映画『おもてなし』公開初日舞台挨拶レポート

映画『おもてなし』公開初日舞台挨拶開催!

主演・田中麗奈、余 貴美子、藤井美菜、ジェイ監督登壇!
「出会うということの奇跡、日々の些細な幸せを抱きしめたくなるような作品」

田中麗奈と台湾俳優ワン・ポーチエのダブル主演で贈る日本×台湾のオリジナル合作映画『おもてなし』が、3月3日(土)に公開初日を迎え、東京・有楽町スバル座にて初日舞台挨拶が行われた。舞台挨拶には、本作で巧みな中国語を披露し、主演を務めた田中麗奈はじめ、余 貴美子、藤井美菜、そして台湾出身のジェイ・チャン監督が登壇した。

映画『おもてなし』は、田中麗奈と台湾俳優ワン・ポーチエのW主演で贈る。父親が遺した琵琶湖畔にある老舗旅館「明月館」を1人で切り盛りしてきた母・美津子(余)を支えるため、実家に戻ってきた梨花(田中)が、旅館の新たな経営者となった台湾実業家のチャールズ(ヤン・リエ)の息子・ジャッキー(ワン)と“日本のおもてなしの心”を通して旅館の再生を目指す物語。

初日の初回上映を観終わった観客から温かい拍手と歓声が起こる中、登場した田中は「今日はひな祭りで、そして天気のいい日に、皆さまと一緒に『おもてなし』がスタートしたことを嬉しく思います」と挨拶し、第42回香港国際映画祭のオープニング作品として上映されることが改めて発表されると「大変嬉しく思います。香港の皆さまに『おもてなし』をどう感じとっていただけるか興味がありますし、私も香港の映画祭に参加できることを楽しみたいと思います」とニッコリ。この日が結婚記念日という余は祝福の拍手を浴びると「スバル座でかけられた映画は必ずヒットすると言われているので嬉しいなあと思います」と声を弾ませた。

また、観てほしいシーンを聞かれると、田中はチャールズのセリフ「やり残したことがない人生なんてつまらない」が印象深かったそうで、「『あれがしたかった、これがしたかった』と言って逝ってしまわれた方に対して、こちらはどういう気持ちで…って思うときもありますが、人生が楽しかったという夢を持って逝くことは素敵なことなのかなと考えさせられました」とコメント。余は「娘の梨花が酔っ払って帰ってきたときに若者3人で手作りの餃子を作って食べるところです。あそこのシーンは一気に3人の距離が縮まった感じがして大好きです」といい、「餃子が本当に美味しそうだったんです!」と力を込め、笑いを誘った。

さらに、これまで受けた印象深い“おもてなし”エピソードを聞かれると、昨年ニューヨークを訪れた際に1人で過ごした1日を挙げた藤井は「そのときに知り合った韓国と中国の方が案内してくださったのですが、言葉はごっちゃになりつつも、心が1つになって楽しい1日が過ごせました。言葉に関係なく、心って通じるものなんだなと思いました」としみじみ。田中はドラマの撮影で中国に3か月間、滞在した際に、女性スタッフの家に招待されたエピソードを紹介し「そこで手作りの餃子を食べました。それがすごく美味しくて(笑)」と余に続いて餃子エピソードを披露し会場を沸かせ、「テーブルの上いっぱいに餃子やカニなどの食事があって、本当におもてなしって感じがして、すごく嬉しかったですね」と目を輝かせた。

また、なぜ“おもてなし”をテーマに掲げようと思ったのか尋ねられたジェイ監督は、日本人スタッフとの話し合いの中でテーマが決まったことを明かし「日本のおもてなしと台湾のおもてなしは違います。そもそもおもてなしとは何か。場所によって違うのか。世界中に広まったらどうなるのか。などということを考えていったところから、この映画ができました」と打ち明け、「この映画を通して、おもてなしというのは“自分よりまず他者のことを考えること”というメッセージが世界中の人に広がってくれることを祈っております」とコメント。

そして最後に田中は「作品を見て、登場人物一人ひとりの人生のアルバムをめくっているようだなと感じました。再現シーンはないのに、その人の人生が残像のように見えて、こちらが考えさせられてしまって、ジェイ監督はすごいなと思いました。日本を客観的に、そしてアメリカ育ちのジェイ監督ならではの視点で、台湾の方を捉えていらっしゃったので、独特な映画になっていると思います」と語り、「出会うということの奇跡、日々の些細な幸せを抱きしめたくなるようなそんな作品だと思います。皆さん、勧めていただけたら嬉しく思います」とアピールし、舞台挨拶は終了した。

[取材: 蒼山 隆之 / スチール写真: オフィシャル提供]
 
 

イベント概要

<映画『おもてなし』公開初日舞台挨拶>

■日程: 2018年3月3日(土) 
■場所: 有楽町スバル座
■登壇者: 主演・田中麗奈、余 貴美子、藤井美菜、ジェイ・チャン監督
■MC: 水野悠希

映画作品情報

《ストーリー》

老舗旅館の再生を目指す人たちの”おもてなし”の旅
琵琶湖畔にある老舗旅館「明月館」が実家の梨花(田中麗奈)は5年前に父を亡くし、旅館を一人で切り盛りし続けている母・美津子(余貴美子)を支えるため、仕事を辞めて実家に戻ってくる。経営不振の中、美津子の大学時代の恋人であり台湾実業家のチャールズ(ヤン・リエ)が旅館を買収して、息子・ジャッキー(ワン・ポーチエ)を再建のために送り込んだ。しかし「おもてなし」の心を持っていないジャッキーに対して梨花は反発し衝突する。そんなジャッキーには、来日への密かな目的があった。それは、かつての恋人・尚子(藤井美菜)とやり直すこと。尚子に婚約者がいることを知ったジャッキーは諦めきれない想いを抱えながらも、尚子の結婚式が開けるように「明月館」を改装して、最後のプレゼントをしようと思いつく。同じく梨花も、不倫していたかつての上司に別れを告げ、人生の再スタートをはかろうとしていた。「おもてなし教室」を主催している木村先生(木村多江)との講義を経て、“日本のおもてなしの心”を学び始めたジャッキーだったが、ビジネスパートナーの黄が「明月館」を売却する手続きをしていることが発覚する。そんな中、ガンのために余命宣告を受けていたチャールが倒れ・・・

  
出演: 田中麗奈、ワン・ポーチエ
余 貴美子、 ヤン・リエ、ヤオ・チュエンヤオ、藤井美菜、ルー・シュエフォン、マイケル・タオ、青木崇高、眞島秀和、木村多江、香川京子
 
監督・撮影・編集: ジェイ・チャン
脚本: ジェイ・チャン、砂田麻美
音楽: 大橋好規
配給: 松竹撮影所、ニチホランド
配給協力: 太秦
宣伝協力: MUSA
製作: 天大影業股份、松竹撮影所 、Supported by Hong Kong – Asia Film Financing Forum
2017年 / 日本・台湾合作 / 日本語・中国語・英語 / 96分 / DCP / カラー / シネマスコープ / 5.1ch
© 2017 SHOCHIKU STUDIO CO.,LTD. and EPIC ENTERTAINMENT CO., LTD.
 
2018年3月3日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次公開!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @omotenashi_mv

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ!

映画 「ハドソン川の奇跡」

2016-10-8

映画 「ハドソン川の奇跡」 (Sully)

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Google+

Twitter

ページ上部へ戻る