映画『恋する寄生虫』女性限定試写会トークイベント レポート

【写真】映画『恋する寄生虫』女性限定試写会トークイベント (林遣都、小松菜奈、柿本ケンサク監督)

映画『恋する寄生虫』女性限定試写会トークイベント

林遣都&小松菜奈が“わたしの悩み”を解決!?
小松菜奈はクリスマスのエピソードも披露❣

林遣都×小松菜奈の初共演作にしてW主演作、映画『恋する寄生虫』が11月12日(金)に公開!若者からの支持が厚い新鋭作家・三秋縋のベストセラー小説「恋する寄生虫」を原案とした本作は、それぞれ心の痛みを抱える主人公2人が「虫」によって惹かれ合うという異色のラブストーリーを繰り広げる。監督は、現在放送中のNHK大河ドラマ「青天を衝け」のタイトルバック映像を制作したことでも話題の鬼才・柿本ケンサクが担当。

【画像】映画『恋する寄生虫』メインカット

10月14日(木)、グランドシネマサンシャイン池袋女性限定試写会を開催!上映前のトークイベントにW主演の林遣都小松菜奈、そして柿本ケンサク監督が登壇し、Twitterに寄せられたファンからのお悩み相談を中心に、トークを展開した。

【写真】映画『恋する寄生虫』女性限定試写会トークイベント (林遣都、小松菜奈、柿本ケンサク監督)

🎄クリスマスツリーが登場!
小松菜奈&林遣都「サンタさんは信じてます‼︎」

劇中でキーポイントとなる“クリスマスの約束”にちなみ、舞台上には華やかなクリスマスツリーが設置された。それについて林は、「今はクリスマスツリーをたくさんの人と共有しづらい時期だと思うので、こういった形で皆さんと一緒にクリスマス気分を味わえて嬉しいなと思います」とコメント。

【写真】映画『恋する寄生虫』女性限定試写会トークイベント (林遣都)

小松は「もうクリスマスの時期ですか。“あっという間だったな、今年”ってクリスマスツリーを見て思っちゃいました」と驚きながら、「小さい頃はクリスマスといえば、「サンタさん来る!」ってワクワクしてましたね。(サンタさんを)見なきゃと思って、夜更かししたりとか(笑)。結局サンタさんが来るのが遅いから先に寝ちゃって見れないっていうクリスマスを過ごしてました」と幼い頃の可愛らしいエピソードを披露。

【写真】映画『恋する寄生虫』女性限定試写会トークイベント (小松菜奈)

MCに「サンタさんを信じてるわけですもんね」と話を振られると、小松は「信じてました。…信じてます!!今でも信じてますよ!」と焦る様子で場内を笑わせた。また林は、配信先にいる子どもたちに対して、「僕もサンタさんはいると信じてますよ。日頃の過ごし方によってプレゼントも変わったりするので、いい子に過ごしてください」と語りかけた。

さらに柿本監督は「現場には実際はクリスマスツリーはなかったんです。去年はあまり心からクリスマスを楽しめなかったような気もするので、今年はみなさんが楽しめるといいなと思います」と撮影現場を振り返りつつ語った。

【写真】映画『恋する寄生虫』女性限定試写会トークイベント (柿本ケンサク監督)

“わたしのお悩み”を3人が解決!?
柿本監督「どんどん恋をしてほしい」

林と小松演じる主人公2人は心に痛みを抱えているという物語にちなみ、一般の方から「わたしのお悩み」をTwitterで事前に募集。ファンから寄せられたお悩みに主演2人と監督が真剣に向き合ってくれた。

【写真】映画『恋する寄生虫』女性限定試写会トークイベント (林遣都、小松菜奈)

好きな人に想いを伝えるべきか

「私には昔からずっと好きな人がいます。相手は、幼稚園の頃から仲の良い幼なじみの同性の女の子です。もし、気持ちを伝えてしまったら友達にすら戻れないかもしれないと不安になり、いまだに気持ちを伝えられずにいます。このまま気持ちを隠し通すすべきでしょうか。それとも思い切って気持ちを伝えるべきでしょうか。難しい質問すみません」というお悩みが寄せられた。

