映画『この街と私』主演・上原実矩 インタビュー

初主演で経験した“忙しさ”が主人公の新人ADをリアルに体現していた

【画像】映画『この街と私』場面カット (宮田佳典、上原実矩)

—— 3年経って主人公の村田美希と同い年になりましたが、撮影当時を振り返ってみていかがですか?

主演だったので、色々気を遣わなければいけないと感じていました。“ずっと作品に出ているから、作品が成立するよう頑張らないといけない”という責任感を持っていて、現場にどうやって立っていればいいんだろうってすごく考えていました。当時は無駄に責任を背負おうとしていました。

—— 主人公に共感する部分はありましたか?

撮影の時はいっぱいいっぱいで、(43分の映画を)4日間くらいで撮ったので、あまり寝る時間もなかったんです。私自身も詰める時間があまりなかったので、監督の横で前日までへばりついて話していました。

インタビューがあるって聞いて久々に台本を開いたんですけど、その時の気持ちとかメモ書きがたくさん書いてあって。今だったら肩の力も抜けているから、「もうちょっとこうすればいいんじゃないか」とか考えられたんですけど、撮影当時はその状況でいっぱいいっぱいでした。当時の自分と演じた美希は、やりたいもの、ビジョンがあるのにそこにいけない現実とただただ疲弊していく日々が似ているんじゃないかなと思いました。

【画像】映画『この街と私』場面カット (上原実矩)

—— 主人公と同じく、忙しい日々を送っていたのですね。

スケジュールが主人公の境遇と似ていたので、普段だったら「目が開いていないといけない」とか思うんですけど、それもいいのかなって。撮影スケジュールもタイトだったことで、逆にリアルに演じられているのではないかなと思います。

【画像】映画『この街と私』場面カット (上原実矩 カメラ)

—— 撮影では葛飾区の色々な場所を回ったと思いますが、実際に葛飾の街に行ってみて印象に残っているエピソードはありますか?

街にいる方々やインタビューした子供達、お店の方は実際に葛飾の方だったので、アットホームじゃないですけど、迎え入れてくれているなと感じました。撮影がタイトだったので、色々な人に支えていただいて助かりました。

【画像】映画『この街と私』場面カット (LiLiCo、上原実矩)

—— 永井監督の実話が元になっている作品ですが、撮影中に監督から何かアドバイスやメッセージなどはありましたか?

上下関係がある会社とか、そういう組織に属している経験があまりなかったので、そのあたりの話は監督に直接インタビューして聞いていました。

【画像】映画『この街と私』場面カット (上原実矩 、宮田佳典、伊藤慶徳)

—— 最後に、シネマアートオンラインの読者の皆様にメッセージをお願いします。

冒頭主人公が疲れ果てているところから始まる映画ですけど、笑って観てほしいです。日常、見過ごしてしまうことだったり、気づけなかったことを改めて自分の中で気づける映画なので、反面教師とかにしてもらえたらなと思います。気軽に観ていただけたら嬉しいです。

【写真】映画『この街と私』主演・上原実矩 インタビュー

[インタビュー: 田上 結菜 / スチール撮影: Cinema Art Online UK]
[衣装: ORANGE GERBERA]

プロフィール

上原 実矩 (Miku Uehara)

1998年11月4日生まれ。東京都出身。 俳優・モデル。映画『君に届け』(2010年)で俳優デビュー。独特な個性から、『暗殺教室』(2015年/羽住英一郎監督)、『来る』(2018年/中島哲也監督)や『青葉家のテーブル』(2021年/松本壮史監督)など 多数の映画やドラマ、大手企業広告に出演。主演を務めた『ミューズは溺れない』(2021年/淺雄望監督)では、第22回TAMA NEW WAVE コンペティションでベスト女優賞を受賞。

【写真】映画『この街と私』主演・上原実矩 インタビュー

フォトギャラリー📸

スライドショーには JavaScript が必要です。

映画『この街と私』予告篇🎞

映画作品情報

【画像】映画『この街と私』ポスタービジュアル

《ストーリー》

ADをしている23歳の村田美希(上原実矩)は、お笑いの番組が作りたくて制作会社に入った が、深夜に街の良さを紹介する関東のローカル番組「この街と私」の担当として休みなく働 いている。彼氏の翔也(佐野弘樹)と同棲している部屋には寝に帰っている状況で、彼氏の 話もろくに聞けていない。ある日、お笑いの特番に企画を出したものの、一蹴されてしまっ た美希だが、『この街と私』の街頭インタビューを初めて一人で任せられる。撮ってきた素 材を見たディレクターに、「使えない」と言われた美希は…

 
第11回 沖縄国際映画祭 地域発信型映画部門 正式出品
第5回 賢島映画祭 準グランプリ&助演男優賞(佐野弘樹)受賞
神戸インディペンデント映画祭コンペ部門 入選
 
出演: 上原実矩、佐野弘樹、宮田佳典、伊藤慶徳、LiLiCo、川原克己(天竺鼠)、ですよ。、大西ライオン、大溝清人(バッドボーイズ)
 
監督・脚本・編集: 永井和男
撮影・照明: 小林健太
録音・整音: 杉本崇志
ヘアメイク: 河村夏海
衣装: 新関陽香
音楽: 山城ショウゴ
助監督: 磯部鉄平、藤村明世
制作プロデューサー: 源田泰章
プロデューサー: 覚野公一、佐藤達朗、内山玲奈
主題歌: Bray me「オリジナルソングのような人生を」
協力: 東京都葛飾区
制作: よしもとクリエイティブ・エージェンシー
配給: アルミード
 
2019年 / 日本 / カラー / 16:9 / 43分
 
© 地域発信型映画「この街と私」製作委員会
 
2022年3月4日(金)よりアップリンク吉祥寺にて他全国順次公開!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter:@thiscityandme
公式Facebook:@thiscityandme
 

映画『この街と私』公開初日舞台挨拶 レポート

1 2

3

この記事の著者

田上 結菜ライター/インタビュア

高校時代にウェブマガジンでライターとしての活動を始める。エンタメ系のイベントや芸能人のインタビューなど、多くの場で取材を担当。高校卒業後はアメリカ、LAの大学に進学。現在はコロナの影響で一時帰国中。再び日本でライターとして活動を再開し、映画祭の取材や映画人のインタビューを担当している。

思い出の映画は、幼い頃に観て映画を好きになるきっかけとなった『パコと魔法の絵本』(2008年)、そして何度も観返している『君の膵臓をたべたい』(2017年)。現在は、自分と同年代であるティーン世代の女優に主に注目している。

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る