映画『この街と私』公開初日舞台挨拶 レポート
【写真】映画『この街と私』公開初日舞台挨拶 上原実矩、川原克己(天竺鼠)、永井和男監督

映画『この街と私』㊗公開初日舞台挨拶

上原実矩「川原克己(天竺鼠)の存在は“神”と思いながら演じていた」と明かす!!

バラエティ番組を作るために制作会社に入社したのに、深夜に街の良さを紹介する番組「この街と私」を担当している23歳のADの葛藤と成長を描く。

監督・脚本・編集を務めた永井和男の実話を元に、地域発信型映画として東京都葛飾区を舞台に制作された映画『この街と私』が3月4日(金)にアップリンク吉祥寺で公開初日を迎えた。

【画像】映画『この街と私』メインカット

メインキャスト全てがオーディションからキャスティングされ、300名以上の応募の中から主人公・村田美希役に、21年に第22回TAMA NEW WAVEコンペティションでベスト女優賞を受賞し話題の上原実矩が選ばれた。美希の彼氏・翔也役を演じた、佐野弘樹は、本作が準グランプリを受賞した第5回賢島映画祭で助演男優賞を受賞。ディレクター・中山役を宮田佳典が、プロデューサー・寺本役を伊藤慶徳が演じる。

劇中のテレビ番組「この街と私」には、実際の葛飾観光大使でもあるLiLiCoと、芸人の大西ライオンが本人役で登場する他、美希の憧れの芸人として天竺鼠の川原克己、インタビューを買って出る客役で、ですよ。、居酒屋で遭遇する芸人役で大溝清人(バッドボーイズ)ら数々の芸人たちが本人役で登場する。

3月4日(金)、アップリンク吉祥寺で行われた初日舞台挨拶に、本作で映画初主演を果たした上原実矩、本人役で出演した川原克己(天竺鼠)、そして永井和男監督が登壇した。

初主演映画の公開を迎えた上原実矩がオーディション当時を振り返る✾
天竺鼠・川原は上下黒、サングラスにマスク姿で登壇😎 

この日が初主演映画の初日舞台挨拶となった上原は、「映画館に来て、自分の顔が大きく写っているポスターを初めて見て、改めて実感しています。元々沖縄国際映画祭が目標で作った作品なので、こうして劇場で公開してくださっていることに驚いています」と挨拶。

【写真】映画『この街と私』公開初日舞台挨拶 上原実矩

本作のオーディションのことを聞かれた上原が「実際(本作の舞台である)葛飾でオーディションしたことが印象に残っています。あと、オーディション会場に布団が敷いてありましたね」と答えると、サングラスにマスクに上下黒のスウェットとジャージ姿で登壇した川原が「怪しい!」と一言。上原は慌てて、「全然怪しくなくて、(同棲している彼氏の)翔也とのシーンをやった」と説明した。

永井監督は、オーディションで生の芝居を見て、上原の「肩の力が抜けていて良かった」とのこと。上原は、主演が決まったという連絡はマネージャーから電話で聞き、「決まったと同時にすぐリハーサルをして撮影した」とのことで、初主演と実感する余裕はなかったそう。

永井監督は、「僕が実際昔ADだったので、その時の話を盛り込んだのと、本作は葛飾の地域発信映画という企画だったので、葛飾を(ロケハンで)回る中で、実際に起きた出来事などを映画にした」とのことで、上原は、「監督の実体験で、ロケハンをしていく中でこの脚本が生まれたという話を聞いていたので、 その体験をした人が側にいたというのが大きかったです」と話した。

【写真】映画『この街と私』公開初日舞台挨拶 永井和男監督

川原は“ほぼ”主演だった?ジョーク連発に会場には笑い声が…?
上原は「川原はとにかく“神”なんです!」と絶賛!?

上原は完成した作品を観た感想を聞かれ、「思った以上にポップな仕上がりでした。自分の中ではもう少し湿度が高いのかと思っていたんですけれど、お笑い芸人の方が出てくださったので、面白さがあるなと思いました」と答えた。

永井監督が、「僕がADをやっていた時に、エレベーターに入ったら、たまたま川原さんがいらっしゃって、二人っきりになったんですよ。それをそのままこの映画にしたんですけど、その時のことって覚えてますか?」と聞くと、川原は「覚えてますよー。あれは4階だったかな。昨日のことのように覚えています。いつか映画化しないかなと思ってました。本当に嬉しいです」とジョークを飛ばし、会場は笑いの渦に。

【画像】映画『この街と私』場面カット (川原克己(天竺鼠))

