映画『さんかく窓の外側は夜』公開前夜祭舞台挨拶レポート

【写真】映画『さんかく窓の外側は夜』公開前夜祭舞台挨拶 (岡⽥将⽣、志尊淳、平⼿友梨奈、森ガキ侑⼤監督)

映画『さんかく窓の外側は夜』公開前夜祭 舞台挨拶

公開前夜に明らかになった衝撃の展開!
心霊探偵バディと呪いを操る少女が力を合わせ
真の敵に立ち向かう――

霊が〈祓える男〉冷川理⼈ひやかわりひとと〈視える男〉三⾓康介みかどこうすけが “除霊”という特殊能力を使い、怪奇事件の解決に挑んでいく、映画『さんかく窓の外側は夜』が、いよいよ2021年1月22日(金)より全国公開される。

【画像】映画『さんかく窓の外側は夜』メインカット

公開を翌日に控えた1月21日(木)、公開前夜祭が丸の内ピカデリーで行われ、観客を迎えての本編上映、そして上映後の舞台挨拶に岡田将生、志尊淳、平手友梨奈、森ガキ侑大監督が登壇した。

一度の公開延期を経て、ついに翌日に公開を迎える。一足先に本編を鑑賞し、鑑賞後の興奮冷めやらぬ観客の前に岡田、志尊、平手そして森ガキ監督の4名が姿を現すと会場からは盛大な拍手で迎えられ、舞台挨拶がスタートした。

岡田は「ちょうど一年前に撮影し、やっと明日から皆さんにこの作品を届けられる。みなさんにこの作品が届けられることが本当に嬉しいです」と公開前夜の気持ちを言葉にした。

【写真】映画『さんかく窓の外側は夜』公開前夜祭舞台挨拶 (岡⽥将⽣)

続いて、会場の観客は映画を観終わったばかりということで、ネタバレOKでそれぞれのお気に入りシーンを訊かれると、「(観た後なので)何話してもいいんですよね!?新しいエピソードが出ちゃうかもしれない!」と話す志尊は、「予告編とかを観ると、冷川&三角のバディvs ヒウラエリカの話のように思えるんですけど、実はそうじゃないんです。ラストでは3人が仲間となり、大きなものに立ち向かっていくんですよね。」と3人の関係性の展開を明かす。岡田も「(演じる側なのに)俺も予告編観て騙されたな(笑)」と冗談を交えながら続けた。

【写真】映画『さんかく窓の外側は夜』公開前夜祭舞台挨拶 (岡⽥将⽣、志尊淳)

岡田は、「終盤に志尊君演じる三角の温かさを感じられるシーンが詰まってる。三角を演じたのが志尊君で良かった。これ(キャスト間に置かれたアクリルパネル)が無かったら抱きしめてる!」と最高のバディ感を見せた。

また、劇中では、「君は僕の運命だ」という印象的なセリフが出てくることから、「これまでに運命を感じたこと・体験」についてMCより質問があると、岡田は「この作品は1度の公開延期がありましたが、公開を迎えられることに運命を感じます」と話し、志尊も「10年間の俳優人生の中でも、この作品との出会いは運命的でした」と作品に懸ける強い想いを語った。

【写真】映画『さんかく窓の外側は夜』公開前夜祭舞台挨拶 (志尊淳)

さらに「最後のシーンも含みがあって…続編を期待しちゃいますよね!?」と志尊が話すと、「俺も続編がやりたい!」と岡田も続き、興奮気味の2人から「てちも続編やりたいよね?」と訊かれた平手は、「…私たちで決められるの?(笑)」と少し戸惑いを見せながら加わり、撮影時から変わらない、3人の仲がよくチークワークの良いやりとりを見せた。

【写真】映画『さんかく窓の外側は夜』公開前夜祭舞台挨拶 (平⼿友梨奈)

