『映画 太陽の子』公開初日舞台挨拶 レポート

【写真】『映画 太陽の子』公開記念舞台挨拶 (柳楽優弥、有村架純、黒崎博監督)

『映画 太陽の子』公開初日舞台挨拶

日米合作で10年以上もの構想を経て製作された作品がついに公開!

主演・柳楽優弥有村架純三浦春馬の豪華共演で、”日本の原爆開発”を背景に、時代に翻弄されながらも全力で駆け抜けた若者たちの、等身大の姿を描いた青春グラフィティ『映画 太陽の子』が8月6日(金)公開初日を迎えた。

【画像】『映画 太陽の子』メインカット

太平洋戦争末期に存在した「F研究」と呼ばれる“日本の原爆研究”。その事実を基に、時代に翻弄されながら全力で駆け抜けた若者たちの、等身大の姿を描いた青春群像物語。監督・脚本はNHK大河ドラマ「青天を衝け」など多くの話題作を手がける名手・黒崎博。彼が10年間大切に温め続けたこの企画に共鳴し、柳楽優弥有村架純三浦春馬田中裕子國村隼イッセー尾形山本晋也、そしてピーター・ストーメアが参加。音楽には第81回アカデミー賞®5部門ノミネートの『愛を読むひと』(2008年)のニコ・ミューリー、サウンドデザインに『アリー/ スター誕生』(2018年)のマット・ヴォウレスと、ハリウッドスタッフが続々と参加。さらに主題歌を、製作陣の熱い想いを受け止めた福山雅治が担当し、心に沁みるバラード「彼方で」で物語を深く彩る。

公開初日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた公開初日舞台挨拶に、主演の柳楽優弥有村架純黒崎博監督が登壇。上映を観終えたばかりの観客に拍手で迎えられた。

【写真】『映画 太陽の子』公開記念舞台挨拶 (柳楽優弥、有村架純、黒崎博監督)

広島の原爆投下から76年となる日に公開🎞

原爆研究という極秘任務に情熱を燃やす主人公の科学者・石村修を演じた柳楽は「本日はありがとうございます!2年前に撮影を終えて、いよいよ今日初日を迎えられて皆様にお届けできて嬉しく思います!」と無事公開を迎えられたことへの喜びのコメント。

【写真】『映画 太陽の子』公開記念舞台挨拶 (柳楽優弥)

続いて、柳楽と三浦が演じた石村兄弟の幼馴染・朝倉世津を演じた有村は「2年前に撮影をしていて、公開まではあっという間だなという思いと、今日が広島に原爆が落とされた日ということで、そんな日にこの映画が公開できることが意味があるなと改めて思います」と本作の“原爆開発“というテーマと深い関係を持つ8月6日の公開となったことにも触れ、感慨深く挨拶。

【写真】『映画 太陽の子』公開記念舞台挨拶 (有村架純)

構想10年以上、膨大なリサーチの上で情熱の全てを注いで作り上げた映画がついに公開を迎えた黒崎監督は、「こんなにたくさんの方々に集まっていただけて、胸がいっぱいな思いです。この企画を考え始めてから12~13年を要してしまったので、こうして大きなスクリーンで観ていただけて、そしてキャストのみんなとここに立つことができて光栄です」と思いを明かした。

【写真】『映画 太陽の子』公開記念舞台挨拶 (黒崎博監督)

幼馴染を演じた柳楽・三浦・有村の3人
絶妙なキャスティングに称賛の声が続出

公開前に試写会で一足先に鑑賞した人からも“メインの3人の演技が素晴らしい”という声が続出している本作。過去に共演経験があったからこそ兄弟・幼馴染という関係性が自然と演じられたというその演技について柳楽は「本当にたくさん思い出があるんですけど、3人と監督たちで食事に行ったり、撮影していない時も距離感が役柄と似ている感じでした。中でも京都の川沿いを僕と春馬くんが一緒に走っているシーンで、春馬君の体力がタフで僕が追いつけなかった。その様子そのものが劇中のキャラクター性とリンクしていて好きなシーンです」と振り返る。黒崎監督も「春馬くんは体力が無限にあるのかと思うくらいタフ。3テイク目まで走った時に柳楽くんが『もう無理です』って言うくらい(笑)」と三浦のタフさに太鼓判!