【写真】映画『恋する寄生虫』女性限定試写会トークイベント (林遣都、小松菜奈)

林は「自分の本当の気持ちを話して関係が崩れるんじゃないかっていうのは恋愛に限らずあることだと思うんですけど、自分でじっくりとタイミングを見極めて、どうしても関係が崩れるのが自分の中で悲しいことならまだ踏み出さなくても良いと思います。勇気を持って伝えることで、もしかしたらすごく傷つくかもしれないけど、しっかり踏み出した自分をを称え、いい経験だったと言い聞かせることも大事なんじゃないかな。勇気を出したことによって必ず何かが前に進むと思うので。はっきりとは答えられないですけど」と真剣にコメント。

【写真】映画『恋する寄生虫』女性限定試写会トークイベント (林遣都)

小松は「自分がモヤモヤしているのならちゃんとちょっとずつでも伝えてみる方が自分も納得がいくと思うし、行動することで何かの答えが出せるんじゃないかなと思います。遣都さんが言っていたみたいに、傷つくこともあると思うんですが、それは成長できる第一歩だと思うので、自分のペースで進んでいってください」と暖かいエールを送った。

【写真】映画『恋する寄生虫』女性限定試写会トークイベント (小松菜奈)

柿本監督は「質問の答えになっているかわからないんですけど」と断ったうえで「この映画もそうなんですけど、恋愛は人が得ることのできる一番のカンフル剤というかエネルギーなんじゃないかなと思うことがあって。それこそ恋をするだけで昨日と今日が全然違うとか、空の色が違って見えるとか…。その状況をまずは楽しんでもらいたいです。その気持ちがあるから何かできたり、失敗するかもしれないけど一人前になれるチャンスを手に入れられると思うので。どんどん恋をしてほしいです」と独自の視点から回答した。

【写真】映画『恋する寄生虫』女性限定試写会トークイベント (柿本ケンサク監督)

自然な表情で写真に映るコツは?
林遣都「菜奈ちゃんは要らないカットがない」と絶賛!

「私は写真を撮られることが苦手で、どのような顔をすればいいのかいつも困ります。表型としてたくさんのカメラを見て来られたと思うが、どのようなことを意識しておられますか。素人でも自然な表情を出すコツがあれば教えていただきたいです」というお悩みが寄せられた。

小松は「仕事していても慣れないです。この映画の取材の時も、遣都さんと写真を撮っていただく時に『向かい合って見つめ合ってください』って言われて、その時は役じゃないのでちょっと照れくささがあるんですよ。それで、「どうしようね、ははは」ってなっている時の照れ笑いを撮ってもらってます(笑)」と回答。

【写真】映画『恋する寄生虫』女性限定試写会トークイベント (小松菜奈)

小松に「どうですか、先輩?」と話を振られた林は「僕も本当に写真は苦手で。菜奈ちゃんと並んで撮ると、写真をチェックした時に「素人みたいだな自分は」って思います。自分のスタイリストさんやメイクさんともお話しているんですけど、菜奈ちゃんは本当に決まるんですよね。いらないカットがないというか」と小松を絶賛。さらに続けて「写真が苦手だからいつも集中して撮っていただいているんですけど、僕は顔にすごい力が入っちゃって。口をつぐんでしまっていると指摘されたことがあるから、ふっと軽く口を開くようにしていますね」と自分が気をつけているポイントを教えてくれた。

【写真】映画『恋する寄生虫』女性限定試写会トークイベント (林遣都)

柿本監督は「人かどうかはわからないけれど、許すこと。例えば人じゃなくても、自然だと許された時にいいものが取れる。これは撮ったらダメかなと思う時でも、熱意がある時はすごくいいものが撮れるなという印象があります。それは人も一緒なのかなと思いますね」と撮る側としてのワンポイントアドバイスをくれた。

【写真】映画『恋する寄生虫』女性限定試写会トークイベント (柿本ケンサク監督)

3人からのメッセージ

柿本監督は「この映画はマイノリティの人たちがどうやってマジョリティに対して行動を起こすのか、一生懸命小さな声を上げながらもがいて進んでいくかを描いています。今はすごく生きづらい想いを抱えている人もいると思うんですけど、そういう人たちに寄り添える物語になっていると思うので、映画を観て何かを持って帰ってもらえるといいなと思います」と想いを語った。