そして、キャストの3人にはサプライズで、森ガキ監督が3人へ向けた手紙を披露。

「岡田君ならこの難しい役を安心して任せられると思った」

「芯の強さが心の奥に眠っている志尊くんの三角が好きです」

「岡田君と志尊君がてちって呼んでいるのを実は羨ましく見てました。だから今日、初めて呼ばせてください。てち、出会ってくれてありがとう」

【写真】映画『さんかく窓の外側は夜』公開前夜祭舞台挨拶 (森ガキ侑⼤監督)

3人への感謝の熱い想いが書き綴られた手紙の内容に岡田は、「森ガキ監督の現場には本当に愛が溢れていました。また一緒に仕事がしたい」と目頭を熱くしながら語った。

志尊も「監督のことは親戚だと思っているくらい信頼している。誇れる作品を作ってくれてありがとうございます」と監督への感謝の気持ちを述べた。

また、初めて森ガキ監督から“てち”と呼ばれた平手は、「監督が私のことをてちって呼びたいと思ってたことを今日初めて知りました。てちって呼ばれて嬉しかったです」と監督の想いに応えた。

最後に「監督からの手紙を聞いて、人の言葉の温かみは素敵だなと思いました。この作品はSNSの誹謗中傷についても触れている。この作品を通して何か感じてもらえたら」と岡田が締めくくり、舞台挨拶は幕を閉じた。

イベント情報

映画『さんかく窓の外側は夜』公開前夜祭舞台挨拶

■開催日: 2021年1月21日(木)
■会場: 丸の内ピカデリー1
■出演者: 岡田将生、志尊淳、平手友梨奈、森ガキ侑大監督
■MC: 伊藤さとり

【写真】映画『さんかく窓の外側は夜』公開前夜祭舞台挨拶 (岡⽥将⽣、志尊淳、平⼿友梨奈、森ガキ侑⼤監督)

フォトギャラリー📸

スライドショーには JavaScript が必要です。

映画『さんかく窓の外側は夜』予告篇🎞

映画作品情報

【画像】映画『さんかく窓の外側は夜』ポスタービジュアル

《ストーリー》

書店で働く三⾓康介みかどこうすけ(志尊淳)は、⼀⾒普通の⻘年だが、幼い頃から幽霊が視える特異体質に悩まされていた。ある⽇、書店に除霊師・冷川理⼈ひやかわりひと(岡⽥将⽣)がやってくる。「僕といれば怖くなくなりますよ」の⼀⾔で、三⾓は冷川と除霊作業の仕事を共にすることに。そんな中、⼆⼈は刑事・半澤(滝藤賢⼀)から、ある連続殺⼈事件の話を持ち掛けられる。調査を進めるうちに、⼆⼈はある⾔葉にたどりつく――。

「ヒ ウ ラ エ リ カ に . . . だ ま さ れ た . . . 」

この事件には、呪いを操る⼥⼦⾼⽣・⾮浦英莉可ひうらえりか(平⼿友梨奈)の影が潜んでいたのだ。

果たして〈ヒウラエ リカ〉とは何者なのか︖ 事件との関係は? 死者からの謎のメッセージを解き明かそうとする冷川と三⾓の⼆⼈は、やがて⾃⾝の運命をも左右する、 驚愕の真実にたどり着く――。

 
出演︓ 岡⽥将⽣、志尊淳、平⼿友梨奈、滝藤賢⼀、マキタスポーツ、新納慎也、桜井ユキ、和久井映⾒、筒井道隆
 
原作︓ ヤマシタトモコ「さんかく窓の外側は夜」(リブレ刊)
 
監督︓ 森ガキ侑⼤
脚本︓ 相沢友⼦
 
主題歌︓ ずっと真夜中でいいのに。「暗く⿊く」(EMI Records / UNIVERSAL MUSIC)
 
配給︓ 松⽵
 
© 2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会
© Tomoko Yamashita/libre
 
2021年1月22日(金) 全国ロードショー!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @sankakumadoeiga
公式Instagram: @sankakumadoeiga

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

【バナー画像】日本アカデミー賞
ページ上部へ戻る