【画像】『映画 太陽の子』場面カット

石村兄弟の密かな想い人であり、戦時下であっても一人未来を見据えて生きる世津を演じた有村は柳楽と三浦の2人について「柳楽さんと一緒に過ごして思ったのは周りを巻き込む力が強い方だなと。そこにいるだけで周りがどんどん吸い込まれていくような、空気が変わるってこんな感じなんだなと思いました。春馬さんはまたそれとは違って、色んな空気とか個性とかを全て調合して新しいものを作ってくれるという雰囲気を感じて。春馬さんはどこに行ってもみんなが気持ち良い空気が作れる役者さんだと感じました」と異なる個性を持った“兄弟”を幼馴染目線で振り返る。

【画像】『映画 太陽の子』場面カット

この絶妙なキャスティングについて黒崎は「こうやって台詞で演じて作るという以前に、それぞれの俳優さんが持っているもの、準備してくれているものでスタートがかかる前に大事なセッションが始まっているということを現場で感じて撮影していました」と幼馴染たちの絶妙な空気感の裏話を明かした。

撮影当日の朝に突然渡された台本
数式を頑張って憶えた柳楽優弥

ここでスクリーンに映画の場面カットを映し出し、そのシーンについて語るパートに突入。まず始めは柳楽演じる主人公の修が黒板に数式を書き進めて、書ききれなくなって壁や棚のガラスにまで書き進めてしまうというシーン。

【画像】『映画 太陽の子』場面カット

このシーンは撮影当日の朝に突然追加台本を渡されたことをMCに聞かれると、柳楽は「数式を憶えなきゃいけないんですけど、みんなで頑張りながら覚えていきました。書き方でも、京大生の日々書いている“慣れ”が出るみたいで、そういうところも教えていただきました」と突然の難しい注文にも前向きに取り組んだことを明かすと、黒崎は「どうしても直前に思いついてしまうということがあって、柳楽くんはすごく準備をしてくれる俳優さんでもあるけど、反射神経の方でもあるので、お芝居としては面白いと思ってくれるんじゃないかなと思って…」とフォローする一面も。

【写真】『映画 太陽の子』公開記念舞台挨拶 (柳楽優弥、有村架純、黒崎博監督)

京丹後の美しい海での楽しいひと時
幼馴染の空気感はすでにできていた3人

次は3人が京丹後の美しい海でひと時の夏休みを過ごすシーン。有村は「すごく大きな蜂の巣があって。カメラには映る場所ではなかったんですけど、私が出番を待つところにちょうどあって。『蜂の巣があります』っていう話をしたら現場のスタッフさんが頑張って取ってくださって、みんな救われました」と衝撃的なエピソードを披露すると、柳楽も「砂浜から蜂が“ピュッ”と出てくるくらい蜂がいました」とコメント。

【写真】『映画 太陽の子』公開記念舞台挨拶 (柳楽優弥、有村架純、黒崎博監督)

そんな裏話もありつつ、「京丹後の海の色が本当にキレイで脱いで入りたくなるような。このシーン自体もまだみんなの心にこみ上げてくるものが爆発する前だったので、純粋に楽しかったな」と戦時下での安らかなひと時を演じたシーンを懐かしく振り返った。

【画像】『映画 太陽の子』京丹後の海でのロケ(柳楽優弥、三浦春馬、有村架純)

有村も「京都ロケの最初の方に撮った記憶があるんですけど、初めて3人の幼馴染の空気感が出るシーンで、3人が子供に返ったような気持ちで過ごす重要なシーン。でも、すでに空気感ができていて、アドリブもやりとりの中にあったり、印象に残っているシーンです」と幼馴染の限られた楽しい時間を大切に過ごしたことが明かされた。

【写真】『映画 太陽の子』公開記念舞台挨拶 (柳楽優弥、有村架純、黒崎博監督)

田中裕子と三浦春馬の素晴らしい演技
兄を演じた柳楽優弥は複雑な心境で見ていた。

最後はこちらも反響が大きかった田中裕子演じる母・フミが戦地に戻る三浦春馬演じる弟・裕之を見送るシーン。

【画像】『映画 太陽の子』場面カット

このシーンについて有村は「段取りから現場で見ていて、この時の田中さん演じられたフミさんは一言も発していないんです。私も日ごろから台詞のない部分を大事にしているんですけど、改めて言葉で表現できない思いっていうのがあるんだなと確信しました。より自分自身も台詞に囚われず、言葉以外の思いをもっと熱量を高めて表現していきたいなと勉強させてもらったシーンです」と田中裕子のセリフなしの演技の素晴らしさについて語ると、柳楽も「裕子さんの演技も勿論なんですけど、やっぱり春馬くんの雰囲気っていうのも素晴らしいなと見ていました。修として、ただ応援しているだけではなく複雑な心境でした。シンプルな心理状態じゃないところが後半は多かったです」と劇中の原爆開発に携わる兄・修と、いつ命を落とすか分からない戦地に戻る弟・裕之という兄弟の関係性も踏まえて、弟への複雑な気持ちを振り返った。

