映画「咲-Saki-」 原村和役 浅川梨奈 単独インタビュー!

映画 「咲-Saki-」 原村和役 浅川梨奈

映画『咲-Saki-』 
原村和役のSUPER☆GiRLS 浅川梨奈さんにインタビュー!! 

『咲-Saki-』は10代にも映画館で観て貰いたい! 

2016年12月からテレビドラマシリーズが放送され、続編となる劇場版が2月3日に全国公開を迎えた『咲-Saki-』。
インタビュー第2弾として、主人公の宮永咲(浜辺美波)が入部する清澄高校麻雀部の部員で咲の盟友かつライバル原村和(はらむらのどか)役を演じたSUPER☆GiRLSの浅川梨奈さんに同じ10代のティーンズ記者コンビが『咲-Saki-』への出演について話を聞いた。

― 実写化し、さらには出演が決まったと聞いて率直にどんなことを思いましたか?

元々原作を知っていたので「まじかっ!」って思ったし、私でいいのかなって思ったんですけど、私は2.5次元というかアニメや漫画が好きなので実写物に出てみたいっていう思いもあったし、やりたかったことの一つなので正直、素直に嬉しかったです。不安もあったんですけど、何より頑張らないとっていう方が強かったので「やらなきゃ」って思いました。

映画 「咲-Saki-」 原村和役 SUPER☆GiRLS 浅川梨奈
 

― 浅川さんが現役高校生で演じた原村和も高校生ってことで親近感が湧いたと思うんですけど、役が入りやすかったとか共感できる!って思った部分はありましたか?

私とのどか (原村和)は真反対の性格でこんなにおしとやかじゃないし、お嬢様っぽくもないし、あんな可愛いらしい感じでもないから正直、同じ部分を見つけるのが一箇所しかなくて。のどかちゃんは麻雀がすごく大好きで、すごく愛しててっていう女の子なんですけど、私自身もアイドルが大好きで、アイドルを愛してる。っていうところがすごく似てて。でも、ののかちゃんの好きになるものは私も好きになりたい!と思って麻雀を勉強しました。そしたら、麻雀にハマっちゃって、今ではアプリを取ってやったりもしてます!(笑)

― 麻雀は、難しく、覚えづらそうって言うイメージがあるんですけど、どうやって覚えたんですか?

まずはじめに、麻雀の本をもらってそこから実際に牌(パイ)を触らせてもらって。でもぶっちゃけ本もらっても、説明書が読めないので全然意味が分からなくて…(笑)

だから、アプリを取ってやることにしたんです!そしたらだんだんわかるようになっていきました。点数計算っていうのはまだできないんですけど、、どうやったら点数が高くなるっていうのは分かるので、もう浅川梨奈としてもハマっちゃってますね。あと、家の近くに近所のおじいちゃんおばあちゃんが集まる雀荘があるんですけど、大人になったらその方々と打ってみたいです。独特な打ち方で強かったりして楽しそうだなって想像しちゃいますね。咲の中もキャラクターによって打ち方のスタイルが違って、のどかちゃんはすごくシンプルな打ち方なのでそれを練習しました。

映画 「咲-Saki-」 原村和役 SUPER☆GiRLS 浅川梨奈
 

― 麻雀覚える上で苦労したところはなんですか?

覚えるのもそうだけど実際に牌を持つこと自体がすごく難しくて、重ねたり倒したりとか。打つ動作一つでも形だったりとか慣れてないとスムーズじゃなかったりとかあるのでそれがめっちゃ難しかったです。ドンジャラに似てる感じはあるけど麻雀の方が難しくて牌はドンジャラより少し大きくて重いんですよ!

― 今回TVドラマに続いての映画公開で『咲-Saki-』を皆さんに観てもらう機会が多いと思いますが、どこに注目してほしいですか?

やっぱり、ドラマも観て映画も観てほしいです。ドラマの方ではののかちゃんは咲のことをライバル意識でバチバチなんですけど、どんどん心開いて受け入れてくっていう心情の変化、成長過程が描かれてて、映画では成長過程からのストーリーで進化していくっていうことが描かれてているのでそこを踏まえて見てほしいです。あと、咲のキャラクターって原作で人間離れしてる技が使われてて、それを再現したりとかしているのでいろんな成長過程を観ていただけたらなと思ってます。

― 撮影中の秘話とかありますか?

すごく大変でした。現場は朝から夜までとかだったんですけど、みんなすごく笑っててすごく楽しくて。3泊4日でロケをした時もみんな疲れてるのにみんな笑ってたし、スタッフさんとかは私たちより寝てないから、私たちも弱音はいてられないなと思って目をこじ開けてました!結構みんなルーズでスタッフさんは「のどか行くよー!!」とか叫んでましたね。(笑)

私、学校の行事ごととか修学旅行とかなかなか参加できなかったので学校ってこんな感じなのかなってすごく楽しかったです!

