第30回東京国際映画祭(TIFF) “Japan Now 銀幕のミューズたち” 映画『花とアリス』Q&Aレポート

【写真】映画『花とアリス』Q&A 鈴木杏、蒼井優、岩井俊二監督

第30回 東京国際映画祭(TIFF) 
Japan Now 銀幕のミューズたち
映画『花とアリス』Q&A

蒼井優と鈴木杏が『花とアリス』のエピソードを暴露!
「花とアリス殺人事件」!?

第30回目を迎えた東京国際映画祭(TIFF)のJapan Now部門でアニバーサリーイヤーの特別編として、日本映画界のクリエイターをインスパイアし、スクリーンで輝く現代のミューズ、安藤サクラ、蒼井優、満島ひかり、宮﨑あおいの4名の女優を特集した「Japan Now銀幕のミューズたち」。

【写真】第30回東京国際映画祭(TIFF) Japan Now 部門 「銀幕のミューズ特集」蒼井優、安藤サクラ、宮崎あおい、満島ひかり

10月30日(月)、蒼井優が出演する映画『花とアリス』が上映され、上映後のQ&Aに“銀幕のミューズ”である蒼井優と共演の鈴木杏、そして岩井俊二監督が登壇した。

当時の2人の様子について聞かれると、岩井監督は「あの頃は2人とも天真爛漫という感じで走り回っていましたね。撮影中はきちんとしているが、それ以外はキャーキャー走り回っていて、箸が転んでも面白い年頃というかエネルギッシュな現場だった」と懐かしむ。

蒼井は「桜合戦(桜で雪合戦みたいな感じ)は休憩中に2人で遊んでたら岩井さんが急にカメラ回せと言って、採用になった。日常にある何かで杏と遊びたかった。」と思い出す。

【写真】映画『花とアリス』Q&A 鈴木杏、蒼井優

鈴木は「高校が一緒で優ちゃんの方が2個先輩、1年と3年で学年は違うけど、お昼ご飯とか一緒に食べてた。」と続いた。

岩井監督が「ドキュメンタリーのような感じだったよね。郭智博くんも2人にいじられて現場でもクタッとなっていた。」と振り返ると、蒼井と鈴木は「ずっといじっていた。」と声を揃えて笑う。

「彼は老成しているというか、あの頃から一風独特な佇まいで、もう好きにしてっていう感じでした。子供にいじられている年老いた犬のようだったね。」と岩井監督も共に笑った。

「現在の2人で『花とアリス』を演じてみたいっていう感覚はありますか?」と問われると、蒼井は「できないからアニメで『花とアリス殺人事件』をしたので、、、この年代になると話が暗くなるよね。どこの保険に入るとか、老後どうするかとか、夢のない話に。アリスは絶対芸能界に足を踏み入れていないと思う。適当な人と結婚して離婚してるんじゃないですか?」と会場を笑わせた。

 

「でも時々想像していますけどね。どうなってるんだろうとか。漠然とどっかで2人の関係が逆転していると面白いなとか妄想はしてるんですが、、、もうちょっと考えておきます。」と岩井監督。

鈴木は「2人とも幸せな家庭を築けているかというと全くそんな想像がつかないよね。」、蒼井は「アリスはそうだよね。いわゆる幸せというものをなぎ倒して生きていそう。花の方は社交性を身につけていたら面白いなと思う。」と語り、あとは皆さんのイマジネーションでということでまとまった。

また、好きなシーンや心に残ったことを聞かれると、鈴木は「私はアリスの『じょ・う・だ・ん・で・す・よ』がたまらなく好きなのと、喫茶店で宮本先輩とデートする時に鏡に映った時に優ちゃん(アリス)がガッツポーズをするんですけど、その時の優ちゃんの顔が本編には映ってないんですけど、未だに忘れられない。」と語る。

【写真】映画『花とアリス』Q&A 鈴木杏

蒼井が「どんな顔してた?」と尋ねると、「ひどい顔してた(笑)」と鈴木が答え、会場が笑いに包まれた。

続いて蒼井は「花が体育座りして、イヤホンで落語を聞いてるアップの顔がすごい好き。それと私、生まれて初めて白塗りしたんだけど、撮影前のテストで監督とかスタッフさんの前に出て見られた瞬間に恥ずかしすぎて涙がものすごく出てきた。」と当時の思いを語った。

【写真】映画『花とアリス』Q&A 鈴木杏、蒼井優、岩井俊二監督

最後に岩井監督からは「浜辺で撮影した時かな。何かの死体が出てきて、、、最初人の死体かと思ってパトカーまで呼んだら、イルカの死体だったというね。地元の人が埋めていたものを2人が掘り返しちゃったんですよ。」とまさに「花とアリス殺人事件」!?というようなエピソードが語られた。

[記者: 堀越 健介 / スチール写真: © 2017 TIFF]

 

イベント概要

<第30回東京国際映画祭(TIFF) JAPAN Now部門>
「Japan Now 銀幕のミューズたち」映画『花とアリス』上映後 Q&A

■開催日: 2017年10月30日(月)
■会場: TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン2
■登壇者: 蒼井優、鈴木杏、岩井俊二監督
 

30th TIFF『花とアリス』Q&A 動画

映画作品情報

【画像】映画『花とアリス』メインカット

2人の少女の日常、友情、恋、そして自分探しの物語。

明るく素直な花(鈴木杏)と自由奔放で勝手なアリス(蒼井優)は、幼なじみの中学生。
2人はいつでも何をするにも一緒。
しかし、花に訪れた初恋が2人の関係を微妙に変化させていく。
友情と恋の狭間に戸惑いつつ、大人の階段を少しずつのぼり始める2人……。
誰しもが経験する一時期の戸惑い、悩み、苦しみを
ノスタルジーあふれる映像とともに描くスイートでビターな初恋物語。

 
第30回 東京国際映画祭(TIFF) Japan Now部門
「Japan Now 銀幕のミューズたち」上映作品
 
邦題: 花とアリス
英題: Hana and Alice
監督/脚本/音楽/プロデューサー: 岩井俊二
撮影監督 : 篠田 昇
撮影: 角田真一
美術: 種田陽平
照明: 樋浦雅紀
照明: 中須岳士
出演: 鈴木 杏、蒼井 優、郭 智博、平泉 成、木村多江、相田翔子
配給: 株式会社ロックウェルアイズ
2004年 / 日本 / 日本語 / カラー / 135分
劇場公開日: 2004年3月13日
© 2004 Rockwell Eyes・H&A Project
 
映画公式サイト

この記事の著者

堀越 健介

堀越 健介ライター/エディター

邦画、特にコメディがお好み。 気に入った映画の主題歌はとりあえず歌う。

★好きな映画
『バトル・ロワイアル』 [監督: 深作欣二 製作: 2000年]
『ウォーターボーイズ』 [監督: 矢口史靖 製作: 2001年]
『素敵な金縛り』 [監督: 三谷幸喜 製作: 2011年]

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る