【写真】『映画 太陽の子』公開記念舞台挨拶 (柳楽優弥、有村架純、黒崎博監督)

アインシュタインを演じたピーター・ストーメアから手紙が到着✉

ここで日米共同制作である本作の重要なキャストのひとりである科学者・アインシュタインを演じたピーター・ストーメアから届いた手紙をMCが代読。

 

オーディエンスの皆さん、ようこそ。今夜は参加できず申し訳ございません。しかしながら、私の愛する妻と娘は参加させていただいております。もちろん、私の魂も皆さんと共にここにあります。

この作品は、才能あふれる黒崎監督の情熱から生まれたものです。日本、そして米国から様々な人々が参加し、この価値のある映画が作り上げられました。この作品に参加できたことは、私にとっても名誉なことであります。他の作品の撮影の最中に本作ナレーション収録がカナダのトロントで行われました。私が参加できるよう、黒崎監督はわざわざカナダまでお越しくださいました。

我々人類が学ばなければいけないこと、そして、その学びから明るく希望溢れる未来を創造していかなければいけないことを伝えるこの作品に参加でき、自分自身を誇りに思いますし、とても嬉しく思います。

是非『映画 太陽の子』をお楽しみください。お越しいただきありがとうございました。

愛をこめて。 ピーター・ストーメア

 

ピーターの声の出演について黒崎は「最後の最後に揃っていないピースのようだったんです。どうしても柳楽君演じる修の心の中の対話の相手としてピーターさんの声が欲しいと思って諦めかけた瞬間もあったんですけど、急遽トロントで半日だけ時間がもらえるということになり、撮影しました。ご家族が広島の方ということもあって、愛を込めて演じてくださいました」と行動力が叶えた奇跡の出演を振り返ると、実際にその対話相手を演じた柳楽は「撮影していく中で日米合作というのがすごく気になっていて、(原爆開発が)どういう視点で見られるんだろうと思っていたので対話のシーンは、現場で“英語で話すこと”を提案させていただきました」と柳楽からの画期的な提案で英語での対話という本作を象徴するシーンが完成したことが明かされた。

【写真】『映画 太陽の子』公開記念舞台挨拶 (柳楽優弥、有村架純、黒崎博監督)

登壇者3人からそれぞれラストメッセージ

舞台挨拶の最後に登壇者3人からメッセージ。黒崎監督は「この難しいテーマをはらんだ物語ですけど、敵と味方の話ではなくて、それを超えたところで人間みんなの問題として観てもらえる映画にしたいと思って日本人だとか何人だとかを超えて理解して感じてもらえるように演じていこうとキャストの皆さんとも話しました」と本作に込めた思いを明かす。続けて、「こうしてここに立って、正直に申しますと『足りないんじゃないか。春馬くんが何でここにいないんだろう』と思います。このことをコメントすることはとても難しいですが、きょうはそれをお伝えしたいです。ただ観ていただいた皆さんに感じていただけたたら嬉しいのは、スクリーンの中に一緒に走り切ったその姿は完全に残っていて、今でも、こうやって僕たちが話していてもリアルタイムにお互いを感じながら話をすることができるっていうのはすごい幸せなことだと思います。柳楽くんも有村さんも春馬くんもその他のキャストみんなで言いたかったのは、どんな難しい状況でも最後は生きて、生きて、生き抜くことしかないということ、バカみたいにストレートなメッセージだけは少しでも皆さんに届くと、残ると、こんなに嬉しいことはないなと思います」と観客に向けて力強くメッセージを送った。

【写真】『映画 太陽の子』公開記念舞台挨拶 (黒崎博監督)

続く有村も「この作品においては本当に沢山の伝えたいメッセージというものがあって、戦時下の話ではありますが、当時生きた若者たちが未来を作るために懸命に生き抜いていく青春のお話でもあります。今は先行きが不透明で、なかなか未来のことを考えるのも疲労してしまうような状況ではあると思うんですけど、考えることを諦めてしまうのは私としては心苦しいなと思うので、春馬さんもよく仰っていた『自分たちの仕事・役目は想像力を届けることだ』ということを改めて自分も皆さんと一緒に考えていけたら嬉しいなと思います」と一緒に舞台に立つことが叶わなかった三浦の言葉を挙げながら、締めくくった。

