映画 「ハロルドが笑うその日まで」 (Her er Harold)

© 2014 MER FILM AS All rights reserved

映画 「ハロルドが笑うその日まで」 (原題: Her er Harold)

家具店の老主人、IKEAの創業者を誘拐!?

●ストーリー

ノルウェーの街オサネで40年以上高級家具店を営んできたハロルド。妻と二人、穏やかな老後を送れると思った矢先、「その日」は訪れる。世界的な廉価家具販売チェーンIKEAが北欧最大店舗をハロルドの店の隣に建てたのだ! あっという間に店は潰れ、店舗の上にあった家まで失うハロルド。環境の変化についていけなかった妻は体調を崩し、この世を去る。すべての不幸の元凶はIKEAの創業者カンプラード! 自暴自棄になったハロルドは、彼を誘拐することを決意、スウェーデンに向かう。時流にのって大儲けしたカンプラードは、さぞ幸せの絶頂に身をおいているかと思いきや、会ってみると自分以上に孤独な男だった。誘拐のような、そうでないような珍道中を続けるうちに、二人の間に同世代ならではの奇妙な連帯感が生まれる。

 ●みどころ

IKEAといえば、日本でも人気の家具販売店。安くてバラエティに優れ庶民の味方だが、反面「修繕して長く使う」「使うほどに味が出る」といった従来の「飽きの来ない」家具の味わいとは真逆のコンセプトだ。プライドをもって長年高級家具を商い、自らニスを塗ったりと家具に愛着も強いハロルドには、店を潰されたことと同時に、家具に対する自分の思い入れや愛情が踏みにじられた悔しさがにじむ。
そこにノルウェーとスウェーデンという、同じ北欧でお隣同士だが国民性は違う、という点をうまく入れ込んで、クスっと笑わせる作りが楽しい。
これは決して負け組が勝ち組に食ってかかる映画ではない。激動の20世紀を必死で生きてきた人々が、IKEAが象徴するファストライフにモノ申す物語である。それが滑稽に見えるのは、親が子に自分の価値観だけを押しつけるからであり、子が親の苦心をまったく意に介さないからでもあり、それがいつの世も、どこの国でも同じだからではないだろうか。
ハロルドの誘拐計画に手を貸すことになる家出少女エバの母が、「昔は選手だったの」と雪の上で新体操を披露する場面が痛々しい。青春の、一瞬の輝きは、いったいどこに行ってしまうのか。
老人にも若者にも希望が見えにくい21世紀。「よし、オレもがんばって生きようか」と、もう一回ギアを入れなおす、そんな勇気をもらえる映画である。

[文:仲野 マリ]

映画 「ハロルドが笑うその日まで」 予告篇

 

映画作品情報

邦題: 「ハロルドが笑うその日まで」
原題: 「Her er Harold」
監督・脚本: グンナル・ビケネ (Gunnar Vikene)
出演: ビョルン・スンクェスト (Bjorn Sundquist)、ビヨルン・グラナート (Bjorn Granath)、ファンニ・ケッテル (Fanny Ketter)
2014年 ノルウェー / ノルウェー語、スウェーデン語 / 88分/カラー / シネマスコープ 
配給: 株式会社ミッドシップ
© 2014 MER FILM AS All rights reserved

2016年4月、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー!

映画公式サイト

この記事の著者

仲野 マリ

仲野 マリ映画・演劇ライター

映画プロデューサーだった父(仲野和正・大映映画『ガメラ対ギャオス』『新・鞍馬天狗』などを企画)の影響で映画や舞台の制作に興味を持ち、書くことが得意であることから映画紹介や映画評を書くライターとなる。
檀れい、大泉洋、戸田恵梨香、佐々木蔵之介、真飛聖、髙嶋政宏など、俳優インタビューなども手掛ける。
また、歌舞伎、ストレートプレイ、ミュージカル、バレエなど、舞台についても同じく劇評やレビュー、俳優インタビューなどを書き、シネマ歌舞伎の上映前解説も定期的に行っている。
オフィシャルサイト http://www.nakanomari.net

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

映画「帝一の國」

2017-4-15

映画「帝一の國」(TEIICHINOKUNI THE MOVIE)

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る