映画『⼋王⼦ゾンビーズ』配信イベント“オンライン満⽉祭り”レポート

【写真】映画『八王子ゾンビーズ』配信イベント

映画『八王子ゾンビーズ』(HACHIOJI ZOMBIES)

配信イベント“オンライン満⽉祭り”

三代⽬ JSB・⼭下健⼆郎率いるイケメン俳優たちが浴⾐姿でオンライン満⽉祭り!!

2018年8⽉に上演された鈴⽊おさむ脚本・演出の舞台「⼋王⼦ゾンビーズ」。斬新な設定とインパクトのあるビジュアル、キャスト陣のコミカルなアドリブで中毒者が続出した“新感覚エンターテインメント”ともいえるこの作品は、観客がタンバリンを使って観劇する“応援上映”も話題となり、2万⼈以上の動員を記録し⼤盛況となった。

そして2020年、再び鈴⽊おさむの⼿によって、「⼋王⼦ゾンビーズ」が映画として帰ってくる︕圧倒的なパフォーマンス⼒を誇る三代⽬ J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE⼭下健⼆郎をはじめ、昨今熱狂的なファンが多い⼤⼈気コンテンツ“2.5 次元ミュージカル”で活躍しているイケメン俳優たちが勢揃いした映画『⼋王⼦ゾンビーズ』が7⽉17⽇(⾦)より全国公開される。

【画像】映画『八王子ゾンビーズ』メインカット

公開に先駆け、作品のキーとなる“満⽉”にちなみ、“満⽉の⽇”の7月5日(日)に“オンライン満⽉祭り”が実施された。夢破れたダンサー・⽻吹隆を演じる主演の⼭下健⼆郎、満⽉に向かってダンスをすることで成仏できるという“訳あり”イケメンゾンビ集団「⼋王⼦ゾンビーズ」のメンバーを演じた久保⽥悠来藤⽥玲三浦海⾥才川コージが爽やかな浴⾐姿で登場。500⼈を超える⼀般参加者たちとオンラインミーティングサービス「Zoom」で繋がりながら、夏祭りの定番・ヨーヨー釣りでの対決や、たこ焼き作りにチャレンジするなど熱く盛り上がった。

新型コロナウイルスの影響で各地で夏祭りが中⽌になっている中、「少しでも祭りの雰囲気を楽しんでもらいたい︕」(⼭下)ということで、浴⾐姿の5⼈には観客からも「素敵〜︕」とコメントが⾶び交った。

7月5日は満⽉の⽇であったが、窓の外に向けられたカメラから映し出された映像はまさかの曇り空︕「停電の映像じゃないか︕」と全員からツッコミが⼊るスタートとなった。

映画について、主演・⽻吹を演じた⼭下は、「ダンサーになる夢を諦めた主⼈公が希望寺で修⾏をすることになり、ゾンビたちと出会うという、歌って踊って笑って楽しめる新感覚エンターテイメントです。アドリブも多かったですが、周りのみんなが芸達者でかなり助けてもらいました。2018年から同じメンバーで舞台もやっているのでチームワークもよく終始楽しかったです」 と答えると、⼋王⼦ゾンビーズのリーダー・仁を演じた久保⽥が「僕らは健⼆郎に飼い慣らされたゾンビですよ、いつまでも健⼆郎についていきます︕」としみじみ語ると笑いが起こるなど仲の良さを感じさせる。

【写真】映画『八王子ゾンビーズ』配信イベント

夏祭りの思い出について、⼭下は「僕は京都出⾝なんで、やっぱり祇園祭︕」、久保⽥は「僕の地元では平塚祭というお祭りがあるんですが、カップルで⾏くと必ず別れるというジンクスがあったんです」と語る。ゾンビーズの“ツッコミ役“琉⽃を演じた藤⽥は、「僕はあんず飴を⾷べに⾏っていましたね」と語ると、三太役の三浦からは「僕、祭り嫌いなんですよ・・・」とまさかの発⾔が⾶び出し、「(今⽇)何しに来た︕︕」と全員から突っ込まれる場⾯も。四太役の才川は「よろしくお願いしマッスル︕」と⾃慢の筋⾁を⾒せながら元気に挨拶。「初めて浴⾐で夏祭りに⾏った時に、⽩い浴⾐にイカ焼きのソースがべったり付いちゃって、、、」とほろ苦い思い出を語った。