【写真】『映画 太陽の子』公開記念舞台挨拶 (有村架純)

最後は、主演の柳楽から「こういう状況の中で来ていただいたことにまず感謝です。この映画があるということが大事だなと思います」と感謝の気持ちを伝えつつ、「きょう、広島で行われた式典で小学生のスピーチがとても印象に残っています。『別れるというのは出会えなくなるからではなく、忘れられるからです』ということを仰っていてすごく腑に落ちました。人に対しても、歴史に対しても、“忘れていくこと”が一番怖いなと感じました。こういう風に映画を通して、皆さんに伝えていくことが平和への第一歩なのかなと思いました」と本作に込めた熱い思いを誠実に語り、舞台挨拶を締めくくった。

【写真】『映画 太陽の子』公開記念舞台挨拶 (柳楽優弥)

『映画 太陽の子』公開初日舞台挨拶 インスタライブ配信🎥

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

『映画 太陽の子』公式(@taiyounokomovie)がシェアした投稿

フォトギャラリー📸

スライドショーには JavaScript が必要です。

イベント情報

『映画 太陽の子』公開初日舞台挨拶

■開催日: 2021年8月6日(金)
■会場: TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン7
■出演者: 柳楽優弥、有村架純、黒崎博監督
■MC: 伊藤さとり

【写真】『映画 太陽の子』公開記念舞台挨拶 (柳楽優弥、有村架純、黒崎博監督)

『映画 太陽の子』予告篇

映画作品情報

【画像】『映画 太陽の子』キービジュアル

《ストーリー》

僕らは、未来を作っていると思ってた――悩んで、泣いて、笑った3人の300日!

戦況が激化し、最終局面を迎えた1945年の夏。軍から密命を受けた京都帝国大学・物理学研究室で研究に勤しむ実験好きの若き科学者・石村修(柳楽優弥)と研究員たちは、「今研究しているものが完成すれば、戦争は終わる。世界を変えられる」と、託された国の未来のために情熱的に原子核爆弾の研究開発を進めていた。研究に没頭する日々が続く中、建物疎開で家を失い、修の家に住むことになった幼馴染の朝倉世津(有村架純)。時を同じく、修の弟・裕之(三浦春馬)が戦地から一時帰宅し、3人は久しぶりの再会を喜んだ。3人でのひとときの幸せな時が流れる中、戦地で裕之が負った深い心の傷を垣間見た修と世津。一方で物理学研究の楽しさに魅了されていた修も、その裏側にある破壊の恐ろしさに葛藤を抱えていた。そんな二人を力強く包み込む世津はただ一人、戦争が終わった後の世界を考え始めていた。それぞれの想いを受け止め、自分たちの未来のためと開発を急ぐ修と研究チームだが、運命の8月6日が訪れてしまう。日本中が絶望に打ちひしがれる中、それでも前を向く修が見出した新たな光とはーー?

 
出演: 柳楽優弥、有村架純、三浦春馬、イッセー尾形、山本晋也、ピーター・ストーメア、三浦誠己、宇野祥平、尾上寛之、渡辺大知、葉山奨之、奥野瑛太、土居志央梨、國村隼、田中裕子
監督・脚本: 黒崎博
音楽: ニコ・ミューリー
 
プロデューサー: コウ・モリ、土屋勝裕、浜野高宏
エグゼクティブプロデューサー: 井上義久、山口晋、佐野昇平、森田篤、松井智、有馬一昭、東原邦明
共同プロデューサー: 山岸秀樹、松平保久、淺見朋子 
ラインプロデューサー: 小泉朋
撮影: 相馬和典
照明: 鈴木岳
録音: 弦巻裕
美術: 小川冨美夫
衣装: 宮本茉莉
ヘアメイク: 永江三千子
スクリプター: 天池芳美
助監督: 柿田裕左
制作担当: 篠宮隆浩
キャスティング: おおずさわこ
編集: 大庭弘之
サウンドデザイン: マット・ヴォウレス
カラリスト: アロン・ピーク
VFXスーパーバイザー: オダイッセイ
制作: KOMODO PRODUCTIONS
宣伝: KICCORIT
配給: イオンエンターテイメント
製作: 「太陽の子」フィルムパートナーズ 
 
Presented by ELEVEN ARTS STUDIOS / NHK
 
© 2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナーズ
 
2021年8月6日(金)、未来へ!
 
映画公式サイト
 

『映画 太陽の子』完成披露上映会舞台挨拶 レポート

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る