第12回 TAMA映画賞 授賞式レポート

【写真】第12回 TAMA映画賞 授賞式 (フォトセッション2)

第12回 TAMA映画賞 授賞式

今年も開催!各賞を受賞した映画人が登壇🏆 
それぞれが受賞の喜びと今後の抱負を語る!!

東京都多摩市で毎年晩秋に開催されている映画ファンの祭典「第30回映画祭TAMA CINEMA FORUM」が今年も11月21日(土)から11月26日(木)、多摩市内の2会場で開催。そして、国内映画賞のトップバッターとして注目を集める「第12回TAMA映画賞」の受賞作品及び受賞者が決定し、11月29日(日)に府中の森芸術劇場 どりーむホールで授賞式が行われた。

TAMA映画賞は、2009年にスタートし、前年10月から当年9月に一般劇場で公開される作品及び監督・キャスト・スタッフを対象に、市民ボランティアの実行委員が選考。「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる<いきのいい>作品・監督・俳優」を、映画ファンの立場から感謝を込めて表彰している映画賞である。

【写真】第12回 TAMA映画賞 授賞式

例年は多摩市の会場で行われていたが、現在パルテノン多摩が大規模改修工事中ということもあり、今年は府中市の協力を得て、府中の森芸術劇場 どりーむホールでの開催となった。

竹内昇委員長による開会宣言、阿部裕行名誉会長(多摩市長)、高野律雄府中市長、両名による挨拶に続いて、各賞を受賞した監督、俳優、プロデューサーら映画人が順次登壇し、受賞トロフィーの授与が行われた。

各賞の受賞結果と授賞式の模様は下記の通り。

最優秀新進監督賞
2020年度最も飛躍した監督、もしくは顕著な活躍をした新人監督を表彰

 ふくだももこ監督
『君が世界のはじまり』

初長編映画『おいしい家族』(2019年)に続いて、2作連続で松本穂香を主演に起用した映画『君が世界のはじまり』で最優秀新進監督賞を受賞したふくだももこ監督が登壇。

先週出産を終えたばかりのふくだ監督は、受け取ったトロフィーを赤ちゃんのように抱きかかえてスピーチ。自身の原作小説を脚本家の向井康介が脚本を手掛けたことについて聞かれると、「まず“最高”としか言葉が出てこなかった。憧れの脚本家だったので光栄でした。プロってすごいと思いました」とコメント。

また、個性が輝く若手俳優たちについては、「ほんまに素晴らしい。新しい映画界、演劇界、音楽界、映像界全部で活躍していくであろう素晴らしい俳優の子たちと仕事をさせてもらって本当によかったです」と語った。

今後の抱負については、自身が出産したことを述べ「子どもがほしかった一番の理由は“子どもに会いたかった”ということですが、映画界、映像界で出産や育児をしているスタッフが少しでも働きやすくなるように保育部を創りたいとずっと思っていました。多分、監督に子どもにいることは結構な圧力になるのではないか、切実にみんなが考えてくれるのではないかという思いがあって、早く子供がほしかったという理由もありました。少しでもいろんな人が働きやすくしていけたらいいなと思っています。皆さんも応援して下さい」と思いを述べた。

 HIKARI監督
『37セカンズ』

ロサンゼルスからリモート参加のHIKARI監督に代わって山口晋プロデューサーが登壇。トロフィーを受け取ると、トロフィーを高々に掲げてカメラの向こうのHIKARI監督に向かって「HIKARIちゃん獲ったよー」と喜びのメッセージ。

続いて、受賞を受けたHIKARI監督は「しっかりと愛を受け止めました。ありがとうございます。本当にうれしい限りです」とスクリーン越しにコメント。

映画『37セカンズ』が完成するまでの間、障害を持った方々からたくさんの学びを得て、「映画を通じて見えない壁を無くせれば」と語っていたHIKARI監督は、「私たち人間は自分と違う状況や環境の中で生きる人たちと出会った時にどうしても色眼鏡で見てしまう。一人ひとりさえお互いに理解できれば、見えない壁は無くなっていくと思います」と改めて思いを述べた。

