Netflixシリーズ『新聞記者』ワールドプレミアイベント レポート
【写真】Netflixシリーズ『新聞記者』ワールドプレミアイベント (米倉涼子、綾野剛、横浜流星、藤井道人監督)

Netflixシリーズ『新聞記者』

ワールドプレミアイベント

米倉涼子、綾野剛、横浜流星が集結!
“成人の日”に若者たち
の悩みに真剣回答!!

メディア、官僚、市井の人々——
それぞれの正義がせめぎ合う中、葬られた事件の真相に迫っていく―—

2019年6月に劇場公開され、大きな話題を呼んだ映画『新聞記者』。近年の政治事件やスキャンダルに正面から切り込み、タブーに挑戦したといわれる衝撃的な内容とスリリングな展開、スタイリッシュ映像で第43回アカデミー賞の最優秀作品賞を含む主要3部を獲得したほか、多くの映画賞を受賞した。そしてこの度、キャストを一新し、ボリュームたっぷりの全6話のドラマとしてスケールアップ。新たな物語であるNetflixシリーズ『新聞記者』(英題:THE JOURNALIST)が2022年1月13日(木)より全世界同時配信される。

【画像】Netflixシリーズ『新聞記者』メインキービジュアル

“新聞業界の異端児”と呼ばれる主人公の東都新聞社会部記者・松田杏奈を米倉涼子、理想を抱きつつも組織の論理に翻弄される若手官僚・村上真一役に綾野剛、そして新聞配達をしながら大学に通う就活生・木下亮役に横浜流星と、第一線で活躍するキャストが集結。監督は映画版に引き続き、藤井道人が務める。

真実を追求し続ける女性新聞記者が政府による公文書改ざん事件の真相を追い、報道側、政権側、市井の人々、それぞれの正義が開ぎ合う中で葬られた事件の真実に迫っていく社会派エンターティンメント。

1月10日(月・祝)にワールドプレミアイベントイイノホールで開催され、米倉涼子綾野剛横浜流星、そして藤井道人監督が登壇。イベント当日が成人の日ということにちなみ、10代、20代の若者を中心とした観客が参加し、観客と登壇者との一問一答など、熱いトークを展開した。

藤井組の最高のチーム力で集結!
キャスト陣が“ドラマとは思えないクオリティ”と絶賛‼︎

キャスト陣に完成した作品を観た感想を聞いた。

米倉は「ドラマにしては上等すぎるくらいの作品になりました。ドラマを観て、皆さんに考え抜いて貰いたいです」とコメント。続けて綾野は「全編を通して、学ぶことがたくさんありました。そして何よりも藤井組の最高のチーム力が集結した作品になっています」と作品の出来に自信を見せた。

さらに横浜は「ドラマとは思えないほどクオリティの高い作品だと感じました。僕自身は亮と同じく政治や世の中の出来事に対してどこか切り離して考えていたのですが、この作品に亮という若者目線が入ることによって、自分のこととして捉えられるように感じました」と亮を演じての心構えの変化を語った。

そして藤井監督は「それぞれが主演として活躍している人たちが1つのチームになって1つの作品を作り出そうとするエネルギーは本当にすごくて。世代や時代を全員が飛び越えて、いいものを作ろうとするだけの純粋な時間が与えられたような気がしました。僕にとってかけがえのない作品になりました」と作品への思いを熱弁した。

若者の悩みにキャストが真剣回答!
米倉は「隣の芝生が青く見えるタイプです」と意外な回答!

イベント当日が成人の日ということにちなみ、10代、20代の若者を中心とした観客から出た質問に、登壇者がその場で回答するというQ&Aコーナーを展開した。

まず「俳優業に向いてないと思ったことはあるか。どうやってその悩みを乗り越えたのか」という質問に対して米倉は「この仕事が天職だと確信したことがないですよ。私は隣の芝生がよく見えるタイプだから、まだまだ自分に足りないなと思うことが多くて。仕事に向いていないと思ったらそれを超えてやろうと思いながら生きています」と回答。そして質問者に向けて「壁に当たってみないとわからないです。これからもっと泥まみれになってください」とアドバイスした。