【写真】映画『恋する寄生虫』女性限定試写会トークイベント (柿本ケンサク監督)

続いて小松は「今日はイベントにお越しいただきありがとうございます。そして視聴してくださっている皆さんも本当にありがとうございます。今回は皆さんのお悩みに、一意見ではありますが、一緒に向き合えてとても良い時間でした。誰でも生きていれば悩みは尽きないですし、私も悩むことはたくさんあります。みんな違ってみんないいと思います。この映画も、生きづらさとか弱さを抱えている2人がお互い惹かれあって成長してきながら、模索しながら生き抜いて。一人の人として立っている姿がこのスクリーンに映し出されていると思います。今日、これから観ていただくと思うんですけど、楽しんでいってください。今日はありがとうございました」とエールを送った。

【写真】映画『恋する寄生虫』女性限定試写会トークイベント (小松菜奈)

さらに林は「今日はありがとうございました。悩み相談をさせていただき、自分も考えることがあってすごく良い時間でした。今はただでさえしんどい世の中で、誰にでも自分の嫌いな部分とか“変だな”と思われているんじゃないかと思うこともあると思います。でも、あまり自分を卑下したり悲観的に見たりすることはせず、そういう弱い自分を許してあげたり、たまにちょっと甘やかしてあげたりする時間をしっかり持って、楽しく生きていってください。この映画も、そういうことが描かれていると思うので、柿本監督がおっしゃったように、この映画を観ることで力になればいいなと思います」とコメント。そして最後に、「まだ先ですが、良いクリスマスをお過ごしください」とメッセージを締めくくり、会場内は暖かな雰囲気に包まれたままイベントは幕を閉じた。

【写真】映画『恋する寄生虫』女性限定試写会トークイベント (林遣都)

[スチール撮影: Cinema Art Online UK / 記者: 來住 果林]

フォトギャラリー📸

スライドショーには JavaScript が必要です。

イベント情報

映画『恋する寄生虫』女性限定試写会トークイベント

■開催日: 2021年10月14日(木)
■会場: グランドシネマサンシャイン池袋 シアター3
■出演者: 林遣都、小松菜奈、柿本ケンサク監督
■MC: 伊藤さとり

【写真】映画『恋する寄生虫』女性限定試写会トークイベント (林遣都、小松菜奈、柿本ケンサク監督)

映画『恋する寄生虫』特報映像🎞

映画作品情報

【画像】映画『恋する寄生虫』ティザービジュアル

《ストーリー》

孤独な2人が「虫」によって「恋」の病に落ちていく―

極度の潔癖症で人と関わることができずに生きてきた青年・高坂賢吾こうさかけんご。ある日、嬉しい知らぬ男から視線恐怖症で不登校の高校生・佐薙さなぎひじりと友だちになって面倒をみてほしい、という奇妙な依頼を受ける。露悪的な態度をとる佐薙に辟易していた高坂だったが、それが自分の弱さを隠すためだと気づき共感を抱くようになる。世界の終わりを願っていたはずの孤独な2人はやがて惹かれ合い、恋に落ちていくが———。

 
タイトル︓『恋する寄生虫』
 
原案: 三秋 縋「恋する寄生虫」(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)
 
出演︓ 林遣都、小松菜奈、井浦新、石橋凌
 
監督︓ 柿本ケンサク
脚本︓ 山室有紀子
製作︓「恋する寄生虫」製作委員会
配給︓ KADOKAWA
 
© 2021「恋する寄生虫」製作委員会
 
2021年11月12日(金) 全国ロードショー!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter:@koi_kiseichu_jp
公式Instagram:@koi_kiseichu_jp
 

映画『恋する寄生虫』公開記念舞台挨拶 レポート

映画『恋する寄生虫』公開記念舞台挨拶 レポート

映画『恋する寄生虫』スペシャルトーク付き試写会トークイベントレポート

映画『恋する寄生虫』完成披露試写会 舞台挨拶 レポート

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る