映画『この道』公開記念舞台挨拶レポート

【写真】映画『この道』公開記念舞台挨拶 (大森南朋、AKIRA、貫地谷しほり、松本若菜、小島藤子、羽田美智子、柳沢慎吾、松重豊、佐々部清監督)

映画『この道』公開記念舞台挨拶

AKIRAが19歳時の秘蔵写真を公開!
会場全員、騒然?!大森南朋「ヤバいね」

童謡の誕生から100年、稀代の天才詩人・北原白秋の波乱に満ちた半生と、秀才音楽家・山田耕筰との友情を描いた映画『この道』が、1月11日(金)より全国公開された。

北原白秋を演じるのは今や日本映画界に欠かせない存在となっている大森南朋。西洋音楽の普及に貢献した作曲家・山田耕筰役に、マーティン・スコセッシ監督『沈黙―サイレンス―』(2016年)でハリウッドデビューも果たしたAKIRAが熱演。日本人による日本人のための新しい「歌」を誕生させた二人の天才を、映画『陽はまた昇る』(2002年)で監督デビューをし『半落ち』(2004年)や、『ツレがうつになりまして』(2011年)など数々の作品を手がけた佐々部清監督がメガホンを取った。

【画像】映画『この道』メインカット

映画『この道』の公開を記念して、公開日翌日の1月12日(土)にTOHOシネマズ 日比谷にて公開記念舞台挨拶が開催され、W主演の大森南朋とAKIRA、共演の貫地谷しほり、松本若菜、小島藤子、羽田美智子、柳沢慎吾、松重豊、そして佐々部清監督が登壇した。

舞台挨拶では成人の日が近いということで登壇者の20歳の頃の写真がスクリーンに投影され、その頃のエピソードなどが披露された。

イベントレポート

今年の春から台湾での上映が決定した『この道』。日本公開を迎えた気持ちを聞かれた大森は「こうやってたくさんのお客さんがいらっしゃってくれて嬉しいです。増して、台湾で上映するなんて。僕もさっき聞いたので、是非台湾まで観に行きたいと思います」と話していた。

AKIRAは「ちょうど1年前のこのくらいの時期から撮影が始まって、ようやくこの日を迎えられて嬉しいですし、台湾公演も…」と言葉を詰まらせ、先日まで開催していた台湾公演と言い間違え、「以前もライブの後に撮影があった時に監督によくEXILE感がまだ残ってるよと注意されていた」と撮影中のエピソードを話し、改めて「嬉しく思います」と映画の台湾公開について喜びの言葉を残した。

【写真】映画『この道』公開記念舞台挨拶 (AKIRA)

AKIRAが話し終えると横から柳沢がAKIRAのことを「しかし、いい男だねぇ~。背高いとかっこいいね!」とつっこみを入れていた。AKIRA同様身長が高い松重に柳沢が「重ちゃんも高いよね。どっちが高いの?」と聞くと、松重は「重ちゃん呼ばわりやめてもらえますか?(笑)」と言い、返し柳沢は「年が1つ下なんですよ」と言うも松重は「56、57歳になって年が1つ下とかそれは別にねぇ…(笑)」と話し、会場の笑いを誘った。

【写真】映画『この道』公開記念舞台挨拶 (柳沢慎吾)

佐々部監督は映画に関して「僕はこの映画が監督になって17年目で18本目です。年に1本ずつ作品を出していけて嬉しいです」と話していた。

【写真】映画『この道』公開記念舞台挨拶 (佐々部清監督)

大森南朋、劇中では「可愛らしい」!?

