映画『FUNNY BUNNY』公開初日舞台挨拶レポート

【写真】映画『FUNNY BUNNY』公開初日舞台挨拶 (中川大志、岡山天音、飯塚健監督)

映画『FUNNY BUNNY』㊗公開初日舞台挨拶

中川大志&岡山天音、ファンからの続編希望の声に意欲

2012年、青山円形劇場で上演され、大きな反響を呼んだ、飯塚健監督のオリジナル戯曲を映像化した映画『FUNNY BUNNY』が、4月29日(木・祝)より全国の映画館で公開、同時にauスマートパスプレミアムでも配信が開始された。

【画像】映画『FUNNY BUNNY』メインカット

本来、この日には東京都内3カ所の映画館で、主人公・剣持聡役の中川大志、剣持の親友・漆原聡役の岡山天音、そして飯塚健監督が登壇する初日舞台挨拶を行う予定であったが、東京都の緊急事態宣言発令の状況を鑑み、別会場での無観客イベントに切り替えて実施。イベントの様子は、終了後YouTubeでも配信される。

ステージに登壇した中川は「本当なら劇場で、お客さまの前で舞台挨拶の予定でしたが、こういう状況下ですので。このような形で初日を迎えることになりましたが、まずは作品を届けられることに感謝しています」と挨拶。岡山が「こういった形での舞台挨拶は珍しいと思いますが、皆さんの目に届くということで、映画を楽しんでいただけたらと強く思っております」と続けると、飯塚監督も「この場に立つと、やはりお客さまの顔を観て、挨拶をしたかったなという思いもありますが、ようやく公開なので。よろしくお願いします」と呼びかけた。

今回の、岡山との共演について中川は、「5~6年前にドラマのゲストでご一緒しまして。もちろん同じシーンもあったんですが、そんなにガッツリと絡むという役柄ではなくて。だからその時はほとんどしゃべることがなかった。だから僕にとって天音くんはベールに包まれた感じで。もちろんいろんなところで共通の知り合いがいて。今までは人を介して天音くんの話をいろいろと聞いていたんですけども、現場でガッツリと一緒にやらせていただくのは初めて。とにかく僕も大好きな役者さんなので嬉しかったですし、楽しかったですね」とコメント。

【画像】映画『FUNNY BUNNY』場面カット

一方の岡山も「現場で、共演する俳優さんとガッツリ台本だったりお芝居について話すことって意外とないことなので。だから何かそういった意味でも貴重でしたし、最初に共演した頃から考えると、大分近くなったなという感じがありますね」と返すも、中川は「でも今日、久々に会ったら若干距離を感じるというか。リセットされたというか。あんなに密な関係だったのに」とちゃかした様子でコメントを返した。

【画像】映画『FUNNY BUNNY』場面カット

その言葉に、岡山も「忘れていないですよ。最初に共演した時は10代でしたが、その時から大志くんは世の中に認知されている方でした。本当にスマートな印象だったんですけど、今回は剣持をやられているからかもしれないですけど、剣持のお芝居に対して本当に愚直かと思えば、とてもピュアな部分もあって。前回(のドラマの撮影)が数日だったというのもあるんですけど、今回はそのイメージがものすごくひっくり返った印象ですね。大志くんがいないところで、大志くん大好き、という話をするくらいになりました。すごく恥ずかしいですけど、ファンです」とコメント。その言葉に中川も「僕も大好きです」と笑顔で返答。そんな二人の信頼関係を目の当たりにした飯塚監督も「よくぞこの二人がそろってくれたと思いますよ」としみじみ付け加えた。

【画像】映画『FUNNY BUNNY』場面カット

本作の劇中では、剣持と漆原のエネルギーがぶつかり合うような、キスシーンがある。そのシーンについて「あのシーンの前はめっちゃ、うがいしましました。嫌われたくないと思って」と笑う岡山に対して、中川も「忘れられないですね、あの感触が。ちょっと目覚めそうになりました。いろんなものがパッと出ました」とコメント。ただし、お互いに感情的になっているというシーンだったため、「意識が吹っ飛んでいるような感じでしたね。何も覚えていないです」と中川が振り返ると、岡山も「キスシーンって緊張しますけど、あれだけ印象に残らないというか、感触を覚えていないキスシーンもはじめてですね」と述懐。飯塚監督も「あれはキスシーンというジャンルじゃないですね」と付け加えた。

【画像】映画『FUNNY BUNNY』場面カット

そんな二人に対して、ファンからの「続編を希望します」という声が読み上げられると、中川は「映画『FUNNY BUNNY』は、図書館とラジオ局が舞台のエピソードですが、ほかにもエピソードがありますので、このメンバーで続編ができたら、どんなに楽しいだろうと。やっていく中でもそう思いましたし、完成した作品を観た中でもそう思いました。またやれたらいいなと思います」と続編に意欲的なコメント。岡山も「同じくですが、『FUNNY BUNNY』の舞台版の映像を観ていた当時は僕が参加するとは思っていなかったので、続編があるなら参加したいです」とこちらも意欲的なコメント。そんな二人の言葉に飯塚監督も「嬉しいですね。やれたらいいですね」と笑顔を見せた。

映画『FUNNY BUNNY』初日舞台挨拶映像🎥

イベント情報

映画『FUNNY BUNNY』公開初日舞台挨拶

■開催日: 2021年4月29日(木・祝)
■会場: スペースFS汐留
■登壇者: 中川大志、岡山天音、飯塚健監督

【写真】映画『FUNNY BUNNY』公開初日舞台挨拶 (中川大志、岡山天音、飯塚健監督)

映画『FUNNY BUNNY』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『FUNNY BUNNY』ポスタービジュアル

《ストーリー》

とある図書館に「強盗」しに現れた二人の愛くるしいうさぎ。目的は「絶対借りられない本」を見つけること・・・はぁ!?だが、あっという間に形勢は逆転し、捕らえられてしまう。観念した剣持と漆原から事の真意が明かされる。「絶対に借りられない本の中に、宝の地図が隠されている」。そこに秘められた驚愕の真実とは!?

月日は流れ、図書館で出会った五人は、またしても剣持からのとんでもないミッションをするハメに。それはラジオ局を「襲撃」し「電波」を盗むこと。剣持から語られたのは、まったく売れなかったバンドと幻の名曲に秘められた哀しい真実。果たして無事にクリアできるのか? DJブースのマイク前に立つバンドによる、最後の曲が流れ始める――。

 
出演: 中川大志、岡山天音/関めぐみ、森田想、レイニ、ゆうたろう/田中俊介、佐野弘樹、山中聡、落合モトキ/角田晃広、菅原大吉
 
監督・脚本・編集: 飯塚健
 
原作: 舞台「FUNNY BUNNY -鳥獣と寂寞の空-」(演出・脚本:飯塚健/青山円形劇場、2012年)、小説「FUNNY BUNNY」(飯塚健/朝日新聞出版)
製作: KDDI
制作プロダクション: ダブ
配給: 「FUNNY BUNNY」製作委員会
 
2021年 / 日本 / 103分 / カラー / ビスタ / 5.1ch
 
© 2021「FUNNY BUNNY」製作委員会
 
映画館&auスマートパスプレミアムにて公開中!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @FUNNYBUNNY2021
公式Instagram: @funnybunny_2021

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る