活躍するんだよ!僕が演じているオーウェンとブルーの関係にも是非注目してね!」

【画像】映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』ジャパンプレミア クリス・プラット

ブライスは「まったく共感よ!一つ加えるなら、クリス・プラットね!」、監督は「この映画には、大きな怪物、そして火山、ヴェロキラプトルのブルー、素晴らしい俳優のみんな、そして素晴らしい日本語吹き替えキャストのみんながいる。驚いて、ちょっと泣いて、そして愛して、きっとこの映画を好きになってくれると思う。是非劇場で観てね!」、コリンは「この映画の良さはなんといっても、家族の全員で楽しめるところだと思うんだ!子供から、おばあちゃんまで、怖いシーンはみんな身体を寄せ合いながら楽しめる作品だ。家族全員で観に行ってほしいよ」と、それぞれが最新作の仕上がりに自信をのぞかせた。

 

最後に来日キャストと日本語吹き替えキャスト陣でのフォトセッションタイムが始まると、ステージの脇から巨大なサークルと本作のロゴが登場!

ステージの真ん中へ到達すると、ステージ後方を陣取るT-レックスの骨格と重なり、本シリーズの象徴でもあり、世界的にも有名な『ジュラシック』のロゴが完成しました!等身大T-レックスによる生の『ジュラシック』ロゴを目の当たりにしたクリスは「素晴らしいね!ロゴの一部になるなんて思ってもみなかったよ!」、続けてブライスも「最高ね!」と、ふたりとも息をそろえて大感激!!

最後にクリスが、「みんな映画を楽しんでくれ!」と会場に集まった観客へメッセージを寄せ、それに応えるように会場からは歓声が上がった。

【画像】映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』ジャパンプレミア

[スチール撮影・取材: Cinema Art Online UK]

 

イベント概要

<映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』ジャパンプレミアイベント>
■日時: 2018年6月27日(水)
■登壇者: クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、J・A・バヨナ、コリン・トレボロウ
【日本語吹き替えキャスト】玉木宏、木村佳乃、満島真之介、石川由依、住田萌乃
■会場: 六本木ヒルズ アリーナ

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』場面カット

《ストーリー》

ハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXの激しいバトルで崩壊した「ジュラシック・ワールド」があるイスラ・ヌブラル島の火山に、噴火の予兆が見られた。恐竜たちを見殺しにするのか、彼らを救うべきか。テーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と恐竜行動学の専門家であるオーウェン(クリス・プラット)は、悩みながらも恐竜救出を決意し島へ向かうが、火山が噴火してしまい…。

 
原題: Jurassic World: Fallen Kingdom
 
製作総指揮: スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
製作: フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ
案: マイケル・クライトン
脚本: デレク・コノリー、コリン・トレボロウ
監督: J・A・バヨナ
キャスト: クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム
 
配給: 東宝東和
2018年 / アメリカ / 2D・3D / 128分
© Universal Pictures
 
2018年7月13日(金) 全国超拡大ロードショー! 
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @jurassicworldjp
公式Facebook:@jurassicworld.movie.jp
公式Instagram: @jurassicworld

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る