映画『恋は雨上がりのように』倉田みずき役 山本舞香インタビュー

【写真】山本舞香(やまもと まいか)

映画『恋は雨上がりのように』

倉田みずき役 山本舞香インタビュー

年の差恋愛、応援します!

「その人は、どしゃぶりの心に傘をくれた」
2014年の連載開始から、瞬く間に話題となった恋愛コミック『恋は雨上がりのように』は、登場人物たちの繊細な心情を描いたストーリーが共感を呼び、各マンガ賞に軒並みランクインしている。

そんな大注目のコミック“恋雨(こいあめ)”が、待望の実写映画化され、2018年5月25日(金)よりTOHOシネマズ新宿ほか全国公開される。

【画像】映画『恋は雨上がりのように』メインカット[橘あきら(小松菜奈)&近藤正己(大泉洋)]

主人公の女子高生【橘あきら】を演じるのは、話題作に次々と出演する若手実力派女優・小松菜奈。そしてその【あきら】に片想いされるさえないファミレス店長【近藤正己】を演じるのは映画、ドラマ、アニメーション声優など多方面で活躍する大泉洋。そして、清野菜名、磯村勇斗、葉山奨之、松本穂香、山本舞香、濱田マリ、戸次重幸、吉田羊ら若手からベテランまで実力派キャストが集結。映画『世界から猫が消えたなら』(2016年)、映画『帝一の國』(2017年)の永井聡監督が、登場人物たちの不器用だけれども真っ直ぐな想いを丁寧に描き、観る人の胸を打つ作品を作り上げる。

【画像】映画『恋は雨上がりのように』場面カット6[橘あきら(小松菜奈)&倉田みずき(山本舞香)]

主人公のあきらのことを密かに目標にしてきた他校の陸上部員・倉田みずき役で出演している山本舞香さんが、2018年3月31日(土)横浜アリーナにて開催された「マイナビ presents 第26回 東京ガールズコレクション2018 SPRING/SUMMER」(以下:TGC)に出演した際、ランウェイに登場する直前の山本さんに、TGCに参加したシネマアートオンラインのティーンズメンバーがインタビュー!
ティーンズメンバーの、映画『恋は雨上がりのように』にちなんだ質問に笑顔で応えてくれた。

【写真】山本舞香(やまもと まいか)

―― 映画『恋は雨上がりのように』では、山本さんは陸上部員の役ですが、ご自身の学生時代は部活に入っていましたか?

私は、ソフトボール部に所属していました。楽しかったです!

―― 運動部だったのですね。とても肌が白いから驚きました。

私はすぐに焼けてしまって、赤くなってから黒くなるタイプです。

―― 日焼けする肌には全く見えないです。映画では、密かに主人公を目標にしている陸上部のエースという役柄ですが、山本さんが“これなら絶対負けない!エースを取れる!”と言えるものはありますか?

小学校1年生の時から習っている空手です。
より身体を動かすスポーツということでしたら、球技が得意です。

【写真】山本舞香(やまもと まいか)

―― もし、身近な人が小松菜奈さん演じる【あきら】のように17歳と45歳という年の差で恋に落ちてしまったらどう感じますか?

応援します!素敵だなと思います。

―― 相談されたとしたら、どのようにアドバイスされますか?

全力で相談には乗りますが、【あきら】たちのような年の差恋愛の経験はないので、自分が言える範囲の言葉でアドバイスします。

―― 最後に、映画などで今後やってみたい役はありますか?

昨年アクションをやっていないので、今年はやりたいです!

【写真】TGC2018 S/S 山本舞香 × 瑞慶山日向 with シネマティーンズ(るい、もえ、ほま)

ランウェイに登場される前にインタビューに応じてくださった山本舞香さん。これから登場するランウェイについて「初めての経験なのでとても緊張しますが、楽しみながら、堂々と歩きます!」とコメント。

ランウェイでは、ファッションブランド「WEGO」の服に身を包み、初めての経験とは思えないほど、とても堂々とした姿で観客を魅了していた。

【写真】マイナビ presents 第26回 東京ガールズコレクション 2018 SPRING/SUMMER (TGC2018 S/S) 山本舞香

 

映画『恋は雨上がりのように』でも、主人公【あきら】に憧れる他校の陸上部員のエース、倉田みずき役として、堂々とした演技で魅了してくれると期待は高まるばかりだ。

[インタビュー: 瑞慶山 日向 with シネマティーンズ(もえ、るい、ほま)]
[スチール撮影: 坂本 貴光 / ライター: 大石 百合奈]

プロフィール

山本 舞香 (Maika Yamamoto)

1997年10月13日生まれ。鳥取県出身。
フリーペーパー『鳥取美少女図鑑』Vol2に登場後、現事務所にスカウトされる。
2011年、初オーディションで三井のリハウス第14代目リハウスガールに選ばれる。
同年7月クールのドラマ『それでも、生きてゆく』で女優デビュー。
映画『桜ノ雨』(2016年)で、劇場用映画初出演を果たし、その後、『暗殺教室・卒業編』、『殿、利息でござる!』(2016年)、『ひるなかの流星』、『未成年だけどコドモじゃない』(2017年)他に出演ほか、『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(2018年8月31日公開予定)、『ギャングース』(2018年秋公開予定)など、今後も出演作品が続々と公開される。
また7月期連続ドラマ、TBS金曜22時~「チア☆ダン」の出演も決定している。

【写真】山本舞香(やまもと まいか)

山本舞香 直筆サイン入りチェキ CAO読者限定プレゼント

主演・山田杏奈さん直筆サイン入りチェキを2名様限定でプレゼント!!
(詳しくは下記へアクセス)

映画『恋は雨上がりのように』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『恋は雨上がりのように』メインカット[橘あきら(小松菜奈)&近藤正己(大泉洋)]

《ストーリー》

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。
偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。
それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。バツイチ子持ちで、ずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて……
あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤
しかし近藤への想いを抑えきれなくなったあきらは、ついに近藤に告白する。
近藤は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず―
真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

 
出演: 小松菜奈、大泉洋、清野菜名、磯村勇斗、葉山奨之、松本穂香、山本舞香、濱田マリ、戸次重幸、吉田羊監督: 永井聡
 
原作: 眉月じゅん『恋は雨上がりのように』(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)
脚本: 坂口理子
音楽: 伊藤ゴロー〈参加アーティスト〉の子/mono(神聖かまってちゃん)、柴田隆浩(忘れらんねえよ)、澤部渡る(スカート)
主題歌:「フロントメモリー」鈴木瑛美子×亀田誠治(ワーナーミュージック・ジャパン)
制作プロダクション: 東宝映画、AOI Pro.
配給: 東宝
2018年 / 日本 / カラー
© 2018「恋は雨上がりのように」製作委員会  © 2014 眉月じゅん/小学館
 
2018年5月25日(金)より
TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @koiame_movie  #恋雨
公式Instagram: koiame_movie

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Google+

Twitter

ページ上部へ戻る