映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』公開初日舞台挨拶レポート

【写真】映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』公開初日舞台挨拶 (山﨑賢人、清原果耶、藤木直人、夏菜、眞島秀和、高梨臨、ピート(猫)、三木孝浩監督)

映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』公開初日舞台挨拶

山﨑賢人「素敵なサプライズが皆さんに訪れますように!」
相棒猫(ピート)とともに公開を迎えた作品への想いを語る!!

1956年にアメリカで発表されて以来、ハリウッド映画に多大な影響を与え、60年以上経つ今でも色褪せぬ伝説の小説「夏への扉」(著:ロバート・A・ハインライン)を映画化した『夏への扉 ーキミのいる未来へー』が6月25日(金)に公開初日を迎えた。

【画像】映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』メインカット

同日、映画の公開を記念して、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで初日舞台挨拶が行われ、主演の山﨑賢人をはじめ、清原果耶、藤木直人、夏菜、眞島秀和、高梨臨、そして本作のメガホンをとった三木孝浩監督が登壇。さらに山﨑演じる宗一郎の相棒猫・ピートも駆けつけた。

キャスト・監督からそれぞれ挨拶

まず主人公・高倉宗一郎を演じた山﨑は「今日は無事公開を迎えることができて本当に嬉しく思います。すごくポジティブになれる映画なので、皆さん楽しんでもらえたらと思います」と挨拶し、続いて宗一郎の大切な人・璃子を演じた清原は「今日は来てくださってありがとうございます。映画が無事に公開できることと、今日皆さんの前で舞台挨拶をできることがすごくありがたいなと思っています。今日は最後までよろしくお願いします」と挨拶。

【写真】映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』公開初日舞台挨拶 (清原果耶、山﨑賢人)

宗一郎の30年後での相棒である藤木は「ロボット役の藤木直人です。ロボット役と自己紹介をするのが今日で最後ということで少し寂しい気もしますけれども、こうやって無事公開にたどり着いたことを嬉しく思います。またこの作品が少しでも多くの方に届けばいいなと思います」と少し感慨深げに挨拶。

そして宗一郎の婚約者・白石鈴を演じた夏菜は、取材時にどうしても自身の役柄を高梨臨と言ってしまうというといエピソードを披露しながら「自己紹介の時に高梨臨役のと言おうよ、と舞台袖で皆さんに言われていたのですが、ここで緊張して言えなくなってしまいました(笑)」と恥ずかしがりつつ、「延期になり、ここまでくるのに時間がかかりましたけれども、今日こうして皆さんの前にたてること、そしてこの映画を皆さんに観てもらえること、本当に嬉しく思っています。私は悪役ですが、この映画はとてもいい映画なので是非皆さんの目に留まってもらえたらなと思います」とコメント。

宗一郎を罠にはめる松下和人を演じた眞島は「今日はご来場いただきましてありがとうございます。参加した作品がなんとか今日という日を迎えることができて、大変うれしく思っています」と爽やかに挨拶。

過去に戻った宗一郎を助かる女性・みどりを演じた高梨は「やっと皆さんにこの映画を届けることができるということで、とてもわくわくして今日来させていただきました。短い時間ですがよろしくお願いします」と話し、最後に三木監督は「賢人くんをはじめ、皆さんお話いただきましたけれど、本当に公開を無事に迎えることができて、嬉しく思っています。撮影途中はまさかこんな未来があるとは思っていなかったですが、中々先を見通すのは難しいなと思いました。この映画は素敵な未来が待っていると思うので、今日は是非楽しんでもらえたら嬉しいです」と公開への喜びをコメントした。

“諦めなければ失敗じゃない”
今をがむしゃらに生きる宗一郎に共感

6月18日(金)に行われた公開直前イベントでのオンライントークセッションでの“諦めなければ失敗じゃない”という言葉が夢を諦めないで頑張る糧になったと感想が寄せられたことについて、共感する部分はあるかと聞かれた山﨑は「“諦めなければ失敗じゃない”というメッセージが『夏への扉』ではすごく大事なメッセージだと思っています。今を起きている出来事に対して一生懸命にならないと、未来が変わらないと思って、今をがむしゃらに生きる宗一郎にすごく共感しながら演じていました」と話す。

【画像】映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』場面カット

一方で、同じテーマを聞かれた夏菜が作品内で山﨑演じる宗一郎をだます役同士の眞島に対して「私たちから学ぶことありますかね?」と聞くと、眞島は「学ぶことありますよ。役柄もあるけれども才能ある若者の足を引っ張るおじさんには、なるまい」と自虐的にコメントすると、一同笑いが起こり、夏菜は「確かにそうですね!」と共感していた。

清原伽耶、みんなでちくわを食べたい…?!
見たい未来について語る!! さらには続編も!?

