映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』公開記念イベントレポート

【写真】映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』公開記念イベント (山﨑賢人、清原果耶、藤木直人、夏菜、高梨臨、三木孝浩監督)

映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』

公開記念イベント開催!

🗼東京タワー恋色にライトアップ!!
山﨑賢人「色んな愛の形が詰まった作品」

1956年にアメリカで発表されて以来、ハリウッド映画に多大な影響を与え、60年以上経つ今でも色褪せぬ伝説の小説「夏への扉」(著:ロバート・A・ハインライン)が待望の映画化!映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』として6月25日(金)に公開される。

【画像】映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』メインカット

主演を務めるのは、今最も出演作が期待される俳優・山﨑賢人。本作では罠にはめられ、すべてを失いながらも、未来を変えるため30年の時を超える科学者・高倉宗一郎を演じる。共演には、孤独に生きてきた宗一郎が家族のように大切に想う恩人の娘・璃子役に清原果耶、30年後に目覚めた宗一郎の手助けをする人間にそっくりなロボット役には昨年俳優生活25周年を迎えた藤木直人。その他、夏菜眞島秀和浜野謙太田口トモロヲ高梨 臨原田泰造といった、多彩な顔ぶれが集結!メガホンを取ったのは『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(2016年)、『フォルトゥナの瞳』(2019年)の三木孝浩監督。さらに、主題歌はLiSAの書き下ろし楽曲「サプライズ」。登場人物の心に寄り添いながら、観る者との架け橋となる。

6月6日(日)、映画の公開を記念して、東京プリンスホテル ガーデンプールにて東京タワーのライトアップイベントが開催され、主演の山﨑賢人をはじめ、清原果耶藤木直人夏菜高梨臨らキャスト陣、そして三木孝浩監督が登壇した。

多くの報道陣の前に姿を見せた主演の山﨑は「公開は延期となってしまった作品ですが、タイトルが『夏への扉』なので6月に公開できるのは逆に良かったんじゃないかと思っています。本当に、やっと公開するんだなと思うとワクワクしますね」とコメント。公開延期を乗り越え、ようやくファンの方々に届けられることに対し、楽しみで仕方がない様子。

【写真】映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』公開記念イベント (山﨑賢人)

本作の胸アツシーンについて質問されると、山﨑は「清原さんと一緒のシーンでしたが、時を超えるからこそ、普段の何気ないセリフがカッコよくなるなと思いました。すごく好きなシーンですね」と回答。さらに「あと藤木さんとのシーンもですが、時を超えるからこそ、、良いですよね」と劇中のセリフを言わないようにしていると、すかさず三木監督が「ネタバレをしないように配慮してるんですよ」とフォロー。

【写真】映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』公開記念イベント (三木孝浩監督)

山﨑も「言っていいですかね?」と気にしながらも「『さっきはごめんね』というセリフなんですが、”さっきは”なんですよ。その間に、時を超えて色々なことがあっての”さっきは”というセリフになるのが、何て素敵なんだろうと思いました」と振り返った。

【写真】映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』公開記念イベント (山﨑賢人、清原果耶、藤木直人、夏菜)

続いて、清原は「冒頭で山﨑さん演じる宗一郎と音楽を一緒に聴くシーンですね」と回答。「この二人だからこその距離感で、『またあの曲?』というやり取りが、じんわり胸が温まるシーンだなと思いました」と宗一郎と璃子の微笑ましいシーンを挙げた。

【写真】映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』公開記念イベント (清原果耶)

そして、「おそらく人生で一度きりだろう」と本作でロボットの役を演じた藤木は「今回は賢人くんとバディを組めるということがオファーを受ける大きな決め手でもあったので、やはり宗一郎との別れを惜しむシーンですね。完成されてそのシーンを観て、胸がジーンとしましたね」と撮影時を述懐した。

【写真】映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』公開記念イベント (藤木直人)

本作のラストには最高のサプライズが控えている。また、LiSA書き下ろした主題歌の曲名も「サプライズ」ということにちなんで、最近身の回りで起きたサプライズについて質問。

山﨑は「兄の子供が今2歳なんですけど、今までは会う度に泣かれていたんです。でも、この間会ったら僕のことを『ケンちゃん』と呼でくれて、嬉しいサプライズでしたね」と嬉しそうに語る。

【写真】映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』公開記念イベント (山﨑賢人)