北原白秋の3番目の妻を演じた貫地谷は、撮影中の喧嘩のシーンでのエピソードについて「私は見ているだけだったんですけど、お二人(AKIRAと大森)がすごく紳士的に段取りを確認しているのを見てすごく面白かった」と話すと、大森が「馬鹿にしてるの?(笑)」とつっこみを入れるも、「怪我もせず無事に喧嘩のシーンが出来上がった」と話していた。また、貫地谷が映画の中で北原白秋演じる大森の可愛いシーンがあると話すと、それに対して大森は「僕が可愛らしいと言われる映画なんです。しょうがないけど可愛らしいと受け入れるしかないです」と照れながらも自身の演じた北原白秋について話した。

【写真】映画『この道』公開記念舞台挨拶 (貫地谷しほり)

北原白秋の最初の妻を演じた松本は自身の演じたソフィについて「当時洋服も少ない中ですごくおしゃれな方だと思っていたんですけど、(大森)南朋さんと危ない関係といいますか…」と話すも「南朋さんじゃないですね!」と言い直し、大森から「マスコミ入ってるからそういうのは言わないほうが…(笑)」と話し笑いを誘った。自身の好きなシーンについては「冒頭の耳かきのシーンでとてもしっとりとしていて、当時の情景が観ていて入り込んできたので是非そこを皆さんにも感じてもらいたい」と映画の見所について話していた。

【写真】映画『この道』公開記念舞台挨拶 (松本若菜)

小島は冒頭の重要なシーンで山田耕作の新聞記者を演じる際、「当時、山田耕作さんに取材するってことはすごいことだなと思ったので緊張感を持って演じようと思った」と話し、「ほかのシーンと比べると少し静かで色とかも工夫されていて嬉しかった」と映画を観た感想を話していた。

【写真】映画『この道』公開記念舞台挨拶 (小島藤子)

佐々部監督、「あばよ」は欠かさない。

柳沢は重要な役どころを演じるうえで早口にならないようにしたと話し、撮影中の監督とのエピソードについては「監督が実際に演技をしているところが見たいとカメラの横でずっとチェックしていて、撮影が終わると監督が『あばよ!』と毎回必ず言ってくれてたんです。ある日監督が風邪を引いたみたいでカメラの横にいなくて、『よーい、スタート!』の掛け声も助監督さんがやっていて監督の姿が見えなかったんです。探したら大きいモニターの横で(うずくまって)見ていて、撮影が終わって『お疲れ様でした』と挨拶したら、震えながら『あばよ…』と熱があるのにもかかわらず監督が対応してくれた」と話し、会場を笑いで包んでいた。

【写真】映画『この道』公開記念舞台挨拶 ()

松重と羽田は与謝野夫妻役を演じ、夫婦の絆ができたきっかけは鈴木三重吉がいたからだと明かした。「いかに鈴木三重吉から僕らを守って夫婦を成立させるかを意識していました。台詞を言い終わると鈴木峯吉の殻を脱いで柳沢慎吾さんになるので集中したいときに集中できなかった」と話していた。

【写真】映画『この道』公開記念舞台挨拶 (松重豊、羽田美智子)

羽田はよほど気になっていたのか、松重が話し終えるのと同時に柳沢について「今も監督が熱があるのにやらなくていいと話していたと思いますが、(柳沢が)隣で『お腹痛くなってきちゃった』と先ほど言っていたので、お腹痛いならそんなに喋らなくて大丈夫です(笑)」と言うも、柳沢は「喋ると全神経が喋る方に集中するから喋っていたほうがいい。大丈夫!」と答えた。

19歳のAKIRAの写真を見た大森南朋「ヤバいね」と騒然!?

舞台挨拶中盤、明後日1月14日が「成人の日」ということで登壇者の20歳頃の写真がスクリーンに映された。

AKRAと大森の写真が映されると会場からは笑いが起こり、大森はニヤニヤした自身の写真について「可愛らしい」と賞賛する中、AKIRAは自分の19歳当時の写真を見て「これ上映前に流しちゃまずいじゃですか!?」と声を上げ、大森から「ヤバいね」とつっこまれていた。

【写真】映画『この道』公開記念舞台挨拶 (AKIRA 19歳)