主題歌「サプライズ」にちなんだ「見たい未来があるか?」という質問に対し、清原は「みんなが笑顔で美味しいものを食べるという幸せな未来があったらいいなと思います」と話し、みんなと一緒に食べたい料理について聞かれると「みんなで食べたい料理ですか?最近ちくわにはまっているので、みんなでちくわを…それは違うか」と自分にツッコミながらも「やはり美味しそうなものをみんなで食べたいですね」とコメント。

自己紹介が名残惜しいと挨拶した藤木は「この映画がヒットして、パート2が作られる未来が見たいですね、もしくは“秋への扉”とか“冬への扉”とかどうですかね?」と話すと、三木監督から「もう一度ロボット役と言えますね!」と続編!?への期待のコメントで返した。

相棒猫ピートがサプライズ登場!
藤木直人のスーツに…!?

そして舞台挨拶中盤には、サプライズで宗一郎の相棒猫であるピートが藤木に抱えられて登場!登壇者からは「かわいい!」の声が溢れ、久々の再会に興奮しながら当時の撮影を思い出していた。しかし、ピートを抱えていた藤木は着ていた衣装に大量の毛がつくハプニングもあったが、「持って帰っていいですか?」と嬉しそうに話した。

【写真】映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』公開初日舞台挨拶 (藤木直人&ピート(猫))

三木孝浩監督と主演の山崎賢人からメッセージ

最後に三木監督は「この舞台上にいるキャスト、その他大勢のキャストたち、スタッフ一同気持ちをこめてつくった作品です。どうかその愛を受け取っていただき、楽しんでいただけたら嬉しいです!」と改めてキャスト、スタッフへ感謝の気持ちを述べながら、本作への自信を語った。

続けて山﨑は「無事に公開を迎えられて嬉しいし、久々にお客さんと対面することができてよかったです。ポジティブなメッセージや大切なことに気づいてもらえたら」と訴えかけ、最後に「この『夏への扉』は、冬でも夏への扉を探すという意味でも、どんな逆境にいても諦めないで、前に進むというメッセージが素敵だなと思っています。頑張れば最高のサプライズが待っているんだなと思うので、皆さんにも最高のサプライズが訪れますように!」と、素敵な未来を描けるようにとコメントを残し、イベントは終了した。

イベント情報

映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』公開初日舞台挨拶

■開催日: 2021年6月25日(金)
■会場: TOHOシネマズ 六本木 スクリーン7
■登壇者: 山﨑賢人、清原果耶、藤木直人、夏菜、眞島秀和、高梨臨、ピート(猫)、三木孝浩監督
■MC: 奥浜レイラ

【写真】映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』公開初日舞台挨拶 (山﨑賢人、清原果耶、藤木直人、夏菜、眞島秀和、高梨臨、ピート(猫)、三木孝浩監督)

映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』予告篇🎞

映画作品情報

【画像】映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』ポスタービジュアル

《ストーリー》

将来を期待される科学者の高倉宗一郎は、亡き養父である松下の会社で研究に没頭していた。早くに両親を亡くしずっと孤独だった宗一郎は、自分を慕ってくれる松下の娘・璃子と愛猫ピートを、家族のように大事に思っていた。しかし、研究の完成を目前に控えながら、宗一郎は罠にはめられ、冷凍睡眠させられてしまう。目を覚ますと、そこは30年後の2025年の東京、宗一郎は研究も財産も失い、璃子は謎の死を遂げていたー失って初めて、璃子が自分にとってかけがえのない存在だったと気づく宗一郎。人間にそっくりなロボットの力を借り、30年の間に起こったことを調べ始めた宗一郎は、ある物理学者にたどり着く。驚きの事実を知った宗一郎は、再び1995年へと時を超える。ただ、璃子を救うために―—

 
出演: 山﨑賢人、清原果耶、夏菜、眞島秀和、浜野謙太、田口トモロヲ、高梨 臨、原田泰造、藤木直人
 
監督: 三木孝浩
脚本: 菅野友恵
音楽:林ゆうき
 
原作: 「夏への扉」ロバート・A・ハインライン(著)/福島正実(訳)(ハヤカワ文庫刊)
 
配給: 東宝、アニプレックス
 
© 2021 映画「夏への扉」製作委員会
 
2021年6月25日(金) 全国ロードショー!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @natsu_doormovie
公式Instagram:@natsu_doormovie
 

映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』公開記念イベントレポート

映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』公開直前イベントレポート

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る