映画「彼らが本気で編むときは、」

映画「彼らが本気で編むときは、」

母から子へ作りもののおっぱいを本物に変える深愛

代表作「かもめ食堂」「めがね」で独自の世界観を築いた荻上直子監督。本作は、セクシュアル・マイノリティの女性を主人公にした“荻上直子第二章”とも言える作品だ。第67回 ベルリン国際映画祭のパノラマ部門にてプレミア上映され、LGBTをテーマにした全37作品中最も優れた作品に与えられるテディ賞審査員特別賞(TEDDY Special Jury Award)を 受賞した。これは、同賞が創設されて31年目にして、日本映画“初受賞”の快挙である。また、同部門で観客賞(2nd place)もダブル受賞している。

ストーリー

小学5年生の女の子トモ(柿原りんか)は、シングルマザーのヒロミ(ミムラ)から十分な愛情を感じていない。何度目かのヒロミの蒸発に、いつも通り叔父のマキオ(桐谷健太)の家に向かうと、出迎えてくれたのは、トランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)だった。初めは警戒心むき出しのトモだったが、温かな食事や居場所を与えてくれるリンコに少しずつ心を開きはじめる。性別適合手術を終え、戸籍以外は女性であるリンコは、トモに母性に近い愛情を抱く。このまま3人で家族になれたらいいのに……リンコとマキオの思いが増す中、突如ヒロミが帰って来る。

映画「彼らが本気で編むときは、」

みどころ

この映画は、多様な家族の愛を描く。自身も双子の母である荻上監督は、海外に比べて日本はセクシュアル・マイノリティを公にする人が少いことに海外生活を終え違和感を抱いたという。日本ではいまだ、男女とは異なるセクシュアルの事実をオープンにしにくい。家族ですらも簡単には受け入れられないかもしれない。しかし、自分とは異なるからといって間違っていることはない。多様な価値観を受け入れよう、そんなメッセージがこめられている

映画「彼らが本気で編むときは、」

生田斗真が好演するリンコの美しさは、外見だけでなく内側から溢れだすようだ。たくさん傷ついてきたであろうリンコは、その分強く優しい

リンコは、悲しいことや悔しいことがあると、編み物をすることで自分の気持ちを昇華してきた。劇中では、ある目的のために“煩悩”と呼ぶ細長い“あるもの”をいくつも編んでいる。リンコひとりだった“煩悩”作りにトモやマキオが加わり、一緒に編む時間が大切な日常となっていく。

トモはリンコに、母から子に与えられるはずの無償の愛とぬくもりを感じ、愛情に飢えていたことに気が付く。リンコとは対称的に、マキオはまるで人にするようにトモと対等に接する。異なる二人の存在は、身近な大人がヒロミだけの小さな世界にいたトモ変化を与えしかし、根本は変わらない。

「自分の生まれ年のコインを持っていると幸せになれるのだ」とコインを差し出すリンコに、「嘘だ。でも、もらっておく」というトモ。庇護される存在であると同時に、トモ自分の価値観を持つ一人の人間だ。

映画「彼らが本気で編むときは、」

トモを度々置き去りにするヒロミを、マキオは「間違える」と表現する。間違えてしまった後、どうするか。トモの元へ戻ってきたはいいけれど、ヒロミからトモへの愛情に疑問を感じる人もいるかもしれない。映画が示一つの答えが腑に落ちる人ばかりではないと思う。トモに自分の子供時代を重ねるならばなおさらだ。子どもの幸せは、大人の物差しで決めるものではないのだろう。

映画「彼らが本気で編むときは、」

© 2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会

映画作品情報

映画「彼らが本気で編むときは、」

第67回 ベルリン国際映画祭 パノラマ部門
テディ賞審査員特別賞&観客賞(2nd place) ダブル受賞
 
邦題: 彼らが本気で編むときは、
英題: Close-Knit
脚本/監督: 荻上直子

出演: 生田斗真、桐谷健太、柿原りんか 他
配給: スールキートス
公開日: 2017年2月25日

© 2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会
 
映画『彼らが本気で編むときは、』全国公開中!
 

映画公式サイト

公式Facebook: https://www.facebook.com/kareamu/
公式Twitter:
@kareamu

この記事の著者

宮﨑 千尋

宮﨑 千尋ライター

一番古い映画に関する記憶は、姉と「天使にラブソングを...」ごっこをして遊んだこと。
10代後半でひとり暮らしを始めてから、ひとり映画にどっぷりはまっている。
映画館の独特な雰囲気を好み、休みの日にはミニシアターや小さなカフェで行われる自主上映にも足を運んでいる。

★好きな映画
『天使にラブソングを...』 (Sister Act) [監督: Emile Ardolino 製作:1992年/米]
『アバウトタイム~愛おしい時間について~』 (ABOUT TIME) [監督: Richard Curtis 製作: 2013年/英]
『シックスセンス』 (The Sixth Sense) [監督: M. Night Shyamalan 製作: 1999年/米]

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

映画「メッセージ」(原題:Arrival) メインビジュアル

2017-5-25

映画「メッセージ」 (Arrival)

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る