映画『明日の食卓』公開記念トークイベントレポート

【写真】映画『明日の食卓』公開記念トークイベント (大島優子、瀬々敬久監督)

映画『明日の食卓』㊗公開記念トークイベント

“第4の母”を熱演した大島優子がついに登壇!
瀬々監督「大島はこの映画の“隠れたMVP”!」

第42回講談社児童⽂学新⼈賞を受賞した「⼗⼆歳」で作家デビューし、数々の受賞歴のある椰⽉美智⼦の2016年に出版された同名⼩説を原作に、⼦を持つ親なら誰もが直⾯する問題を社会派エンターテインメントの旗⼿である瀬々敬久監督が豪華⼥優陣を迎え映画化した『明⽇の⾷卓』が5⽉28⽇(⾦)より全国の劇場にて絶賛公開中。

10年ぶりの映画主演となる菅野美穂がやんちゃ盛りの息⼦たちを育てながら仕事復帰を⽬指すフリーライターの留美⼦役を熱演。働きづめの中息⼦を育てるシングルマザーの加奈役を⾼畑充希、年下の夫と優等⽣の息⼦に囲まれ、⼀⾒なに不⾃由なく幸せを⼿に⼊れているように⾒える専業主婦のあすみ役を尾野真千⼦が丁寧に演じている

6月12日(土)、池袋HUMAXシネマズで公開記念トークイベントが開催され、本作で重要な役どころとなる“第4の母”耀子ようこを演じた大島優子瀬々敬久監督が登壇。公開後だからこそ話せる撮影秘話や、本作での大島を「まるで新しい伝説」と絶賛していた瀬々監督と大島の貴重なトークが繰り広げられた。

瀬々監督、大島優子の演技に太鼓判!
さらに「10年に1本の作品」と自画自賛🎬

冒頭で大島は「本日はコロナ禍の中でご来場いただき、鑑賞していただいて心から感謝しております」と挨拶。瀬々監督も「今日は大島さんのファンの方々がたくさんいらっしゃっているので、生大島優子を堪能して帰ってください!」と笑顔で鑑賞後の観客へ向けて挨拶した。

本作の公開前日に“第4の母”耀子役での出演が解禁となるや、SNSを中心に大きな話題を集めた大島。瀬々監督も「大島優子さんが素晴らしいという反響が結構きている。誰だか分からなかったと。それだけ素晴らしかったということ」と早速その演技に太鼓判を押した。

【画像】映画『明日の食卓』場面カット (耀子/大島優子)

以前イベントで本作について「10年に1本の作品」だと語っていた瀬々監督だが、「長いこと作っていると、そんなつもりはなかったのにラッシュを観るとすげぇことになってるなって作品が10年に1本くらいあるんですけど、その1本」だと改めて語った。

【写真】映画『明日の食卓』公開記念トークイベント (瀬々敬久監督)

大島優子 、一人でこっそりと劇場へ
母親に思いを馳せながら鑑賞した🎞

そして実は本日、別の劇場で本作を鑑賞してきたと大島が告白。「一人でこっそり。誰も気づかず」だったといい、「母親ってすごい鬼みたいな顔をしてる時もあるけど、仏のように微笑んでいる時もある。それって子どもからの主観として見ていて、そういう表情とかだけで親の心情を察知していた。親と子って鏡みたいだったなって思いだした。自分の母親もこういう瞬間があったんだろうなと思い出しながら観ましたね」と明かすと、瀬々監督も本作に出演している渡辺真起子から「(本作を観て)『お母さんに会いたくなった』と聞いたんです。やっぱりお母さんを思いだしたりするんだな」と心境を吐露。それに対して大島も「改めて感謝しなきゃなとも思いました。私は父子家庭なので割と父親とばっかりずっといるんですけど、でも母親は母親なりの目線で子どもを見て、自分を奮い立たせるというか、母親って父親よりも信じたいっていう気持ちが強いのかなって思って…。架空でもいいし、何かを信じながら生きていこうっていう力が強いのかなって映画を観て思いました」とも。

また大島のアイドル時代について、瀬々監督からいきなり質問が飛ぶと「(アイドル業は) 私は天職だと思っていました。女優業ではなく、アイドルのほうが天職だったかもと思っているんですけど、でもずっと続けられるほどエネルギーを作っていくことがアイドルは難しいかなと…。女優さんは作品によってエネルギーチャージが違うから、それがまた面白いなとも思って、もっとずっとチャレンジし続けていきたいなと言う職業ですね」と女優業への今の想いを明かした。

【写真】映画『明日の食卓』公開記念トークイベント (大島優子)