映画 「咲-Saki-」 原村和役 SUPER☆GiRLS 浅川梨奈
 

― ズバリ、『咲-Saki-』の見どころをお願いします!

今回は、原作を重視して現場でも何かある度にマンガ持ってきて!って監督さんが言っててここ、セリフ一文字違う!とか原作を本当に大切にてるので原作ファンの方もこのシーンだ!とか思ってもらえると思います。

麻雀は大人な遊びっていうイメージが強いけど部活で麻雀をやるっていう世界だから麻雀っていいものだって思ってもらえると思うし、スポーツ部とかみたいに全国大会目指してみんなで頑張ってくっていう熱い戦い、青春ものでもあるから10代の心にも刺さるものがあるといいなと思うので観に行っていただけたらなと思います。

― 私達の周りでは最近映画館へ足を運ぶ10代が減ってきているように感じるのですが、同じ10代の子へ映画館のスクリーンで映画を観ることついて何かメッセージをお願いします。

えー!そうなんですか!?知らなかった。私一人でも観に行くのに!!(笑)
学生のうちっていつでも映画1,000円だから今のうちに行くべきだと思う。あの大きいスクリーンで観ることによって音響とかも家で観たりする時よりいいし、その時に感じる体に感じること、大きいスクリーンでしか観れない細かい顔の表情とかもあるから。
でも、映画館へ足を運んでもらえるような作品を作れるように頑張らないとって思います。

[インタビュー: 瑞慶山 日向&新宮さきな]
[撮影: 平本 直人]

映画『咲-Saki-』浅川梨奈 動画メッセージ

 

プロフィール

浅川梨奈 (Nana Asakawa) 
[SUPER☆GiRLS]

1999年4月3日生まれ、埼玉県出身。
2014年にSUPER☆GiRLSの2期生メンバーとして加入。個人でもグラビア、バラエティ番組と多彩に活躍中。
映画『鐘が鳴りし、少女は銃を撃つ』(2014年)で主演を務め、第29回東京国際映画祭でワールドプレミア上映され、12月24日公開の映画『14の夜』(2016年)にも出演している。

映画 「咲-Saki-」 原村和役 浅川梨奈

 

映画「咲-Saki-」作品情報

劇場版 「咲-Saki-」 ポスター

出演: 浜辺美波 浅川梨奈 廣田あいか 古畑星夏 山田杏奈
加村真美 樋口柚子 星名美津紀 吉﨑 綾 武田玲奈 ・ 岡本夏美 あの 大西亜玖璃 長澤茉里奈 山地まり
永尾まりや 柴田杏花 小篠恵奈 金子理江 菊地麻衣 / 玉城裕規 長谷川朝晴 佐野ひなこ / 夏菜
 

原作: 小林 立 (掲載「ヤングガンガン」スクウエア・エニックス刊) 
脚本: 森ハヤシ 音楽:T$UYO$HI (The BONEZ)
オープニングテーマ:「きみにワルツ」清澄高校麻雀部(Astro Voice)
エンディングテーマ:「NO MORE CRY」清澄高校麻雀部(Astro Voice)
製作:沢 桂一、相馬信之、松浦克義 
チーフプロデューサー: 岡本東郎、茶ノ前香、原田知明、丸山博雄、中川 岳、宇田川寧、阿部隆二
プロデューサー: 行実 良 竹内崇剛 深迫康之 山田香菜子 柴原祐一 木村康貴 撮影:長野泰隆 照明:児玉 淳 美術:山下修侍 録音: 小林武史 装飾: 山本 裕 編集: 川村紫織 VFXスーパーバイザー: 宗片純二 衣裳: 加藤みゆき 衣裳制作: 加藤紀子 ヘアメイク:内城千栄子 音響効果:渋谷圭介 闘牌指導:ケネス徳田 黒木真生 馬場裕一 キャスティング:あんだ敬一 助監督: 石川浩之 制作担当: 今井尚道 ラインプロデューサー: 本島章雄 宣伝プロデューサー: 亀山登美、廿樂未果 宣伝協力: トーハン プルーク 麻雀協力:麻雀企画集団バビロン 日本プロ麻雀連盟 衣裳制作:バンダイアパレル 
制作プロダクション:ダブ 宣伝: MUSA 配給: プレシディオ 製作: (VAP AMUSE MBS A-Sketch DUB SQUARE ENIX)
監督: 小沼雄一
© 小林 立/SQUARE ENIX・「咲」プロジェクト

映画公開日: 2017年2月3日

映画公式サイト
公式Twitter: @saki_project

この記事の著者

瑞慶山 日向

瑞慶山 日向シネマレポーター/ライター

1997年10月5日生まれの10代ライター
映画に出ている俳優やタレント、幅広い分野で活躍する人を10代ならではの質問で取材し、主にティーンに向けた情報を発信している。

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る