同じ質問に横浜は「僕も今の自分に満足していないからこそ頑張れます。向いていないと思うこともありましたが、自分が決めた道だし単純に芝居が好きだからやめる選択肢はなかったです。いつ何が起きるかわからないから落ち込んでいる暇もないし。今を全力で生きていると、そういう気持ちはなくなりました」と経験を語った。

続いて、映像業界に入りたいという方が藤井監督に「業界をどう調べればいいのか」と相談。坂下監督は「僕は最初は脚本家になりたくて。大学でサークルに入って映画づくりを始めて録音など色々な役を経験するうちに気付いたら監督になっていました。だから、自分が何をやりたいかではなく、求められたものに流されたり悩んだりしてみてください。あとは自主映画をすると色々な役割ができるから、飛び込んでやってみてください。僕は唯一、助監督だけは『あんなに怒られる仕事は嫌だ』と思いましたけどね(笑)」と冗談を交えながら回答。

そして「仕事のモチベーションのおすすめの上げ方」を問われた綾野は「最高の仲間を見つけることです。自分を磨いてくれて、叶わないと思う人たちと居続けることが大切です。僕の周りには天才が多すぎて、凡人の自分が必死にそこに食らいついていくと、後天性の発想や可能性を信じられるようになりました」と綾野の経験を交えて紹介した。

登壇者から観客に向けてメッセージ
米倉は「いってらっしゃいませ」とアピール

主演の米倉は「藤井組が思いを込めて作った作品です。想像以上に素晴らしい作品になっていると思います。1人の人としての生き方を考え直すことができる作品です」とアピール。イベント後の上映で一足先に3話までを観賞する会場の観客に向けて「息を飲んでしまうよ。この世界にいってらっしゃいませ」と語りかけ、挨拶を結んだ。

Netflixシリーズ「新聞記者」は2022年1月13日(木)より全世界同時配信される。

★スチール写真&レポートは随時追加更新🆙
[スチール撮影・記者: 來住 果林]

イベント情報

Netflixシリーズ「新聞記者」ワールドプレミアイベント

■開催日: 2022年1月10日(月・祝)
■会場: イイノホール
■出演者: 米倉涼子、綾野剛、横浜流星、藤井道人監督
■MC: 奥浜レイラ

【写真】Netflixシリーズ『新聞記者』ワールドプレミアイベント (米倉涼子、綾野剛、横浜流星、藤井道人監督)

Netflixシリーズ『新聞記者』予告篇🎞

Netflixシリーズ『新聞記者』フィーチャレット映像🎞

作品情報

【画像】Netflixシリーズ『新聞記者』ティザーアート

 
監督: 藤井道人
 
出演: 米倉涼子、横浜流星/吉岡秀隆、寺島しのぶ/吹越満、田口トモロヲ、大倉孝二、田中哲司、萩原聖人/柄本時生、土村芳、小野花梨、橋本じゅん、でんでん/ユースケ・サンタマリア、佐野史郎/綾野剛
 
脚本: 山田能龍、小寺和久、藤井道人
音楽: 岩代太郎
撮影: 今村圭佑
照明: 平山達弥
録音: 根本飛鳥
美術: 部谷京子
衣装: 宮本まさ江
編集: 古川達馬、前田径成
エグゼクティブプロデューサー: 坂本和隆、高橋信一 
企画・プロデュース: 河村光庸
プロデューサー: 佐藤順子、山本礼二 
製作: Netflix 
制作プロダクション: スターサンズ
 
2022年1月13日(木)、Netflixにて全世界同時独占配信!
 
Netflix作品ページ: https://www.netflix.com/新聞記者
 

Netflix Japan公式アカウント

Netflix: https://www.netflix.com/jp/
YouTubeチャンネル: https://www.youtube.com/c/NetflixJP
Twitter: @NetflixJP
Facebook: @netflixjp
Instagram: @netflixjp
 

映画『新聞記者』藤井道人監督インタビュー

この記事の著者

來住 果林ライター/レポーター

2002年生まれ、シネマティーンズ所属。
好きな映画のジャンルは、ヒューマンドラマ、ラブロマンス、コメディ、アニメなど。
特に、幼い頃に鑑賞した『魔法にかけられて』(2007年)、『パコと魔法の絵本』(2008年)は今でも思い出深い作品。
コアなファンが求めている情報をお届けすることをモットーに活動にしている。

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る