AKIRAは19歳当時の自分を振り返り、「“この道”が見つかってよかった」と映画のタイトルにかけた言葉を残した。

続いて貫地谷と松本の20歳の写真が映し出され、貫地谷は自身の写真集に掲載されている透明感のある写真、松本は成人式の写真がが披露された。

【写真】映画『この道』公開記念舞台挨拶 (貫地谷しほり/松本若菜 20歳)

松本の写真を見た貫地谷は「AKIRAさんの写真と並べたいですよね」とつっこみ、会場からは笑いが起こった。

羽田、柳沢は今とほぼ変わらない写真が映し出され、共演していた当時を振り返っていた。

最後に、AKIRA&大森南朋からメッセージ

最後にAKIRAは「上映前ということだったんですけど、少し刺激的な写真を見せてしまって申し訳ありませんが一度深呼吸していただいて、これから始まる映画はとても暖かく、100年歌い継がれてきた北原白秋、それを取り巻く様々な人物の素敵な話がたくさん詰まっています。素敵だなと思っていただいたら、拡散していただいて『この道』をたくさんの人に伝えていただければ嬉しいです」と映画への思いを話した。

【写真】映画『この道』公開記念舞台挨拶 (AKIRA)

大森は「劇場にご来場いただいて本当にありがとうございます。こうやって映画館に人が集まってくれるのが僕たちにとって嬉しいことですし、今日観ていただいて面白いと思ったらぜひお友達などに伝えていただければ嬉しいです。今日は映画楽しんでいってください」と締め、舞台挨拶は終了した。

【写真】映画『この道』公開記念舞台挨拶 (大森南朋)

[スチール撮影&記者: 井上 綾乃]

 

イベント情報

<映画『この道』公開記念舞台挨拶>

■開催日: 2019年1月12日(土)
■会場: TOHOシネマズ 日比谷 スクリーン12
■登壇者: 大森南朋、AKIRA、貫地谷しほり、松本若菜、小島藤子、羽田美智子、柳沢慎吾、松重豊、佐々部清監督
■MC: 奥浜レイラ

映画『この道』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『この道』ポスタービジュアル

《ストーリー》

九州柳川から文学を志し上京した北原白秋。隣家の美人妻・俊子に気もそぞろ。逢瀬を俊子の夫に見つかり姦通罪で入獄。白秋の才能を眠らすまいと与謝野夫妻が奔走し釈放されるが、恩も顧みずのうのうと俊子と結婚。その刹那、俊子は家出、白秋は入水自殺を図るが蟹に足を噛まれ断念。そんなおバカな白秋と洋行帰りの音楽家・山田耕作に鈴木三重吉は童謡創作の白羽の矢を立てる。才能がぶつかり反目する二人だが、関東大震災の惨状を前に打ちひしがれた子供たちを元気づけるため、手を取り合い数々の童謡を世に出す。しかし、戦争の暗雲が垂れ込める中、子供たちを戦場に送り出す軍歌を創るよう命ぜられた二人は苦悩の淵に・・・。

 
出演: 大森南明、AKIRA、貫地谷しほり、松本若菜、小島藤子、由紀さおり、安田祥子、津田寛治、升毅、稲葉友、伊嵜充則、佐々木一平、柳沢慎吾、羽田美智子、松重豊
 
主題歌:「この道」EXILE ATSUSHI(rhythm zone)
編曲: 武部聡志
監督: 佐々部 清
脚本: 坂口理子
音楽: 和田 薫
配給: HIGH BROW CINEMA
© 2019 映画「この道」製作委員会
 

2019年1月11日(金) 全国公開!

映画公式サイト
 
公式Twitter: @Konomichimovie #この道
公式Facebook: @映画この道

この記事の著者

あやの

あやのシネマレポーター/フォトグラファー

シネマティーンズオンライン所属の現役高校生。
映画が昔から好きで、一番好きな映画は『イニシエーション・ラブ』(2015年)。普段は邦画を中心に鑑賞している。
現在、撮影スキルを磨きつつ、映画イベントの取材でスチール撮影にも挑戦している。

Instagram: @__a_ayano_no__

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Twitter

Internet Defense League のメンバー

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る