川原は、ただ主人公がエレベーターで川原に遭遇するという1シーンの出演だったが、「『監督、もう一回やらせてくれ』と。まだ納得行っていない。演技は難しい。(監督に)『自分のままでいいですから』と言われたら、『自分って何なのか、俺は何者なんだ?』ともう一回考え直すんです」と真剣な顔でジョークを言い、「僕はほぼ主演ですけれど」とまで言うと、会場は大爆笑! 「いやー大変でしたよ、自分役というのは。まだ役が抜けていない状態です」と話した。

【写真】映画『この街と私』公開初日舞台挨拶 川原克己(天竺鼠)

そして川原が「もう1回観てもらいましょうか?4倍速で」とお馴染みのジョークを言うと、川原ファンの永井監督はすかさず、「2で割り切れますね!」と乗り、会場からはクスクス笑いが。さらに川原は、ADが主人公の作品は「聞いたことがない」とのことで、ADとのエピソードを聞かれると、「めちゃくちゃ怖がられて誰もしゃべってこないんです。芸人さんも話しかけてこないですけれど、裏方さんは特に話しかけてこない。テレビに出た時にディレクターさんに、『一緒に仕事をしたかったんです。ADの時に声かけられませんでした』と言われる」と裏話を披露した。

【写真】映画『この街と私』公開初日舞台挨拶 川原克己(天竺鼠)

永井監督が「僕が川原さんのファンだというのを投影して、主人公も川原さんのファンという設定にした」と話すと、上原は「ごめんなさい、当時私は…」と言葉を濁し、川原がすかさず「知らなかったんやな」とツッコむ場面も。上原は「みなさんに天竺鼠さんのどこが好きかを聞いても、『ここが』ではなく、『とにかく神なんです!』と、『存在が』ということだったんで、“存在が神”と思いながら演じました」と話した。

最後に上原は「皆さんに愛してもらえるような作品になればいいなと思います」とメッセージを送り、舞台挨拶は終了した。

【写真】映画『この街と私』公開初日舞台挨拶 上原実矩

[スチール撮影・取材: Cinema Art Online UK]

フォトギャラリー📸

スライドショーには JavaScript が必要です。

イベント情報

映画『この街と私』公開初日舞台挨拶

■開催日: 2022年3月4日(金)
■会場: アップリンク吉祥寺 スクリーン3
■出演者: 上原実矩、川原克己(天竺鼠)、永井和男監督
■MC: 永井和男監督

【写真】映画『この街と私』公開初日舞台挨拶 上原実矩、川原克己(天竺鼠)、永井和男監督

映画『この街と私』予告篇🎞

映画作品情報

【画像】映画『この街と私』ポスタービジュアル

《ストーリー》

ADをしている23歳の村田美希(上原実矩)は、お笑いの番組が作りたくて制作会社に入った が、深夜に街の良さを紹介する関東のローカル番組「この街と私」の担当として休みなく働 いている。彼氏の翔也(佐野弘樹)と同棲している部屋には寝に帰っている状況で、彼氏の 話もろくに聞けていない。ある日、お笑いの特番に企画を出したものの、一蹴されてしまっ た美希だが、『この街と私』の街頭インタビューを初めて一人で任せられる。撮ってきた素 材を見たディレクターに、「使えない」と言われた美希は…

 
第11回 沖縄国際映画祭 地域発信型映画部門 正式出品
第5回 賢島映画祭 準グランプリ&助演男優賞(佐野弘樹)受賞
神戸インディペンデント映画祭コンペ部門 入選
 
出演: 上原実矩、佐野弘樹、宮田佳典、伊藤慶徳、LiLiCo、川原克己(天竺鼠)、ですよ。、大西ライオン、大溝清人(バッドボーイズ)
 
監督・脚本・編集: 永井和男
撮影・照明: 小林健太
録音・整音: 杉本崇志
ヘアメイク: 河村夏海
衣装: 新関陽香
音楽: 山城ショウゴ
助監督: 磯部鉄平、藤村明世
制作プロデューサー: 源田泰章
プロデューサー: 覚野公一、佐藤達朗、内山玲奈
主題歌: Bray me「オリジナルソングのような人生を」
協力: 東京都葛飾区
制作: よしもとクリエイティブ・エージェンシー
配給: アルミード
 
2019年 / 日本 / カラー / 16:9 / 43分
 
© 地域発信型映画「この街と私」製作委員会
 
2022年3月4日(金)よりアップリンク吉祥寺にて他全国順次公開!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @thiscityandme
公式Facebook: @thiscityandme
 

映画『この街と私』主演・上原実矩 インタビュー

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る