主人公・ユマと同じ境遇の佳山明をオーディションで主演に抜擢したことについては、「実際に車いすの女性をキャスティングすることは重要でした。佳山明さんと出会えたことでこの映画がさらに素敵な作品になったので、感謝の気持ちでいっぱいです」、「彼女のかぼそい声にハートを射止められました。映画はキャスト次第ですべて変わっていく。彼女に一番惹かれた理由は、すべての状況に対して反射的に素直に状況をキャッチして、その中で自然に演技としてやってくれたことです。それが映画の魅力の一つになっているのは事実です」と語り、「素晴らしいキャストの方たちに恵まれて、彼女自身もその中で学んで、どんどん成長して輝いていった。皆さんの力でこの作品は出来上がったと思います。明ちゃんもすごく頑張ってくれました」と称えた。

最後に、長編映画の2作目(オリジナル作品)を撮影をしていくことを明かし、「監督だけではなく、クリエイターとしてもプロデューサーとしても、たくさんの方々と世界が平和になる作品を手掛けていきたい」と今後の抱負を語った。

最優秀新進女優賞
2020年度最も飛躍した女優、もしくは顕著な活躍をした新人女優を表彰

森 七菜
『ラストレター』『青くて痛くて脆い』『地獄少女』『最初の晩餐』

登壇者コメントは順次掲載

 松本 穂香
『君が世界のはじまり』『わたしは光をにぎっている』『酔うと化け物になる父がつらい』『his』ほか

登壇者コメントは順次掲載

最優秀新進男優賞
2020年度最も飛躍した男優、もしくは顕著な活躍をした新人男優を表彰

北村 匠海
『サヨナラまでの30分』『思い、思われ、ふり、ふられ』『影踏み』ほか

登壇者コメントは順次掲載

 宮沢 氷魚
『his』

登壇者コメントは順次掲載

特別賞
映画ファンを魅了した事象に対し表彰

 岩井澤健治監督、及びスタッフ・キャスト一同
『音楽』

登壇者コメントは順次掲載

 城定秀夫監督、及びスタッフ・キャスト一同
『アルプススタンドのはしの方』

登壇者コメントは順次掲載

最優秀女優賞
2020年度最も心に残った女優を表彰

 長澤 まさみ
『MOTHER マザー』『コンフィデンスマンJPプリンセス編』

登壇者コメントは順次掲載

 水川 あさみ
『喜劇 愛妻物語』『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』『ミッドナイトスワン』

登壇者コメントは順次掲載

最優秀男優賞
2020年度最も心に残った男優を表彰

 濱田 岳 
『喜劇 愛妻物語』『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』『コンフィデンスマンJPプリンセス編』ほか

登壇者コメントは順次掲載

 福山 雅治
『ラストレター』『マチネの終わりに』

登壇者コメントは順次掲載

最優秀作品賞
2020年度最も活力溢れる作品の監督及びスタッフ・キャストに対し表彰

『ラストレター』
  岩井俊二監督、及びスタッフ・キャスト一同

登壇者コメントは順次掲載

『海辺の映画館-キネマの玉手箱』
 大林宣彦監督、及びスタッフ・キャスト一同

登壇者コメントは順次掲載

2時間半におよぶ授賞式の最後には恒例の登壇者全員での記念撮影。新型コロナウィルス感染防止対策としてソーシャルディスタンスの確保と飛沫防止パーティション設置のため、今年は総勢30名を15名ずつ2組に分けてフォトセッションを行い、第12回TAMA映画賞授賞式は終了した。

【写真】第12回 TAMA映画賞 授賞式 (フォトセッション)

[スチール撮影・記者: Cinema Art Online UK]

フォトギャラリー📸

スライドショーには JavaScript が必要です。

イベント情報

第12回 TAMA映画賞 授賞式

■開催日: 2020年11月29日(日)
■会場: 府中の森芸術劇場 どりーむホール
■登壇者:
★プレゼンテーター(TAMA映画フォーラム実行委員会): 竹内昇(委員長)、阿部裕行(名誉会長/多摩市長)、高野律雄(府中市長)、牧田和久(公益財団法人多摩市文化振興財団 代表理事)
★受賞者: 大林恭子プロデューサー、奥山和由プロデューサー、常盤貴子、厚木拓郎、細山田隆人、細田善彦、吉田玲、岩井俊二監督、福山雅治、濱田岳、水川あさみ、大森立嗣監督、城定秀夫監督、小野莉奈、西本まりん、中村守里、平井亜門、目次立樹、岩井澤健治監督、宮沢氷魚、北村匠海(ビデオメッセージ)、松本穂香 、森七菜、HIKARI監督、ふくだももこ監督
■司会者: 宇佐美瞳、片野晴道

TAMA映画賞 公式サイト

http://www.tamaeiga.org/award/

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る