相思相愛の二人、それぞれが耀子を振り返る

今回、瀬々監督とは初タッグとなった大島。本役についての思い入れを聞かれると、「瀬々監督のファンだったので、お話しが来た時は二つ返事でやらせてくださいと。でも1シーンだけというのは、やっぱりすっごく恐かったですね。それまでの背景とか流れがない中で、唐突に出るっていうものほど恐いものはないなと。撮影の1週間前位から耀子のバックボーンを考えながら、毎日毎日ずっと考えていました」と述懐。「とにかく石橋耀子っていう人生がここにあるって思いながらやるしかなかった」とその苦労を吐露した。

そんな大島の演技に対し、瀬々監督も「素晴らしいなと思いました。凝縮された時間の中でだすのは大変だと思うし、ポンと出てきて断片だけで勝負するというのは、本当に恐い仕事だと思う。それに果敢に臨んでいただいたってことだけでもありがたい、この映画の“隠れたMVP”だと思っているんですけど。それくらいのシーンだったと思う」と大絶賛。それに対し大島は「すっごくうれしいです。他の共演者の方々が凄まじく迫力あるお芝居をされていたので、自分の中では『あーっ…』ていう感じで思っていたら、監督が(出演解禁時のコメントで)あっぱれだと仰って下さっていて…。公開前に胸をなでおろせました」と安堵したことを振り返った。

【写真】映画『明日の食卓』公開記念トークイベント (大島優子、瀬々敬久監督)

さらに耀子役を演じるにあたって、大島は周りの実際に子どもがいる友人に話を聞いたといい「温厚で子どもも好きな方なんですけど、『初めて育ててみて分かったよ』って。『1回プチッとなる瞬間が訪れるんだよね。そういう瞬間が自分にもあることに気づいた』って言っていて、誰にでも起こりえることなんだなと思ってそこを反映しました」とも明かした。

最後には大島が、「改めて今こういう時代になって、誰かに寄り添う気持ちというのを感じ取ってもらって、持って帰ってもらえたらと思います。誰かと触れ合うとか連絡取るとかが薄れているので、誰かを想う、寄り添うというのを思い出してもらえたら」とメッセージを贈り、瀬々監督も「(大島について)『紙の月』を観た時に“この人すげえ”と思って、「スカーレット」で“またすげぇな”と思って、今回こうして出ていただいて本当嬉しく思っています。これからも映画を観ることを大切にしてもらえたらと思います」とイベントを締めくくった。

イベント情報

映画『明日の食卓』公開記念トークイベント

■開催日: 2021年6月12日(土)
■会場: 池袋HUMAXシネマズ スクリーン1
■出演者: 大島優子、瀬々敬久監督

【写真】映画『明日の食卓』公開記念トークイベント (大島優子、瀬々敬久監督)

映画『明日の食卓』予告篇🎞

映画作品情報

【画像】映画『明日の食卓』ポスタービジュアル

《ストーリー》

同じ「石橋ユウ」という名前の小学5年生の息子を育てる3人の母親たち。

神奈川在住・フリーライターの石橋留美子(菅野美穂)43歳。夫・豊はフリーカメラマン。息子・悠宇10歳。

大阪在住・シングルマザーの石橋加奈(高畑充希)30歳。離婚してアルバイトを掛け持ちする毎日。息子・勇10歳。

静岡在住・専業主婦の石橋あすみ(尾野真千子)36歳。夫・太一は東京に通い勤務するサラリーマン。息子・優10歳。

それぞれが息子の「ユウ」を育てながら忙しく幸せな日々を送っていた。しかし、些細なことがきっかけで徐々にその生活が崩れていく。苦労はあっても、息子への愛に偽りはなかったはずなのに、どこで歯車が狂ってしまったのか。「ユウ」の命を奪った犯人は誰なのか、そして三つの石橋家がたどり着く運命とは……?

 
監督: 瀬々敬久
 
原作: 椰月美智子『明日の食卓』(角川文庫刊)
 
脚本: 小川智子
主題歌:「Motherland」tokyo blue weeps
 
出演: 菅野美穂、高畑充希、尾野真千子、柴崎楓雅、外川燎、阿久津慶人/和田聰宏、大東駿介、山口紗弥加、山田真歩、水崎綾女、藤原季節、真行寺君枝/渡辺真起子、菅田俊、烏丸せつこ
 
製作幹事: WOWOW
制作プロダクション: トラヴィス
配給: KADOKAWA/WOWOW
 
© 2021「明日の食卓」製作委員会
 
2021年5月28日(金) 全国公開!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @asushoku_movie
 

映画『明日の食卓』レビュー

映画『明日の食卓』完成報告会 レポート

映画『明日の食卓』公開初日舞台挨拶 レポート

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る