【写真】映画『八王子ゾンビーズ』配信イベント

続いてのゲームコーナーで夏祭りの定番・ヨーヨー釣りに挑戦した5⼈。しかし“定番”通りにはいかないのが<⼋王⼦ゾンビーズ>。⽤意された釣竿は【ゴボウ】【テニスラケット】【菜箸】【おもちゃのバット】【ハエ叩き】!?スタートと同時に、テニスラケットを⼿にした久保⽥がヨーヨーを⼤量にすくい上げる荒技を繰り出し、仕切り直しに。2回戦では釣り⽷同⼠が絡まるなど悪戦苦闘する5⼈であったが、ゴボウを⼿にした⼭下が⼀番最初にヨーヨーを釣り上げ、「さすがだね〜︕」と賞賛を浴びていた。

【写真】映画『八王子ゾンビーズ』配信イベント

また、夏祭りグルメの定番と⾔えばたこ焼きということで、関⻄出⾝の⼭下がたこ焼き作りに挑戦︕実⾷したゾンビーズたちは⼝々に「本当に美味しい︕」「本物の祭りのたこ焼きみたい︕」と⼤絶賛していた。

【写真】映画『八王子ゾンビーズ』配信イベント

その後のトークコーナーでは、約1年前となる撮影を振り返って、⼭下は「⼋王⼦の由緒正しいお寺で撮影させてもらって。⼭の中だったんですけど、真夏の炎天下、汗だくで⾍が多かったな」、 藤⽥は「現場でかき氷が出たのも思い出。ゾンビメイクも汗でだらだらでしたね」と今作ならではの苦労を振り返ると、⼭下が「ウィッグつけてた⼈もいたから⼤変そうでした」と裏話を語った。

2年前の夏は舞台、1年前の夏は映画の撮影、そして今年の夏は映画の公開と、3回の夏を共に過ごすこととなった仲間ならではの空気感が垣間⾒えるイベントとなった。

スライドショーには JavaScript が必要です。

イベント情報

映画『八王子ゾンビーズ』配信イベント(オンライン満⽉祭り)

■開催日: 2020年7月5日(日)
■会場: Zoomによるオンライン開催
■出演者: 山下健二郎、久保⽥悠来、藤⽥玲、三浦海⾥、才川コージ


映画『MOTHER マザー』予告篇🎞

映画『八王子ゾンビーズ』本予告 -オフィシャルトレーラー- 7月17日(金) 全国公開!

映画作品情報

【画像】映画『八王子ゾンビーズ』ポスタービジュアル

《ストーリー》

オーディションに落ち続け、ダンサーになる夢を諦めた⽻吹(⼭下健⼆郎)は、“⾃分探し”のために⼋王⼦の⼭奥にある「希望寺」で修業体験をすることに。

この寺には「夜になったら、裏⼿にある廃寺には⾏ってはならない」という⼤事なルールと、それにまつわる怪しげな噂があった。「絶対に近づくな。特に満⽉の夜には・・・」と忠告された⽻吹だったが、踊りたい気持ちを捨てきれず、満⽉の夜に廃寺でダンスの練習を始める。

そんな⽻吹の前に、うめき声と共に8⼈のイケメンゾンビ集団“⼋王⼦ゾンビーズ”が現れた︕満⽉に向かってダンスをすることで成仏ができるという彼らに頼まれ、ダンスを教えることになった⽻吹。しかし、彼らが成仏できない理由には、この寺の住職・孔明(松岡充)と⼋王⼦市⻑・⼤池(RIKACO)深い思惑が隠されていた̶̶︕︖

 
出演︓ ⼭下健⼆郎(三代⽬ J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、久保⽥悠来、藤⽥玲、丘⼭晴⼰、⼩澤雄太(劇団 EXILE)、⾼野洸、牧島輝、三浦海⾥、才川コージ、早⼄⼥友貴、坂東希(E-girls)、今⽥耕司(友情出演)、勝⽮、RIKACO/松岡充
監督・脚本︓ 鈴⽊おさむ
主題歌︓ m-flo「MARS DRIVE」
製作プロダクション︓ ダブ
配給︓ 東映ビデオ

© 2020「⼋王⼦ゾンビーズ」製作委員会
 
2020年7⽉17⽇(⾦) 全国ロードショー!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @HACHIOJIzombies
公式Instagram: @hachiojizombies_official
公式ハッシュタグ: #八王子ゾンビーズ

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る