清原は「少し前の話なんですが、撮影現場で誕生日を迎えたときに、サプライズで役のイラストが入ったTシャツをいただきまして本当に嬉しかったです」とコメント。

【写真】映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』公開記念イベント (清原果耶)

藤木は「娘の誕生日に、サプライズで誕生日の飾り付けをしようと思ってバルーンを注文したのですが、空気が入っていないバルーンが届き、全てのバルーンに空気を入れるのに半日かかりました笑」とサプライズをするつもりが、思ってもみないサプライズが待っていたことを明かした。

【写真】映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』公開記念イベント (藤木直人)

そして、夏菜は「今年結婚したのですが、プロポーズをサプライズで海でしてもらって、すごくロマンチックだったんですが、その後”5時のチャイム”が鳴って、それが一番のサプライズでしたね笑」と会場を笑わせた。

【写真】映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』公開記念イベント (夏菜)

高梨はサプライズをする方が好きとのことで「誕生日の方にお花とかワインを送るのにハマっていますね。コロナ禍ということもあり普段会えない分、何をプレゼントしたら喜んでくれるか考えるのが楽しいです」と笑顔で答えた。最後に三木監督は「今日は夕方まで雨が降っていましたが、イベント前に雨が上がってくれたのは良いサプライズでしたね」と雨が上がり、晴れた空を見上げながら感謝した。

【写真】映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』公開記念イベント (高梨臨)

ここで、時を超える純愛ラブストーリーである本作にちなみ、東京タワーが“恋の色”(ピンク色)にライトアップ。カウントダウンが始まり、山﨑が点灯スイッチを押すと東京タワーがあざやかなピンクに包まれ、登壇者たちも美しく輝く東京タワーを見上げながら拍手を送った。

【写真】映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』公開記念イベント 東京タワーライトアップ (山﨑賢人、清原果耶、藤木直人、夏菜、高梨臨、三木孝浩監督)

最後に山﨑は「この作品は本当に、レトロでチャーミングで、色んな愛の形が詰まった作品、そしてラストにはものすごく幸せなサプライズが用意されています。本当に様々な世代の方々に楽しんでいただける作品です。今日はありがとうございました!」とメッセージを贈り、イベントは終了した。

【写真】映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』公開記念イベント (山﨑賢人)

[スチール撮影・取材: Cinema Art Online UK]

フォトギャラリー📸

スライドショーには JavaScript が必要です。

イベント情報

映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』公開記念イベント

■開催日: 2021年6月6日(日)
■会場: 東京プリンスホテル ガーデンプール
■登壇者: 山﨑賢人、清原果耶、藤木直人、夏菜、高梨臨、三木孝浩監督
■MC: 奥浜レイラ

【写真】映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』公開記念イベント (山﨑賢人、清原果耶、藤木直人、夏菜、高梨臨、三木孝浩監督)

映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』予告篇🎞

映画作品情報

【画像】映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』ポスタービジュアル

《ストーリー》

将来を期待される科学者の高倉宗一郎は、亡き養父である松下の会社で研究に没頭していた。早くに両親を亡くしずっと孤独だった宗一郎は、自分を慕ってくれる松下の娘・璃子と愛猫ピートを、家族のように大事に思っていた。しかし、研究の完成を目前に控えながら、宗一郎は罠にはめられ、冷凍睡眠させられてしまう。目を覚ますと、そこは30年後の2025年の東京、宗一郎は研究も財産も失い、璃子は謎の死を遂げていたー失って初めて、璃子が自分にとってかけがえのない存在だったと気づく宗一郎。人間にそっくりなロボットの力を借り、30年の間に起こったことを調べ始めた宗一郎は、ある物理学者にたどり着く。驚きの事実を知った宗一郎は、再び1995年へと時を超える。ただ、璃子を救うために―—

 
出演: 山﨑賢人、清原果耶、夏菜、眞島秀和、浜野謙太、田口トモロヲ、高梨 臨、原田泰造、藤木直人
 
監督: 三木孝浩
脚本: 菅野友恵
音楽:林ゆうき
 
原作: 「夏への扉」ロバート・A・ハインライン(著)/福島正実(訳)(ハヤカワ文庫刊)
 
配給: 東宝、アニプレックス
 
© 2021 映画「夏への扉」製作委員会
 
2021年6月25日(金) 全国ロードショー!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @natsu_doormovie
公式Instagram:@natsu_doormovie
 

映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』公開直前イベントレポート

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る